蛭川総合事務所

トップページ蛭川総合事務所

【済美図書館だより】10月の新刊を紹介します。

(2017年10月 2日 15:59 | カテゴリ:新刊情報, 済美図書館だより)

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書


『とるとだす』 畠中恵 著(新潮社)

 長崎屋の主が死んだって!? おとっつぁんの身に何が? 病弱若だんな、跡を継ぐの?
緊急事態続出の「しゃばけ」シリーズ最新作!


『おんな城主直虎 3』 森下佳子 作/豊田美加 ノベライズ(NHK出版)

 領内に新たな産業を興し、龍雲丸率いる無頼な輩たちも手なずけ、城主として奮闘する直虎。
順風満帆に見えた井伊家中だったが、今川家の凋落が暗い影を落とす。
井伊家存続の鍵となる決断を迫られ、城主としての真価を問われる局面で、直虎は一世一代の策にうって出る!


『新しい食べ方でやせる&健康になる 寒天レシピ』 石澤清美 著 (主婦の友社)

 寒天には、血圧を下げる、血糖値の急な上昇を防ぐなど、生活習慣病の予防や改善に役立つ効果が
認められています。その秘密は、食品の中で最も多いと言われる食物繊維。今や日本人の積極的にとりたい栄養成分No.1の食物繊維をたっぷりと含んでいる寒天をたっぷり使えるレシピ集。


 

■新しい絵本・児童書


『おしりたんてい いせきからのSOS』 トロル さく・え(ポプラ社)
 おしりたんていのもとに届いたのは、差出人不明の封筒。中には暗号で書かれた手紙と地図が入っていた。
ジャングルのおくふかくからたすけをもとめるいらいにんとは...!?おしりたんていが今回のじけんもププッとかいけついたします。

『いえのおばけずかん』 斉藤洋 作/宮本えつよし 絵(講談社)

 登場するおばけはちょっと怖いけど、ちゃんと対応してあげると、意外になさけなくて、
かわいいところもあったりします。怖くて、笑えて、最後はホッとできる。
「こわいけど、おもしろい」新しいおばけの童話シリーズ最新刊。

『いちにちじごく』 ふくべ あきひろ 作/かわしま ななえ 絵(PHP研究所)

 わるいことをしたらじごくにいくっておばあちゃんがいってたけど、本当にあるのかな? よし、いちにちおにになってたしかめにいこう!じごくをみる絵本。


  

【10月のおすすめ】

読書、芸術、スポーツ、食欲、行楽などなど。過ごしやすい秋に楽しめることを探してみませんか?
ご来館をお待ちしております。

展示している本の一部を紹介します。


◎一般書

『山に秋を見つけにいこう!』
山歩きや登山に関する本や、きのこや木の実の本など..
.

◆『のんびり行こう!東海山歩きガイド』 愛知山歩きの会 著(メイツ出版)
◆『木の実の呼び名事典』 亀田 龍吉 写真・文(世界文化社)

◆『3ステップで簡単!ご馳走 山料理』 小雀陣二 著/永易量行 写真(山と渓谷社)

◆『花と葉で見わける「山歩き」の草花図鑑』 木下武司 著(メイツ出版)

・・・など

◎児童書

『芸術の秋』
絵画や音楽、歌舞伎や俳句など、芸術の本を楽しもう!

◆『トリックアートミステリートレイン』 北岡明佳 監修ほか(あかね書房)

◆『ピアノはともだち』 こうやまのりお 著(講談社)

◆『市川染五郎と歌舞伎を観よう』 市川染五郎 監修ほか(岩崎書房)

・・・など

◎えほん

『実りの秋 おいしい絵本』

秋の味覚、おいもやカボチャをはじめ、おいしそうな絵本が盛り沢山!

◆『ばばばあちゃんのやきいもたいかい』さとうわきこ 作(福音館書店)

◆『干し柿』 西村 豊 写真/文(あかね書房)

◆『かぼちゃスープ』ヘレン・クーパー 作ほか(アスラン書房)

・・・など