蛭川総合事務所

トップページ蛭川総合事務所

100周年記念事業

100周年記念事業の最近のブログ記事

明治43年10月1日に開館した済美図書館は、平成22年に100周年を迎えました。

「蛭川済美図書館百年の歩みを語る」と題して、共に蛭川村教育長及び済美図書館長を経験した奥村弥太郎氏と山田次男氏による対談が行われました。対談の模様を掲載しましたので、ぜひご覧ください。

■語り
元蛭川村教育長 奥村弥太郎氏
元蛭川村教育長・済美図書館100周年記念事業実行委員長 山田次男氏

蛭川済美図書館では、済美図書館100周年記念事業として「済美図書館の百年展」と「戦没画学生『戦場からの絵葉書』展」を開催します。
みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひお出かけください。

済美図書館【済美図書館の百年展】 
済美図書館100年の歴史をパネルで紹介します。
昔の小学校、役場、80周年記念講演の平岩弓枝さん、読書サークル「さいびの会」や、ボランティアサークル「おはなしの会」の活動など、懐かしい写真をパネルにしました。

【戦没画学生『戦場からの絵葉書』展】
長野県上田市の無言館から、戦没画学生の絵葉書をお借りし展示します。
21歳から36歳までの、それぞれ遺された作品を縮小した絵画作品と絵葉書の複製と略歴がセットでパネルになっています。
戦場という制約の中、訓練の様子や、日本に残した子どもらを気遣う言葉がびっしりと書かれ、そのほとんどに絵が描かれています。

 
■期間・時間
平成22年10月17日(日)~11月6日(土)
(平日)9:30~18:00 (土日祝日)9:00~17:00
10月24日(日)のみお休み  

■場所
蛭川済美図書館2階展示室 
[gmaps:35.52224824987818/137.38136440515518/15/460/300]済美図書館[/gmaps]

主催
済美図書館100周年記念事業実行委員会

■お問い合わせ
済美図書館100周年記念事業実行委員会事務局(蛭川総合事務所内)
電話 0573-45-2211

済美の館

100周年ポスター誰にもわかる言葉で、とつとつと紡ぎだされる「無言館」窪島氏のお話は、戦争を知らない世代の心にもきっと届きます。

なぜ戦没画学生の作品を展示する美術館を造ることになったのか。

全国各地を回り、戦争でこの世を去った画学生の親元を訪ねて絵を預かり、自然の美しい信州上田の山に建てられた小さな美術館に、大事に保存する活動を続ける窪島氏の講演、ぜひ多くのみなさんに聴いていただきたいと思います。

講師 窪島 誠一郎氏 略歴

1941(昭和16)年東京生まれ。
信濃デッサン館・無言館館主・作家。
印刷工、酒場経営などを経て、 1964(同39)年、東京世田谷区に 小劇場運動の草分けとなる 「キッド・アイラック・アート・ホール」を設立。
1979(同54)年、長野県上田市に夭折画家のデッサンを展示する「信濃デッサン館」を、1997(平成9)年、同館隣接地に戦没画学生慰霊美術館「無言館」を設立。
『父への手紙』(筑摩書房)、『信濃デッサン館日記』(平凡社)、『無言館ノオト』(集英社)、『無言館への旅』『高間筆子幻影』(白水社)など著書多数。 産経児童出版文化賞、地方出版文化功労章、信毎賞、NHK地域放送文化賞を受賞。
2005(平成17)年、「無言館」の活動で第53回菊池寛賞受賞。
窪島誠一郎氏

 

■日時
平成22年10月30日(土) 午後2時15分~午後3時45分

■講師
窪島 誠一郎氏(長野県上田市無言館館主)

■場所
蛭川公民館 大ホール
[gmaps:35.52318257828651/137.38265722990036/14/460/300](comment)[/gmaps]

■記念式典を同時に開催します(午後1時30分から)
済美図書館読書感想文コンクール表彰(小中優秀者)
功労者表彰(個人・団体)
ドキュメンタリービデオ上映「蛭川済美図書館100年の歩みを語る」
記念品(栞)とリーフレットの配布

主催
済美図書館100周年記念事業実行委員会

■お問い合わせ
済美図書館100周年記念事業実行委員会事務局(蛭川総合事務所 0573-45-2211)

こどもまつり100 蛭川済美図書館では、済美図書館100周年記念事業として地域の子どもたちに楽しんでもらえるイベント「さいび子どもまつり100」を開催します。

劇団なんじゃもんじゃの公演「きずだらけのリンゴ」のほか、各部屋にわかれたいろいろな「お楽しみイベント」があります。

参加は無料ですが、事前に申し込みが必要です。10月12日(火)までに蛭川総合事務所(電話:0573-45-2211)へお申込みください。

 

 

 

【オープニングイベント】
劇団なんじゃもんじゃ「きずだらけのリンゴ」 なんじゃもんじゃ
劇団なんじゃもんじゃは1993年5月福岡に夫婦2人で旗揚げし、岐阜・愛知・三重県下の幼稚園・保育園をはじめ、小学校や全国のおやこ劇場で活躍中です。

 

 

【お楽しみイベント】
◆石で遊ぼう
宝石探し、石ころアート
◆科学工作
スーパーボールロケット、パタパタ風車、クラクションホーン、くるくる万華鏡、ストロー飛行機
◆天体観測
手作りプラネタリウム。公民館のひとつの部屋が星空に!
◆なりきりコスプレ(小学校低学年まで)
シンデレラや不思議の国のアリス、「かいじゅうたちのいるところ」の"マックス"になりきろう
◆10年後の自分へ手紙を書こう
10年たったら、君は何歳かな?未来へ手紙をかいてみよう
◆かいけつゾロリがやってきた
本物のゾロリにあいにいこう
◆食育コーナー
昔はどんなおやつを食べていたのかな?
ポン菓子、おにまん、人参ゼリーが食べられるよ!

 

■とき
平成22年10月31日(日) 9時30分~12時

ところ
蛭川公民館、地域活性化センター
[gmaps:35.52318257828651/137.38265722990036/14/460/300](comment)[/gmaps]

主催
済美図書館100周年記念事業実行委員会

お申込み・お問い合わせ
参加は無料です。 平成22年10月12日(火)までに下記事務局へお申込みください。
済美図書館100周年記念事業実行委員会事務局(蛭川総合事務所 0573-45-2211)

「地域の子どもたちへ」蛭川済美図書館100周年記念事業
絵本作家 木坂涼さん講演会

「どんぶらこっこ にわとりこっこ ~~絵本と詩のおはなし~~」

 

kouen蛭川済美図書館では、100周年記念事業として絵本作家の木坂涼さんによる講演会「どんぶらこっこ にわとりこっこ ~~絵本と詩のおはなし~~」 を開催します。

木坂涼さんは、詩人でもあり、赤ちゃん絵本をたくさん出版されています。言葉のリズム、詩のリズムが楽しいお話をしてくださいます。

みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひお出かけください。

 

 

 


木坂 涼(きさか りょう)
1958年、埼玉県生まれ。
詩人・エッセイスト・絵本作家・翻訳家として活躍。
詩集『ツッツッと』で現代詩花椿賞受賞。
『金色の網』で芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。
その他の著書に、詩集『五つのエラーをさがせ!』、絵本『みんなおっぱいのんでたよ』、翻訳絵本『ピッツァぼうや』『ゆきのともだち』『ヨセフのだいじなコート』ほか多数。

ottotto

「おっとっと」
文・木坂涼 絵・高畠純(講談社)

kisaka



■日時
2010年9月24日(金) 10:00~11:30

■場所 
蛭川福祉センター やすらぎ荘 大集会室(中津川市蛭川4862−1)
[gmaps:35.51442173084773/137.3975944519043/13/460/300](comment)[/gmaps]

■入場料
無料

■お問い合わせ
済美図書館100周年記念事業実行委員会事務局(蛭川総合事務所内)
電話:0573-45-2211

■主催
済美図書館100周年記念事業実行委員会

この事業は、岐阜県の「地域子育て創生事業」補助金を受けています。

済美図書館100周年記念事業では、あらゆる層のみなさんが参加できるよう、次の3事業を計画しています。
1.絵本作家講演会(乳幼児親子向け)
2.記念式典と作家講演会(中学生~一般向け)
3.さいび子どもまつり100(保育園~中学生向け)
今回の絵本作家講演会では、活字離れを食い止めるために、幼少期から絵本に慣れ親しんでもらうことが重要と考え、講演時間も子育て中のみなさんが一番出かけやすい時間に設定しました。

済美図書館は平成22年10月1日で100周年を迎えます。そこで、10月30日(土)と31日(日)に記念行事を予定しています。
また22年度は「済美図書館100周年の1年間」として、普段のイベントにも力を入れて取り組みたいと思います。
初夏は「こども読書まつり」と「文学散歩」です。みなさんぜひお出かけください。

◆こどもどくしょまつり

おしばなカードをつくろう! 5月6日(木)と7日(金)と8日(土)
としょかん・しらべクイズたいかい 5月11日(火)と12日(水)
ももんがひこうきをつくろう! 5月20日(木)と21日(金)と22日(土)
たのしいおはなし会とミニこうさく 5月18日(火)
kodomo kodomo3
kodomo2  

    

◆文学散歩
蛭川読書サークル「さいびの会」では6月に文学散歩を計画しています。"文学散歩"と言ってもおカタい旅行ではありませんので、わたしたちと一緒に一日楽しみませんか?
どなたでも参加できます。ぜひご近所、お友達同士誘い合ってご参加ください。蛭川地域以外の方も大歓迎です!

日にち 6月9日(水)
場所 長野県上田市「無言館」とその周辺
参加費 6000円前後(昼食・保険料・バス代込み)
申込締切 5月19日(水)

sanpoバスは、総合事務所前から出発し、中津川インターへ向かいます。参加申込はお電話でご連絡ください。

 

◆お問い合わせ
済美図書館 電話:0573-45-2211(内線310)