中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

蛭川総合事務所

「税金ってなに?」小学校6年生が租税教室

17.jpg 1月23日(火)、蛭川小学校6年生の租税教室を、蛭川総合事務所総務福祉課税務担当職員が行いました。

 はじめに、「自分で税金を払ったことがある人?」の質問に何人かが手をあげ、「消費税を払ったことがある!」と答え、「払いたくない人?」の質問に「もったいないから払いたくない」「払わないと救急車とかにお金払わなきゃいけないから払う」と意見が分かれました。

  途中ビデオで、税金のある暮らしとない暮らしの違いを見たあとに同じ質問をしたところ、全員が「払ったほうがいい!」と答えていました。 その後、自分たちが商店に支払った消費税がどのように流れ、どういった形で自分たちに還元されているかを教えてもらいました。

 最後に、小学校へ1人が1年間通うのに、約85万円・中学校は約94万円かかることを聞き、驚いていました。 この勉強を通じて、公共の施設や図書館や学校の本、学校の机などの備品も税金が使われていることを知って、大切に使わなければという気持ちを持ってくれれば良いと思います。

月別リスト

    アーカイブ