中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

蛭川総合事務所

2015年11月

こんにちは! 蛭川済美図書館です。
済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
新刊は毎週金曜日に入ります。借りる時や予約する時の参考にしてください。

 
■新しい一般書

『熊谷守一つけち記念館 所蔵作品画集』

熊谷守一著(求龍堂)

今年9月に守一の生まれた中津川市付知町に『熊谷守一つけち記念館』がオープンしました。その記念館の所属作品画集です。守一の初期から晩年の作品を網羅した一冊です。

 

『総理にされた男』

中山七里著(NHK出版)

売れない舞台役者が総理の『替え玉』にされてしまいました。彼は、国民の怒りと願いを代弁することに…。理想の政治家とは。

 

『がらくた屋と月の夜話』

谷 瑞恵著 (幻冬舎)

がらくたばかりの『河嶋骨董屋』に、今日も人生の忘れ物をさがしにお客が訪れます。あなたも大切な何かを思い出すかも……。

 

■新しい絵本・児童書

『イスタンブルで猫さがし』

進藤悦子作 丹地陽子絵 (ポプラ社)

二色の瞳を持つトルコ猫に会いたい。そんなことは、実は口実。主人公の愛は学校から逃げるようにして、父の赴任先のイスタンブルへやってきました……。

 

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』

太田紫織著(角川書店)

舞台は北海道旭川。高校生の主人公の僕は、古いお屋敷に住むお嬢様櫻子さんとひょんなことから知り合いました。彼女の突飛な行動に僕は…。

 

『ちょうでんどうリニア』

平岩美香文、溝口イタル絵(交通新聞社)

超伝導リニア~時速500キロメートルの秘密にせまる

一冊です。東京から名古屋間を最速40分で結び、中津川市にも駅ができます!

 

『いろ』 フィオナ・ランド絵(主婦の友社)

遊びを通じて脳を育てることができる絵本。色を通じて『見る力』と『感じる力』を育みます。

 

■12月のおすすめ

こんにちは。12月になりました。今年もあと一ヶ月で終わりですね。あなたの一年はいかがでしたか?

展示している本の一部を紹介します。

 

◎一般書

新たな年を迎える前に暮らしを見直してみませんか。

暮らしに一工夫・生活に役立つ本を紹介します。

 

『おばあちゃんからママに伝える 暮らしの知恵』

英和出版社 編

『快適エコのライフスタイル 冬の省エネ生活』

NHK出版 編

『子どもと一緒にたのしく おかたづけ育(いく)、はじめました』Emi 著

『人生が豊かになる禅、シンプル片づけ術』

枡野俊明 著

「ラクしてキレイが続く!お掃除のツボ」

成美堂出版 編・・・など

 

◎児童書

子どもたちには未来があります。大人になったら活躍してほしいと願います。子どもたちへ様々な職業を紹介している本を紹介します。進路を考えるさいにも役立てていただけたら。

 

『13歳の進路』 村上 龍著

『「好き」から見つける なりたい職業ガイドブック』

PHP研究所 編

『調べ学習・ECO学習に役立つ 工場見学大百科 ものができるまで』 成美堂出版 編

『福祉の仕事 なり方完全ガイド』 学習研究社 編

『農家になろう③ イネとともに 水田農家 佐藤次幸』

農文協 編

・・・など

 

◎えほん

十二月とうとう今年も残り一ヶ月。初雪はもう降ったかしら。

読み継がれた外国の物語を美しい絵とともに親子でじっくり楽しんでみてはいかがですか。

 

『赤ずきん」 バーナディット・ワッツ 絵

『マッチうりの少女』 ブレア・レント 絵

『ねむりひめ』 フェリクス・ホフマン 絵

『ブレーメンのおんがくたい』 ハンス・フィッシャー 絵

『絵本 星の王子さま』 アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ 文・絵・・・など

日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さんが参加

市では岐阜県と協力し、平成20年度から日本たばこ産業㈱と「企業との協働による森林づくり」を蛭川地区で実施しています。この活動を通じて、地域の皆さんとの交流も行われています。

11月14日(土)には、第15回目となる「JTの森中津川」森林保全活動が開催されました。日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さんが間伐作業を実施しました。また、里山インストラクターを講師に迎え、木工教室も開催されました。

 

<間伐作業>

 

hirukawa_H271114_JT4hirukawa_H271114_JT7

<木工教室>

 

<木工教室で木の実のリースが出来上がりました。>

 

hirukawa_H271114_JT9

<全員で記念撮影>

【恵那峡】紅葉が見頃です

日に日に秋の深まりを感じるこの頃ですが、恵那峡の紅葉が見頃となってきました。

赤、黄、緑色のコントラストが鮮やかです。

 

【写真 11月6日撮影】

hirukawa_H271106_enakyo1

 

hirukawa_H271106_enakyo2

 

hirukawa_H271106_enakyo3

<恵那峡大橋から見た紅岩>

蛭川の中津川市指定天然記念物「今洞の大イチョウ」(高さ19m)が紅葉しました。

下から見上げると圧巻です。

 

【写真 11月6日撮影】

hirukawa_H271106_oityo2

 

IMG_3379

11月3日(火・祝)にひとつばたご広場周辺で『ひるかわMAIKA祭2015』が開催されました。当日は晴天に恵まれ、約5,000人が来場されました。

蛭川小学校4年生による、元気なキッズソーランと阿木小学校4年生の花笠音頭で幕を開け、農家のみなさんが丹精込めて作られた野菜の品評会や松茸が当たる抽選会、石彫のつどい表彰式、文化展などが行われました。今年は姉妹都市である長崎県対馬市から交流協会のみなさんにお越しいただき、特産品販売やお米の贈呈式に参加して頂きました。ステージでは、消防音楽隊による演奏、遠山洋子さんの歌謡ショーなど沢山のイベントが行われ、会場が盛り上がりました。

 

hirukawa_H271103_maika1hirukawa_H271103_maika2

<開幕を飾るキッズソーランと花笠音頭>

 

hirukawa_H271103_maika3

<消防音楽隊によるダイナミックな演奏>

 

hirukawa_H271103_maika5

<野菜品評会と野菜の宝船>

 

hirukawa_H271103_maika6

<松茸が当たるきのこ祭り抽選会>

 

hirukawa_H271103_maika7

<文化展>

 

hirukawa_H271103_maika8

<景品が当たる宝餅投げ>

 

hirukawa_H271103_maika9

<沢山のご来場ありがとうございました。>

こんにちは! 蛭川済美図書館です。
済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
新刊は毎週金曜日に入ります。借りる時や予約する時の参考にしてください。

 
■新しい一般書

『山本昌という生き方』

山本 昌 著(小学館)

50歳まで現役を続けられたマサの流儀。

 

『職業としての小説家』

村上 春樹 著(スイッチ・パブリッシュング)

「MONKEY」大好評連載の“村上春樹私的講演録”に、大幅な書き下ろしを加えた、待望の渾身の一冊

 

『スープジャーさえあればお弁当はラクチン!』

金丸絵里加 著(主婦の友社)

お弁当の定番のスープジャー。保温調理&保冷で、スープジャーを120%活用する1冊。

 

■新しい絵本・児童書

『テレビのずるやすみ』

村上しいこ 作(講談社)

わが家のテレビがしゃべりだして、友だちのたんじょう日会に一緒に行くと言い出した。ところが、テレビがマジックをはじめたら…。

 

『動物最強王図鑑』

實吉達郎 監修(西村書店)

動物界最強は誰か。総勢24頭の猛獣が、頂点を目指してトーナメント戦を繰り広げる、シミュレーション図鑑。

 

『つきのうさぎ』

いもとようこ 文・絵(金の星社)

さるときつねとうさぎのもとに、空腹で今にも死にそうな老人がやってきた。さるときつねは木登りなどの能力を活かして食べ物を持ってきたが、うさぎは何も持ってこられない。そこで優しいうさぎがとった行動とは…。

 

■11月のおすすめ

◎一般書「美術館へ行こう!~藤城清治の世界へ~

読書の秋!!先月、中津川市読書サークル協議会主催の文学散歩で「藤城清治美術館」へ行ってきました。影絵の幻想的な世界を感じることができました。ぜひ行ってみてください。

『藤城清治光影の奇蹟』 藤城清治 著 (美術出版社)

『光は歌い影は踊る』 藤城清治 著 (佼成出版社)

『藤城清治影絵の世界』 藤城清治 著(東京書籍)......など

 

◎児童書「図書館を楽しもう!」

11月は済美図書館の秋の読書まつりです。図書館に関係する本を読んでみませんか?

『図書館ってすごいな』笠原良郎、紺野順子 著(アリス館)

『図書館のトリセツ』福本有美子、江口絵里 著(講談社)

『図書館ラクダがやってくる』マーグリート・ルアーズ 著(さ・え・ら書房) ......など

 

◎えほん「芸術の秋 アートな絵本を楽しもう!」

『どっとこ どうぶつえん』中村至男 作 (福音館書店)

『かみさまはいる いない?』谷川俊太郎 文・清川あさみ 絵 (クレヨンハウス)

『天才ピカソのひみつ』古山浩一 文・絵 (福音館書店)......など

月別リスト

    アーカイブ