蛭川総合事務所

トップページ蛭川総合事務所

【済美図書館だより】5月の新刊を紹介します。

(2017年5月 2日 16:06 | カテゴリ:新刊情報, 済美図書館だより)

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『水鏡推理Ⅵクロノスタシス』 

松岡圭祐 著(講談社)

2015年秋より刊行が開始された「水鏡推理」シリーズの第6弾。主人公の文部科学省一般職、水鏡瑞希が鋭い推理力を発揮します。今回は過労死について描かれた作品。


『「家づくりにかかるお金」のすべてがわかる本』 

主婦の友社 編(主婦の友社)

 家づくりにはとても大きなお金がかかります。

土地や建物、諸経費など、いつ、いくら必要かが分かりやすい一冊です。


『手に取ってみよう!食べてみよう! 岐阜・愛知・三重 自慢の食べものをまるごと紹介』 

東海農政局企画調整室 編(農林水産省)

それぞれの市町村の特徴的な農林水産物や料理、加工食品が紹介されています。中津川市の自慢の食べものは...。




■新しい絵本・児童書

『学研まんがでよくわかるシリーズ124 窓のひみつ』

松野千歌 漫画(学研プラス)

私たちの健康や環境に深く関わりのある窓。窓の役割や種類などがまんがでわかりやすく説明されています。


『おばけのアッチ おしろのケーキ』 

角野栄子 作 佐々木洋子 絵(ポプラ社)

 アッチは小さなおばけのコックさん。ある日、ともだちのねずみのチとキにドラキュラじょうから、おいしいケーキのにおいがすると聞いて...。ワクワクするおはなし。


『くまのがっこう ジャッキーのしあわせ』 

あだちなみ 絵 あいはらひろゆき 文(ブロンズ新社)

 うしのマオマオがかわいいあかちゃんをうみました。

でもあかちゃんは小さくて、立つことができません。

ジャッキーがしんぱいして、そばにいると...優しい気持ちになれる絵本です。



【5月のおすすめ】

新年度で新生活がスタートした人も、少しずつ慣れ始めた頃でしょうか。この時期は、疲れも出やすいです。忙しい日々でも合間を見つけて、図書館へ出かけましょう。しばし休憩。ほっと一息しませんか。

展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示

★かわいい姿に癒される...動物の本

暖かくなり、動物たちが元気に活動し始めるこの時期に「動物の本」を紹介しています。

『いぬ』 岩合光昭 著(クレヴィス)

『びっくりどうぶつフレンドシップ』 

ジェニファー・Sホランド 著(飛鳥新社)

『荒汐部屋のすもうねこ』 荒汐部屋 著(平凡社)

『とびきり小さなお馬さん そらまめ』 

スエトシ牧場 著(文藝春秋)   

『しかしか』 石井陽子 著(リトルモア) ・・・など

◎児童書展示

★図書館のことが分かる本や図書館がでてくるおはなしの本

4月23日から5月12日の「こども読書週間」にあわせて図書館に関係した本を紹介しています。

『図書館ってどんなところ』 

紺野順子 著 こばようこ 絵(アリス館)

『図書館にラクダがやってくる』

マーグリート・ルアーズ 著(さ・え・ら書房)

『夜の小学校で』 岡田淳 著(偕成社)

『坂の上の図書館』

池田ゆみる 作 羽尻利門 絵(さ・え・ら書房)

『トキメキ♡図書館 PART1』 

服部千春 作 ほおのきソラ(講談社) ・・・など

◎えほん展示

★親子で楽しめる!乗り物の絵本

絵本のなかで動きまわる色々な乗り物。くるまやでんしゃ、ふねなど、親子で楽しめる乗り物がでてくる絵本を紹介しています。


『ダットさんうみをはしる』 

こもりまこと 作/絵(教育画劇)

『ぎゅうぎゅうでんしゃ』 

薫くみこ 作 かとうようこ 絵 (ひさかたチャイルド)

『いかだにのって』 とよたかずひこ 著(アリス館)

『まてまてタクシー』 西村敏雄 作(福音館書店)

『のりものくれよん』

まつながあき 作 はやしるい 絵(くもん出版) ・・・など