中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

蛭川総合事務所

【済美図書館だより】3月の新刊を紹介します

こんにちは! 蛭川済美図書館です。
済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
新刊は毎週金曜日に入ります。借りる時や予約する時の参考にしてください。
■新しい一般書

『直木賞物語』  川口則弘 著 (バジリコ)

1934年に制定された直木賞。第1回から第149回までの受賞作とその選考過程を紹介しています。意外に知らない直木賞の世界へどうぞ。

 

『トラップ』 相場英雄 著 (双葉社)

警視庁捜査二課第三知能犯捜査係、通称「三知(さんち)」に所属する西澤。証拠を固め、取り調べも落ち度なく進んでいると思われた。しかし…。表題作のほか、3篇を収録。

 

『食べられる虫ハンドブック』 21世紀の食調査班 編 (自由国民社)

イナゴやハチの子以外にも、食べられる虫はたくさんいます。モンシロチョウ、カミキリムシ、トノサマバッタ、オオカマキリ…。採集するときも調理するときも食べるときも、十分注意してくださいね。

 

■新しい児童書

『―カメレオンのレオン― 小学校の秘密の通路』 岡田淳 著 (偕成社)

桜若葉小学校の校庭にある大きなクスノキは、別の世界へつながる秘密の通路になっています。その通路から“こちらの世界”にやってきたのはレオンという探偵でした。

 

『スーパーヒーローパンツマン1 パンツマンたんじょうのひみつ』 デイブ・ピルキー 作・絵、木坂涼 訳 (徳間書店)

ジョージ・ビアードとハロルド・ハッチンスは、「スーパーヒーロー・パンツマン」のマンガを描いています。二人をこらしめようとするクラップ校長。はたしてどうなる?!

 

「にんじん だいこん ごぼう」 植垣歩子 再話・絵 (福音館書店)

あるところに、にんじんと ごぼうと だいこんが くらしていました。さんにんの からだは、もともと しろかったんですって。

かわいらしい絵で昔話が軽快な印象に。

 

■3月のおすすめ

3月は、別れの季節でもあり、桜の季節でもあります。

卒業に関する本と桜や春に関する本を展示しています。

展示している本の一部を紹介します。

 

◎一般書

桜や別れ・卒業に関する本を展示しています。

『なぜ、日本人は桜の下で酒を飲みたくなるのか?』 西岡秀雄 著 (PHP研究所)

『日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか』 竹内整一 著 (筑摩書房)

『絵本 桜の森の満開の下』 坂口安吾 作、福田庄助 絵 (審美社)

『卒業』 重松清 著 (新潮社)

・・・…など

 

◎児童書

春休みは、長いお話に挑戦! シリーズで楽しめる本を展示しています。

『ひみつのマーメイド1~6』 スー・モングレディエン 作、柴野理奈子 訳、Kaya8 絵 (メディアファクトリー)

『動物と話せる少女リリアーネ1~9』 タニヤ・シュテーブナー 作、中村智子 訳 (学研教育出版)

『すみれちゃん』シリーズ 石井睦美 作、黒井健 絵 (偕成社)

……など

 

◎えほん

桜や春がテーマの絵本で、春を先取り!

『じいじのさくら山』 松成真理子 作 (白泉社)

『さくらとふじお』 しもぞのまゆみ 作 (白泉社)

『ひかるさくら』 帚木蓬生 作 ・ 小泉るみ子 絵 (岩崎書店)

『おばけの花見』 内田麟太郎 作 ・ 山本孝 絵 (岩崎書店)

……など

月別リスト

    アーカイブ