蛭川総合事務所

トップページ > 蛭川総合事務所

蛭川総合事務所

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

 
■新しい一般書

『火災調査官』

福田 和代 著(東京創元社)

放火現場にはきまって『ダ・ヴィンチ』の模写絵が残されていた。火災調査官とポンプ車小隊長のコンビが追う連続放火事件の謎とは。

 

『子育て奮闘中の母ちゃんドクターが書いた「男の子ママ」の悩みをぶっとばす言葉』

須藤 暁子 著(KADOKAWA)

放射線腫瘍医で2歳と4歳の男の子のお母さんである著者の人気のブログからうまれたリアルな子育て言葉集。元気になれる言葉がいっぱいつまっています。

 

『白崎茶会のあたらしいおやつ~小麦粉を使わない かんたんレシピ』

白崎 裕子 著 (マガジンハウス)

座右の銘が“魂こがしてパンケーキこがさず”という著者が紹介する小麦粉・卵・バターを使わないお菓子のかんたんレシピ集。

てる、観る…いろいろ楽しめる一冊。

 

■新しい絵本・児童書

『学校の鏡は秘密のとびら?』

三尾 誠子 作(岩崎書店)

リセは古墳のある学校へ転校して来ました。すぐに2人の女の子と仲良くなり、三人で学校の不思議ばなしを調べ始めたところ…あるモノを発見しするのですが…。

 

『トイレのかめさま』 戸田 和代 作(ポプラ社)

主人公まさるは夜中にトイレに行くのが苦手。だからよくおねしょをしてしまいます。ある日夢の中に「トイレのかめ(・・)さま」があらわれた!

 

『わたしのそばできいていて』

リサ・パップ 作(WAVE出版)

だいじょうぶだよ。と、図書館で出会った犬がマディに教えてくれた。あなたを励ましてくれる物語。

 

『ぺんぎんたいそう』

斉藤 槙 作(福音館書店)

楽しい赤ちゃん絵本。  

 

【12月のおすすめ】

今年もあと一か月になりました。早いものですね。

忙しい日々の合間に、図書館へ出かけましょう、しばし休憩。ほっと一息しませんか。

展示している本の一部を紹介します。

 

◎一般展示

『女性がリフレッシュしたい時に読んで欲しい本』&『イキイキしてる女性作家 佐和子&真理子の本』を紹介しています。

 

★女性がリフレッシュしたい時に読んで欲しい本

 

『一〇三歳、ひとりで生きる作法~老いたら 老いたで、まんざらでもない』 篠田 桃紅 著(幻冬舎)

『みだしなみについて』 白洲 正子 著(河出書房新社)

『午後には陽のあたる場所』 菊池 桃子 著(扶桑社)

『活弁士、山﨑バニラ』 山﨑 バニラ 著(枻出版社)

「毎朝、服に迷わない」 山本あきこ 著(ダイヤモンド社) ・・・など

 

★阿川佐和子と林真理子の本

 

『負けるもんか~正義のセ』 阿川 佐和子 著(KADOKAWA)

『トゲトゲの気持ち』 阿川 佐和子 著(中央公論新社)

『マリコ、カンレキ!』 林 真理子 著(文藝春秋)

『野心のすすめ』 林 真理子 著(講談社)

 

◎児童書展示

『世界のできごと』について書かれた本を紹介しています。世界のさまざまな国でいろいろな人々が活躍し、いろいろな出来事が起っています。本を通して世界を知ってみませんか?

 

『世界のシェー!!』 平沼 正弘 著(理論社)

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』くさば よしみ 編(汐文社)

『ハーレムの闘う本屋~ルイス・ミショーの生涯』ヴォーンダ・ミショー・ネルソン 著(あすなろ書房)

『杉原千畝物語 いのちのビザをありがとう』杉原 幸子、杉原 弘樹 著(金の星社)

『万里の長城』 加古里子 文(福音館書店)・・・など

 

◎えほん展示

『落語や神話など知っているようで知らないお話の本』

落語や神話などのお話は、古いようでとても新しいジャンルかもしれません。ぜひ、大人の方もお子さんとご一緒に。

 

『落語絵本 まんじゅうこわい』、『落語えほん めぐろのさんま』、『落語えほん ときそば』川端 誠 作(クレヨンハウス)

『日本の神話 第三巻 やまたのおろち』、「日本の神話 第四巻 いなばのしろうさぎ」赤羽 末吉 絵 (トモ企画)

・・・など

hirukawa_H2812_koho←画像をクリックしてください

★ バックナンバーはこちらをご覧ください

★Adobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください

日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さんが参加

市では岐阜県と協力し、平成20年度から日本たばこ産業㈱と「企業との協働による森林づくり」を蛭川地区で実施しています。この活動を通じて、地域の皆さんとの交流も行われています。

11月19日(土)には、第17回目となる「JTの森中津川」森林保全活動が開催され、日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さんが参加しました。

当日はあいにくの雨となり、予定されていた屋外活動(間伐・さつま芋の収穫)は全て中止となってしまいました。雨が予測されていたので、JT社員の運営スタッフと実行委員が前日に春の活動で苗を植えたさつま芋を収穫しました。農業体験の少ないJT社員から、こんなに楽しい作業を参加者に体験させたかったという声が漏れていました。

19日は「木工教室」が行われ、里山インストラクターの指導で山桜の木を使って「マイ箸」を作りました。また、収穫したさつま芋は、お土産として1人1袋持ち帰り一部は焼き芋にして食べました。焼きたてのさつま芋は参加者に大変好評でした。

 

運営スタッフ社員によるさつま芋収穫のようす

 

実行委員が作った焼き芋窯(左下)と試食のようす

 

箸作成の下地処理(ヤスリ掛け)

 

hirukawa_H281119_koho3

箸にオリジナルのデザインを電熱ペンで施すようす

 

hirukawa_H281119_koho5

全員で記念写真

11月17日(木)、蛭川中学校体育館で至学館大学スポーツ文化交流会を実施しました。

至学館大学健康科学研究所研究員であり、陸上競技部跳躍コーチの今井美希さんを講師としてお招きし、講演会を開催しました。講演では、日本記録を樹立した時の動画を観せてもらったり、スランプの時にどうやって立ち直ったかなど、競技に対する考え方や指導方法のお話をしていただきました。

講演会の後は今井さんと陸上競技部の大学生3名を囲み交流会を行いました。大学生が陸上を始めたきっかけや、中学生時代にしていたこと、中学生時代に進路についてどう考えていたかなど、参加した中学生に分かりやすく説明していただきました。中学生にとって自分自身を見つめ直す良い機会となりました。

 

hirukawa_H281117_koryu

女子走り高跳び日本記録保持者、今井美希さんの講演

 

 

hirukawa_H281117_koryu2

至学館大学陸上部の学生との交流


11月は読書週間にちなんで、秋の図書館まつりを開催します。
いろいろな企画が盛りだくさん!
みなさんぜひ、済美図書館へお越しください。

★スタンプカード大会★
11/1(火)~11/30(水)
本を借りるとスタンプがもらえます。
12/1(木)から景品交換。 
 
★火曜おはなしタイム★
11/1(火)・15(火)
ボランティアサークルおはなしの会による絵本や紙芝居の読み聞かせ。 

★ペットボトル空気バズーカを作ろう!★

11/17(木)・11/18(金)
ペットボトルを使って空気の鉄砲を作るよ!
うまくマト当てできるかな? 


■お問い合わせ
蛭川済美図書館 電話0573-45-2211(内線310)
中津川市立図書館でも
なかつがわ図書館まつりを開催! 




第70回・読書週間 
16ロゴ角ゴシックアウトライン
社団法人 読書推進運動協議会

11月3日(木・祝)にひとつばたご広場周辺で『ひるかわMAIKA祭2016』が開催されました。当日は晴天に恵まれ、約5,000人が来場されました。

蛭川小学校4年生による、元気なキッズソーランと阿木小学校4年生の花笠音頭で幕を開け、農家のみなさんが丹精込めて作られた野菜の品評会や松茸が当たる抽選会、なんじゃもんじゃ鍋の無料配布、石彫のつどい表彰式、文化展などが行われました。今年も姉妹都市である長崎県対馬市から交流協会のみなさんにお越しいただき、特産品販売やお米の贈呈式に参加して頂きました。ステージでは、坂下高校ギターマンドリンクラブによる演奏、蛭川文化協会所属団体による踊りやバンド演奏、遠山洋子さんの歌謡ショーなど沢山のイベントが行われ、会場が盛り上がりました。

 

hirukawa_H281103_maika1

<開幕を飾るキッズソーランと花笠音頭>

 

hirukawa_H281103_maika3

<中学校合唱>

 

hirukawa_H281103_maika5hirukawa_H281103_maika4

<野菜品評会と野菜の宝船>

 

hirukawa_H281103_maika7

<松茸が当たるきのこ祭り抽選会>

 

hirukawa_H281103_maika6

<文化展>

 

hirukawa_H281103_maika8

<景品が当たる宝餅投げ 中学生が参加しました>

 

hirukawa_H281103_maika9

<沢山のご来場ありがとうございました。>

平成28年11月3日(木・祝)、蛭川公民館(蛭子座)前で、石彫のつどい(作品完成式ファイナル)が開催され、作品の制作に取り組んだ石材業者や講師の石彫作家、ご来賓約30人が出席しました。石彫のつどいは、蛭川地域の特色ある地場産業に芸術・文化を結び付け、産業振興に繋げるために平成3年から開催されています。今年で26回目を迎えました。

今回は実行委員会(実行委員長 奥田紀人)が新しい企画として、600mm四方の石を一つのピースにして立体の一つの壁画制作に取り組みました。全体の壁画デザインは、作品テーマを「杵振踊り」【岐阜県重要無形民俗文化財指定】として石彫参加業者・指導作家2名とブラッシュアップし決定。9月から10月までを期間として、石材業者12名が各事業所で制作、その後石彫作家(八木麟太郎氏・櫻井壽人氏)による指導と共同作業により完成しました。長きにわたって文化の創生を目指してきた石彫を今一度参加者が結束した芸術活動を通し、地域にある素晴らしい文化を顧みることにより、「新たな学び」「参加者の精神」を育み、地域産業の育成につなげるものです。ファイナル当日は、「ひるかわMAIKA祭2016」が開催され、多く来場者に見ていただきました。しばらくの間は蛭川公民館(蛭子座)前に展示されます。

 

hirukawa_H281103_sekityo1

▲ファイナルに参加者による記念撮影

 

hirukawa_H281103_sekityo2

▲奥田実行委員長のあいさつ

 

hirukawa_H281103_sekityo3

▲指導石彫作家 八木麟太郎氏のあいさつ

hirukawa_H281103_sekityo4

▲ 青山中津川市長のあいさつ

 

hirukawa_H281103_sekityo5

▲ファイナルに参加のみなさん

 

→中津川北商工会Facebookはこちら

石彫のつどい作品の制作の様子が紹介されています。

 

*******************************

★主催 : 第26回石彫のつどい実行委員会

★共催:中津川市、岐阜県火花崗岩販売協同組合、中津川北商工会

◆開催事務局(中津川北商工会蛭川支部内)

中津川市蛭川2178-8

TEL0573-45-2512 FAX 0573-45-3187

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『何様』

朝井リョウ 著(新潮社)

何者になっただなんて、何様のつもりなんだろう・・・『何者』のアナザーストーリー6篇。

 

『名医が教える足のお悩み完全解決バイブル』

高倉義典 著(誠文堂新光社)

足が痛いときの治し方はもちろん、靴の選び方から正しい歩き方、毎日の足の手入れまで足のすべてを徹底解説。

 

『脳は、なぜあなたをだますのか』

妹尾武治 著(筑摩書房)

オレオレ詐欺、マインドコントロール、マジックにだまされるのは、あなたの脳が、あなたを裏切っているから…。

心理学者が解き明かす、脳と心の仕組み。


■新しい絵本・児童書

『表参道高校合唱部!-あなたが生きている今日はどんなにすばらしいだろう』

櫻井剛 脚本、桑畑絹子 小説(学研プラス)

がけっぷちの合唱部に、意外な新入部員が…。仲間、成長、ちょっぴり恋愛。青春がたっぷり詰まった感動ストーリー。第2弾!

 

『おじいちゃんのノート』

中村輝雄 著 (セブン&アイ出版)

開いて軽くおさえるだけで1枚の方眼紙になる「水平開きノート」を生み出したのは、印刷職人と製本職人、二人のおじいちゃん。職人の情熱と思いが伝わってきます。

 

『ぼくはイスです』

長新太 作(亜紀書房)

イスだって何かにすわってみたい。さっそくあちこちにすわってみるイスは家をはなれて…大冒険のはじまりだ!

 

【11月のおすすめ】

◎一般展示

《大人にも読んでほしい絵本》

読んで、見て、感じてほしい絵本を集めてみました。

ぜひ、この機会に絵本を読んでみてください。

 

『百年の家』 J.パトリック・ルイス 作、ロベルト・インノチェンティ 絵、長田 弘 訳(講談社)

『いつもふたりで』 ジュディス・カー 作、亀井よし子 訳(ブロンズ新社)

『かげ』 スージー・リー  作(講談社)

・・・など

 

◎児童展示

《図書館がでてくる本》

図書館が出てくる本で読書を楽しんでください。

 

『図書館脱出ゲーム 上・下』 クリス・グラベンスタイン 著、髙橋結花 訳(KADOKAWA)

『図書館に児童室ができた日』 ジャン・ピンボロー 文、テビー・アトウェル 絵、張替惠子 訳(徳間書店)

『スミス先生とおばけ図書館』 マイケル・ガーランド 作、山本敏子 訳(新日本出版社)

・・・など

 

◎えほん展示

《郷土の作家》

高畠那生さん、あだち なみさんの作品を紹介します。

『だるまだ!』 高畠那生 作(好学社)

『チーター大セール』 高畠那生 作(絵本館)

『フラニーとメラニーもりのスープやさん』 あいはら ひろゆき 文、あだち なみ 絵(講談社)

『おひさまむらのこどもたち』 あいはら ひろゆき 文、あだち なみ 絵(教育画劇)

・・・など

hirukawa_H2811_koho←画像をクリックしてください

★ バックナンバーはこちらをご覧ください

★Adobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください

毎回大好評 !!

なんじゃもんじゃ鍋の無料サービス

豪華景品付き宝餅投げ があります!!

★ 日時

平成28年11月3日(木・祝)・・・雨天決行

★ 場所

ひとつばたご広場とその周辺(蛭川総合事務所周辺)

hirukawa_H281103_maika

★主な催し

■ 飛騨牛サイコロステーキ・なんじゃもんじゃ鍋の無料サービス

■ 農作物じまん市

■ 農作物・農作物加工品の販売・飛騨牛の販売

■ 長崎県対馬市上対馬町海産物販売

■ 各種特産品販売・飲食バザー

■ きのこ祭り抽選会

■ ステージイベント(演奏・合唱・踊りなど)

■ 文化展及び保育園・小・中学校児童生徒の作品展示

おたのしみ宝餅投げ(豪華景品付き)

■ 石材市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★お問い合わせ

ひるかわMAIKA祭実行委員会事務局

蛭川総合事務所(0573-45-2211