中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

蛭川総合事務所

2018年10月

 琴、ハーモニカ、篠笛、ピアノ、大正琴、ギター、和太鼓、ドラム、文化箏、オカリナ・サックス・・・
 楽器演奏を楽しんでいるグループによる3回目のコンサートが開催されます。
 新しいグループも加わり、素敵な演奏をプレゼントします。
 皆さんお誘い合わせの上、是非ご来場ください。

日時:平成30年11月18日(日)開演13:00~(開場30分前)
開場:蛭川公民館蛭子座(ホール)
入場料:無料
出演者(演奏順):La.Friends、箏音会、篠笛クラブ、庄田家、林保之、琴の会すずらん、なでしこ会、白鳩会、お囃子保存会、GEAR ROCK DAMA
主催:蛭川公民館、共催:蛭川文化協会
問い合わせ:蛭川公民館 0573-45-2211

ひるかわスクランブルコンサート_2018.11.jpgひるかわスクランブルコンサート(裏)_2018.11.jpg

title.gif
鮮やかな赤、黄、青色の笠と衣装を身にまとい伝統を受け継ぐ「杵振り踊り
初夏に雪を被ったように純白の花を咲かせる不思議な植物「
ひとつばたご
夏の夜に乱舞する「
ホタル
ほかにもさまざまな魅力がある蛭川の四季をあなたのカメラでとらえてください

    hirukawa_photocon_sample1.jpg  hirukawa_photocon_sample2.png
          平成29年度特選作品              平成29年度特選作品

テーマ】
 蛭川地内の四季(紅葉や冬景色)と風物・景観・文化等を題材とした作品。
 杵振り・ひとつばたご・石彫・ホタル・恵那峡など。
  ※ 撮影地は中津川市蛭川地内に限ります。

【応募規定】
 1.応募者は撮影者本人とし、1人2点まで応募できます。
 2.作品はカラー又はモノクロ、四ツ切りもしくはワイド四ツ切サイズとします。
 3.デジタルカメラでの撮影可。デジタルでの画像処理・加工は不可(トリミングも不可)。
 4.応募作品は平成30年~31年1月中に蛭川地内でテーマに沿った内容で撮影されたもので、
   未発表および発表予定のないものに限ります。
 5.肖像権等に抵触しないよう配慮し、被写体の承諾を得るなどしてください。トラブルが
   生じた場合に主催者は責任を負いません。
 6.入賞作品はネガ・ポジ・デジタルカメラ撮影の場合は画像データをCD-R、DVD-Rにより
   提出していただきます(提出のない場合は失格となります)。
 7.入賞作品の著作権は作者にありますが、使用権は主催者および中津川市に帰属し、出版物、
   広告、展示等に無償で使用させていただきます。
 8.被写体が人物の場合、肖像権侵害などの責任は負いかねます。必ず本人(被写体)の承諾を得てください。
 9.入賞決定後でも応募作品になんらかの不備や違反等があった場合は、入賞を取り消すことがあります。
 10.応募作品は返却しません。

【応募期間】
  ~平成31年1月31日(木)まで ※最終日消印有効


【応募方法】
 応募票に必要事項を記入の上、写真裏面に必ず貼付けてご応募ください。

 応募要項・応募票はこちら (PDF)


【部門と各賞】
 特選(賞状・賞金3万円)  ・・・1点

 入選(賞状・地域特産物等) ・・・数点
  ※特選数は該当作品がない場合減することがあります。

【審査】
 有識者と蛭川観光協会で構成する選考会にて厳正な審査を行い各賞を決定いたします。

【入賞発表】
 
平成31年3月上旬に入賞者に通知いたします。

【表彰式】
 
平成31年5月「ひるかわひとつばたご祭り」において表彰式を実施しますので入賞者はご出席ください。

【入賞作品の紹介】
 
表彰式当日に会場内にて展示したのち、蛭川「岩寿荘」に1年間展示いたします。
 また、中津川市ホームページで発表いたします。

【主催】
 蛭川観光協会

【後援】
 中津川市、中津川北商工会蛭川支部

【協賛】
 杵振り花馬祭り奉賛会、ひとつばたご祭り実行委員会

【応募・問い合わせ先】
 〒509-8301
 岐阜県中津川市蛭川2178番地8
 中津川市蛭川総合事務所内 蛭川観光協会事務局 「蛭川の四季と風物」フォトコンテスト係
 TEL 0573-45-2211 FAX 0573-45-2477

【個人情報について】
 応募票に記載された個人情報は、本コンテストを運営するために必要な範囲で使用させていただき、
 以後は当協会の情報などのお知らせを送付することがあります。

hirukawa_kouhou_2018.10.jpg
    広報ひるかわ2018-10月号.pdf

【内容】
 ・市内一斉に防火訓練が行われました
 ・中学校体育大会が行われました
 ・第29回蛭川歌舞伎公演(蛭子座)お知らせ
 ・済美図書館だより
 ・乳幼児学級「あそびの広場」
 ・きのこ山入札結果
 ・人権相談開催のお知らせ
 ・10月主な行事予定

★ バックナンバーはこちらをご覧ください

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『風は西から』 村山由佳 著(幻冬舎)

過労自殺は「労災」か―?直木賞作家の新作社会派小説。

『「脱水症」と「経口補水液」のすべてがわかる本』 谷口英喜 著(日本医療企画)

脱水症状や熱中症はなぜ起こるのか?そのメカニズムを理解し経口補水液を適切に摂取できるようになる一冊。

『ファーストラヴ』 島本理生 著(文藝春秋)

女子大生の娘が父親を殺す...「家族」がテーマのミステリー。第159回直木賞受賞作。

『いじめで死なせない』 岸田雪子 著(新潮社)

親に向けたいじめの本。子どものSOSに気づくきっかけがわかる一冊。

・・・など。     

■新しい絵本・児童書

『おうさまがかえってくる100びょうまえ!』 柏原佳世子 作・絵(えほんの杜)

おうさまが出かけている間に家来たちはおうさまの部屋でやりたい放題!おうさまが帰ってくるまでに部屋を元通りにできるのか!?

『ポコポコゼリー』 さかいさちえ 作・絵(教育画劇)

「ポコポコおやつえほん」シリーズ第5弾。ポコポコたちは、今度はなんでもゼリーでできている「ゼリーのまち」を見つけます。

『はなびのひ』 たしろちさと 作・ 絵(佼成出版社)

江戸の花火大会の日、ぽんきちは花火職人をしているお父さんのところへ夜食を届けに出かけます。花火の日のわくわくが詰まった絵本。

『わたしが少女型ロボットだったころ』  石川宏千花 著(偕成社)

中学三年生の多鶴は、自分がロボットだったということを突然思い出し、食べることをやめてしまう。息苦しい世界でもがきながら生きる少女の物語。

・・・など。     

【10月のおすすめ】

日に日に秋も深まっています。

秋といえば、読書の秋!

今月図書館に展示している本の一部を紹介します。

       

◎一般展示 ★自分を高める自己啓発に関する本を紹介しています。

『言いにくいことをハッキリ言っても好かれる人の習慣』 能町光香 著(すばる舎)

『賢者の言葉』 ショーン・スティーブンソン 著(ダイヤモンド社)

『「先延ばし」にしない技術』  イミンギュ 著(サンマーク出版)

『座右の「名言」』  齋藤孝 著(実業之日本社)

『成功は99%が情熱!』  水野元気 著(ダイヤモンド社)・・・など

      

◎児童書展示 ★犬やねこが出てくる本を集めて紹介しています。

『犬と私の10の約束』 サイトウアカリ 作(アスキー・メディアワークス)

『南極犬物語』 綾野まさる 作(ハート出版)

『ねこの駅長たま』 小嶋光信 作(KADOKAWA)

『ハチ公物語』 岩貞るみこ 作(講談社)

『ボクと子ネコと飛行船』 南部和也 作(PHP研究所)  ・・・など

     

◎えほん展示 ★犬やねこが出てくる絵本を集めて紹介しています。

『いぬとねこ』 ソジョンオ 再話(光村教育図書)

『いぬのおやくそく』 クリス・ホーンゼイ 作(アールアイシー出版)

『ぜったいいぬをかうからね』 ローレン・チャイルド 作(フレーベル館)

『ねこだらけ』 あきびんご 作(くもん出版)

『ひげなしねこ』 季巳 明代 作(フレーベル館) ・・・など

     

みなさまのご来館を、お待ちしております。

月別リスト

    アーカイブ