蛭川総合事務所

トップページ蛭川総合事務所

4/16 杵振り祭り

(2017年3月17日 09:13 | カテゴリ:杵振り祭り)

杵振り祭りが平成29年4月16日(日)に開催されます。

杵振り祭りは毎年4月16日に直近の日曜日に行われている伝統あるお祭りです。祭りのメインである杵振り踊りは、昭和36年6月に岐阜県指定の重要無形民俗文化財に指定されています。

杵を握る踊り子たち、ともに隊列を組む、おかめ、ひょっとこ、鬼、天狗等。大きな花を背負った花馬、神馬。これらは約2kmの道のりを踊り歩き、五穀豊穣を願って安弘見神社に奉納されます。

P4143700 kinehurih25

安弘見神社 、沿道を踊る踊り子

祭りのタイムスケジュール

杵振り踊りで有名な杵振り祭りですが祭事はそれだけではありません。もっといろいろなお祭りの姿をみてみませんか?

杵振り祭りの一日の流れを追って、見どころをご紹介します。

6:00ごろ

青年みこし出発(蛭川地内を練り歩き10:30 ごろ安弘見神社へ到着参拝)

9:00ごろ

子供みこし出発(蛭川地内を練り歩き12:00ごろ安弘見神社へ到着参拝)

9:00ごろ

厄年みこし出発(安弘見神社→白山神社→15:00ごろ神国教へ到着)

10:30ごろ

花みこし(女性)(蛭川地内を練り歩き14:00ごろ安弘見神社へ参拝)

IMG_2180 kasugai_yosie

花みこし(女性) 、水を浴びる厄年神輿

みこしは朝早くから蛭川地内を練り歩きます。地域の人たちはみこしが家の前を通るといっせいに水を浴びせます。

【撮影のポイント】

杵振り踊りの隊列が到着する前に安弘見神社で待っていれば、杵振り祭りの神事やみこしを見ることができます。

10:00ごろ

安弘見神社の境内にて神事を行う。

12:20ごろ

杵振り踊りが蛭川総合事務所前を出発

13:40ごろ

神馬・花馬が蛭川総合事務所前を出発

安弘見神社は多くの人で賑わいます。

13:40ごろ

杵振り踊りが地酒酒蔵前にて休憩(神馬・花馬が通過して安弘見神社に到着)

14:10ごろ

杵振り踊りが地酒酒蔵前を出発(14:40ごろ安弘見神社へ到着)

14:00ごろ

子ども杵振り、子ども手踊り披露(神社広場)

IMG_2208kodomo

子ども杵振り(小学4年生)

14:45ごろ

花馬唄披露

15:00ごろ

婦人手踊り披露

15:20ごろ

獅子の洞入り、杵振り踊り奉納

16:10ごろ

神馬・花馬駆け上がり花取り(安弘見神社参道)

踊りの隊列は一度拝殿まで登り、しばらく休憩してから下りてきて、再び登っていきますのでここで待つと2度楽しめます。

さらにそのあとで神馬、花馬の駆け上がりが行われます。

2010nyuu17

神馬・花馬駆け上がり

16:20ごろ

餅投げ

餅投げの餅を拾って帰りましょう。

*注意 このスケジュールは前年のスケジュールをもとに作成したものです。全体の流れをおおまかに紹介したものであり、当日時間等

が変更される場合もありますのでご了承ください。