中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

蛭川総合事務所

ホタル.png蛭川には、ホタルの生息できる美しい河川や水田が多く、豊かな自然環境が点在しています。
  夏の夜の風物詩「ホタル」を観察して、蛭川の自然の素晴らしさを体感してみてください。

●第1回ホタル観察会 
  平成30年6月15日(金) 20:00~ 一之瀬:やすらぎ荘周辺 


●第2回ホタル観察会
  平成30年6月20日(水) 20:00~ 今洞:桜本川周辺

 

 現地集合、申し込み不要
 ※詳細はこちらをごらんください(チラシ案内図


■主催 蛭川公民館「なんでも塾」/蛭川のホタルを育てる会
■共催 中津川市青少年健全育成推進市民会議蛭川支部
■問い合わせ 蛭川総合事務所 電話:0573-45-2211(蛭川公民館)

4月23日から5月12日まで「第60回こどもの読書週間」でした。

済美図書館では、5月中にこども読書まつりを開催し、たくさんのこども達に参加してもらいました!

    

☆5月10・11日 お楽しみ工作『せんたくバサミでブーメラン』

 

◆割りばしにせんたくバサミと輪ゴムをつけます。

20180510saibi1.jpg

       

     

◆ブーメランに思い思いの絵を描いたり、色を塗ったりします。

20180510saibi2.jpg

     

20180510saibi3.jpg

      

       

◆完成!思ったより飛びます!

 誰が一番飛ばせるか競争だ~!

20180510saibi4.jpg

       

       

☆5月17・18日お楽しみ工作第2弾『カップの中でオニごっこ』

      

◆小さい発砲スチロールに色を塗ります。カップの中に何個も入れよう!

20180517saibi1.jpg

        

◆カップにも好きな絵を描いて、ストローをさしたら完成!

20180517saibi2.jpg

       

◆どうやって使うかというと、ひっくり返してストローを吹く・・・と思いきや、なんと!

 吸うんです!! 中の発砲スチロールがクルクル回って「オニごっこ」のようです!

 カップには小さい穴が2か所空いていて、片方づつ押さえて吸います。違う穴を押さえると

 反対方向に回ります。不思議! やみつきになってクルクルずっとまわしちゃいました!

20180517saibi3.jpg

     

      

☆5月15日「おはなしの会」の皆さんによる『おはなし会と工作』

    

◆大型えほんを読んでくださいました!

20180515saibi1.jpg

        

20180515saibi2.jpg

       

◆おりがみで手裏剣やコマを作りました!

20180515saibi4.jpg

       

20180515saibi5.jpg

        

      

☆5月24・25日『押し花でオリジナルしおり作り』

     

◆好きな押し花を選びます!

20180525saibi1.jpg

         

◆紙を切って貼ったり、マスキングテープを貼ったりします!

20180524saibi2.jpg

       

◆ラミネートをして、世界に一つだけのオリジナルしおりの完成です!

 とても素敵です!本を読むのが楽しくなっちゃいますね♪

20180524saibi1.jpg

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『いのちへのまなざし 熊谷守一評伝』 福井淳子 著(求龍堂)
付知出身の巨匠・熊谷守一の評伝。生家の様子から生い立ち、没後の評価まで、体系的に書かれています。熊谷研究50年の成果。

『オリジン』 ダン・ブラウン 著 越前敏弥 訳(KADOKAWA)
『ダ・ヴィンチ・コード』でおなじみ、ダン・ブラウンの最新作。宗教象徴学者のラングドンが、元教え子のカーシュ暗殺の謎に迫る!

■新しい絵本・児童書

『みんなのおばけずかん あっかんべぇ』 斉藤洋 作 宮本えつよし 絵(講談社)
おばけずかんシリーズの最新作。この本に出てくるおばけは、「LaQ×講談社 作品コンテスト おばけずかん部門」(2017年)の入賞作がもとになっています。

『鬼のかいぎ』 立松和平 文 よしながこうたく 絵(好学社)
昔、今では想像もつかないほど大きな木が立っていました。生きとし生けるもののよりどころとなっていた木ですが、その木の影におおわれてしまう村では稲が育たたないため、ある日、この木を切ってしまいます。これをよく思わない鬼たちが、集まって会議をはじめて...。 『今昔物語集』など古典資料をもとに紡がれる、新しい物語絵本。

【6月のおすすめ】

梅雨です。雨が多いこの季節、お家でゆっくり読書はいかかですか?
展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示
★朝ドラ ノベライズ
「NHK連続テレビ小説」のノベライズ本を紹介しています。

『マッサン』 羽原大介 作 中川千英子 ノベライズ(NHK出版)
『カーネーション』 渡辺あや 作 豊田美加 ノベライズ(NHK出版)
『ちゅらさん』 岡田惠和 作 蒔田陽平 ノベライズ(双葉社)   ・・・など

◎児童書展示
★探偵VS...? 推理小説
雨の日は家の中でじっくり謎解きしませんか?探偵が出てくる本を集めました。

『三毛猫ホームズの推理日記』 赤川次郎 作(角川書店)
『<浪漫探偵社>事件ファイル』 楠木誠一郎 作(ポプラ社)
『パスワードは,ひ・み・つ』 松原秀行 作(講談社)
『もしかしたら名探偵』 杉山亮 作(偕成社)
『キャベたまたんてい なぞのゆうかいじけん』三田村信行 作(金の星社) ・・・など

◎えほん展示
★おとうさん ありがとう!
父の日にちなんで、お父さんが活躍する絵本を紹介しています。

『おとうさん!おとうさん!』 中川ひろたか 作 ミスミヨシコ 絵(ポプラ社)
『やだやだパパやだ!』 天野慶 文 はまのゆか 絵(ぽるぷ出版)
『おとうさんのかさ』 三浦太郎 作(のら書店)
『パパ、お月さまとって!』 エリック=カール 作 もりひさし やく(偕成社)
『おやすみなさい フランシス』
 ラッセル・ホーバン 作 ガース・ウイリアムズ 絵 まつおかきょうこ 訳(福音館書店)

・・・など

みなさまのご来館を、お待ちしております。

広報ひるかわ2018‐6月号.jpg
    広報ひるかわ2018-6月号(PDF)

【内容】
 ・心のプロジェクト「夢の教室」が行われました
 ・蛭中生徒が交通安全看板を製作
 ・中学生が森林体験学習
 ・済美図書館だより
 ・スポレク祭を開催します 
 ・蛭川芸能祭を開催します
 ・フォトコンテスト作品募集 
 ・6
月主な行事予定

★ バックナンバーはこちらをご覧ください

公民館だより夏号30.6.1.jpg

蛭川公民館だよりを発行しました。

【内容】
・蛭川公民館ヒストリーⅡ
・公民館講座のお知らせ 6月スタート
・サークル紹介
  - アートフラワー
  - 篠笛クラブ
  - 花柳流 白扇会
  - 花柳会
・公民館6月~8月行事予定




←画像をクリックしてください

 初夏に雪を被ったように真っ白な花を咲かせる不思議な植物「ヒトツバタゴ」。その姿が珍しいことから「なんじゃもんじゃ」とも呼ばれています。 ヒトツバタゴ.jpg
 ヒトツバタゴは限られた地域のみ自生する植物で、日本では東濃地域と愛知県、 長崎県対馬市の一部でしか自生していません。東濃地域の中でも、特にここ蛭川の地にはたくさんの自生木が残っています。

 奈良井区長瀞(ながとろ)に自生しているヒトツバタゴは樹齢100年を越え、高さ約13メートル、枝張り約10メートルという巨木です。国の天然記念物に指定され、「白い花の咲く里ひるかわ」を象徴する存在となっています。満開になると、雪が降ったように真っ白に咲きます。



<2018年5月10日撮影 > 蛭川地区内はどこも、ほぼ満開となりました。この週末が見頃です!           

拡大写真





今洞の自生地群 ひとつばたご広場前 郷土資料館前 小学校プール横




中学校裏 長瀞自生地 一之瀬 博石館前

 

■マップはこちら

■お問い合わせ
 開花の状況などは、下記までお問い合わせください。
  蛭川総合事務所(電話 0573-45-2211)

 こんにちは! 蛭川済美図書館です。     

 済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『短歌タイムカプセル』 東直子 編著 他(書肆侃侃房)

現代歌人115人が一千年後に届けたい現代短歌をまとめたアンソロジー。

『妻と夫の定年塾Ⅴ』 

西田小夜子 著(中日新聞社)

中日新聞・東京新聞に連載10年超のショートショート97編。笑って泣ける実話をもとに夫婦の姿をリアルに綴った一冊。

『体幹リセットダイエット』 

佐久間健一 著(サンマーク出版)

 たった5分のエクササイズで下腹や太ももなど、気になる部分から効果が現われる体感リセットダイエット。

試してみてはいかがでしょうか。

■新しい絵本・児童書

『学研まんがでよくわかるシリーズ135 港のひみつ』 

たまだまさお 漫画 WILL子供知育研究所 構成/文

(学研プラス)

 港のくらしや機能、役割などについて、疑問に思っていること知りたいことをまんがでわかりやすく説明した本。

『しんごうきピコリ』 

ザ・キャビンカンパニー 作/絵(あかね書房)

ふしぎな信号機ピコリはいろんな色にかわります。

パトカーやくるまは戸惑ってしまい...。

『きょうのおやつはなんだろな?』 

ふじもとのりこ 作/絵(すずき出版)

 さつまいもやにんじん、こむぎやたまごが、おいしいてづくりおやつにへんしん!おやつの時間が待ち遠しくなる絵本です。

【5月のおすすめ】

日が長くなり、活動しやすい季節になりました。

図書館へぜひお立ち寄りください。

5月におすすめしている展示本の一部を紹介します。

◎一般展示

★アンソロジー

一冊でいろんな作家の小説が楽しめるアンソロジーの本を紹介しています。

『ナゴヤドームで待ちあわせ』

太田忠司 著 他(ポプラ社)

『旅を数えて』 川本晶子 著 他(光文社)

『吾輩も猫である』 赤川次郎 著 他(新潮社)

『シティ・マラソンズ』 三浦しをん 著 他(文藝春秋)   

『I Love you』 伊坂幸太郎 著 他(祥伝社) ・・・など

◎児童書展示

★田植え~おいしいお米づくり~

5月は田植えの時期です。田植えやお米のつくり方がわかる本を紹介しています。

『田んぼの不思議』 安室和 著(小峰書店)

『田んぼコレクション』

内山りゅう 写真・文(フレーベル館)

『お米ができるまで』 岩貞るみこ 作 他(講談社)

『お米なんでも大百科3』 保岡孝之 監修(ポプラ社)

『コメの歴史を変えたコシヒカリ』

小泉光久 著 他(汐文社) ・・・など

◎えほん展示

★きこえてきた!カエルのがっしょう

近所の田んぼからカエルの鳴き声がきこえてきます。親子で楽しめるカエルがでてくる絵本を紹介しています。

『ちいさなかえるくん』 甲斐信枝 作(福音館書店)

『あまがえるのあおちゃん』 高家博成 作(童心社)

『かえるごようじん』

ウィリアム・ビー 作(セーラー出版)

『かえるがみえる』 まつおかきょうこ 作(こぐま社)

『かえるのかさやさん』 戸田和代 作(岩崎書店)

・・・など

みなさまのご来館を、お待ちしております。


 別名「なんじゃもんじゃ」の異名を持つ貴重なヒトツバタゴの花を楽しむイベント「ひるかわひとつばたご祭り2018」を開催します。

hirukawa_hitotsubatago_2017.5.22_nagatoro2.jpg hirukawa_hitotsubatagomatsuri_M8.jpg

ひるかわひとつばたご祭り2018チラシ.jpg   hirukawa_H270524_maturi1
 ひるかわひとつばたご祭りチラシ

■日時
平成30年5月20日(日曜日) 9時00分~14時00分

■場所
蛭川ひとつばたご広場 (蛭川総合事務所前・市西消防署蛭川分署隣)

■主な祭りの概要
ひとつばたごウオーキング

 ・ ヒトツバタゴの咲く新緑の里ひるかわを歩く。(コース距離 約10km ・・・約2時間)
ひとつばたごバス巡り

 ・マイクロバスで自生地をまわります。(案内者による説明があります)

アトラクション
 ・蛭川文化協会所属団体による踊りなど
 ・遠山洋子歌謡ショー
 ・スポーツ吹き矢の体験
 ・鉱物採取、石割体験

各種バザー・物産展
 ・地元特産品、長崎県上対馬特産品の販売

「蛭川の四季と風物」フォトコンテスト
 ・ヒトツバタゴをはじめ、蛭川地域内の風景をカメラでとらえ、コンテストに応募してみませんか。 


<無料サービスコーナー>
 ・なんじゃもんじゃ鍋 (ヒトツバタゴの花をイメージ、味噌をベースに、牛乳を加え調理します。)

■目的
 東濃地域を含む木曽川流域と長崎県対馬市上対馬町の限られた地域に自生し、絶滅危惧Ⅱ類に指定されている貴重な「ヒトツバタゴ」は、蛭川地域に住む人々の誇りであり、大切な地域資源です。初夏に咲くこの美しい「ヒトツバタゴ」を眺め、恵まれた自然環境があることに感謝しながら、多くのみなさんに蛭川を訪れていただき、自然環境豊かな地域のPR・交流を深めることを目的に開催します。


※ヒトツバタゴ
 初夏に雪を被ったように真っ白な花を咲かせる不思議な植物「ヒトツバタゴ」。その姿が珍しいことから「なんじゃもんじゃ」とも呼ばれています。
 ヒトツバタゴは、限られた地域のみに自生する植物で、日本では東濃地方と愛知県、長崎県対馬市の一部でしか自生していません。東濃地域の中でも、特にここ蛭川の地にはたくさんの自生木が残っています。

■場所


■主催
ひとつばたご祭り実行委員会

■お問い合わせ
ひとつばたご祭り実行委員会事務局 蛭川総合事務所 電話:0573-45-2211

広報ひるかわ2018-5月号_ページ_1.jpg
    広報ひるかわ2018-5月号(PDF)

【内容】
 ・「杵振り花馬祭り」が開催されました
 ・ご入園・入学おめでとうございます
 ・「JTの森中津川」森林整備活動 5年間延長
 ・済美図書館だより
 ・「ひとつばたご祭り」が開催されます
 ・平成30年度区長・自治会長 <紹介>
 ・蛭川総合事務所内人事異動
 ・5
月主な行事予定

★ バックナンバーはこちらをご覧ください

4月23日から5月12日まで「第60回こどもの読書週間」です。

済美図書館では、5月中にこども読書まつりを開催します。

みんなであそびに来てね~☆彡

   

☆ 5月10日(木)、11日(金)・・・お楽しみ工作(その1)

  「せんたくバサミでブーメラン」をつくろう!!

   割りばしとせんたくバサミがブーメランになっちゃった!ちゃんともどってくるかな??

    

☆ 5月15日(火)午後3時~ ・・・おはなしと工作

  ボランティアサークル「おはなしの会」のみなさんが、絵本や紙芝居を読んだり、工作をしてくれるよ!

     

☆ 5月17日(木)、18日(金)・・・お楽しみ工作(その2)

  「カップの中でオニごっこ」をつくるよ!

  カップの中でオニごっこ?どんなおもちゃができるかな??

     

☆ 5月24日(木)、25日(金)・・・しおり作り

  押し花やおりがみを使って、世界に一つだけの「オリジナルしおり」をつくろう!

    

               

↓↓↓ クリックするとPDFが開きます。

saibi20180430posuta.jpg

 

 済美図書館   開館時間 平 日 9時30分 ~ 18時00分

              土曜日 9時00分 ~ 17時00分

 5月の休館日  5月3、4、5、6、13、20、27日

 

月別リスト

    アーカイブ