蛭川総合事務所

トップページ蛭川総合事務所

JTの森

JTの森の最近のブログ記事


 日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さんが参加



 市では岐阜県と協力し、平成20年度から日本たばこ産業㈱と「企業との協働による森林づくり」を蛭川地区で実施しています。
この活動を通じて、地域の皆さんとの交流も行われています。
 6月3日(土)には、第18回目となる「JTの森中津川」森林保全活動が開催され、日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、
地域の皆さんが参加しました。

 午前には植栽事業地の下草刈り作業を行い、午後からは「ひとつばたご広場」で木工教室として「竹風鈴づくり」が行われました。
 昼食では、実行委員会が作製した長い竹を使った道具による流しそうめんを楽しんでいただきました。暑い中での下草刈り後の
冷たいそうめんは参加者に大変好評でした。

■下草刈

 hirukawa_20170606_JT01.jpg hirukawa_20170606_JT02.jpg hirukawa_20170606_JT03.jpg
    JTの森 入口             手ガマで頑張って刈りました!      天気にも恵まれ南アルプスも見えました!
 

■昼食 流しそうめん

  hirukawa_20170606_JT04.jpg  hirukawa_20170606_JT05.jpg
   太い竹の立派な流し路です!    朴葉すしと山菜汁を食べたあとでもまだ入ります!
 


■木工教室 竹風鈴づくり

hirukawa_20170606_JT09.jpg  hirukawa_20170606_JT08.jpg  hirukawa_20170606_JT06.jpg 
 hirukawa_20170606_JT07.jpg


■全員集合写真
  hirukawa_20170606_JT00.jpg

   ※日本たばこ産業(株)ウェブサイト JTの森 中津川のページはこちら(外部リンクです)

日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さんが参加

市では岐阜県と協力し、平成20年度から日本たばこ産業㈱と「企業との協働による森林づくり」を蛭川地区で実施しています。この活動を通じて、地域の皆さんとの交流も行われています。

11月19日(土)には、第17回目となる「JTの森中津川」森林保全活動が開催され、日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さんが参加しました。

当日はあいにくの雨となり、予定されていた屋外活動(間伐・さつま芋の収穫)は全て中止となってしまいました。雨が予測されていたので、JT社員の運営スタッフと実行委員が前日に春の活動で苗を植えたさつま芋を収穫しました。農業体験の少ないJT社員から、こんなに楽しい作業を参加者に体験させたかったという声が漏れていました。

19日は「木工教室」が行われ、里山インストラクターの指導で山桜の木を使って「マイ箸」を作りました。また、収穫したさつま芋は、お土産として1人1袋持ち帰り一部は焼き芋にして食べました。焼きたてのさつま芋は参加者に大変好評でした。

 

運営スタッフ社員によるさつま芋収穫のようす

 

実行委員が作った焼き芋窯(左下)と試食のようす

 

箸作成の下地処理(ヤスリ掛け)

 

hirukawa_H281119_koho3

箸にオリジナルのデザインを電熱ペンで施すようす

 

hirukawa_H281119_koho5

全員で記念写真

日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さんが参加

市では岐阜県と協力し、平成20年度から日本たばこ産業㈱と「企業との協働による森林づくり」を蛭川地区で実施しています。この活動を通じて、地域の皆さんとの交流も行われています。

6月18日(土)には、第16回目となる「JTの森中津川」森林保全活動が開催され、日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さんが参加しました。午前中に、下刈り作業を実施し、午後からは、里山インストラクターによる森林教室とサツマ芋苗植え付けが行われました。

 

<下刈り作業>

 

hirukawa_H280618_jt6

<森林教室>

 

<サツマ芋苗植え付け>

 

hirukawa_H280618_jt7

<全員で記念撮影>

日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さんが参加

市では岐阜県と協力し、平成20年度から日本たばこ産業㈱と「企業との協働による森林づくり」を蛭川地区で実施しています。この活動を通じて、地域の皆さんとの交流も行われています。

11月14日(土)には、第15回目となる「JTの森中津川」森林保全活動が開催されました。日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さんが間伐作業を実施しました。また、里山インストラクターを講師に迎え、木工教室も開催されました。

 

<間伐作業>

 

hirukawa_H271114_JT4hirukawa_H271114_JT7

<木工教室>

 

<木工教室で木の実のリースが出来上がりました。>

 

hirukawa_H271114_JT9

<全員で記念撮影>

日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さん、160名が参加

市では岐阜県と協力し、平成20年度から日本たばこ産業㈱と「企業との協働による森林づくり」を蛭川地区で実施しています。この活動を通じて、地域の皆さんとの交流も行われています。

6月20日(土)には、第14回目となる「JTの森中津川」森林保全活動が開催されました。日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さん、160名が参加し、下刈り及び間伐作業を実施しました。また、里山インストラクターを講師に迎え、木工教室も開催されました。

 

<下刈り作業>

 

IMGP2931IMGP2932

<間伐作業>

 

<木工教室>

 

IMGP2924

<全員で記念撮影>

日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さん、150名が参加

市では岐阜県と協力し、平成20年度から日本たばこ産業㈱と「企業との協働による森林づくり」を蛭川地区で実施しています。この活動を通じて、地域の皆さんとの交流も行われています。

11月15日(土)には、第13回目となる「JTの森中津川」森林保全活動が若山地区里山事業地で開催され、日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さん、150名が参加しました。始めに、除伐作業を実施、馬酔木、ヒシャシャギ、ツゲなどを残して除伐をしました。除伐後の山は、陽が射し、明るい山になりました。作業後には、来年の全国植樹祭で展示する「未来の木」に、葉っぱ型のメッセージカードにコメントを記入し、飾りました。その他、中津川市川上在住の吉村幸二さんによるチェーンソーアートの実演や栗谷本征二さん他、森林インストラクターによる自然観察教室も行われ、森林保全とともに、自然の大切さを学ぶ一日となりました。

 

 

<除伐作業の様子>

 

<メッセージに思いを込めて・・・>

 

<チェーンソーアートの実演> <30分程でりすが完成しました。>

 

 

<森林インストラクターによる自然観察教室>

 

<全員で記念撮影>

日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さん、150名が参加

市では岐阜県と協力し、平成20年度から日本たばこ産業㈱と「企業との協働による森林づくり」を蛭川地区で実施しています。この活動を通じて、地域の皆さんとの交流も行われています。

6月21日(土)には、第12回目となる「JTの森中津川」森林保全活動が開催されました。日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、地域の皆さん、150名が参加し、下刈り及び間伐作業を実施しました。また、間伐材を利用し、自由な作品を制作する木工教室も開催されました。

 

 

 

jt_2014  JTの森中津川

「JTの森 中津川」2010年秋の森林保全活動
11月6日(土)、JTグループ社員と地元住民らで森林保全活動を実施


JTの森 中津川 JTは、岐阜県中津川市において取り組んでいる植林/森林保全活動「JTの森 中津川」の一環として、11月6日(土)にJTグループ社員およびその家族、さらに地元住民らが参加し、岐阜県、中津川市、中津川市森林組合等と協働で森林保全活動を行いました。

「JTの森 中津川」は、岐阜県の「企業との協働による森林づくり」制度を活用した森林保全活動で、中津川市蛭川の森づくり実行委員会、岐阜県、中津川市、および中津川市森林組合と協働で2008年から取り組んでいるものです。

今回の活動は、保育事業地(約8ヘクタール)において、ヒノキが健全に生育するよう、おもに枝打ち作業を実施しました。この活動には、JT名古屋支店管内に勤務する社員をはじめその家族と、地元蛭川の住民ら約200名が参加しました。

JTの森 中津川 JTの森 中津川
▲指導員による作業要領の説明の様子 ▲枝打ち作業
JTの森 中津川  
▲枝打ち作業  

 

作業の終了後は、「ひとつばたご広場」で地元の蛭川農業女性クラブのみなさんが準備した昼食をとり、午後からは 体験企画として、「さつまいも掘り」「竹細工(竹とんぼなど)」で楽しんでいただきました。

JTの森 中津川 JTの森 中津川
▲いも堀体験 ▲いも堀体験
JTの森 中津川 JTの森 中津川
▲竹細工体験 ▲竹細工体験
JTの森 中津川  
▲JTの職員家族の子どもによるお礼の挨拶  

JTの森 中津川

企業との協働による森林づくり「JTの森 中津川」第3回森林保全活動
「ものづくり体験」活動で交流しました

森の課外教室 昨年、岐阜県・中津川市・日本たばこ産業株式会社が「森林づくりに関する協定」を結び5ヶ年計画でスタートした森林保全活動が、平成21年11月14日(土)、第3回となる活動(今年度2回目)が行われました。

 

 

計画では、ヒノキの枝打ち作業を実施する予定でしたが、悪天候のため予定を変更して、ひとつばたご広場で「ものづくり体験」として、しめ飾りづくり、餅つき、木っ端材のストラップづくりなどを行いました。

しめ縄づくり しめ飾り
▲しめ飾りづくり  
ストラップづくり ストラップづくり
▲木っ端材のストラップづくり  
餅つき 餅つき
▲餅つき  

 

参加者集合写真各体験では、蛭川地域の老壮クラブ、蛭川地域の参加者、農業女性クラブ、県職員、森林組合職員の指導・協力により行なわれました。このような体験は、いずれも普段なかなか体験することができないものばかりで、参加者のみなさんにとっては、貴重な体験であったことと思います。

参加はJT職員と家族ら約120名、蛭川地域住民からは約50名の参加でした。

「JTの森 中津川」で森林保全活動を開催参加者集合記念写真

    昨年、岐阜県・中津川市・日本たばこ産業株式会社が「森林づくりに関する協定」を結び5ヶ年計画でスタートした森林保全活動が、平成21年5月16日(土)、中津川市蛭川字南洞で今年度第1回目が行われました。
    当日は、小雨の降る中、1800本の苗木(ヒトツバタゴ、ヤマボウシ、ヤマザクラなど)を約1.2haの森に植樹しました。
    参加はJT職員と家族、蛭川地域住民ら約200人でした。

植樹作業 2 植樹作業 3  植樹作業 4