蛭川総合事務所

トップページ蛭川総合事務所

新刊情報

新刊情報の最近のブログ記事


こんにちは! 蛭川済美図書館です。
済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

  
『からっぽたいくつどようびはまだ 子どもが家族に贈る「ありがとう」短編集』 

  「いつもありがとう」作文コンクール書籍制作委員会 編 (幻冬舎メディアコンサルティング)

  子どもならではの視点や、みずみずしい言葉、独特の発想が、
  大人が見落としていた何かを教えてくれる10篇の物語を収録。


『天下流の友』 

  鈴木英治 著(双葉社)

  時の将軍の発案で、全国から選りすぐりの剣豪が一堂に会し、
  寛永寺での上覧試合が催されることになった。
  人気書き下ろしシリーズ『口入屋用心棒』第三十六弾。

■新しい絵本・児童書

『学研まんが まんがの描き方入門 全三巻』

  日本マンガ塾 監修(学研プラス)

  いますぐ始められて、どんどん上達できる! まんがでまんがの描き方を楽しく学べるシリーズ。
  顔・体・カラーイラストの上手な描き方を中心に基本からストーリーづくりや、
  コマ割りのコツといったテクニックも掲載。


『たまごにいちゃんとたまごねえちゃん 』 

  飯野和好 作(福音館書店)

  たまごにいちゃんとたまごねえちゃんがおとなになって結婚!その子どもたちもまた、
  ちょっとあまえんぼうでわがままでした。

【6月のおすすめ】


雨がふり、蒸し暑く感じることが多い季節となりました。
外出がしづらい天気の日は、おうちで読書でもいかがでしょうか?

展示している本の一部を紹介します。

◎一般書「おうちでできるエコと省エネ」

 6月は環境月間です。

 家庭でできる省エネやエコな生活についての本を展示します。

『ゆるエコ』 田村記久恵  著 (KADOKAWA)

『水の節約&エネルギーの節約』 シアン・ベリー 著 (ガイアブックス)

『涼しい暮らしのアイデア帖』 アスペクト編集部 編 (アスペクト) .....など


◎児童書「環境とリサイクル」

 環境問題とリサイクルについての本を展示します。

 リサイクル工作の本もあるので、夏休みの一研究・一作品の参考にしてみては?

『夏休みエコロジ自由工作』 トモ・ヒコ 著 (大和書房)

『エコでござる 全3巻』 石川英輔 監修 (鈴木出版)

『科学工作図鑑』 立花愛子 著 (いかだ社)

『自由研究もエコで楽しく!ペットボトル・牛乳パックのかんたん工作 』 

くるくるリサイクル工作研究会 著 (メイツ出版)・・・など


◎えほん「梅雨の絵本」

 梅雨の絵本ということで、雨やカエルの出てくる絵本を展示します。

『かえるくんどっちがどっち?』 松橋利光 著(アリス館)

『あまぐもぴっちゃん』 はやしますみ 作・絵 (岩崎書店)

『かえるの竹取ものがたり』 俵万智 文(福音館書店)

『みずたまり』 森山 京 作(偕成社)・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『水鏡推理Ⅵクロノスタシス』 

松岡圭祐 著(講談社)

2015年秋より刊行が開始された「水鏡推理」シリーズの第6弾。主人公の文部科学省一般職、水鏡瑞希が鋭い推理力を発揮します。今回は過労死について描かれた作品。


『「家づくりにかかるお金」のすべてがわかる本』 

主婦の友社 編(主婦の友社)

 家づくりにはとても大きなお金がかかります。

土地や建物、諸経費など、いつ、いくら必要かが分かりやすい一冊です。


『手に取ってみよう!食べてみよう! 岐阜・愛知・三重 自慢の食べものをまるごと紹介』 

東海農政局企画調整室 編(農林水産省)

それぞれの市町村の特徴的な農林水産物や料理、加工食品が紹介されています。中津川市の自慢の食べものは...。




■新しい絵本・児童書

『学研まんがでよくわかるシリーズ124 窓のひみつ』

松野千歌 漫画(学研プラス)

私たちの健康や環境に深く関わりのある窓。窓の役割や種類などがまんがでわかりやすく説明されています。


『おばけのアッチ おしろのケーキ』 

角野栄子 作 佐々木洋子 絵(ポプラ社)

 アッチは小さなおばけのコックさん。ある日、ともだちのねずみのチとキにドラキュラじょうから、おいしいケーキのにおいがすると聞いて...。ワクワクするおはなし。


『くまのがっこう ジャッキーのしあわせ』 

あだちなみ 絵 あいはらひろゆき 文(ブロンズ新社)

 うしのマオマオがかわいいあかちゃんをうみました。

でもあかちゃんは小さくて、立つことができません。

ジャッキーがしんぱいして、そばにいると...優しい気持ちになれる絵本です。



【5月のおすすめ】

新年度で新生活がスタートした人も、少しずつ慣れ始めた頃でしょうか。この時期は、疲れも出やすいです。忙しい日々でも合間を見つけて、図書館へ出かけましょう。しばし休憩。ほっと一息しませんか。

展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示

★かわいい姿に癒される...動物の本

暖かくなり、動物たちが元気に活動し始めるこの時期に「動物の本」を紹介しています。

『いぬ』 岩合光昭 著(クレヴィス)

『びっくりどうぶつフレンドシップ』 

ジェニファー・Sホランド 著(飛鳥新社)

『荒汐部屋のすもうねこ』 荒汐部屋 著(平凡社)

『とびきり小さなお馬さん そらまめ』 

スエトシ牧場 著(文藝春秋)   

『しかしか』 石井陽子 著(リトルモア) ・・・など

◎児童書展示

★図書館のことが分かる本や図書館がでてくるおはなしの本

4月23日から5月12日の「こども読書週間」にあわせて図書館に関係した本を紹介しています。

『図書館ってどんなところ』 

紺野順子 著 こばようこ 絵(アリス館)

『図書館にラクダがやってくる』

マーグリート・ルアーズ 著(さ・え・ら書房)

『夜の小学校で』 岡田淳 著(偕成社)

『坂の上の図書館』

池田ゆみる 作 羽尻利門 絵(さ・え・ら書房)

『トキメキ♡図書館 PART1』 

服部千春 作 ほおのきソラ(講談社) ・・・など

◎えほん展示

★親子で楽しめる!乗り物の絵本

絵本のなかで動きまわる色々な乗り物。くるまやでんしゃ、ふねなど、親子で楽しめる乗り物がでてくる絵本を紹介しています。


『ダットさんうみをはしる』 

こもりまこと 作/絵(教育画劇)

『ぎゅうぎゅうでんしゃ』 

薫くみこ 作 かとうようこ 絵 (ひさかたチャイルド)

『いかだにのって』 とよたかずひこ 著(アリス館)

『まてまてタクシー』 西村敏雄 作(福音館書店)

『のりものくれよん』

まつながあき 作 はやしるい 絵(くもん出版) ・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『タフな米国を取り戻せ』 

ドナルド・トランプ 著(筑摩書房)

第45代アメリカ合衆国大統領"ドナルド・トランプ"が目指すアメリカの姿とは?

『スウガクって、なんの役に立ちますか?』 

杉原 厚吉 著(誠文堂新光社)

数学が、問題解決のツールにできる!目からうろこの一冊。

『大人可愛いレザークラフトBOOk』

壹岐まどか 著 (オデッセー出版)

おしゃれで可愛い大人の小物をレザーで作ったら、オリジナルの逸品が出来上がるかもしれません。

■新しい絵本・児童書

『アーチ―・グリーンと錬金術師の呪い』

D.D.エヴェレスト 著(あすなろ書房)

『国際魔法ブックフェア』が盛況に開催される中<食らう者>たちは勢力を拡大し、<関所の壁>も揺らぎ始めてしまう。不吉な予言とは・・・。

ボドリアン図書館を舞台に繰り広げられる"本と魔法の秘密の物語"第2弾。

『にげたエビフライ』 村上 しいこ 作(講談社)

たべもののおはなしシリーズ。巻末の『オマケのおはなし』でエビとフライについての豆知識も学べます。
 

『ねぎぼうずのあさたろう その10』

人気シリーズ"ねぎぼうずのあさたろう"東海道編の完結話。次の旅路は中山道へ...。

飯野 和好 作(福音館書店)

【4月のおすすめ】

今月はスタートの月。新入学、新入生、新入社員として、いろんな所にピカピカの一年生が頑張っていることでしょう。

緊張の日々の合間に、しばし、ホッと一息。図書館へ出かけてみませんか。

展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示

なかなか春らしくなりませんね。"花と緑"が待ち遠しいですね...。

『花と植物』に関する本を紹介しています。

『1鉢からはじめる花と緑のある暮らし』

成美堂出版編集部 編(成美堂出版)

『育てておいしい ヘルシー植物』

NHK出版 編(NHK出版)

『植物と暮らす毎日』 主婦の友社 編(主婦の友社)

『花のしつらい、暮らしの景色』 

安井かずみ 著(地球丸)

『まいにちの暮らしに、似合う花』 

増田由希子 写真と文(KADOKAWA)

『花束デザインブック』 フローリスト編集部 編(成美堂出版)

『手軽に楽しむ 毎日のフラワーアレンジ』

並木容子 著(日本文芸社)・・・など。

◎児童書展示

『草花の本』

春は芽吹きの季節。子どもたちと一緒に草花たちが元気に育ちます。

『野遊びを楽しむ 里山百年図鑑』 松岡達英 著

(小学館)

『校庭のざっ草』 有沢 重雄 著(福音館書店)

『森の草花』 長谷川 哲雄 著(岩崎書店)

『草の名前が葉っぱでわかる』 

近田 文弘 文(大日本図書)・・・など

◎えほん展示

『春と草花、そして野菜も!』

春休み。親子でお散歩のあとに、図書館で絵本をお子さんに読んであげるのは、いかがですか。

『はるかぜのホネホネさん』 西村 温子 作・絵

(福音館書店)

『おばけの花見』 内田 麟太郎 作・山本 孝 絵

(岩崎書店)

『やさしいたんぽぽ』 安房 直子 文・南塚 直子 絵(小峰書店)・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『おんな城主直虎1』

森下 佳子 著(NHK出版)

2017年の大河ドラマを完全小説化。戦のたびに当主を殺され、ただひとり残された姫・おとわ(のちの直虎)。みずから運命を切り開き、戦国を生き抜いた、その激動の生涯を描く。

『イラストだから簡単!なんでも自分で修理する本

片桐 雅量 著(洋泉社)

水まわりのトラブル、住まいの修繕、身のまわりのモノから自転車の手入れまで、コツが分かれば自分で直せる。挑戦してみましょう。

『定年一年生の教科書 知らないと大変!定年後のお金の知識』

55+ライフデザイン室 著(KADOKAWA)

これから定年を迎える、もしくはすでに定年を迎えたシニア層に向けた、実用コミックエッセイです。定年後のお金にまつわる様々な不安や悩みに対して、マンガやイラストで、わかりやすく解説しています。

『動物ぽんぽん』

trikotri 編(誠文堂新光社)

毛糸のポンポンで、かわいい動物を作りましょう。

■新しい絵本・児童書

『マルの背中

岩瀬 成子 (講談社)

母と二人で生活する亜澄は、駄菓子屋のおじさんから近所で評判の"幸運の猫"を預かることに・・・。母子家庭の子どもの貧困と孤独に真摯に向き合う感動作。

『ぼく、学級会の議長になった。』

三神 英彦 、 沢田 石誠 著(柏艪舎)

学校の学級会に活かせる、ファシリテーションの具体的方法についてわかりやすく説明しています。

『かぶきわらし』

庄司 三智子 著(出版ワークス)

めくってびっくり、迫力たっぷり。歌舞伎の世界へ、ごあんない。楽屋・女形・黒御簾などの専門用語や、江戸時代からつづく歴史をやさしく解説。

『ばあばは、だいじょうぶ

楠 章子 作 ・ いしい つとむ (童心社)

大好きなばあばが「わすれてしまう病気」になって変わってしまった。そして冬の寒い日、ばあばがいなくなり・・・。感動に包まれる絵本。

【3月のおすすめ】

「折り紙の本」

折り紙は、指先を使って考える頭の体操。伝承折り紙はもちろん、きれいな花を折ったり、組み合わせて箱や薬玉を作ったり、家族でも、個人でも楽しめます。

◎一般展示

『古典から創作まで なつかしくて新しい折り紙の教科書 』 宮島 登 著(ソーテック社)

『おり紙 花散歩 』 川井 淑子、鶴見 雅子 著(廣済堂出版)

『みんなで楽しむ多面体おりがみ 』 著(ブティック社)

『器のおりがみ』 加藤 幸吉 著(成文堂新光社)・・・など

◎児童書展示

『写真でわかる決定版おりがみ大百科』 山口 真 著(西東社)

『箱のおりがみ』布施 知子 著(日本ヴォーグ社)

『うごかすとばす おりがみ 』 成美堂出版編集部 編(成美堂出版)

『親子で楽しむユニットおりがみ』 新宮 文明 著(日本文芸社) ・・など



「ひなまつりのえほん」や「はるを感じるえほん」を紹介しています。

◎えほん展示

『おばあちゃんのひなちらし 』 野村 たかあき 作・絵(佼成出版社)

『おどれ!ひなまつりじま』垣内 磯子 作 ・ 松成 真理子 絵(フレーベル館)

『ひかるさくら 』 帚木 蓬生 作 ・ 小泉 るみ子 絵 (岩崎書店)

・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。


■新しい一般書

雪煙チェイス

東野 圭吾 著(実業之日本社)

殺人の容疑をかけられた大学生の竜実。彼のアリバイを証明できるのはスキー場で出会った美人スノーボーダーただ一人。

竜実は彼女を見つけ出し、無実を証明できるのか?


今日から使える読み聞かせテクニック

景山 聖子 著(ヤマハミュージックメディア)

「100回叱る」より「1冊の絵本」が効く!家庭用での読み聞かせにはもちろん、大人数での読み聞かせ会でも使える簡単テクニックが満載。


図解 知識ゼロからの林業入門

関岡 東生 著(家の光協会)

"森林国"日本の可能性と課題。木の育て方、収穫、加工、流通、歴史、山村問題...林業と森林をめぐる基礎知識・最新動向がわかる。


■新しい絵本・児童書

『掟上今日子の旅行記

西尾 維新・VOFAN   (講談社)

「エッフェル塔を頂戴します。――怪盗淑女」
大胆不敵な犯行予告を阻止するため、パリに招かれた忘却探偵の掟上今日子。
奪われた記憶と華麗なる罠。助手役を担う隠館厄介は、怪盗の魔手から今日子さんを救えるか!?


プリンセスの キラキラ まちがいさがし

姫木 ゆい 著 ・ ぴよな 絵(ポプラ社)

ユイはなぞなぞの国のプリンセス。ある日、図書室で勉強していたユイは、奥の本棚でキラキラ光る本を見つけます。

たのしいまちがいさがしがいっぱい!ユイちゃん、ピヨリンといっしょにまちがいをみつけてね。


ポコポコミルク

さかいさちえ 著(教育画劇)

赤ちゃんから大人まで、みんな大好きまっしろミルク、やさしいお味のミルク! 今日のポコポコはうしさんに代わってミルクの配達のお手伝いです。みんなミルクの到着を今か今かと待っていますよ!


ここから だしてくれ~!

セドリック ラマディエ 著, ヴァンサン ブルジョ 絵(ポプラ社)

穴に落ちたおおかみ。穴からでられない!「ここからだしてくれ~!」

えほんのページをめくっておおかみをたすけてあげる!?


【2月のおすすめ】

「おかしの本」

2月14日はバレンタインデーです。

それにちなんでチョコレートなどおかし作りの本やラッピングの本、登場人物がおかしを作るおはなしなど、おかしに関する本を展示しています。


◎一般展示

『お菓子作りの本』&『ラッピングの本』を紹介しています。


『かわいいチョコの手づくりレシピ 』 大森いく子 著(大泉書店)

かんたんチョコレートブック 』 小川聖子 著(雄鶏社)

はじめてのギフト・ラッピング 』 三木由加里 著(ブティック社)

マスキングテープで楽しむすてきな紙雑貨と文房具』 フィグインク 著(メイツ出版)・・・など


◎児童書展示

「お菓子作りの本」&「おかしを作るおはなしの本」を紹介しています。


小学生のチョコレートのおやつマジック』 村上祥子 料理製作・監修(学研教育出版)

チョコレートの大研究』日本チョコレート・ココア協会 監修(PHP研究所)

プカプカチョコレー島 』 原ゆたか著(あかね書房)

チョコブラウニーですなおに笑顔』 令丈ヒロ子 著(あかね書房) ・・など


◎えほん展示

おかしのでてくる絵本を紹介しています。


ちいさなちいさなおかしのまち 』 さかいさちえ 作・絵(教育画劇)

ミルフィーユちゃん 』さとうめぐみ 作・絵(教育画劇)

『プリンちゃんとブラウニーとうさん 』 なかがわちひろ 文・たかおゆうこ 絵 (理論社)

・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『継続捜査ゼミ』

今野 敏 著(講談社)

元ノンキャリ刑事の大学教授とイマドキ女子大生のコンビが未解決事件に挑む。キャンパスで起こる様々な事件はある事件と結びつき...。警察小説×学園ミステリー。

『名医が教える足のお悩み完全解決バイブル』

高倉 義典 著(誠文堂新光社)

足の痛いときの治し方や靴の選び方、歩き方や毎日のケアなど、足について知りたいことが満載の1冊です。

『藤井恵さんの体にいいごはん献立』

藤井 恵 著(学研プラス)

朝の献立、夜の献立に分けてあり、バランスの良い健康で美味しい食事が作れるレシピ本です。忙しい朝のメニューや下ごしらえの方法などが参考になる一冊。

■新しい絵本・児童書

『オムライスのたまご』

森 絵都 作 陣崎 草子 絵(講談社)

たまごにうまれたからには、オムライスになりたい!そんな夢を持っているたまごのタマキ。はたして、おいしいオムライスになれるのでしょうか!?おはなしを楽しみながら、オムライスのまめちしきもわかる一冊です。

『じてんしゃのほねやすみ』

村上 しいこ 作 長谷川 義史 絵(PHP研究所)

お祭りでおみこしをかつぎたくて練習をはじめたじてんしゃ。でも、うまくこぐことができなくて...。人気コンビがおくる「わがままおやすみ」シリーズ第8弾。

『ノラネコぐんだんそらをとぶ』

工藤 ノリコ 著(白泉社)

飛行機にしのびこんだノラネコぐんだん。レバーをかまったら、飛行機が動き出した!しかも、燃料が入っていなくて...。ノラネコぐんだんの運命はどうなるのでしょう。ハラハラドキドキ楽しい絵本。

『いちばんしあわせなおくりもの』

宮野 聡子 作・絵(教育画劇)

森のはずれに住んでいるこりすは、くまくんのことが大好きでくまくんにおくりものをしたいと考えます。友だちを大切に思う、こころがほっこりとする絵本です。

【1月のおすすめ】

あけましておめでとうございます。今年も済美図書館の本をたくさん読んでください。

展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示

『体があたたまる食べ物の本』&『体の冷え予防の参考になる本』を紹介しています。

『ねぎ・しょうが・にんにくの元気レシピ』 村田 裕子 著(調理栄養教育公社)

『体温を上げて病気にならないかんたん野菜レシピ144』 石原 結寛 著(廣済堂出版)

『そうだ、今日も鍋にしよう!』藤井 恵 著(講談社)

『冷え取り毎日』 青木 美詠子 著(KADOKAWA)

『タイプ別冷え症改善ブック』 南雲 久美子 著(家の光協会) ・・・など

◎児童書展示

秋の図書館まつり"スタンプカード大会"でみんながおすすめしてくれた本を紹介しています。

『理科室の日曜日』 村上 しいこ 作 田中 六大 絵(講談社)

『わたし小学生まじょ』中島 和子 作 秋里 信子 絵(金の星社)

『グータラ王子のきょうふの大まおうのしろ』小栗 かずまた 作・絵(集英社)

『チョコレートのまち』 深見 春夫 作・絵(佼成出版社)

『感染症キャラクター図鑑』 岡田 晴恵 監修 いとうみつる イラスト(日本図書センター)・・・など

◎えほん展示

今年は酉年です!十二支の動物がでてくる絵本を紹介しています。

『十二支のおやこえほん』 高畠 純 作(教育画劇)

『十二支のどうぶつ小噺』 川端 誠 作(BL出版)

『どこどこここ・ここ...』 五味 太郎 作 (クレヨンハウス)

・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

 
■新しい一般書

『火災調査官』

福田 和代 著(東京創元社)

放火現場にはきまって『ダ・ヴィンチ』の模写絵が残されていた。火災調査官とポンプ車小隊長のコンビが追う連続放火事件の謎とは。

 

『子育て奮闘中の母ちゃんドクターが書いた「男の子ママ」の悩みをぶっとばす言葉』

須藤 暁子 著(KADOKAWA)

放射線腫瘍医で2歳と4歳の男の子のお母さんである著者の人気のブログからうまれたリアルな子育て言葉集。元気になれる言葉がいっぱいつまっています。

 

『白崎茶会のあたらしいおやつ~小麦粉を使わない かんたんレシピ』

白崎 裕子 著 (マガジンハウス)

座右の銘が“魂こがしてパンケーキこがさず”という著者が紹介する小麦粉・卵・バターを使わないお菓子のかんたんレシピ集。

てる、観る…いろいろ楽しめる一冊。

 

■新しい絵本・児童書

『学校の鏡は秘密のとびら?』

三尾 誠子 作(岩崎書店)

リセは古墳のある学校へ転校して来ました。すぐに2人の女の子と仲良くなり、三人で学校の不思議ばなしを調べ始めたところ…あるモノを発見しするのですが…。

 

『トイレのかめさま』 戸田 和代 作(ポプラ社)

主人公まさるは夜中にトイレに行くのが苦手。だからよくおねしょをしてしまいます。ある日夢の中に「トイレのかめ(・・)さま」があらわれた!

 

『わたしのそばできいていて』

リサ・パップ 作(WAVE出版)

だいじょうぶだよ。と、図書館で出会った犬がマディに教えてくれた。あなたを励ましてくれる物語。

 

『ぺんぎんたいそう』

斉藤 槙 作(福音館書店)

楽しい赤ちゃん絵本。  

 

【12月のおすすめ】

今年もあと一か月になりました。早いものですね。

忙しい日々の合間に、図書館へ出かけましょう、しばし休憩。ほっと一息しませんか。

展示している本の一部を紹介します。

 

◎一般展示

『女性がリフレッシュしたい時に読んで欲しい本』&『イキイキしてる女性作家 佐和子&真理子の本』を紹介しています。

 

★女性がリフレッシュしたい時に読んで欲しい本

 

『一〇三歳、ひとりで生きる作法~老いたら 老いたで、まんざらでもない』 篠田 桃紅 著(幻冬舎)

『みだしなみについて』 白洲 正子 著(河出書房新社)

『午後には陽のあたる場所』 菊池 桃子 著(扶桑社)

『活弁士、山﨑バニラ』 山﨑 バニラ 著(枻出版社)

「毎朝、服に迷わない」 山本あきこ 著(ダイヤモンド社) ・・・など

 

★阿川佐和子と林真理子の本

 

『負けるもんか~正義のセ』 阿川 佐和子 著(KADOKAWA)

『トゲトゲの気持ち』 阿川 佐和子 著(中央公論新社)

『マリコ、カンレキ!』 林 真理子 著(文藝春秋)

『野心のすすめ』 林 真理子 著(講談社)

 

◎児童書展示

『世界のできごと』について書かれた本を紹介しています。世界のさまざまな国でいろいろな人々が活躍し、いろいろな出来事が起っています。本を通して世界を知ってみませんか?

 

『世界のシェー!!』 平沼 正弘 著(理論社)

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』くさば よしみ 編(汐文社)

『ハーレムの闘う本屋~ルイス・ミショーの生涯』ヴォーンダ・ミショー・ネルソン 著(あすなろ書房)

『杉原千畝物語 いのちのビザをありがとう』杉原 幸子、杉原 弘樹 著(金の星社)

『万里の長城』 加古里子 文(福音館書店)・・・など

 

◎えほん展示

『落語や神話など知っているようで知らないお話の本』

落語や神話などのお話は、古いようでとても新しいジャンルかもしれません。ぜひ、大人の方もお子さんとご一緒に。

 

『落語絵本 まんじゅうこわい』、『落語えほん めぐろのさんま』、『落語えほん ときそば』川端 誠 作(クレヨンハウス)

『日本の神話 第三巻 やまたのおろち』、「日本の神話 第四巻 いなばのしろうさぎ」赤羽 末吉 絵 (トモ企画)

・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『何様』

朝井リョウ 著(新潮社)

何者になっただなんて、何様のつもりなんだろう・・・『何者』のアナザーストーリー6篇。

 

『名医が教える足のお悩み完全解決バイブル』

高倉義典 著(誠文堂新光社)

足が痛いときの治し方はもちろん、靴の選び方から正しい歩き方、毎日の足の手入れまで足のすべてを徹底解説。

 

『脳は、なぜあなたをだますのか』

妹尾武治 著(筑摩書房)

オレオレ詐欺、マインドコントロール、マジックにだまされるのは、あなたの脳が、あなたを裏切っているから…。

心理学者が解き明かす、脳と心の仕組み。


■新しい絵本・児童書

『表参道高校合唱部!-あなたが生きている今日はどんなにすばらしいだろう』

櫻井剛 脚本、桑畑絹子 小説(学研プラス)

がけっぷちの合唱部に、意外な新入部員が…。仲間、成長、ちょっぴり恋愛。青春がたっぷり詰まった感動ストーリー。第2弾!

 

『おじいちゃんのノート』

中村輝雄 著 (セブン&アイ出版)

開いて軽くおさえるだけで1枚の方眼紙になる「水平開きノート」を生み出したのは、印刷職人と製本職人、二人のおじいちゃん。職人の情熱と思いが伝わってきます。

 

『ぼくはイスです』

長新太 作(亜紀書房)

イスだって何かにすわってみたい。さっそくあちこちにすわってみるイスは家をはなれて…大冒険のはじまりだ!

 

【11月のおすすめ】

◎一般展示

《大人にも読んでほしい絵本》

読んで、見て、感じてほしい絵本を集めてみました。

ぜひ、この機会に絵本を読んでみてください。

 

『百年の家』 J.パトリック・ルイス 作、ロベルト・インノチェンティ 絵、長田 弘 訳(講談社)

『いつもふたりで』 ジュディス・カー 作、亀井よし子 訳(ブロンズ新社)

『かげ』 スージー・リー  作(講談社)

・・・など

 

◎児童展示

《図書館がでてくる本》

図書館が出てくる本で読書を楽しんでください。

 

『図書館脱出ゲーム 上・下』 クリス・グラベンスタイン 著、髙橋結花 訳(KADOKAWA)

『図書館に児童室ができた日』 ジャン・ピンボロー 文、テビー・アトウェル 絵、張替惠子 訳(徳間書店)

『スミス先生とおばけ図書館』 マイケル・ガーランド 作、山本敏子 訳(新日本出版社)

・・・など

 

◎えほん展示

《郷土の作家》

高畠那生さん、あだち なみさんの作品を紹介します。

『だるまだ!』 高畠那生 作(好学社)

『チーター大セール』 高畠那生 作(絵本館)

『フラニーとメラニーもりのスープやさん』 あいはら ひろゆき 文、あだち なみ 絵(講談社)

『おひさまむらのこどもたち』 あいはら ひろゆき 文、あだち なみ 絵(教育画劇)

・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です。
済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
新刊は毎週金曜日に入ります。借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『UVレジンでつくる鉱物レシピ』

ビーズママ 監修(河出書房新社)

UVレジンを使い、さまざまな形状の水晶をはじめ蛍石や琥珀やメノウなど実際の鉱物をモチーフにした鉱物レジンレシピ。
特徴的な形の造形方法や、独特な色合いや透明感、質感など、本物の鉱物に近づけるためのコツとポイントを紹介しています。

『励み場』

青山 文平 著(角川春樹事務所)

信郎は江戸へ出て勘定所の下役になり、実績を積み上げて、真の武家を目指すのだが......。
「仕事とは何か」・「人生とは何か」・「家族とは何か」を深く問う書き下ろし時代長篇。

■新しい絵本・児童書

『風雲しょうが丸』

川端誠 作(BL出版)

山奥の温泉宿のお客目あてに山賊が出没するようになった。このままでは宿がさびれるばかり。
そこで、忍者しょうが丸が、妹の紅とともに山賊退治にのりだした。

『絵描きと天使』

石倉欣二作・絵(ポプラ社)

寒空の下、街角で絵を売る絵描きのささやかな1日を描く表題作をはじめ、「ヨハンナ」「わしゃ、狢やった」など、時代も舞台もさまざまな、せつなさとやさしさの詰まった20編の短い話を収録。

●10月のおすすめ

○○の秋。読書、芸術、スポーツ、食欲、行楽などなど、秋は過ごしやすく、楽しいことが満載です。この時期に味わえるもの、体験できることにチャレンジしてみませんか?

展示している本の一部を紹介します。

◎一般書

【涼しい秋は散策でもいかが?】

登山、旅行本、山の写真集、秋の植物図鑑など・・・散策のお供になりそうな本を紹介します。

『花と葉で見わける「山歩き」の草花図鑑』 木下武司 監修 メイツ出版

『美味しい木の実ハンドブック』 おくやまひさし 著 文一総合出版

『ひとり登山へ、ようこそ』 鈴木みき 著 平凡社

・・・など

◎児童書・絵本

【芸術の秋】(児童書)

【たべものの秋】(絵本)

小中学生にもおすすめの芸術についての本や、親子で楽しめる食べ物がでてくる絵本を紹介します。

『美術館にもぐりこめ!』さがらあつこ 作 福音館書店

『こども文様ずかん』 下中菜穂 著 社

『フルーツタルトさん』 さとうめぐみ 作・絵 教育画劇

・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『スタフ staph』

道尾秀介 著(文藝春秋)

ワゴンで料理を売る夏都は、偶然、芸能界を揺るがすスキャンダルを知ってしまい…。続きが気になり、一気に読みたくなる一冊です。

 

『YOGAポーズの教科書』

綿本彰 著(新星出版社)

正しい体の使い方、ポーズで、安全で効果的にヨガの練習ができます。オールカラーですべてのポーズが写真で分かりやすく解説されています。

 

『テラリウム 苔/エアプランツ/多肉植物で作る』

FOURWORDS 監修(日東書院)

テラリウムは、透明なガラスの容器に植物を栽培して楽しむグリーンインテリア。作る、育てる、観る…いろいろ楽しめる一冊。


■新しい絵本・児童書

『理科室の日曜日 ハチャメチャ運動会』

村上しいこ 作・田中六大 絵(講談社)

せんねん町のまんねん小学校の運動場である運動会に出場する計画を進めていく“人体もけい”。理科室のみんなも大賛成ですが、それに反対の“三角フラスコ”が考えたことは…。心があたたかくなるお話。

 

『学校では教えてくれない大切なこと10 身近な危険 防災と防犯』

オオタヤスシ マンガ・イラスト (旺文社)

身の回りに潜んでいる危険について、知っておきたい情報や知識をマンガとイラストで紹介してある一冊です。楽しく学習できます。

 

『つばめこうくう』

もとやすけいじ 著(偕成出版社)

つばめの背中に乗せた飛行機で、カエルの親子は初めての空の旅を楽しみます。カエルの親子と一緒に旅をしている気分になれる楽しい絵本。

【9月のおすすめ】

◎一般書

《手軽にできるスポーツの本と体にいい料理のレシピ本》

スポーツの秋!適度な運動と食事で健康維持に役立つ本を紹介します。

『かんたんストレッチ百科140』 菅沼文子 著(PHP研究所)

『どこでもできる ながらヨガ』 田辺直恵著(サンクチュアリ出版)

『酒粕レシピ』 やまはたのりこ 著(講談社)

・・・など

 

◎児童書

《スポーツや運動会の本》

運動会シーズン!スポーツが楽しくなる本を紹介します。

『体育のなぞ』 平川譲 著(草土文化)

『キミはもっと速く走れる!』 近藤隆夫著(汐文社)

『ズッコケ三人組の大運動会』 那須正幹作(ポプラ社)

・・・など

 

◎えほん

《虫がでてくる絵本》

虫の声が聞こえてくるこの時期に楽しめる絵本を紹介します。

『むしたちのえんそく』 得田之久 文・久住拓也絵(童心社)

『むしサッカーはらっぱカップ』 杵川希 文・近藤薫美子 絵(教育画劇)

『みずたまレンズ』 今森光彦 作(福音館書店)

・・・など