中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

蛭川総合事務所

2009年11月

新刊こんにちは!蛭川済美図書館です。
今月、済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
毎週木曜日に新刊が入ります。借りる時や予約する時の参考にしてください。

一般書の新刊情報はこちらから
児童書の新刊情報はこちらから

 


■おすすめの一般書

自民崩壊の300日 読売新聞政治部(新潮社)
「政権交代の壮絶なドキュメント。なぜ自民党の支持率は坂を転げ落ちるように下がってしまったのか!?」

活弁士、山崎バニラ 山崎バニラ(枻出版社)
「地デジのCM"金髪に着物で声に特徴のある"女性がこの人です。活弁士なんて昭和に響きがしますが、この本を読むと新しい職業に思えます」

シネマ食堂 飯島奈美(朝日新聞出版)
「映画に出てくるあれが食べてみたい......。そんな気持ちになられた覚えのある方、必読! 70ものレシピが載っています」

淀川でバタフライ たかのてるこ(講談社)
「とにかく面白い! 文庫版で軽く携帯に便利ですので、お昼休みにちょっと、電車でちらっと、旅へ行く方にもおすすめです」

糖尿病でもおいしく食べたい! 検見崎聡美 金城瑞樹(日本文芸社)
「糖尿病の方、増えておられます。みなさん食事に困りませんか? この本の中には、おいしく食べるヒントが満載です」


■おすすめの児童書

こども大図鑑 ジュリー・フェリス 米村でんじろう(河出書房新社)
「すごいずかんがでた! はくりょくまんてん、しゃしんもキレイ! とにかくよんでみてね」

海は生きている 富山和子(講談社)
「このほんは、シリーズで5さつあるうちのさいごのほんです。かんきょうをかんがえるとき、とってもべんきょうになります! おすすめです」

銀河鉄道の夜 まんがで読破 宮沢賢治 バラエティ・アートワークス(イースト・プレス)
「済美図書館で"まんがで読破シリーズ"を全巻入れます。 みなさん、やる気で世界の古典を読破しましょう!」

ひとりでお弁当を作ろう 多賀正子 竹下和男(共同通信社)
「みんな、おべんとうをじぶんでつくったことある? たべるものをつくるのって、とってもたのしいよ!」

21世紀こども百科もののはじまり館 近藤二郎(小学館)
「おもくてぶあついけれど、とってもたのしいよ。"ポスト"って、さいしょは赤かったのかな? みんながしりたいひみつがいっぱいです」

日本の生活道具百科 1~5 中林啓治(河出書房新社)
「がっこうでむかしのこと、べんきょうするよね。そんなとき、この本がとってもやくにたちます!」

鮮やかな赤、黄、青色の笠と衣装を身にまとい伝統を受け継ぐ「杵振踊り」
初夏に雪を被ったように純白の花を咲かせる不思議な植物「ひとつばたご」
夏の夜に乱舞する「ホタル」

さまざまな魅力がある蛭川の四季を題材にフォトコンテストを実施したところ、応募者数49名、応募点数131点の応募があり、厳正な審査の結果、特選(杵振り祭り、ひとつばたご、蛭川の四季と風物)3点、入選20点を決定しましたので作品を紹介します。

■特選作品(杵振り祭り)
nagae_yosiaki 「笑えぬ先達」 毛利 秋生さん
■特選作品(ひとつばたご)
saitou_izumi 「楽しいひととき」 吉村 緑さん
■特選作品(蛭川の四季と風物)
miyasita_kimihiko 「青山公園の桜」 長谷川 広司さん

 

★☆入選作品はこちらのページをご覧ください☆★

企業との協働による森林づくり「JTの森 中津川」第3回森林保全活動
「ものづくり体験」活動で交流しました

森の課外教室 昨年、岐阜県・中津川市・日本たばこ産業株式会社が「森林づくりに関する協定」を結び5ヶ年計画でスタートした森林保全活動が、平成21年11月14日(土)、第3回となる活動(今年度2回目)が行われました。

 

 

計画では、ヒノキの枝打ち作業を実施する予定でしたが、悪天候のため予定を変更して、ひとつばたご広場で「ものづくり体験」として、しめ飾りづくり、餅つき、木っ端材のストラップづくりなどを行いました。

しめ縄づくり しめ飾り
▲しめ飾りづくり  
ストラップづくり ストラップづくり
▲木っ端材のストラップづくり  
餅つき 餅つき
▲餅つき  

 

参加者集合写真各体験では、蛭川地域の老壮クラブ、蛭川地域の参加者、農業女性クラブ、県職員、森林組合職員の指導・協力により行なわれました。このような体験は、いずれも普段なかなか体験することができないものばかりで、参加者のみなさんにとっては、貴重な体験であったことと思います。

参加はJT職員と家族ら約120名、蛭川地域住民からは約50名の参加でした。

月別リスト

    アーカイブ