蛭川総合事務所

トップページ蛭川総合事務所

【済美図書館だより】9月の新刊を紹介します。

(2017年9月 5日 13:41 | カテゴリ:新刊情報, 済美図書館だより)

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書


『危険領域 所轄魂』 

 笹本稜平 著(徳間書店)

 マンションで発生した転落事故について、所轄の刑事、葛木邦彦は、極秘裏に捜査を開始する。思いもよらない黒幕が浮かび上がってきて...。警察小説シリーズ第4弾。


『井伊直虎の真実』 

黒田基樹 著(KADOKAWA)

 戦国時代に遠江国井伊谷領を領国とした国衆・井伊家最後の当主である井伊直虎についての実像は殆ど知られていない。直虎が実施した「井伊谷徳政」の実態を通して、直虎の実像に迫る一冊。


『街の中で見つかる「すごい石」』西本昌司 著 (日本実業出版社)

 ビルの外壁、デパートの階段、公園のモニュメント...。街のいたる所に「すごい石」はあります。私たちが普段何気なくみている"石"について、科学的に楽しめる一冊。

 

■新しい絵本・児童書


『給食室の日曜日』

村上しいこ 作・田中六大 絵(講談社)

せんねん町のまんねん小学校の日曜日。しょうゆが給食室のみんなにでんごんゲームをしようといいだしました。ちゃんと伝わるかな!?絵もお話しも楽しめる一冊。

『ぼくは ニコデム』アニエス・ラロッシュ 文

ステファニー・オグソー 絵(光村教育図書)

 内気で誰にも言い返せないニコデムは、大きくて強くて自分の思ったことが言えるスーパーニコに変身したいと思っていましたが...。今のままの自分でいいんだと思える絵本。

『めくってごらん』

ふくだとしお+あきこ 作(イースト・プレス)

 スコップ、レストラン...、ことばの中にかくれているのは?えほんをめくると大発見!?言葉あそびが楽しい絵本です。


  

【9月のおすすめ】

こんにちは。朝晩が涼しくなり、ゆったりと"読書の秋"を満喫できるこの時期に、ぜひ、図書館の本を読んでください!ご来館をお待ちしております。

展示している本の一部を紹介します。


◎一般書

実りの秋、おいしいお米をいただきませんか?

お米づくりの本や、ごはんを使ったレシピ本などを紹介しています。

『お米をおいしく食べる本』

DiscoverJapan 編(枻出版社)

『お米とごはんの本』 澁谷梨絵 著(ワニブックス)

『和のごはんもん』 飯田知史 著(里文出版)

『世界のおいしいお米レシピ』 林幸子 著(白夜書房)

『米粉の焼き菓子レシピ』 石橋かおり 著(雄鶏社)

・・・など

◎児童書

9月は運動会シーズンです。速く走れるコツがわかる本や、スポーツの物語など、スポーツに関する本を紹介しています。

『かけっこが速くなる!逆あがりができる!』

下山真二 著(池田書店)

『やろうよ陸上競技』

中田有紀 著(ベースボール・マガジン社)

『体育のなぞ』 平川譲 著(草土文化

『ハッピー・フレンズ』 佐川芳枝 著(講談社)

『ふうたんのうんどうかい』 戸田和代 著(ポプラ社)

・・・など

◎えほん

9月は月や星がきれいに観える時期です。親子で秋の夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。月や星、宇宙がでてくる絵本を紹介しています。

『おつきさまこっちむいて』

片山令子 文・片山健 絵(福音館書店)

『つきとうさぎ』

矢崎節夫 文・岡村好文 絵(世界文化社)

『月のみはりばん』 とりごえまり 著(偕成社)

『月のふしぎえほん』

大藪健一 文・常永美弥 絵(PHP研究所)

『さわってごらん!よるの星』

クリスティ・マシソン 作(ひさかたチャイルド)

・・・など