蛭川総合事務所

トップページ > 蛭川総合事務所

蛭川総合事務所


4月23日から5月12日まで「第59回こどもの読書週間」です。
済美図書館では、5月中にこども読書まつりを開催しました。


☆5月11日(木)、12日(金)・・・お楽しみ工作「風船ロケット」

ながーい風船と画用紙で『風船ロケット』を作りました。

カラフルな風船ロケットをみんなで飛ばしっこできました。

saibi_2905_h2.JPG saibi_2905_h1.JPG


☆5月18日(木)、19日(金)・・・リサイクル工作「ぱっちんワニ」

牛乳パックと輪ゴムでぱっちん!と口を閉じる『ぱっちんワニ』を作りました。

みんな工夫してそれぞれ自分だけのオリジナルワニができました。

saibi_2905_w2.JPG saibi_2905_w1.JPG


☆5月26日(木)、27日(金)・・・しおりづくり

押し花をつかって、カードを作りました

カードやしおりの形のフィルムを使って個性あふれるしおりができました。

saibi_2905_o2.JPG saibi_2905_o1.JPG

☆夏休み科学あそび体験「スライムをつくろう!」を開催します!

    

◆日 時:平成29年7月26日(水) 10時00分 ~ 17時00分

◆場 所:蛭川済美図書館研修室

◆内 容:スライムつくり

     ねばねばのスライム。3つの材料で簡単に作れるよ!

     どういう仕組みかな?みんなで考えてみよう!

みなさんお誘い合わせて、ぜひお越しください。

問合先:蛭川済美図書館 TEL 45ー2003

   

suraimu20170726.jpg

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『犬が来る病院』 

大塚敦子 著(KADOKAWA)

日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた病院、聖路加国際病院。

4人の子どもたちを通して描いた感動のノンフィクションです。

 

『遊行を生きる』 

鎌田實 著(清流出版)

「遊行」とは先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること。

「遊行」の精神で生きるのが楽になる!エッセイ集です。

 

『回帰 警視庁強行犯係・樋口顕』 

今野敏 著(幻冬舎)

これは日本で初めて起こったテロ事件なのか?事件は現場ではなく会議室でも起きている!!

捜査と家庭に追われる刑事の奮闘を描く。シリーズ最新作!

  

■新しい絵本・児童書

『おしりたんてい かいとうVSたんてい』

トロル さく・え(ポプラ社)

おしりたんていの最強のライバル「かいとうU」があらわれた!

おしりたんていは、オオヤギ家のお宝を守れるのか!?

  

『月はぼくらの宇宙港』 

佐伯和人 作 (新日本出版社)

人類が太陽系へ進出する宇宙港として注目が集まる月。

最新の月科学、人類と月との新しい関わり方を紹介。

   

『円周率の謎を追う』 

鳴海風 作(くもん出版)

円周率3.14がまだ使われていなかった江戸時代。その謎を解明しようとした数学者がいた。

彼の名前は、関孝和。少年時代から壮年時代にかけての物語を通して、当時の数学、和算や関の

業績についてわかりやすく伝えています。

  

【7月のおすすめ】

もうすぐ夏休みですね!今月は夏に関する本を紹介しています。

展示している本の一部を紹介します。

  

◎一般展示

★夏休み!おでかけプランの参考に!★

もうすぐ夏休み!旅行シーズンです。家族と、友達と、ひとりでゆっくりと!

まずはおでかけプランの参考に。出かけなくても行った気分になれる本も紹介しています。

『温泉自慢の公共の宿』 

  ブルーガイド編集部 編集(実業之日本社)

『東海・北陸・信州子連れにぴったりのおすすめキャンプ場ガイド』 

  Spin 著(メイツ出版)

『開運!神社さんぽ』

  上大岡トメ 著(アース・スターエンターテイメント)

『地球一周空の旅~上空から眺める55の絶景』 

  深山史子 文(パイインターナショナル)   

『一生に一度は行きたい日本の絶景癒しの旅100』

  富田文雄/山梨勝弘 写真/文(PHP研究所) ・・・など

    

◎児童書展示

★夏休み!自由研究・工作★

早めに準備をして夏休みを楽しくすごしましょう!

自由研究や工作の参考になる本を紹介しています。

『自由研究図鑑』 

  有沢重雄 文 (福音館)

『楽しく学べる理科の実験・工作』

  川村康文 著(エネルギーフォーラム)

『超かわいい!女の子の手作り自由工作BOOK』

  いしかわまりこ 著(主婦と生活社)

『ゲーム&動くおもちゃ工作 小学生』

  (学研プラス)

『ペットボトルで作る調べるなるほど自由研究』 

  滝川洋二 監修(成美堂出版) ・・・など

    

◎えほん展示

★夏の絵本★

夏に関する絵本はたくさんあります。夏に読んでもらいたい絵本を紹介しています。

『カブトムシのなつ』  いしいつとむ 作(文研出版)

『はなび』  秋山とも子 作 (教育画劇)

『なつねこ』  かんのゆうこ 文(講談社)

『オニヤンマ空へ』  最上一平 作(岩崎書店)

『くすのきだんちのなつやすみ』  武鹿悦子 作(ひかりのくに) ・・・など

広報ひるかわ2017-7月号_ページ_1.jpg

【内容】

・JTの森 森林保全活動
・第20回スポレク祭が行われました
・中学生が「勤彊の梅もぎ」
・小学5年生が田植えを行いました
・さいび図書館だより
・診療所から休診のお知らせ
・「アンサンブル・リベルタ」&和太鼓コンサートの開催
・7月行事予定など






←画像をクリックしてください

★ バックナンバーはこちらをご覧ください

★Adobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください


こんにちは! 蛭川済美図書館です。
済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

  
『からっぽたいくつどようびはまだ 子どもが家族に贈る「ありがとう」短編集』 

  「いつもありがとう」作文コンクール書籍制作委員会 編 (幻冬舎メディアコンサルティング)

  子どもならではの視点や、みずみずしい言葉、独特の発想が、
  大人が見落としていた何かを教えてくれる10篇の物語を収録。


『天下流の友』 

  鈴木英治 著(双葉社)

  時の将軍の発案で、全国から選りすぐりの剣豪が一堂に会し、
  寛永寺での上覧試合が催されることになった。
  人気書き下ろしシリーズ『口入屋用心棒』第三十六弾。

■新しい絵本・児童書

『学研まんが まんがの描き方入門 全三巻』

  日本マンガ塾 監修(学研プラス)

  いますぐ始められて、どんどん上達できる! まんがでまんがの描き方を楽しく学べるシリーズ。
  顔・体・カラーイラストの上手な描き方を中心に基本からストーリーづくりや、
  コマ割りのコツといったテクニックも掲載。


『たまごにいちゃんとたまごねえちゃん 』 

  飯野和好 作(福音館書店)

  たまごにいちゃんとたまごねえちゃんがおとなになって結婚!その子どもたちもまた、
  ちょっとあまえんぼうでわがままでした。

【6月のおすすめ】


雨がふり、蒸し暑く感じることが多い季節となりました。
外出がしづらい天気の日は、おうちで読書でもいかがでしょうか?

展示している本の一部を紹介します。

◎一般書「おうちでできるエコと省エネ」

 6月は環境月間です。

 家庭でできる省エネやエコな生活についての本を展示します。

『ゆるエコ』 田村記久恵  著 (KADOKAWA)

『水の節約&エネルギーの節約』 シアン・ベリー 著 (ガイアブックス)

『涼しい暮らしのアイデア帖』 アスペクト編集部 編 (アスペクト) .....など


◎児童書「環境とリサイクル」

 環境問題とリサイクルについての本を展示します。

 リサイクル工作の本もあるので、夏休みの一研究・一作品の参考にしてみては?

『夏休みエコロジ自由工作』 トモ・ヒコ 著 (大和書房)

『エコでござる 全3巻』 石川英輔 監修 (鈴木出版)

『科学工作図鑑』 立花愛子 著 (いかだ社)

『自由研究もエコで楽しく!ペットボトル・牛乳パックのかんたん工作 』 

くるくるリサイクル工作研究会 著 (メイツ出版)・・・など


◎えほん「梅雨の絵本」

 梅雨の絵本ということで、雨やカエルの出てくる絵本を展示します。

『かえるくんどっちがどっち?』 松橋利光 著(アリス館)

『あまぐもぴっちゃん』 はやしますみ 作・絵 (岩崎書店)

『かえるの竹取ものがたり』 俵万智 文(福音館書店)

『みずたまり』 森山 京 作(偕成社)・・・など


 日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さんが参加



 市では岐阜県と協力し、平成20年度から日本たばこ産業㈱と「企業との協働による森林づくり」を蛭川地区で実施しています。
この活動を通じて、地域の皆さんとの交流も行われています。
 6月3日(土)には、第18回目となる「JTの森中津川」森林保全活動が開催され、日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、
地域の皆さんが参加しました。

 午前には植栽事業地の下草刈り作業を行い、午後からは「ひとつばたご広場」で木工教室として「竹風鈴づくり」が行われました。
 昼食では、実行委員会が作製した長い竹を使った道具による流しそうめんを楽しんでいただきました。暑い中での下草刈り後の
冷たいそうめんは参加者に大変好評でした。

■下草刈

 hirukawa_20170606_JT01.jpg hirukawa_20170606_JT02.jpg hirukawa_20170606_JT03.jpg
    JTの森 入口             手ガマで頑張って刈りました!      天気にも恵まれ南アルプスも見えました!
 

■昼食 流しそうめん

  hirukawa_20170606_JT04.jpg  hirukawa_20170606_JT05.jpg
   太い竹の立派な流し路です!    朴葉すしと山菜汁を食べたあとでもまだ入ります!
 


■木工教室 竹風鈴づくり

hirukawa_20170606_JT09.jpg  hirukawa_20170606_JT08.jpg  hirukawa_20170606_JT06.jpg 
 hirukawa_20170606_JT07.jpg


■全員集合写真
  hirukawa_20170606_JT00.jpg

   ※日本たばこ産業(株)ウェブサイト JTの森 中津川のページはこちら(外部リンクです)

広報ひるかわ2017-6月号_ページ_1.jpg



【内容】

・5/14 ひとつばたご祭り2017が開催されました
・姫路お城祭りに「杵振り踊り」が参加・披露しました   
・中学生が自然体験学習
・さいび図書館だより   
・ひるかわ学童クラブが指導員募集
・6月行事予定など






←画像をクリックしてください




★ バックナンバーはこちらをご覧ください

★Adobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください


 芸能を広く振興するため、特に子どもたちに世界に通ずるパフォーマンスと和楽器の生の音楽を感じてもらうため、
蛭川公民館(蛭子座)でアンサンブル・リベルタ&和太鼓TOKARAのコンサートが開催されます。
ぜひお越しください。

■日時 平成29年6月4日(日) 19:00~開演(18:30~開場)

■会場 中津川市蛭川 公民館(蛭子座)ホール(蛭川2198番地1

■協力券 2,000円(中学生以下は無料です)

■主催 蛭川文化協会

■後援 中津川市・中津川市教育委員会

■お問合せ 樋田(電話 090-1475-5518) 林(電話 090-5107-7746)

 チラシもご覧ください↓
 2017.5.29_蛭川_「アンサンブル・リベルタ」チラシ.jpg

      「アンサンブル・リベルタ」チラシ(pdf)

 満開の「長瀞のヒトツバタゴ自生地」の様子の空撮を行いました。

 普段は見られない角度からの映像もありますので、ぜひご覧ください。

(平成29年5月22日、午前の様子です。)

 ヒトツバタゴの開花情報(5/22現在)


 ヒトツバタゴは限られた地域のみ自生する植物で、日本では岐阜県東濃地域と愛知県、 ヒトツバタゴ.jpg
長崎県対馬市の一部でしか自生していません。
 東濃地域の中でも、特にここ蛭川の地にはたくさんの自生木が残っています。

 奈良井区長瀞(ながとろ)に自生しているヒトツバタゴは樹齢は100年を越え、
高さ約13メートル、枝張り約10メートルという巨木です。
 国の天然記念物に指定され、「白い花の咲く里ひるかわ」を象徴する存在になっています。

満開になると、雪が降ったように真っ白に咲きます。



<2017年5月22日撮影 > 満開です!
            天然記念物に指定されている長瀞の自生木や、
            県道に被さるように咲く一之瀬の木は、
            こんもりと雪が積もったように白い花が咲いて、
            このところの暑さを和らげてくれます!

拡大写真





今洞地区 ひとつばたご広場 小学校 郷土資料館前




長瀞自生地 長瀞自生地 一之瀬 博石館前

 

マップはこちら