中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

蛭川総合事務所

新刊情報の最近のブログ記事

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『楽しく上達できる川柳入門表現のコツ50』 杉山昌善 監修(メイツ出版)

『未来』  湊かなえ 著(双葉社)

『あやかし草紙』 宮部みゆき 著(KADOKAWA)

『ペインレス 上』『ペインレス 下』 天童荒太 著(新潮社)

『時は待ってくれない 100年インタビュー保存版』 小田和正 著(PHP研究所) 他

     

■新しい絵本・児童書

『にゅうどうぐも』 野坂勇作 さく(福音館書店)

『ノラネコぐんだんと海の果ての怪物』 工藤ノリコ 著(白泉社)

『深海生物のクイズ図鑑』 (学研教育出版)

『宇宙のクイズ図鑑』 (学研教育出版)

『ききいっぱつねこざかな』 わたなべゆういち 作・絵(フレーベル館)  他にもいろいろあるよ!

     

【7月のおすすめ】

暑くなりましたね! 室内で読書をしていても熱中症になることがあります。

適度なエアコンや水分補給をして、体調管理に気を付けましょう!  

今月図書館に展示している本の一部を紹介します。

       

◎一般展示 ★7月は七夕☆「星」に関する本を紹介しています。

『星に惹かれた男たち』 鳴海風 作(日本評論社)

『星空の撮り方』 牛山俊男 写真・文(誠文堂新光社)

『夜空を歩く本』 林完次 写真・文 (インデックス・コミュニケーションズ)・・・など

      

◎児童書展示 ★夏休みの工作・自由研究の参考になる本を集めました。

『身近にある自然のめぐみ 川の大研究』 上田孝俊 監修(PHP研究所)

『楽しい!かんたん!小学生の自由工作&アイデアクッキング』 オオノユミコ/神みよ子 監修(成美堂出版)

『理系脳を育てる工作教室』 東工大ScienceTechno 作 大竹尚登 監修(主婦の友社)  ・・・など

     

◎えほん展示 ★7月は七夕☆「星」にちなんだ絵本を紹介しています。

『星と星座のふしぎえほん』 大藪健一 文 常永美弥 絵(PHP研究所)

『ほしをさがしに』 しもかわらゆみ 作(講談社)

『ほしをめざして』 ピーター・レイノルズ 文・絵 のざかえつこ 訳(岩崎書店) ・・・など

     

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『いのちへのまなざし 熊谷守一評伝』 福井淳子 著(求龍堂)
付知出身の巨匠・熊谷守一の評伝。生家の様子から生い立ち、没後の評価まで、体系的に書かれています。熊谷研究50年の成果。

『オリジン』 ダン・ブラウン 著 越前敏弥 訳(KADOKAWA)
『ダ・ヴィンチ・コード』でおなじみ、ダン・ブラウンの最新作。宗教象徴学者のラングドンが、元教え子のカーシュ暗殺の謎に迫る!

■新しい絵本・児童書

『みんなのおばけずかん あっかんべぇ』 斉藤洋 作 宮本えつよし 絵(講談社)
おばけずかんシリーズの最新作。この本に出てくるおばけは、「LaQ×講談社 作品コンテスト おばけずかん部門」(2017年)の入賞作がもとになっています。

『鬼のかいぎ』 立松和平 文 よしながこうたく 絵(好学社)
昔、今では想像もつかないほど大きな木が立っていました。生きとし生けるもののよりどころとなっていた木ですが、その木の影におおわれてしまう村では稲が育たたないため、ある日、この木を切ってしまいます。これをよく思わない鬼たちが、集まって会議をはじめて...。 『今昔物語集』など古典資料をもとに紡がれる、新しい物語絵本。

【6月のおすすめ】

梅雨です。雨が多いこの季節、お家でゆっくり読書はいかかですか?
展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示
★朝ドラ ノベライズ
「NHK連続テレビ小説」のノベライズ本を紹介しています。

『マッサン』 羽原大介 作 中川千英子 ノベライズ(NHK出版)
『カーネーション』 渡辺あや 作 豊田美加 ノベライズ(NHK出版)
『ちゅらさん』 岡田惠和 作 蒔田陽平 ノベライズ(双葉社)   ・・・など

◎児童書展示
★探偵VS...? 推理小説
雨の日は家の中でじっくり謎解きしませんか?探偵が出てくる本を集めました。

『三毛猫ホームズの推理日記』 赤川次郎 作(角川書店)
『<浪漫探偵社>事件ファイル』 楠木誠一郎 作(ポプラ社)
『パスワードは,ひ・み・つ』 松原秀行 作(講談社)
『もしかしたら名探偵』 杉山亮 作(偕成社)
『キャベたまたんてい なぞのゆうかいじけん』三田村信行 作(金の星社) ・・・など

◎えほん展示
★おとうさん ありがとう!
父の日にちなんで、お父さんが活躍する絵本を紹介しています。

『おとうさん!おとうさん!』 中川ひろたか 作 ミスミヨシコ 絵(ポプラ社)
『やだやだパパやだ!』 天野慶 文 はまのゆか 絵(ぽるぷ出版)
『おとうさんのかさ』 三浦太郎 作(のら書店)
『パパ、お月さまとって!』 エリック=カール 作 もりひさし やく(偕成社)
『おやすみなさい フランシス』
 ラッセル・ホーバン 作 ガース・ウイリアムズ 絵 まつおかきょうこ 訳(福音館書店)

・・・など

みなさまのご来館を、お待ちしております。

 こんにちは! 蛭川済美図書館です。     

 済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『短歌タイムカプセル』 東直子 編著 他(書肆侃侃房)

現代歌人115人が一千年後に届けたい現代短歌をまとめたアンソロジー。

『妻と夫の定年塾Ⅴ』 

西田小夜子 著(中日新聞社)

中日新聞・東京新聞に連載10年超のショートショート97編。笑って泣ける実話をもとに夫婦の姿をリアルに綴った一冊。

『体幹リセットダイエット』 

佐久間健一 著(サンマーク出版)

 たった5分のエクササイズで下腹や太ももなど、気になる部分から効果が現われる体感リセットダイエット。

試してみてはいかがでしょうか。

■新しい絵本・児童書

『学研まんがでよくわかるシリーズ135 港のひみつ』 

たまだまさお 漫画 WILL子供知育研究所 構成/文

(学研プラス)

 港のくらしや機能、役割などについて、疑問に思っていること知りたいことをまんがでわかりやすく説明した本。

『しんごうきピコリ』 

ザ・キャビンカンパニー 作/絵(あかね書房)

ふしぎな信号機ピコリはいろんな色にかわります。

パトカーやくるまは戸惑ってしまい...。

『きょうのおやつはなんだろな?』 

ふじもとのりこ 作/絵(すずき出版)

 さつまいもやにんじん、こむぎやたまごが、おいしいてづくりおやつにへんしん!おやつの時間が待ち遠しくなる絵本です。

【5月のおすすめ】

日が長くなり、活動しやすい季節になりました。

図書館へぜひお立ち寄りください。

5月におすすめしている展示本の一部を紹介します。

◎一般展示

★アンソロジー

一冊でいろんな作家の小説が楽しめるアンソロジーの本を紹介しています。

『ナゴヤドームで待ちあわせ』

太田忠司 著 他(ポプラ社)

『旅を数えて』 川本晶子 著 他(光文社)

『吾輩も猫である』 赤川次郎 著 他(新潮社)

『シティ・マラソンズ』 三浦しをん 著 他(文藝春秋)   

『I Love you』 伊坂幸太郎 著 他(祥伝社) ・・・など

◎児童書展示

★田植え~おいしいお米づくり~

5月は田植えの時期です。田植えやお米のつくり方がわかる本を紹介しています。

『田んぼの不思議』 安室和 著(小峰書店)

『田んぼコレクション』

内山りゅう 写真・文(フレーベル館)

『お米ができるまで』 岩貞るみこ 作 他(講談社)

『お米なんでも大百科3』 保岡孝之 監修(ポプラ社)

『コメの歴史を変えたコシヒカリ』

小泉光久 著 他(汐文社) ・・・など

◎えほん展示

★きこえてきた!カエルのがっしょう

近所の田んぼからカエルの鳴き声がきこえてきます。親子で楽しめるカエルがでてくる絵本を紹介しています。

『ちいさなかえるくん』 甲斐信枝 作(福音館書店)

『あまがえるのあおちゃん』 高家博成 作(童心社)

『かえるごようじん』

ウィリアム・ビー 作(セーラー出版)

『かえるがみえる』 まつおかきょうこ 作(こぐま社)

『かえるのかさやさん』 戸田和代 作(岩崎書店)

・・・など

みなさまのご来館を、お待ちしております。

 こんにちは! 蛭川済美図書館です。     

 済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『素敵な日本人』 東野圭吾 著(光文社)
 意外性と機知に富み、四季折々の風物を織り込んだ、極上の九編。

『300万人に支持されたオレンジページnetのBESTおかず』 オレンジページ 著(オレンジページ)
 毎日のおかずを考えるのは本当に大変です。この本を参考にしてみませんか。

『曾根崎心中』高齢者向け紙芝居 近松門左衛門 原作 (雲母書房)
 元禄十六年の夏の夜、曾根崎の森での徳兵衛とおはつの哀しき心中。

■新しい絵本・児童書

『ブルドッグたんていと きえたほし』 谷口智則 作/絵(文渓堂)
 ブルドッグたんていに とけないなぞはありません。このみみ、このはな、このめがあれば、どんなじけんでも、かいけつします。

『幽霊屋敷貸します』 富安陽子 作(新日本出版社)
 りっぱな家を格安で貸し出すなんてあやしい...。季子は悪い予感がしていた。一級品の洋館。幽霊つき...。

『となりの火星人』 工藤純子 著(講談社)
 それぞれの生きづらさを抱える子どもたちが、自らの個性とともに生きる楽しさに気づいていく物語です。

【4月のおすすめ】

暖かくなりました。図書館へぜひお立ち寄り下さい。
4月におすすめしている展示本の一部を紹介します。

◎一般書
『いわさきちひろの世界』
いわさきちひろ生誕100年。世界のこども みんなに 平和としあわせを。いわさきちひろ の関連本を展示しています。

◆『いわさきちひろ子どもへの愛に生きて』 講談社 著(講談社)
◆『ちひろを訪ねる旅』 竹迫祐子 著(新日本出版)
◆『ちひろ春の画集』 いわさきちひろ 著(講談社)
・・・など

◎児童書
『植物を楽しもう!』
春の身近な植物を観察して楽しめる本を展示しています。

◆『あそびのおうさまずかん くさばな』 学研プラス 著(学研)
◆『春をさがそう』 海野和男 写真/文(新日本出版社)
◆『身近な草花「雑草」のヒミツ』 子供の科学編集部 編(誠文堂新光社)
・・・など

◎えほん
『ともだちだいすき』
 いろいろなともだちが登場する絵本を展示しています。

◆『ともだちからともだちへ』 アンソニー・フランス さく(理論社)
◆『にわのともだち』 おおのやよい 文/絵(偕成社)
◆『ぼくもいれて』 ジャネット・トーマス ぶん(評論社)
・・・など

みなさまのご来館を、お待ちしております。

 こんにちは! 蛭川済美図書館です。     

 済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『玄鳥さりて』 葉室麟 著(新潮社)
 互いを思いやりながらも、藩政に翻弄される男たちの葛藤と覚悟。直木賞作家葉室麟の最新作。

『くらしを楽しむ七十二候』 広田千悦子 著(光文社)
 日本の四季には七十二もの季節、すなわち「七十二候」があります。それは日本人の豊かな季節感。七十二候のうつろいに寄り添いながら楽しむくらしを紹介しています。

『3~6歳のこれで安心子育てハッピーアドバイス』 明橋大二 著 (1万年堂出版)
 マンガでわかる、心を育てるほめ方・叱り方・ルールの教え方を紹介しています。

■新しい絵本・児童書

『だるまちゃんとキジムナちゃん』 加古里子 さく/え(福音館書店)
 「だるまちゃん」シリーズの最新刊。だるまちゃんは、だるまどんと一緒に沖縄の小さな島に住む、いしみね先生を訪ねます。そして、森の中で、小さないたずらっこのキジムナちゃんと出会ってたのしく遊んでいると、助けを求める声が・・・。

『ジャングルのサバイバル7大型シロアリの襲来』 洪在徹 文(朝日新聞出版)
 暗黒の洞窟から脱出したチウ一行は、目の前に広がる壮大なピナクル群落を見て、感嘆の声をあげる。その上、神秘的な羽を持ったボルネオセイランや世界最大を誇るテイオウゼミを見つけて、久しぶりに豊かな生態系を楽しんでいたが・・・。

『しずかにあみものさせとくれー!』 ベラ・ブロスゴル さく(ほるぷ出版)
 おばあさんは、あみものをしたいだけなのに、まごたちにじゃまされてばかり。とうとう家をでてしまいます。ベラ・ブロスゴルの絵本デビュー作。

【3月のおすすめ】

日々暖かくなりますね!
3月におすすめしている展示本の一部を紹介します。

◎一般書
『もうすぐ春!田畑の準備を始めよう!』
少しずつ暖かくなってきました。そろそろ田畑の準備をはじめる季節。
毎年の人も、初めての人にも、農業について参考になる本を展示しています。

◆『図解だからわかりやすい野菜の育て方のコツ』 主婦の友社 編(主婦の友社)
◆『タネのとり方もわかる!おいしい野菜づくり』 北条雅章 監修(池田書店)
◆『はじめての野菜づくりがスムーズにできる本』 主婦の友社 編(主婦の友社)
・・・など

◎児童書
『農業を知ろう!』
農業について調べることができる本や、野菜の作り方などの本を展示しています。

◆『こども野菜塾』 柿沢安耶 著(明治書院)
◆『野菜をそだてる12か月』 亀田龍吉 著(アリス館)
◆『育てて、発見!ジャガイモ』 真木文絵 文(福音館書店)
・・・など

◎えほん
『やさいのえほん』
「やさい」を知る本。「やさい」が主人公やたくさん登場する絵本を展示しています。

◆『おやさいめしあがれ』 視覚デザイン研究所 さく(視覚デザイン研究所)
◆『にににんにんじん』 いわさゆうこ さく(童心社)
◆『やさいの花』 埴沙萠 写真(ポプラ社)
・・・など

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

     

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

    

■新しい一般書

『不都合な真実2』 アル・ゴア 著(実業之日本社)

 大型ハリケーンや大気汚染等、さまざまな環境問題について写真やグラフ等でわかりやすく解説。映画にもなり話題の著書の第2弾。

   

『漫画 君たちはどう生きるか』 吉野源三郎 原作(マガジンハウス)

 少年コペルくんと深い教養を持つおじさんのやりとりを通して、生きる意味について深く考えさせられます。

  

『70歳からの筋トレ&ストレッチ』 大渕修一 編著 (法研)

 高齢者でも無理せず続けられる筋トレとストレッチを紹介。寝たきりにならないよう、転ばない足腰を手に入れましょう。

     

■新しい絵本・児童書

『なずず このっぺ?』 カーソン・エリス 作(フレーベル館)

 虫たちが昆虫語でおしゃべりをする絵本です。2017年コルデコット賞オナー(次点)ブック。

   

『かんたんかわいいすぐできるぽんぽんグッズ』 いしかわまりこ 著(ポプラ社)

 子どもでも簡単にかわいいぽんぽんが作れます。基本のぽんぽんだけでなく、ヘアゴムやマスコットなども作れます。

     

『採点者の心をつかむ合格する小論文』 中塚光之介 著(かんき出版)

 受験生におすすめ。小論文を書く際に抱く疑問をすっきり解決してくれます。

     

  

【2月のおすすめ】

どんどん寒くなる2月。あったかい部屋で誰かと寄り添って本を読んでみませんか?

       

展示している本の一部を紹介します。

     

◎一般書

『手作りを楽しもう 手作りを贈ろう』 2月はバレンタインデーがあります。手作りのお菓子を作って誰かにプレゼントしてみませんか。

お菓子作りの本やラッピングに役立つ本を展示しています。

       

◆『いつものキッチン道具でかんたんにおいしく作れる チョコレートのお菓子』 坂田阿希子 著(翔泳社)

◆『ラブリー!ハッピー!贈るお菓子』 加藤千恵 著 (講談社)

◆『箱詰めおやつの贈りもの』 いづいさちこ 著(誠文堂新光社)

◆『ニューヨーク仕込みのカップケーキとデコレーション』 ギャンブル五月 著(産業編集センター)

・・・など

    

◎児童書

『おいしいおはなし』お菓子を中心においしそうな食べ物の出てくる本を展示しています。

    

◆『月のうさぎのおかしやさん』 岡野薫子 文(ポプラ社)

◆『王さまわがままケーキ』 たかしまなおみ 作(ポプラ社)

◆『ぶっとび探偵団 アップルパイのなぞを追え!』 早川真知子 作(国土社)

・・・など

     

◎えほん

『おいしいえほん』おいしそうな食べ物の出てくる絵本を展示しています。

     

◆『月ようびはなにたべる?』 エリック・カール 作(偕成社)

◆『しょうがパンぼうや』 ポール・ガルドン 作(ほるぷ出版)

◆『メイシーちゃん レモネードをつくります』 ルーシー・カズンズ 作(偕成社)

・・・など

     

みなさまのご来館を、お待ちしております。

あけましておめでとうございます。蛭川済美図書館です。

今年もよろしくお願いいたします。
済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。
借りる時や予約する時の参考にしてください。

    

■新しい一般書


『花になるらん 明治おんな繁盛記』 

玉岡かおる 著(新潮社)

幕末から明治を生きた、京都の呉服商「高倉屋」を舞台に、のれんを背負い高倉屋の繁栄の礎を築いた女主人の物語です。


『美篶堂とはじめる本の修理と仕立て直し』 

美篶堂 著(河出書房新社)

絵本のやぶれや、取れてしまったページなど、修理テクニックが学べます。手順が分かりやすく解説してあるので、初心者の方にもおすすめです。


『コレステロールにぐぐっと効く食事習慣』 

主婦の友社 編(主婦の友社)

コレステロールを下げる栄養成分や、食品について知ることができます。心疾患や脳疾患の予防につなげる情報がたくさん詰まった一冊です。



■新しい絵本・児童書


『10歳の質問箱』

日本ペンクラブ「子どもの本」委員会 編(小学館)

子どもの素朴な疑問や悩みに、55人の作家が答えています。子どもたちに物事の考え方はさまざまであることを伝える一冊です。


『おばけのやだもん』 

ひらのゆきこ 作/絵(教育画劇)

おばけのやだもんは、「やだやだ」と言うだだっこが大好きです。だだをこねている子にくっついてしまいます。

やだもんが、歯みがきをいやがるさっちゃんをみつけて...。


『つまんないつまんない』 

ヨシタケシンスケ 著(白泉社)

世界一つまんない遊園地はどんなとこ?いちばんつまんないのは何歳?など、"つまんない"について考え抜いた絵本。  

 
 

【1月のおすすめ】


新しい年が始まりました。今年もステキな本と出会えますように...。

寒さが厳しいこの時期は、暖かいお部屋で本を読んで、ゆったりとしばし休憩。ほっと一息しませんか。寒い冬、家の中で過ごすことが多くなりますね。本を読んだり、趣味を見つけて過ごしませんか?     

展示している本の一部を紹介します。

     

◎一般書

★日本の四季を楽しむ

歳時記や、季節の行事がわかる本、日本のしきたりがわかる本を紹介しています。


『小福歳時記』 群ようこ 著(集英社)

『オールカラーよくわかる俳句歳時記』

石寒太 編(ナツメ社)

『手づくり歳時記12か月』 宇田川一美 著(幻冬舎)

『色の歳時記』 吉岡幸雄 小林庸浩 著(清流出版)   

『面白くてためになる!日本のしきたり』

永田美穂 監修(PHP研究所) ・・・など


◎児童書

★みんなからのおすすめ本

秋の図書館まつり"スタンプカード大会"で、みんなからおすすめしてもらった本を紹介しています。


『いーとんの大冒険』 なばたとしたか さく(長崎出版)

『君はわらうかな』 菊田まりこ 著(学研教育出版)

『アリクイありえない』 斉藤洋 作(理論社)

『給食室の日曜日』

村上しいこ 作 田中六大 絵(講談社)

『わたしはなんでも知っている』 

令丈ヒロ子 作 カタノトモコ 絵(ポプラ社) ・・・など



◎えほん

★書庫に眠るおたから本

中津川市立図書館の書庫でも、たくさんの絵本がみなさんとの出会いを待っています。その中からおすすめの絵本を紹介しています。


『ぶどう畑のアオさん』 馬場のぼる 文/絵(こぐま社)

『ふようどのふよこちゃん』 飯野和好 作(理論社)

『スプーンさんとフォークちゃん』 西巻かな 著(講談社)

『おたんじょうびのエルンスト』

エリサ・クレヴェン 作/絵 香山美子 訳(学習研究社)

『ふたごの王様』

キャロル・モーリー 作 栗栖カイ 訳(ブロンズ者) ・・・など

     

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

     

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

    

■新しい一般書

『GIプリン』 渡辺敦子 著(光文社)

 第二次世界大戦直後のひもじく、辛く、それでも歯を食いしばって生きていくしかなかった時代を鮮やかに描く。

   

『かみやすい、飲み込みやすい健康ごはん』 山田晴子 著(主婦の友社)

 かみにくい、飲み込みにくい、歯が弱くなったと思ったら、特別なものを作るのではなく、いつもの料理をひと工夫。

  

『元号』 山本博文 編 (悟空出版)

 大化から平成まで元号について、改元年月日、元号の出典と基礎データ、その時代に起きた出来事を解説。

     

■新しい絵本・児童書

『くろちゃんとちいさいしろくん』 なかやみわ 作・絵(童心社)

 ちいさくてしろいくれよんが、まいごになりました。くろくんたちは力を合わせてしろくんのなかまをさがします。そんなある日...。

   

『にちようびは名探偵』 杉山亮 作(偕成社)

 探偵のミルキー杉山はこれまでかずかずの難事件を解決してきた。今回もミルキーが大活躍。

     

『光をくれた犬たち盲導犬の一生』 今西乃子 著(金の星社)

 1頭の犬にかかわる多くの人たちと盲導犬との繋がりを追う感動のノンフィクション。

     

  

【12月のおすすめ】

寒い冬、家の中で過ごすことが多くなりますね。本を読んだり、趣味を見つけて過ごしませんか?

       

展示している本の一部を紹介します。

     

◎一般書

『つくる楽しみ』 家の中で過ごすことが多い季節に手芸、工芸などに挑戦してみましょう。

       

◆『身近な材料でハンドメイドかんたん手作り雑貨』 寺西恵里子 著(家の光協会)

◆『手ぬぐいで作るカワイイ小物』 澤入美佳 著 (文化出版局)

◆『かぎ針で、可愛い大人のアクセサリー』 成地亜紀 著(主婦の友社)

◆『ハンギングを楽しむ寄せ植えノート』 黒田健太郎 著(家の光協会)

・・・など

    

◎児童書

『クリスマスの本』 を紹介しています!

    

◆『ちいさなサンタまちにいく』 アヌ・ストーナー 文(岩崎書店)

◆『からっぽのくつした』 リチャード・カーティス 作(世界文化社)

◆『クリスマスまであと九日』 マリー・ホール・エッツ 作・画(冨山房)

・・・など

     

◎えほん

ふゆ』を感じる絵本を紹介しています。

     

◆『だれのあしあと』 ふくだとしお 作(新風舎)

◆『ゆきがやんだら』 酒井駒子 作(学研)

◆『じまんのマフラー』 マーシャ・ダイアン・アーノルド 文(あすなろ書房)

・・・など

     

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

     

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

    

■新しい一般書

『ニッポンの地方野菜』 内田悟 著(KADOKAWA)

 日本の風土の中に息づく地方野菜。その土地ならではの風土と共に紹介。料理方法、レシピも紹介しています。

   

『この世の春 上・下』 宮部みゆき 著(新潮社)

 宮部みゆき最新作。正体不明の悪意が怪しい囁きと化して、かけがえのない人々を蝕み始めていた。

 青年は恐怖の果てに、ひとりの少年をつくった。少年は救世主となりうるのか。

  

『図書の修理とらの巻』 書物の歴史と保存修復に関する研究会 編 (澪標)

 破けたページなど図書修理の方法をわかりやすく、身近な材料を使って取り組めるよう解説しています。

   
 

■新しい絵本・児童書

『NEWタイムトラベラーウォーリーをおえ!』 マーティン・ハンドフォード 作・絵(フレーベル館)

 不思議な国をわたりあるくウォーリーと仲間たちを探す絵さがし絵本。

   

『ぜったいにおしちゃダメ?』 ビル・コッター さく(サンクチュアリ出版)

 押すと大変なことがおこるボタン。ぜったいに押しちゃダメ!でも、押しちゃったらどうなるの~?

     

『サイエンスコナン防災の不思議』 青山剛昌 原作(小学館)

 名探偵コナンのサイエンスコナンシリーズ最新作。具体的な出来事をもとに、コナンたち少年探偵団が

 防災の知識をわかりやすく解説します。

     

  

【11月のおすすめ】

秋も深まり、朝晩寒くなってきましたね。秋の夜長に読んでもらえる本を紹介しています。

       

展示している本の一部を紹介します。

     

◎一般書

『色々あります!乗り物』 乗り物と言っても種類がたくさんあります!車や電車だけではない本も紹介しています。

       

◆『ツウになる!旅客機の教本』 秋本俊二 著(秀和システム)

◆『完全保存版 新幹線まるわかりBOOK』 (マイナビ出版)

◆『海駅図鑑』 清水浩史 著(河出書房新社)

◆『誰でもはじめられるクロスバイク&ロードバイク』 成美堂出版編集部 編(成美堂出版)

・・・など

    

◎児童書

『男の子に読んで欲しい本』 男の子に読んで欲しい本を紹介しています!

    

◆『もしもカブトムシと相撲をとったら!?』 川島逸郎 監修(実業之日本社)

◆『恐竜は今も生きている』 富田京一 著/下田昌克 絵(ポプラ社)

◆『かあちゃん取扱説明書』 いとうみく 作/佐藤真紀子 絵(童心社)

・・・など

     

◎えほん

秋の色をかんじよう!』秋の色、赤や黄色の色をかんじる絵本を紹介しています。

     

◆『あかいはっぱきいろいはっぱ』 ロイス・エイラト 作/阿部日奈子 訳(福音館書店)

◆『きつねのおふろ』 国松エリカ 作/絵(偕成社)

◆『きいちゃんのどんぐり』おおしまたえこ さく/かわかみたかこ え(ポプラ社)

・・・など

     

みなさまのご来館を、お待ちしております。

     

こんにちは! 蛭川済美図書館です.。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書


『とるとだす』 畠中恵 著(新潮社)

 長崎屋の主が死んだって!? おとっつぁんの身に何が? 病弱若だんな、跡を継ぐの?
緊急事態続出の「しゃばけ」シリーズ最新作!


『おんな城主直虎 3』 森下佳子 作/豊田美加 ノベライズ(NHK出版)

 領内に新たな産業を興し、龍雲丸率いる無頼な輩たちも手なずけ、城主として奮闘する直虎。
順風満帆に見えた井伊家中だったが、今川家の凋落が暗い影を落とす。
井伊家存続の鍵となる決断を迫られ、城主としての真価を問われる局面で、直虎は一世一代の策にうって出る!


『新しい食べ方でやせる&健康になる 寒天レシピ』 石澤清美 著 (主婦の友社)

 寒天には、血圧を下げる、血糖値の急な上昇を防ぐなど、生活習慣病の予防や改善に役立つ効果が
認められています。その秘密は、食品の中で最も多いと言われる食物繊維。今や日本人の積極的にとりたい栄養成分No.1の食物繊維をたっぷりと含んでいる寒天をたっぷり使えるレシピ集。


 

■新しい絵本・児童書


『おしりたんてい いせきからのSOS』 トロル さく・え(ポプラ社)
 おしりたんていのもとに届いたのは、差出人不明の封筒。中には暗号で書かれた手紙と地図が入っていた。
ジャングルのおくふかくからたすけをもとめるいらいにんとは...!?おしりたんていが今回のじけんもププッとかいけついたします。

『いえのおばけずかん』 斉藤洋 作/宮本えつよし 絵(講談社)

 登場するおばけはちょっと怖いけど、ちゃんと対応してあげると、意外になさけなくて、
かわいいところもあったりします。怖くて、笑えて、最後はホッとできる。
「こわいけど、おもしろい」新しいおばけの童話シリーズ最新刊。

『いちにちじごく』 ふくべ あきひろ 作/かわしま ななえ 絵(PHP研究所)

 わるいことをしたらじごくにいくっておばあちゃんがいってたけど、本当にあるのかな? よし、いちにちおにになってたしかめにいこう!じごくをみる絵本。


  

【10月のおすすめ】

読書、芸術、スポーツ、食欲、行楽などなど。過ごしやすい秋に楽しめることを探してみませんか?
ご来館をお待ちしております。

展示している本の一部を紹介します。


◎一般書

『山に秋を見つけにいこう!』
山歩きや登山に関する本や、きのこや木の実の本など..
.

◆『のんびり行こう!東海山歩きガイド』 愛知山歩きの会 著(メイツ出版)
◆『木の実の呼び名事典』 亀田 龍吉 写真・文(世界文化社)

◆『3ステップで簡単!ご馳走 山料理』 小雀陣二 著/永易量行 写真(山と渓谷社)

◆『花と葉で見わける「山歩き」の草花図鑑』 木下武司 著(メイツ出版)

・・・など

◎児童書

『芸術の秋』
絵画や音楽、歌舞伎や俳句など、芸術の本を楽しもう!

◆『トリックアートミステリートレイン』 北岡明佳 監修ほか(あかね書房)

◆『ピアノはともだち』 こうやまのりお 著(講談社)

◆『市川染五郎と歌舞伎を観よう』 市川染五郎 監修ほか(岩崎書房)

・・・など

◎えほん

『実りの秋 おいしい絵本』

秋の味覚、おいもやカボチャをはじめ、おいしそうな絵本が盛り沢山!

◆『ばばばあちゃんのやきいもたいかい』さとうわきこ 作(福音館書店)

◆『干し柿』 西村 豊 写真/文(あかね書房)

◆『かぼちゃスープ』ヘレン・クーパー 作ほか(アスラン書房)

・・・など



月別リスト

    アーカイブ