中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

蛭川総合事務所

7月27日(土)済美図書館で、おはなしの会さんによるおたのしみ会が開催されました!

     

おはなしの会さんが大きな紙芝居を読んでくださいます!

大きな紙芝居

       

       

杉江先生の科学実験!

杉江先生の科学実験

       

       

ストロープレイン工作!

ストロープレイン工作

     

      

飛ばして遊ぼう!!

ストロープレインを飛ばす

       

    

     

おはなしの会さん、いつもありがとうございます!

また図書館に遊びに来てね!

7月31日(水)10時~17時まで夏休み科学あそび体験「スライムをつくろう!」を開催しました!

1日で、110人もの参加がありました!ありがとうございました!

    

スライムの見本と関連図書です。

スライム見本

    

スライムは洗濯のりと水とホウ砂で作れます。

スライムの材料 洗濯のり

    

絵具を少し入れて、色を付けます。

スライムに色を入れる様子

    

ホウ砂を入れます。

ホウ砂液

    

よく混ぜて・・・固まってきた!どうして固まってくるのかな?

スライムを混ぜている様子

    

お!ものすごくのび~る!

スライムを伸ばしている様子

    

スライムで絵も描けちゃう!

スライムで絵を描いている様子

    

たくさんのご参加、ありがとうございました!

☆夏休み科学あそび体験「スライムをつくろう!」を開催します!

    

◆日 時:令和元年7月31日(水) 10時00分 ~ 17時00分

◆場 所:蛭川済美図書館研修室

◆内 容:スライム作り。

     ねばねばのスライム。3つの材料で簡単に作れるよ!

     どういう仕組みか考えてみよう!

みなさんお誘い合わせて、ぜひお越しください。

問合先:蛭川済美図書館 TEL 45ー2003

R1スライムポスター.png

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

    

■新しい一般書

    

『里山食堂が教える果樹の収穫・保存・料理』 西東社編集部 編(西東社)

 果実の収穫から料理法まで幅広く紹介しています。

 甘いジャムやデザートはまねしたくなるものばかりです。 

 

『一〇五歳、死ねないのも困るのよ』 篠田桃紅 著(幻冬舎)

 自らを長く生きすぎたと言う美術家の、篠田桃紅が残す後世へのメッセージ。

 「歳と折れ合って、面白がる精神をもつ」など、生きる秘訣がつまった一冊です。

    

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』 青柳碧人 著(双葉社)

 桃太郎、一寸法師、浦島太郎などの昔話をミステリーで読み解いていく、全5編の作品集です。

 読み終えた後は、誰かに勧めたくなること間違いなしです。

    

■新しい絵本・児童書

    

『ありがとまと』 わたなべあや 絵(ひかりのくに)

 困っているお野菜たちをおたすけするヒーローのトマトマン。

 「ありがとう」と言葉で伝える大切さを教えてくれる絵本です。

    

『この世界で、君と二度目の恋をする』 望月くらげ 著(KADOKAWA)

 理由がわからないまま、付き合っていた少年・新から別れを告げられた少女・旭。

 そんなある日、新が病気で亡くなったという知らせを聞き、、、。

    

【8月のおすすめ】

    

今月展示している本の一部を紹介します。

    

◎一般展示 ★ハーブ・スパイスの本

 ハーブやスパイスを使ったレシピ本や、ハーブの香りに癒されるリラックス法などを紹介する本を

展示しています。

『ウー・ウェンの中国調味料&スパイスのおいしい使い方』 ウーウェン 著(高橋書店)

『ハーブでフレンチ!』 ローラン・ジャンマリー 著(日東書院本社)

『こんなに使える!ハーブレシピ』 七沢なおみ 著(講談社)

『ボタニカルズ式ハーブティーPerfect Book』 ボタニカルズ 監修(河出書房新社)

『ココロとカラダに効くハーブ便利帳』 真木文絵 著(NHK出版)・・・など

    

◎児童書展示 ★海・魚の本

 海や魚について学べる本を展示しています。

『海の生きもの』 Miranda MacQuitt (丸善)

『海べのふしぎな生きものたち』 よしざきかずみ 写真 (岩崎書店)

『サンゴの海』 長島敏春 写真・文(偕成社)

『クマノミとサンゴの海の魚たち』 大方洋二 写真・文(岩崎書店) ・・・など

     

◎えほん展示 ★うみ・さかなのえほん 

 海や魚について、絵や色で楽しく読める絵本を集めました。

『いのちあふれる海へ』 クレア A ニヴォラ さく(福音館書店)

『海のこと』『魚のこと』 キャスリン・シル 文 (玉川大学出版部)

『ウミガメものがたり』 鈴木まもる 作・絵(童心社)・・・など

      

みなさまのご来館を、お待ちしております。

蛭川公民館では、「夏休みなんでも塾」に参加する塾生を募集しています。
今年の夏の宝物として、ぜひ友だちと誘い合って、家の人と相談して挑戦してみよう。

       詳しくは塾生募集のチラシ(PDF)をご覧ください
教室名 対象 日時 会場
けん玉教室 小学生 7月24日(水)、7月31日(水)、8月7日(水) 9時30分から11時 蛭川公民館ホール(8月7日はひとつばたご広場)
釣り教室 小学4年生以上 7月27日(土) 9時から11時30分 蛭川公民館ホール集合
星を観る会 どなたでも参加できます 8月6日(火) 19時30分から21時 下沢曽我接骨院天体ドーム
わらぞうり教室 小学4年生から一般 8月21日(水)、8月22日(木) 9時から11時30分 蛭川公民館ホール

 
申し込み
・学年、地区名、名前、年齢、希望する塾(複数可)、住所、電話番号、保護者名を記入して7月12日(金)までに、小学校または蛭川総合事務所まで提出してください。

問い合わせ先 蛭川公民館(蛭川総合事務所) TEL.0573-45-2211

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

    

■新しい一般書

    

『大人の伝え方ノート』 矢野香 著(SBクリエイティブ)

 言いたいことが適切に伝わっていないな、と感じることはありませんか?

 言い方ひとつであなたの思いは適切に伝わり、あなたへの印象も変わります。

 元NHKキャスターで、心理学の研究者としても活躍中の著者が、心理学を使った伝え方のテクニックを教えます。

    

『宮中歌会始全歌集』 宮内庁 編(東京書籍)

 歌会始とは新年を祝う宮中行事で、毎年、年始に執り行われます。

 平成の間に行われた歌会始で詠まれたすべての和歌が掲載されています。

    

『姑の遺品整理は、迷惑です』 垣谷美雨 著(双葉社)

 姑が亡くなり、仕方なくはじめた遺品整理。

 大変な遺品整理だが、整理をするうちに姑の生き方をたどりなおすようで・・・。

    

■新しい絵本・児童書

    

『ちゅるちゅる』 視覚デザイン研究所 作(視覚デザイン研究所)

 『ごはんごはん』に続く、シリーズ第二弾!きつねうどん、ラーメン、ナポリタン・・・

 どれもおいしそうで、思わず手が伸びてしまいます。

    

『プログラミングって何?』 関和之 マンガ・イラスト(旺文社)

 プログラミングと聞くと何やら難しそうで自分には関係のないことのように思えますが、実は、身の回りに

 たくさんあふれています。

 プログラミングの役割についてやさしく書かれており、プログラミング教育に不安を抱いている保護者の方

 にもおすすめです。

    

【7月のおすすめ】

    

今月展示している本の一部を紹介します。

    

◎一般展示 ★野球を楽しもう

 野球が出てくる小説や野球選手の書いた本、少年野球の指導書、高校野球に関する本など、

 野球にまつわる本を集めました。

『あるキング』 伊坂幸太郎 著(徳間書店)

『清原和博告白』 清原和博 著(文藝春秋)

『少年野球で、子どもをグングン伸ばす47の教え』 桜井一 著(カンゼン)

『甲子園だけが高校野球ではない』 岩崎夏海 著(廣済堂あかつき)

『戦場に散った野球人たち』 早坂隆 著(文藝春秋)・・・など

    

◎児童書展示 ★野球の本

 野球の出てくる物語や野球の練習について書かれている本などを集めました。

『キャプテンはつらいぜ』 後藤竜二 作(講談社)

『スウィング!』 横沢彰 作 (童心社)

『いちばんうまくなる少年野球』 成城ヤンガーズ 監修(学研パブリッシング)

『バッテリー』 あさのあつこ 著(角川書店) ・・・など

     

◎えほん展示 ★やきゅうがでてくるえほん 

 野球や野球をする子どもが出てくる絵本を集めました。

『くじらのバース』 村上康成 作・絵 (ひさかたチャイルド)

『それゆけ!きょうりゅうベースボール大決戦』 リサ・ホィーラー 作 (ひさかたチャイルド)

『ホームランを打ったことのない君に』 長谷川集平 作(理論社)

『ぼくんちに、マツイヒデキ!?』 広岡勲 監修(学研)・・・など

      

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『とめどなく囁く』 桐野夏生 著(幻冬舎)

 「柔らかな頬」で直木賞を受賞、その他数々の賞を受賞している桐野夏生の最新作。

 夫を海難事故で亡くし、資産家の夫と再婚した主人公だったが、ある日前夫の母親から

 電話がかかってきた。

『機捜235』 今野敏 著 (光文社)

 機動操捜査の主人公。新しい相棒が着任したが、どうみても新人ではなさそうだ。

 しかし白髪まじりの相棒は、思いがけない実力の刑事だった。

■新しい絵本・児童書

『おべんとうしろくま』 柴田ケイコ 作・絵 (PHP研究所)

 シリーズ第三弾!くいしんぼうのしろくまは、今度は大好きなお弁当の中に入っちゃった!

『はりねずみのぼうけん』 ディック・ブルーナ ぶん・え (福音館書店)

 はりねずみのはりこちゃんは、マフラーを買うため町へでかけました。でも、町は車がいっぱいで

 危険がいっぱい!

『ほねほねザウルス20巻』 カバヤ食品株式会社 原案・監修 (岩崎書店)

 ほねほねザウルス最新刊!なかよし3人組ベビー、トップス、ゴンちゃんは、もうれつな砂嵐が

 ふきあれる「魔のさばく」へとやってきた。

『名探偵テスとミナ1巻』 ポーラ・ハリソン 作  (文響社)

 メイドのテスとプリンセスのミナはふたごのようにそっくり!

 ときどき入れ替わってるのは秘密。ミナの弟エドワード王子の王冠が消えてしまった!

    

【6月のおすすめ】

かえるの声が日に日に大きくなってきましたね!

今月展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示 ★ヘアアレンジ・服の本

着物のリメイクや赤ちゃん服、ゆかたの作り方などの本を中心に、縫い方や服のコーディネイト

の仕方本などを集めました。

『かわいい布で作る子どものキモノ』 中山麻子 著(PHP研究所)

『オールシーズンのメンズ服』 金子俊雄著(日本ヴォーグ社)

『さらりと涼しいニットのふだん着』 michiyo 著(文化学園文化出版局)・・・など

    

◎児童書展示 ★石・鉱石の本

川の石から宝石まで色々な石や鉱石についての本を集めました。

『石はなにからできている?』 西村寿雄 文(岩崎書店)

『生きものとつながる石ころ探検』 盛口満 文・絵 (少年写真新聞社)

『こどもが探せる川原や海辺のきれいな石の図鑑』 柴山元彦 著(創元社) ・・・など

     

◎えほん展示 ★かさのえほん 

 梅雨の季節、かさを開く機会も多くなります。今月はかさがでてくる絵本を紹介しています。

『ぼくはかさ』 せなけいこ 作・絵 (ポプラ社)

『あかいかさがおちていた』 筒井敬介 作 (童心社)

『からかさにざえもん』 最上一平 文(文研出版)・・・など

      

みなさまのご来館を、お待ちしております。

蛭川公民館だより夏号R1.6.1.jpg
    公民館だより夏号(PDF)

  蛭川公民館だより夏号を発行しました。ご覧ください。

【内容】
・コラム「初夏に咲く雪の花」
・「蛭子座友の会」が動き始めました
・公民館6月~8月行事予定
・公民館講座のお知らせ

4月23日から5月12日まで「第61回こどもの読書週間」でした。済美図書館では、5月中、子ども読書まつりを開催しました!

    

☆5月23(木)、24日(金) しおりづくりをしました。

おし花やマスキングテープを使って、世界に一つだけのしおりを作ります!

子ども読書まつりのポスター

       

しおりづくりに使うおし花です!花ボランティアさんが作ってくださいました!

しおりづくりで使うおし花

    

マスキングテープを使ってデコレーション

マスキングテープでしおりにデコレーションをしている様子

    

ラミネートしよう!

ラミネートをする様子

    

しおりのひもを通して・・・なかなか難しい・・・

しおりのひもを通す様子1

    

よし!

しおりのひもを通す様子2

     

完成!

手作りしおり

     

    

たくさんのご参加、ありがとうございました!

作ったしおりでたくさん本を読んでね!

 初夏に雪を被ったように真っ白な花を咲かせる不思議な植物「ヒトツバタゴ」。その姿が珍しいことから「なんじゃもんじゃ」とも呼ばれています。 ヒトツバタゴ.jpg
 ヒトツバタゴは限られた地域のみ自生する植物で、日本では東濃地域と愛知県、 長崎県対馬市の一部でしか自生していません。東濃地域の中でも、特にここ蛭川の地にはたくさんの自生木が残っています。

 奈良井区長瀞(ながとろ)に自生しているヒトツバタゴは樹齢100年を越え、高さ約13メートル、枝張り約10メートルという巨木です。国の天然記念物に指定され、「白い花の咲く里ひるかわ」を象徴する存在となっています。満開になると、雪が降ったように真っ白に咲きます。



<2019年5月20日撮影 > ヒトツバタの花は満開を迎えています。           
長瀞のヒトツバタゴ
hirukawa_hitotsubatago_20190520_nagatoro.jpg

hirukawa_hitotsubatago_20190520_nagatoro2.jpg

■マップはこちら

■お問い合わせ
 開花の状況などは、下記までお問い合わせください。
  蛭川総合事務所(電話 0573-45-2211)

月別リスト

    アーカイブ