蛭川総合事務所

トップページ蛭川総合事務所

新刊情報

新刊情報の最近のブログ記事

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

     

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

    

■新しい一般書

『GIプリン』 渡辺敦子 著(光文社)

 第二次世界大戦直後のひもじく、辛く、それでも歯を食いしばって生きていくしかなかった時代を鮮やかに描く。

   

『かみやすい、飲み込みやすい健康ごはん』 山田晴子 著(主婦の友社)

 かみにくい、飲み込みにくい、歯が弱くなったと思ったら、特別なものを作るのではなく、いつもの料理をひと工夫。

  

『元号』 山本博文 編 (悟空出版)

 大化から平成まで元号について、改元年月日、元号の出典と基礎データ、その時代に起きた出来事を解説。

     

■新しい絵本・児童書

『くろちゃんとちいさいしろくん』 なかやみわ 作・絵(童心社)

 ちいさくてしろいくれよんが、まいごになりました。くろくんたちは力を合わせてしろくんのなかまをさがします。そんなある日...。

   

『にちようびは名探偵』 杉山亮 作(偕成社)

 探偵のミルキー杉山はこれまでかずかずの難事件を解決してきた。今回もミルキーが大活躍。

     

『光をくれた犬たち盲導犬の一生』 今西乃子 著(金の星社)

 1頭の犬にかかわる多くの人たちと盲導犬との繋がりを追う感動のノンフィクション。

     

  

【12月のおすすめ】

寒い冬、家の中で過ごすことが多くなりますね。本を読んだり、趣味を見つけて過ごしませんか?

       

展示している本の一部を紹介します。

     

◎一般書

『つくる楽しみ』 家の中で過ごすことが多い季節に手芸、工芸などに挑戦してみましょう。

       

◆『身近な材料でハンドメイドかんたん手作り雑貨』 寺西恵里子 著(家の光協会)

◆『手ぬぐいで作るカワイイ小物』 澤入美佳 著 (文化出版局)

◆『かぎ針で、可愛い大人のアクセサリー』 成地亜紀 著(主婦の友社)

◆『ハンギングを楽しむ寄せ植えノート』 黒田健太郎 著(家の光協会)

・・・など

    

◎児童書

『クリスマスの本』 を紹介しています!

    

◆『ちいさなサンタまちにいく』 アヌ・ストーナー 文(岩崎書店)

◆『からっぽのくつした』 リチャード・カーティス 作(世界文化社)

◆『クリスマスまであと九日』 マリー・ホール・エッツ 作・画(冨山房)

・・・など

     

◎えほん

ふゆ』を感じる絵本を紹介しています。

     

◆『だれのあしあと』 ふくだとしお 作(新風舎)

◆『ゆきがやんだら』 酒井駒子 作(学研)

◆『じまんのマフラー』 マーシャ・ダイアン・アーノルド 文(あすなろ書房)

・・・など

     

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

     

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

    

■新しい一般書

『ニッポンの地方野菜』 内田悟 著(KADOKAWA)

 日本の風土の中に息づく地方野菜。その土地ならではの風土と共に紹介。料理方法、レシピも紹介しています。

   

『この世の春 上・下』 宮部みゆき 著(新潮社)

 宮部みゆき最新作。正体不明の悪意が怪しい囁きと化して、かけがえのない人々を蝕み始めていた。

 青年は恐怖の果てに、ひとりの少年をつくった。少年は救世主となりうるのか。

  

『図書の修理とらの巻』 書物の歴史と保存修復に関する研究会 編 (澪標)

 破けたページなど図書修理の方法をわかりやすく、身近な材料を使って取り組めるよう解説しています。

   
 

■新しい絵本・児童書

『NEWタイムトラベラーウォーリーをおえ!』 マーティン・ハンドフォード 作・絵(フレーベル館)

 不思議な国をわたりあるくウォーリーと仲間たちを探す絵さがし絵本。

   

『ぜったいにおしちゃダメ?』 ビル・コッター さく(サンクチュアリ出版)

 押すと大変なことがおこるボタン。ぜったいに押しちゃダメ!でも、押しちゃったらどうなるの~?

     

『サイエンスコナン防災の不思議』 青山剛昌 原作(小学館)

 名探偵コナンのサイエンスコナンシリーズ最新作。具体的な出来事をもとに、コナンたち少年探偵団が

 防災の知識をわかりやすく解説します。

     

  

【11月のおすすめ】

秋も深まり、朝晩寒くなってきましたね。秋の夜長に読んでもらえる本を紹介しています。

       

展示している本の一部を紹介します。

     

◎一般書

『色々あります!乗り物』 乗り物と言っても種類がたくさんあります!車や電車だけではない本も紹介しています。

       

◆『ツウになる!旅客機の教本』 秋本俊二 著(秀和システム)

◆『完全保存版 新幹線まるわかりBOOK』 (マイナビ出版)

◆『海駅図鑑』 清水浩史 著(河出書房新社)

◆『誰でもはじめられるクロスバイク&ロードバイク』 成美堂出版編集部 編(成美堂出版)

・・・など

    

◎児童書

『男の子に読んで欲しい本』 男の子に読んで欲しい本を紹介しています!

    

◆『もしもカブトムシと相撲をとったら!?』 川島逸郎 監修(実業之日本社)

◆『恐竜は今も生きている』 富田京一 著/下田昌克 絵(ポプラ社)

◆『かあちゃん取扱説明書』 いとうみく 作/佐藤真紀子 絵(童心社)

・・・など

     

◎えほん

秋の色をかんじよう!』秋の色、赤や黄色の色をかんじる絵本を紹介しています。

     

◆『あかいはっぱきいろいはっぱ』 ロイス・エイラト 作/阿部日奈子 訳(福音館書店)

◆『きつねのおふろ』 国松エリカ 作/絵(偕成社)

◆『きいちゃんのどんぐり』おおしまたえこ さく/かわかみたかこ え(ポプラ社)

・・・など

     

みなさまのご来館を、お待ちしております。

     

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書


『とるとだす』 畠中恵 著(新潮社)

 長崎屋の主が死んだって!? おとっつぁんの身に何が? 病弱若だんな、跡を継ぐの?
緊急事態続出の「しゃばけ」シリーズ最新作!


『おんな城主直虎 3』 森下佳子 作/豊田美加 ノベライズ(NHK出版)

 領内に新たな産業を興し、龍雲丸率いる無頼な輩たちも手なずけ、城主として奮闘する直虎。
順風満帆に見えた井伊家中だったが、今川家の凋落が暗い影を落とす。
井伊家存続の鍵となる決断を迫られ、城主としての真価を問われる局面で、直虎は一世一代の策にうって出る!


『新しい食べ方でやせる&健康になる 寒天レシピ』 石澤清美 著 (主婦の友社)

 寒天には、血圧を下げる、血糖値の急な上昇を防ぐなど、生活習慣病の予防や改善に役立つ効果が
認められています。その秘密は、食品の中で最も多いと言われる食物繊維。今や日本人の積極的にとりたい栄養成分No.1の食物繊維をたっぷりと含んでいる寒天をたっぷり使えるレシピ集。


 

■新しい絵本・児童書


『おしりたんてい いせきからのSOS』 トロル さく・え(ポプラ社)
 おしりたんていのもとに届いたのは、差出人不明の封筒。中には暗号で書かれた手紙と地図が入っていた。
ジャングルのおくふかくからたすけをもとめるいらいにんとは...!?おしりたんていが今回のじけんもププッとかいけついたします。

『いえのおばけずかん』 斉藤洋 作/宮本えつよし 絵(講談社)

 登場するおばけはちょっと怖いけど、ちゃんと対応してあげると、意外になさけなくて、
かわいいところもあったりします。怖くて、笑えて、最後はホッとできる。
「こわいけど、おもしろい」新しいおばけの童話シリーズ最新刊。

『いちにちじごく』 ふくべ あきひろ 作/かわしま ななえ 絵(PHP研究所)

 わるいことをしたらじごくにいくっておばあちゃんがいってたけど、本当にあるのかな? よし、いちにちおにになってたしかめにいこう!じごくをみる絵本。


  

【10月のおすすめ】

読書、芸術、スポーツ、食欲、行楽などなど。過ごしやすい秋に楽しめることを探してみませんか?
ご来館をお待ちしております。

展示している本の一部を紹介します。


◎一般書

『山に秋を見つけにいこう!』
山歩きや登山に関する本や、きのこや木の実の本など..
.

◆『のんびり行こう!東海山歩きガイド』 愛知山歩きの会 著(メイツ出版)
◆『木の実の呼び名事典』 亀田 龍吉 写真・文(世界文化社)

◆『3ステップで簡単!ご馳走 山料理』 小雀陣二 著/永易量行 写真(山と渓谷社)

◆『花と葉で見わける「山歩き」の草花図鑑』 木下武司 著(メイツ出版)

・・・など

◎児童書

『芸術の秋』
絵画や音楽、歌舞伎や俳句など、芸術の本を楽しもう!

◆『トリックアートミステリートレイン』 北岡明佳 監修ほか(あかね書房)

◆『ピアノはともだち』 こうやまのりお 著(講談社)

◆『市川染五郎と歌舞伎を観よう』 市川染五郎 監修ほか(岩崎書房)

・・・など

◎えほん

『実りの秋 おいしい絵本』

秋の味覚、おいもやカボチャをはじめ、おいしそうな絵本が盛り沢山!

◆『ばばばあちゃんのやきいもたいかい』さとうわきこ 作(福音館書店)

◆『干し柿』 西村 豊 写真/文(あかね書房)

◆『かぼちゃスープ』ヘレン・クーパー 作ほか(アスラン書房)

・・・など



こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書


『危険領域 所轄魂』 

 笹本稜平 著(徳間書店)

 マンションで発生した転落事故について、所轄の刑事、葛木邦彦は、極秘裏に捜査を開始する。思いもよらない黒幕が浮かび上がってきて...。警察小説シリーズ第4弾。


『井伊直虎の真実』 

黒田基樹 著(KADOKAWA)

 戦国時代に遠江国井伊谷領を領国とした国衆・井伊家最後の当主である井伊直虎についての実像は殆ど知られていない。直虎が実施した「井伊谷徳政」の実態を通して、直虎の実像に迫る一冊。


『街の中で見つかる「すごい石」』西本昌司 著 (日本実業出版社)

 ビルの外壁、デパートの階段、公園のモニュメント...。街のいたる所に「すごい石」はあります。私たちが普段何気なくみている"石"について、科学的に楽しめる一冊。

 

■新しい絵本・児童書


『給食室の日曜日』

村上しいこ 作・田中六大 絵(講談社)

せんねん町のまんねん小学校の日曜日。しょうゆが給食室のみんなにでんごんゲームをしようといいだしました。ちゃんと伝わるかな!?絵もお話しも楽しめる一冊。

『ぼくは ニコデム』アニエス・ラロッシュ 文

ステファニー・オグソー 絵(光村教育図書)

 内気で誰にも言い返せないニコデムは、大きくて強くて自分の思ったことが言えるスーパーニコに変身したいと思っていましたが...。今のままの自分でいいんだと思える絵本。

『めくってごらん』

ふくだとしお+あきこ 作(イースト・プレス)

 スコップ、レストラン...、ことばの中にかくれているのは?えほんをめくると大発見!?言葉あそびが楽しい絵本です。


  

【9月のおすすめ】

こんにちは。朝晩が涼しくなり、ゆったりと"読書の秋"を満喫できるこの時期に、ぜひ、図書館の本を読んでください!ご来館をお待ちしております。

展示している本の一部を紹介します。


◎一般書

実りの秋、おいしいお米をいただきませんか?

お米づくりの本や、ごはんを使ったレシピ本などを紹介しています。

『お米をおいしく食べる本』

DiscoverJapan 編(枻出版社)

『お米とごはんの本』 澁谷梨絵 著(ワニブックス)

『和のごはんもん』 飯田知史 著(里文出版)

『世界のおいしいお米レシピ』 林幸子 著(白夜書房)

『米粉の焼き菓子レシピ』 石橋かおり 著(雄鶏社)

・・・など

◎児童書

9月は運動会シーズンです。速く走れるコツがわかる本や、スポーツの物語など、スポーツに関する本を紹介しています。

『かけっこが速くなる!逆あがりができる!』

下山真二 著(池田書店)

『やろうよ陸上競技』

中田有紀 著(ベースボール・マガジン社)

『体育のなぞ』 平川譲 著(草土文化

『ハッピー・フレンズ』 佐川芳枝 著(講談社)

『ふうたんのうんどうかい』 戸田和代 著(ポプラ社)

・・・など

◎えほん

9月は月や星がきれいに観える時期です。親子で秋の夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。月や星、宇宙がでてくる絵本を紹介しています。

『おつきさまこっちむいて』

片山令子 文・片山健 絵(福音館書店)

『つきとうさぎ』

矢崎節夫 文・岡村好文 絵(世界文化社)

『月のみはりばん』 とりごえまり 著(偕成社)

『月のふしぎえほん』

大藪健一 文・常永美弥 絵(PHP研究所)

『さわってごらん!よるの星』

クリスティ・マシソン 作(ひさかたチャイルド)

・・・など



こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『劇場』 

又吉直樹 著(新潮社)

一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なぜできなかったのか・・

かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説。

 

『かがみの孤城』 

辻村深月 著(ポプラ社)

部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然鏡が光始めた。

輝く鏡をくぐり抜けた先には似た境遇の7人が集められていた・・。

 

『「コミュ力」アップ実践講座』 

下平久美子 著(オレンジページ)

20万人を笑顔にした人気カリスマ講師が一生使える「話し方、聴き方のコツ」を教え

てくれます。

  

■新しい絵本・児童書

『ほっぷ すてっぷ かぶとむし』

増田純子 作(福音館書店)

カブトムシがホップステップジャーンプ!

元気なカブトムシを描いた絵本。

  

『雨ふる本屋とうずまき天気』 

日向理恵子 作 (童心社)

「雨ふる本屋」店主のフルホンさんが恐ろしい絶滅かぜにかかってしまった。

そんな時、ルウとサラが出会った摩訶不思議な女の子、ブンリルーの秘密とは・・。

シリーズ第3弾。

   

『好きになるその瞬間を。』 

HoneyWorks 原案、香坂茉里 作(KADOKAWA)

劇場版アニメ「告白予行練習」ノベライズ第2弾。

理想とは全然違うのに恋雪センパイにあいさつされるとなぜかドキドキしてしまう。

恋雪センパイの後を追って、幼なじみの虎太朗と一緒に桜丘高校に入学するが・・。

  

【8月のおすすめ】

暑い夏が続いています。涼しい図書館へぜひお出かけください。

展示している本の一部を紹介します。

  

◎一般展示

★心なごむ 写真集★

暑い日の気分転換に、ほっと一息つける写真集を紹介しています。

『みさおとふくまる』 

  伊原美代子 写真/文(リトルモア)

『どうぶつ家族』 

  岩合光昭 著(クレヴィス)

『オーロラ』

  河内牧栄 著(誠文堂新光社)

『空へ続く道』 

  HABU 著(ピエ・ブックス)   

『世界ノ夜景』

  丸太あつし 写真(ダイヤモンド・ビッグ社) ・・・など

    

◎児童書展示

★平和を考える★

8月は蛭川地区でも慰霊祭が行われます。

平和について考えることができる本を紹介しています。

『ちいちゃんのかげおくり』 

  あまんきみこ 作 (あかね書房)

『猫は生きている』

  早乙女勝元 作(理論社)

『原爆の火』

  岩崎京子 文(新日本出版社)

『ひろしまのピカ』

  丸木 俊 絵/文(小峰書房)

『火垂るの墓』 

  野坂昭如 原作(スターツ出版) ・・・など

    

◎えほん展示

★海へいこう!★

先月の夏に関する絵本に続き、夏に読んでもらいたい海がでてくる絵本を紹介しています。

『だいちゃんとうみ』  太田大八 作/絵(福音館書店)

『ねずみのかいすいよく』  山下明生 作(ひさかたチャイルド)

『おーなみこなみざぶん!』  長野ヒデ子 作(校正出版社)

『ペネロペうみへいく』  アン・グットマン 文(岩崎書店)

『10ぴきのかえるうみへいく』   間所ひさこ 作(PHP研究所) ・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『犬が来る病院』 

大塚敦子 著(KADOKAWA)

日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた病院、聖路加国際病院。

4人の子どもたちを通して描いた感動のノンフィクションです。

 

『遊行を生きる』 

鎌田實 著(清流出版)

「遊行」とは先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること。

「遊行」の精神で生きるのが楽になる!エッセイ集です。

 

『回帰 警視庁強行犯係・樋口顕』 

今野敏 著(幻冬舎)

これは日本で初めて起こったテロ事件なのか?事件は現場ではなく会議室でも起きている!!

捜査と家庭に追われる刑事の奮闘を描く。シリーズ最新作!

  

■新しい絵本・児童書

『おしりたんてい かいとうVSたんてい』

トロル さく・え(ポプラ社)

おしりたんていの最強のライバル「かいとうU」があらわれた!

おしりたんていは、オオヤギ家のお宝を守れるのか!?

  

『月はぼくらの宇宙港』 

佐伯和人 作 (新日本出版社)

人類が太陽系へ進出する宇宙港として注目が集まる月。

最新の月科学、人類と月との新しい関わり方を紹介。

   

『円周率の謎を追う』 

鳴海風 作(くもん出版)

円周率3.14がまだ使われていなかった江戸時代。その謎を解明しようとした数学者がいた。

彼の名前は、関孝和。少年時代から壮年時代にかけての物語を通して、当時の数学、和算や関の

業績についてわかりやすく伝えています。

  

【7月のおすすめ】

もうすぐ夏休みですね!今月は夏に関する本を紹介しています。

展示している本の一部を紹介します。

  

◎一般展示

★夏休み!おでかけプランの参考に!★

もうすぐ夏休み!旅行シーズンです。家族と、友達と、ひとりでゆっくりと!

まずはおでかけプランの参考に。出かけなくても行った気分になれる本も紹介しています。

『温泉自慢の公共の宿』 

  ブルーガイド編集部 編集(実業之日本社)

『東海・北陸・信州子連れにぴったりのおすすめキャンプ場ガイド』 

  Spin 著(メイツ出版)

『開運!神社さんぽ』

  上大岡トメ 著(アース・スターエンターテイメント)

『地球一周空の旅~上空から眺める55の絶景』 

  深山史子 文(パイインターナショナル)   

『一生に一度は行きたい日本の絶景癒しの旅100』

  富田文雄/山梨勝弘 写真/文(PHP研究所) ・・・など

    

◎児童書展示

★夏休み!自由研究・工作★

早めに準備をして夏休みを楽しくすごしましょう!

自由研究や工作の参考になる本を紹介しています。

『自由研究図鑑』 

  有沢重雄 文 (福音館)

『楽しく学べる理科の実験・工作』

  川村康文 著(エネルギーフォーラム)

『超かわいい!女の子の手作り自由工作BOOK』

  いしかわまりこ 著(主婦と生活社)

『ゲーム&動くおもちゃ工作 小学生』

  (学研プラス)

『ペットボトルで作る調べるなるほど自由研究』 

  滝川洋二 監修(成美堂出版) ・・・など

    

◎えほん展示

★夏の絵本★

夏に関する絵本はたくさんあります。夏に読んでもらいたい絵本を紹介しています。

『カブトムシのなつ』  いしいつとむ 作(文研出版)

『はなび』  秋山とも子 作 (教育画劇)

『なつねこ』  かんのゆうこ 文(講談社)

『オニヤンマ空へ』  最上一平 作(岩崎書店)

『くすのきだんちのなつやすみ』  武鹿悦子 作(ひかりのくに) ・・・など


こんにちは! 蛭川済美図書館です。
済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

  
『からっぽたいくつどようびはまだ 子どもが家族に贈る「ありがとう」短編集』 

  「いつもありがとう」作文コンクール書籍制作委員会 編 (幻冬舎メディアコンサルティング)

  子どもならではの視点や、みずみずしい言葉、独特の発想が、
  大人が見落としていた何かを教えてくれる10篇の物語を収録。


『天下流の友』 

  鈴木英治 著(双葉社)

  時の将軍の発案で、全国から選りすぐりの剣豪が一堂に会し、
  寛永寺での上覧試合が催されることになった。
  人気書き下ろしシリーズ『口入屋用心棒』第三十六弾。

■新しい絵本・児童書

『学研まんが まんがの描き方入門 全三巻』

  日本マンガ塾 監修(学研プラス)

  いますぐ始められて、どんどん上達できる! まんがでまんがの描き方を楽しく学べるシリーズ。
  顔・体・カラーイラストの上手な描き方を中心に基本からストーリーづくりや、
  コマ割りのコツといったテクニックも掲載。


『たまごにいちゃんとたまごねえちゃん 』 

  飯野和好 作(福音館書店)

  たまごにいちゃんとたまごねえちゃんがおとなになって結婚!その子どもたちもまた、
  ちょっとあまえんぼうでわがままでした。

【6月のおすすめ】


雨がふり、蒸し暑く感じることが多い季節となりました。
外出がしづらい天気の日は、おうちで読書でもいかがでしょうか?

展示している本の一部を紹介します。

◎一般書「おうちでできるエコと省エネ」

 6月は環境月間です。

 家庭でできる省エネやエコな生活についての本を展示します。

『ゆるエコ』 田村記久恵  著 (KADOKAWA)

『水の節約&エネルギーの節約』 シアン・ベリー 著 (ガイアブックス)

『涼しい暮らしのアイデア帖』 アスペクト編集部 編 (アスペクト) .....など


◎児童書「環境とリサイクル」

 環境問題とリサイクルについての本を展示します。

 リサイクル工作の本もあるので、夏休みの一研究・一作品の参考にしてみては?

『夏休みエコロジ自由工作』 トモ・ヒコ 著 (大和書房)

『エコでござる 全3巻』 石川英輔 監修 (鈴木出版)

『科学工作図鑑』 立花愛子 著 (いかだ社)

『自由研究もエコで楽しく!ペットボトル・牛乳パックのかんたん工作 』 

くるくるリサイクル工作研究会 著 (メイツ出版)・・・など


◎えほん「梅雨の絵本」

 梅雨の絵本ということで、雨やカエルの出てくる絵本を展示します。

『かえるくんどっちがどっち?』 松橋利光 著(アリス館)

『あまぐもぴっちゃん』 はやしますみ 作・絵 (岩崎書店)

『かえるの竹取ものがたり』 俵万智 文(福音館書店)

『みずたまり』 森山 京 作(偕成社)・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『水鏡推理Ⅵクロノスタシス』 

松岡圭祐 著(講談社)

2015年秋より刊行が開始された「水鏡推理」シリーズの第6弾。主人公の文部科学省一般職、水鏡瑞希が鋭い推理力を発揮します。今回は過労死について描かれた作品。


『「家づくりにかかるお金」のすべてがわかる本』 

主婦の友社 編(主婦の友社)

 家づくりにはとても大きなお金がかかります。

土地や建物、諸経費など、いつ、いくら必要かが分かりやすい一冊です。


『手に取ってみよう!食べてみよう! 岐阜・愛知・三重 自慢の食べものをまるごと紹介』 

東海農政局企画調整室 編(農林水産省)

それぞれの市町村の特徴的な農林水産物や料理、加工食品が紹介されています。中津川市の自慢の食べものは...。




■新しい絵本・児童書

『学研まんがでよくわかるシリーズ124 窓のひみつ』

松野千歌 漫画(学研プラス)

私たちの健康や環境に深く関わりのある窓。窓の役割や種類などがまんがでわかりやすく説明されています。


『おばけのアッチ おしろのケーキ』 

角野栄子 作 佐々木洋子 絵(ポプラ社)

 アッチは小さなおばけのコックさん。ある日、ともだちのねずみのチとキにドラキュラじょうから、おいしいケーキのにおいがすると聞いて...。ワクワクするおはなし。


『くまのがっこう ジャッキーのしあわせ』 

あだちなみ 絵 あいはらひろゆき 文(ブロンズ新社)

 うしのマオマオがかわいいあかちゃんをうみました。

でもあかちゃんは小さくて、立つことができません。

ジャッキーがしんぱいして、そばにいると...優しい気持ちになれる絵本です。



【5月のおすすめ】

新年度で新生活がスタートした人も、少しずつ慣れ始めた頃でしょうか。この時期は、疲れも出やすいです。忙しい日々でも合間を見つけて、図書館へ出かけましょう。しばし休憩。ほっと一息しませんか。

展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示

★かわいい姿に癒される...動物の本

暖かくなり、動物たちが元気に活動し始めるこの時期に「動物の本」を紹介しています。

『いぬ』 岩合光昭 著(クレヴィス)

『びっくりどうぶつフレンドシップ』 

ジェニファー・Sホランド 著(飛鳥新社)

『荒汐部屋のすもうねこ』 荒汐部屋 著(平凡社)

『とびきり小さなお馬さん そらまめ』 

スエトシ牧場 著(文藝春秋)   

『しかしか』 石井陽子 著(リトルモア) ・・・など

◎児童書展示

★図書館のことが分かる本や図書館がでてくるおはなしの本

4月23日から5月12日の「こども読書週間」にあわせて図書館に関係した本を紹介しています。

『図書館ってどんなところ』 

紺野順子 著 こばようこ 絵(アリス館)

『図書館にラクダがやってくる』

マーグリート・ルアーズ 著(さ・え・ら書房)

『夜の小学校で』 岡田淳 著(偕成社)

『坂の上の図書館』

池田ゆみる 作 羽尻利門 絵(さ・え・ら書房)

『トキメキ♡図書館 PART1』 

服部千春 作 ほおのきソラ(講談社) ・・・など

◎えほん展示

★親子で楽しめる!乗り物の絵本

絵本のなかで動きまわる色々な乗り物。くるまやでんしゃ、ふねなど、親子で楽しめる乗り物がでてくる絵本を紹介しています。


『ダットさんうみをはしる』 

こもりまこと 作/絵(教育画劇)

『ぎゅうぎゅうでんしゃ』 

薫くみこ 作 かとうようこ 絵 (ひさかたチャイルド)

『いかだにのって』 とよたかずひこ 著(アリス館)

『まてまてタクシー』 西村敏雄 作(福音館書店)

『のりものくれよん』

まつながあき 作 はやしるい 絵(くもん出版) ・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『タフな米国を取り戻せ』 

ドナルド・トランプ 著(筑摩書房)

第45代アメリカ合衆国大統領"ドナルド・トランプ"が目指すアメリカの姿とは?

『スウガクって、なんの役に立ちますか?』 

杉原 厚吉 著(誠文堂新光社)

数学が、問題解決のツールにできる!目からうろこの一冊。

『大人可愛いレザークラフトBOOk』

壹岐まどか 著 (オデッセー出版)

おしゃれで可愛い大人の小物をレザーで作ったら、オリジナルの逸品が出来上がるかもしれません。

■新しい絵本・児童書

『アーチ―・グリーンと錬金術師の呪い』

D.D.エヴェレスト 著(あすなろ書房)

『国際魔法ブックフェア』が盛況に開催される中<食らう者>たちは勢力を拡大し、<関所の壁>も揺らぎ始めてしまう。不吉な予言とは・・・。

ボドリアン図書館を舞台に繰り広げられる"本と魔法の秘密の物語"第2弾。

『にげたエビフライ』 村上 しいこ 作(講談社)

たべもののおはなしシリーズ。巻末の『オマケのおはなし』でエビとフライについての豆知識も学べます。
 

『ねぎぼうずのあさたろう その10』

人気シリーズ"ねぎぼうずのあさたろう"東海道編の完結話。次の旅路は中山道へ...。

飯野 和好 作(福音館書店)

【4月のおすすめ】

今月はスタートの月。新入学、新入生、新入社員として、いろんな所にピカピカの一年生が頑張っていることでしょう。

緊張の日々の合間に、しばし、ホッと一息。図書館へ出かけてみませんか。

展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示

なかなか春らしくなりませんね。"花と緑"が待ち遠しいですね...。

『花と植物』に関する本を紹介しています。

『1鉢からはじめる花と緑のある暮らし』

成美堂出版編集部 編(成美堂出版)

『育てておいしい ヘルシー植物』

NHK出版 編(NHK出版)

『植物と暮らす毎日』 主婦の友社 編(主婦の友社)

『花のしつらい、暮らしの景色』 

安井かずみ 著(地球丸)

『まいにちの暮らしに、似合う花』 

増田由希子 写真と文(KADOKAWA)

『花束デザインブック』 フローリスト編集部 編(成美堂出版)

『手軽に楽しむ 毎日のフラワーアレンジ』

並木容子 著(日本文芸社)・・・など。

◎児童書展示

『草花の本』

春は芽吹きの季節。子どもたちと一緒に草花たちが元気に育ちます。

『野遊びを楽しむ 里山百年図鑑』 松岡達英 著

(小学館)

『校庭のざっ草』 有沢 重雄 著(福音館書店)

『森の草花』 長谷川 哲雄 著(岩崎書店)

『草の名前が葉っぱでわかる』 

近田 文弘 文(大日本図書)・・・など

◎えほん展示

『春と草花、そして野菜も!』

春休み。親子でお散歩のあとに、図書館で絵本をお子さんに読んであげるのは、いかがですか。

『はるかぜのホネホネさん』 西村 温子 作・絵

(福音館書店)

『おばけの花見』 内田 麟太郎 作・山本 孝 絵

(岩崎書店)

『やさしいたんぽぽ』 安房 直子 文・南塚 直子 絵(小峰書店)・・・など

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『おんな城主直虎1』

森下 佳子 著(NHK出版)

2017年の大河ドラマを完全小説化。戦のたびに当主を殺され、ただひとり残された姫・おとわ(のちの直虎)。みずから運命を切り開き、戦国を生き抜いた、その激動の生涯を描く。

『イラストだから簡単!なんでも自分で修理する本

片桐 雅量 著(洋泉社)

水まわりのトラブル、住まいの修繕、身のまわりのモノから自転車の手入れまで、コツが分かれば自分で直せる。挑戦してみましょう。

『定年一年生の教科書 知らないと大変!定年後のお金の知識』

55+ライフデザイン室 著(KADOKAWA)

これから定年を迎える、もしくはすでに定年を迎えたシニア層に向けた、実用コミックエッセイです。定年後のお金にまつわる様々な不安や悩みに対して、マンガやイラストで、わかりやすく解説しています。

『動物ぽんぽん』

trikotri 編(誠文堂新光社)

毛糸のポンポンで、かわいい動物を作りましょう。

■新しい絵本・児童書

『マルの背中

岩瀬 成子 (講談社)

母と二人で生活する亜澄は、駄菓子屋のおじさんから近所で評判の"幸運の猫"を預かることに・・・。母子家庭の子どもの貧困と孤独に真摯に向き合う感動作。

『ぼく、学級会の議長になった。』

三神 英彦 、 沢田 石誠 著(柏艪舎)

学校の学級会に活かせる、ファシリテーションの具体的方法についてわかりやすく説明しています。

『かぶきわらし』

庄司 三智子 著(出版ワークス)

めくってびっくり、迫力たっぷり。歌舞伎の世界へ、ごあんない。楽屋・女形・黒御簾などの専門用語や、江戸時代からつづく歴史をやさしく解説。

『ばあばは、だいじょうぶ

楠 章子 作 ・ いしい つとむ (童心社)

大好きなばあばが「わすれてしまう病気」になって変わってしまった。そして冬の寒い日、ばあばがいなくなり・・・。感動に包まれる絵本。

【3月のおすすめ】

「折り紙の本」

折り紙は、指先を使って考える頭の体操。伝承折り紙はもちろん、きれいな花を折ったり、組み合わせて箱や薬玉を作ったり、家族でも、個人でも楽しめます。

◎一般展示

『古典から創作まで なつかしくて新しい折り紙の教科書 』 宮島 登 著(ソーテック社)

『おり紙 花散歩 』 川井 淑子、鶴見 雅子 著(廣済堂出版)

『みんなで楽しむ多面体おりがみ 』 著(ブティック社)

『器のおりがみ』 加藤 幸吉 著(成文堂新光社)・・・など

◎児童書展示

『写真でわかる決定版おりがみ大百科』 山口 真 著(西東社)

『箱のおりがみ』布施 知子 著(日本ヴォーグ社)

『うごかすとばす おりがみ 』 成美堂出版編集部 編(成美堂出版)

『親子で楽しむユニットおりがみ』 新宮 文明 著(日本文芸社) ・・など



「ひなまつりのえほん」や「はるを感じるえほん」を紹介しています。

◎えほん展示

『おばあちゃんのひなちらし 』 野村 たかあき 作・絵(佼成出版社)

『おどれ!ひなまつりじま』垣内 磯子 作 ・ 松成 真理子 絵(フレーベル館)

『ひかるさくら 』 帚木 蓬生 作 ・ 小泉 るみ子 絵 (岩崎書店)

・・・など