中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

蛭川総合事務所

新刊情報の最近のブログ記事

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

    

■新しい一般書

    

『大人の伝え方ノート』 矢野香 著(SBクリエイティブ)

 言いたいことが適切に伝わっていないな、と感じることはありませんか?

 言い方ひとつであなたの思いは適切に伝わり、あなたへの印象も変わります。

 元NHKキャスターで、心理学の研究者としても活躍中の著者が、心理学を使った伝え方のテクニックを教えます。

    

『宮中歌会始全歌集』 宮内庁 編(東京書籍)

 歌会始とは新年を祝う宮中行事で、毎年、年始に執り行われます。

 平成の間に行われた歌会始で詠まれたすべての和歌が掲載されています。

    

『姑の遺品整理は、迷惑です』 垣谷美雨 著(双葉社)

 姑が亡くなり、仕方なくはじめた遺品整理。

 大変な遺品整理だが、整理をするうちに姑の生き方をたどりなおすようで・・・。

    

■新しい絵本・児童書

    

『ちゅるちゅる』 視覚デザイン研究所 作(視覚デザイン研究所)

 『ごはんごはん』に続く、シリーズ第二弾!きつねうどん、ラーメン、ナポリタン・・・

 どれもおいしそうで、思わず手が伸びてしまいます。

    

『プログラミングって何?』 関和之 マンガ・イラスト(旺文社)

 プログラミングと聞くと何やら難しそうで自分には関係のないことのように思えますが、実は、身の回りに

 たくさんあふれています。

 プログラミングの役割についてやさしく書かれており、プログラミング教育に不安を抱いている保護者の方

 にもおすすめです。

    

【7月のおすすめ】

    

今月展示している本の一部を紹介します。

    

◎一般展示 ★野球を楽しもう

 野球が出てくる小説や野球選手の書いた本、少年野球の指導書、高校野球に関する本など、

 野球にまつわる本を集めました。

『あるキング』 伊坂幸太郎 著(徳間書店)

『清原和博告白』 清原和博 著(文藝春秋)

『少年野球で、子どもをグングン伸ばす47の教え』 桜井一 著(カンゼン)

『甲子園だけが高校野球ではない』 岩崎夏海 著(廣済堂あかつき)

『戦場に散った野球人たち』 早坂隆 著(文藝春秋)・・・など

    

◎児童書展示 ★野球の本

 野球の出てくる物語や野球の練習について書かれている本などを集めました。

『キャプテンはつらいぜ』 後藤竜二 作(講談社)

『スウィング!』 横沢彰 作 (童心社)

『いちばんうまくなる少年野球』 成城ヤンガーズ 監修(学研パブリッシング)

『バッテリー』 あさのあつこ 著(角川書店) ・・・など

     

◎えほん展示 ★やきゅうがでてくるえほん 

 野球や野球をする子どもが出てくる絵本を集めました。

『くじらのバース』 村上康成 作・絵 (ひさかたチャイルド)

『それゆけ!きょうりゅうベースボール大決戦』 リサ・ホィーラー 作 (ひさかたチャイルド)

『ホームランを打ったことのない君に』 長谷川集平 作(理論社)

『ぼくんちに、マツイヒデキ!?』 広岡勲 監修(学研)・・・など

      

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『とめどなく囁く』 桐野夏生 著(幻冬舎)

 「柔らかな頬」で直木賞を受賞、その他数々の賞を受賞している桐野夏生の最新作。

 夫を海難事故で亡くし、資産家の夫と再婚した主人公だったが、ある日前夫の母親から

 電話がかかってきた。

『機捜235』 今野敏 著 (光文社)

 機動操捜査の主人公。新しい相棒が着任したが、どうみても新人ではなさそうだ。

 しかし白髪まじりの相棒は、思いがけない実力の刑事だった。

■新しい絵本・児童書

『おべんとうしろくま』 柴田ケイコ 作・絵 (PHP研究所)

 シリーズ第三弾!くいしんぼうのしろくまは、今度は大好きなお弁当の中に入っちゃった!

『はりねずみのぼうけん』 ディック・ブルーナ ぶん・え (福音館書店)

 はりねずみのはりこちゃんは、マフラーを買うため町へでかけました。でも、町は車がいっぱいで

 危険がいっぱい!

『ほねほねザウルス20巻』 カバヤ食品株式会社 原案・監修 (岩崎書店)

 ほねほねザウルス最新刊!なかよし3人組ベビー、トップス、ゴンちゃんは、もうれつな砂嵐が

 ふきあれる「魔のさばく」へとやってきた。

『名探偵テスとミナ1巻』 ポーラ・ハリソン 作  (文響社)

 メイドのテスとプリンセスのミナはふたごのようにそっくり!

 ときどき入れ替わってるのは秘密。ミナの弟エドワード王子の王冠が消えてしまった!

    

【6月のおすすめ】

かえるの声が日に日に大きくなってきましたね!

今月展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示 ★ヘアアレンジ・服の本

着物のリメイクや赤ちゃん服、ゆかたの作り方などの本を中心に、縫い方や服のコーディネイト

の仕方本などを集めました。

『かわいい布で作る子どものキモノ』 中山麻子 著(PHP研究所)

『オールシーズンのメンズ服』 金子俊雄著(日本ヴォーグ社)

『さらりと涼しいニットのふだん着』 michiyo 著(文化学園文化出版局)・・・など

    

◎児童書展示 ★石・鉱石の本

川の石から宝石まで色々な石や鉱石についての本を集めました。

『石はなにからできている?』 西村寿雄 文(岩崎書店)

『生きものとつながる石ころ探検』 盛口満 文・絵 (少年写真新聞社)

『こどもが探せる川原や海辺のきれいな石の図鑑』 柴山元彦 著(創元社) ・・・など

     

◎えほん展示 ★かさのえほん 

 梅雨の季節、かさを開く機会も多くなります。今月はかさがでてくる絵本を紹介しています。

『ぼくはかさ』 せなけいこ 作・絵 (ポプラ社)

『あかいかさがおちていた』 筒井敬介 作 (童心社)

『からかさにざえもん』 最上一平 文(文研出版)・・・など

      

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

    

■新しい一般書

『ノースライト』 横山 秀夫著(新潮社)

 一級建築士の青瀬が望まれて設計した新築のY邸は無人だった。そこに越してきたはずの

 家族の姿はなく、電話機以外に家具もない。ただ一つ古ぼけた「タウトの椅子」を除けば......。

    

『やせる・若返る・健康になるいいことずくめの水煮缶レシピ』 藤本なおよ 著 (東京書店)

 水煮缶の種類別健康パワーと、その体への効果をランキング形式で解説するほか、水煮缶を

 使ったメニュー80品を紹介。かんたんに手早く作れて、財布にもやさしいレシピ集。

    

■新しい絵本・児童書

『もくもくをつかまえた』 ミカエル・エスコフィエ文 クリス・ディ・ジャコモ絵 (クレヨンハウス)

 ある日、森でもくもくした雲のようなものをみつけたら、どうする?連れ帰ってみても、雲は自由気まま。

 「もくもく」は友だち? それとも恋人?思い通りにならないものとは、どう付き合ったらいいんだろう?

    

『大人気!!親子であそべるかっこいい!おりがみ』 新宮文明 著(高橋書店)

 かんたんにつくってあそべる!つくりやすさにとことんこだわり、大きな写真とわかりやすい記号を使用した

 おりがみ本。 さらに、完成した作品に目やもようを描き込んでかっこいい作品に仕上げよう!

    

【5月のおすすめ】

新緑が眩しいおでかけ日和な季節ですね。

今月展示している本の一部を紹介します。

    

◎一般展示 ★作りおきごはん・常備菜

 遠足や行楽シーズンのお弁当づくり、5月病でご飯を作るのも怠い...。

 そんな時のために作り置きごはんレシピ本を展示します。

『簡単なのに本格!絶品つくりおき』 伊藤 茜 著(すばる舎)

『今日のごはんついでに明日のおかず』 ワタナベマキ著(主婦の友社)

『冷蔵庫で作りおきパン』 吉永 麻衣子 著(主婦の友社)・・・など

    

◎児童書展示 ★天気と気候の本 

 生活に身近で影響力のある天気の仕組みやその予報の仕方など、

 天気や空についての本を展示しています。

『はれるんのお天気教室』 岩槻秀明 文(東京堂出版)

『気象予報士・蓬莱さんのへぇ~がいっぱい!クレヨン天気ずかん』 

 蓬莱大介 文・絵 (主婦と生活社)

『天気予報はことわざで』 山下 明生作(あかね書房) ・・・など

   

◎えほん展示 ★はれの日も あめの日も 

 晴れの日、雨の日、くもりの日。

 いろんなお天気の絵本を展示します。

『あっぱれ!てるてる王子』 コマヤスカン 作 (講談社)

『あめふりうります』 平田昌広 作(講談社)

『雲をみようよ』 トミー・デ・パオラ(光村教育図書)・・・など

     

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『フーガはユーガ』 伊坂幸太郎 著(実業之日本社)

 常盤優我は仙台市のファミレスで一人の男に語り出す。双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと、そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のこと。僕たちは双子で、僕たちは不運で、だけど僕たちは、手強い。

『地域が育てる科学の芽』 藤嶋昭監修 (学研プラス)

 全国で「科学」を広めようとする活動団体のための、活動実例集。東京応化科学技術振興財団が協力している団体の、地域密着型の活動を中心に、その様子をくわしく紹介。

■新しい絵本・児童書

『ぜったいにさわっちゃダメ?』 ビル・コッター 作 (サンクチュアリ出版)

 ダメって言われるとやりたくなる、子どもの好奇心をくすぐる

 盛り上がり間違いなしの、参加型絵本です。

『ねこの町のダリオ写真館』 小手鞠るい作(講談社)

 ねこの町にあるダリオ写真館に犬の親子、マーガレットさんとケイトが誕生日の記念撮影に

やってきました。ふたりとも新調したワンピースを着て緊張しているようです。そこで・・・

【4月のおすすめ】

"春の息吹"を五感で感じましょう!

今月展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示 ★楽器いろいろ

まずは、耳で様々な音を感じてみましょう。和楽器から世界の民族楽器まで、地球は様々な音楽であふれています。

楽器にまつわる小説やエッセイ、教本を展示しています。

『海と山のピアノ』 いしいしんじ 著(新潮社)

『カルテット!』 鬼塚忠 著(河出書房新社)

『おやじばんどの第一歩』 目黒真二 著(スタイルノート)・・・など

    

◎児童書展示 ★耳をすますと鳥の声がきこえるよ 

春になると、朝、鳥の声が聞こえてきます。どんな鳥が鳴いているかな?

鳥が主人公の小説などを展示しています。

『赤い鳥の国へ』 アストリッド・リンドグレーン 作(徳間出版)

『いつでもインコ』 斉藤洋 作 (理論社)

『巣箱のなかで』 鈴木まもる 作・絵(あかね書房) ・・・など

     

◎えほん展示 ★きこえるかな?とりのこえ 

 空を見上げると、様々な鳥が飛んでいますね。耳をすますと、すてきな声が

聞こえてきます。

『ことりのピチコ』 どいかや 作 (学研)

『ことりのゆうびんやさん』 ニコライ・スラトコフ 原作(福音館書店)

『こわれる森ハチドリのねがい』 藤原幸一 写真・文(PHP研究所)・・・など

      

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『高齢者の手あそび・指あそび&足体操』 原田律子 編著(いかだ社)

 毎日元気に過ごすため、手の指や足の指を動かす指体操をイラストで紹介しています。

『草々不一』 朝井まかて 著 (講談社)

 江戸時代を舞台にした8つの物語!直木賞作家朝井まかての最新作です。

■新しい絵本・児童書

『ほしじいたけほしばあたけいざ、せんにんやまへ』 石川基子 作 (講談社)

 ほしじいたけとほしばあたけは、子どもたちの病気を治すため、

 きのこせんにんの住むせんにんやまへ!シリーズ第4弾です。

『もののけ屋4巻』 廣嶋玲子 作  (静山社)

 もののけ屋が妖怪に捕まった?! もののけ屋を救うためホテルへ向かうが・・・

 廣嶋玲子のもののけ屋第4巻!

【3月のおすすめ】

だんだん暖かくなってきましたね!春はもうすぐ!

今月展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示 ★体を動かそう!

3月、春が近づいて暖かくなってきました!そろそろ体を動かしたくなる季節です。

運動、体操、スポーツなど体を動かしたくなる本を集めました。

『山歩きを楽しむゆるトレッキング』 高岡英夫 著(学研)

『ヨーガのすすめ』 吉沢政一 著(TAC株式会社出版事業部)

『よくわかる!グランドゴルフ』 朝井正教 著(ベースボール・マガジン社)・・・など

    

◎児童書展示 ★体の不思議 

体って不思議!自分の体なのに知らないことがいっぱい。体の事がわかる本や

からだクイズの本などを集めました。

『皮ふの下をのぞいてみれば・・・』 カレン・ラッチャナ・ケニー 文(六耀社)

『骨のクイズ図鑑』 (学研教育出版)

『Why?人体のなぜ』 ホスンボン 文(学研教育出版) ・・・など

     

◎えほん展示 ★からだのえほん 

 からだのことについて、しくみや働きのわかる絵本を紹介しています。

『あしってエラい!』 中川ひろたか 文 (保育社)

『おなかのこびと』 よしむらあきこ 作・絵・デザイン(教育画劇)

『からだの絵本』 砂川しげひさ 作(星の環会)・・・など

      

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは!蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『起業1年目の教科書』 今井孝 著(かんき出版)

起業したいけどお金がないし...と何となくあきらめている方におすすめの一冊。 起業をするときの漠然としたお金の悩みと恐怖を一つ一つ解き明かし、 起業に向けて具体的に動き出せるようになります。

『不死身の特攻兵』 鴻上尚史 著(講談社)

かつて、「9回特攻に出撃して、9回生きて帰ってきた」佐々木友次(ささきともじ)という人がいました。 彼はどのようにして生き延びることができたのか? 綿密な取材と存命中のインタビューによって書かれたノンフィクション。

 

■新しい絵本・児童書

『ぼくは恐竜探険家!』小林快次 著(講談社)

NHKラジオ「夏休み子ども科学電話相談」でお馴染み、恐竜の小林先生が小学校高学年向けに書いた一冊。 小林先生がどのようにして恐竜の研究者となったのか、わかりやすい語り口で書かれています。 恐竜博士になりたいと思っている子どもたちにおすすめです。

『りんごりんごりんごりんごりんごりんご』安西水丸 著(主婦の友社)

ある日りんごがころんと落ちて、ころころ転がって...。 りんごりんごりんごりんごりんごりんご...のリズムが心地よい、赤ちゃんから楽しめる絵本です。

【2月のおすすめ】

まだまだ寒い2月。あったかい部屋で誰かと寄り添って本を読んでみませんか?

展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示 ★貯金・節約 お金のあれこれ

お金にまつわる様々な不安を解消できるような本を集めました。

『お金の常識を知らないまま社会人になってしまった人へ』 大江英樹 著(PHP研究所)

『老後破産』 荻原博子 著(朝日新聞出版)

『入社1年目のお金の教科書』 田口智隆 著(きずな出版)

『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』 深野康彦 著(明日香出版社)・・・など

    

◎児童書展示 ★伝記を読もう!偉人の本

さまざまな偉人の伝記を集めました。あまり知られていない(かもしれない?)偉人の伝記もありますよ!

『ベートーベン』 加藤純子 文(ポプラ社)

『図書館を心から愛した男』 アンドリュー・ラーセン 文(六耀社)

『グレゴール・メンデル』 シェリル・バードー 文(BL出版) ・・・など

     

◎えほん展示 ★おみせやさんがでてくるえほん

おみせやさんが出てくる楽しい絵本を紹介しています。

『ベーコンわすれちゃだめよ!』 パット ハッチンス 作・絵(偕成社)

『おさるのジョージおもちゃやさんへいく』 M.レイ 原作(岩波書店)

『リサとガスパールとうきょうへいく』 アン・グットマン 文(ブロンズ新社)・・・など

      

みなさまのご来館を、お待ちしております。

あけましておめでとうございます。 蛭川済美図書館です。今年もよろしくお願いいたします。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『悪童(ワルガキ)』 山田洋次 著(講談社)

 日本映画のヒーロー「寅さん」の誕生秘話から、柴又を飛び出すまでの十数年を寅さんが語ります。映画シリーズには出たことのないキャラクターも登場します。

『京都の花屋プーゼの花日誌』 浦沢美奈 著(文化学園文化出版局)

 京都生まれの著者が時節にあった花の飾り方や花の選び方などを紹介しています。花にまつわる豆知識もわかる一冊です。

 

■新しい絵本・児童書

『パンツをさがせ!』 小室尚子作(ワニブックス)

 パンツをさがすため、日本全国を旅するワタルと怪獣パルゴン。果たしてパンツは見つかるのでしょうか...?クイズ、なぞなぞ、まちがいさがしなどを楽しみながら47都道府県が学べます。

『ノラネコぐんだんおばけのやま』 工藤ノリコ 著(白泉社)

 お団子屋さんに忍び込んで、勝手にお団子を作って食べようとするノラネコぐんだん。すると、お団子が竜巻に飛ばされて...。シリーズ第7弾。

【1月のおすすめ】

新しい年が始まりました。今年もステキな本と出合えますように...。寒さが厳しいこの時期は、暖かいお部屋で本を読んで、ゆったりとしばし休憩。ほっと一息しませんか。

展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示 ★コミックエッセイ

一気に読めて、漫画も楽しめるコミックエッセイを紹介しています。

『育犬ビビ日記』 ふじいまさこ 著(緑書房)

『乙女の工場見学』 かおり 著(講談社)

『おひとりさま縁結びの旅』 フカザワナオコ 著(JTBパブリッシング)・・・など

    

◎児童書展示 ★みんなからのおすすめ本

秋の図書館まつり"スタンプカード大会"でみんなからおすすめしてもらった本を紹介しています。

『ルルとララのカスタード・プリン』 あんびるやすこ 作・絵(岩崎書店)

『おばけやさん』 おかべりか 作(偕成社)

『君の名は。』 新海誠 作(KADOKAWA) ・・・など

     

◎えほん展示 ★だじゃれ・ことばあそびのえほん

だじゃれやしりとり、ことわざなど、ことばあそびが楽しめる絵本を紹介しています。

『あいうえおん』 あきびんご 作 (くもん出版)

『ことばあそびどうぶつえん』 石津ちひろ 文(のら書店)

『だじゃれレストラン』 中川ひろたか 文(絵本館)・・・など

      

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『すぐ死ぬんだから』 内館牧子 著(講談社)

 美しさを保つための努力は怠らない78歳の忍(おし)ハナだったが、夫が倒れたことにより人生が大きく変わり始める。

 「終わった人」に続く、終活小説です。

『コーヒーが冷めないうちに』 川口俊和 著 (サンマーク出版)

 とある喫茶店を訪れると、望んだとおりの時間に戻れるという都市伝説があった。

 心温まる4つの奇跡の物語です。

■新しい絵本・児童書

『パンダなりきりたいそう』 いりやまさとし作(講談社)

 チューリップ、バナナ、ひこうきなど、色んなものになりきっちゃうパンダたいそうです。

 パンダの動きがとても可愛らしいです。

『兄ちゃんは戦国武将!』 佐々木ひとみ 作(くもん出版)

 突然届いた戦国大名・伊達政宗からの手紙。なんとその手紙を出したのは、音信不通になっていた兄からだった。

 2人の兄弟を描いた佐々木ひとみの最新作です。

【12月のおすすめ】

いよいよ寒さも冬本番になってきましたね。暖かいお部屋で読書はいかかですか?

展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示 ★DIYとインテリア

おうちをオシャレに模様替え!DIYとインテリアに関する本を紹介しています。

『女子DIYの教科書』 tukuriba 著(講談社)

『わたしのインテリア改造計画』 川岸歩 著(誠文堂新光社)

『いつもの100円雑貨なのになぜだかおしゃれに見えるプチDIYの魔法』 政尾恵三子 著(主婦の友社)・・・など

    

◎児童書展示 ★光と色の本

光や色について学べる本を紹介しています。

『見えない光を見る』 滝沢美絵 文(大月書店)

『LEDのひみつ』 谷豊 漫画(学研プラス出版)

『「色」の大研究1』 日本色彩研究所 監修(岩崎書店) ・・・など

     

◎えほん展示 ★ひかりといろのえほん 光や色がたくさん使われている絵本を紹介しています。

『わたしのひかり』 モリー・バング 作 (評論社)

『ねこのピカリとまどのほし』 市居みか 作(あかね書房)

『えをかくかくかく』 エリック・カール 作(偕成社)・・・など

      

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『国宝 上・下巻』 吉田修一 著(朝日新聞出版)

日本の成長期に、技をみがき極めようともがく2人の向かった先は・・・。

「パーク・ライフ」で第127回芥川賞を受賞した吉田修一の最新作。

『根源』 上田秀人 著 (KADOKAWA)

 ついに真相にせまった矢切良衛に、周到に計画された敵の魔の手がせまる・・・。

 表御番診療禄 シリーズの最新刊です。

■新しい絵本・児童書

『ねずみくんのうんどうかい』 なかえよしを作 上野紀子 絵 (ポプラ社)

 うさぎさんとかめさんが、うんどうかいでかけっこすることに、

 「かてっこない」というかめさんでしたが・・・。ねずみくんシリーズの最新作。

『世界のくるま図鑑2500』 (スタジオタッククリエイティブ)

 スポーツカーやオートバイ、働く車など、世界のくるま2500台を紹介する図鑑です。

 くるま好きじゃなくても楽しい一冊です。

【11月のおすすめ】

日に日に寒くなってきました。お部屋でゆっくり読書はいかかですか?

展示している本の一部を紹介します。

◎一般展示 ★温泉・お風呂大好き! 

寒い季節。心も体も温まる温泉・お風呂に関する本を紹介しています。

『ひなびた温泉パラダイス』 岩本薫 著(山と溪谷社)

『江戸の温泉学』 松田忠徳 著(新潮社)

『温泉の科学』 西川有司 著(日刊工業新聞社)・・・など

    

◎児童書展示 ★将棋に挑戦! 

将棋を始めようと思っている人へ、将棋の入門書を集めました。

『強くなる!こども将棋入門』 杉本昌隆 監修(朝日新聞出版)

『脳がぐんぐん成長する将棋パズル』 中倉彰子 著(総合法令出版)

『羽生善治はじめての子ども将棋』 羽生善治 監修(西東社) ・・・など

     

◎えほん展示 ★おんせん・おふろだいすき! 温泉やお風呂が出てくる絵本を紹介しています。

『せっけん つるりん』 今井弓子 作・絵 (岩崎書店)

『パパおふろ』 きくちちき 作(文溪堂)

『おふろのくまちゃん』 シャーリー・パレントー 文(岩崎書店)・・・など

      

みなさまのご来館を、お待ちしております。

こんにちは! 蛭川済美図書館です。

済美図書館に新しく入ったおすすめの本を紹介します。 借りる時や予約する時の参考にしてください。

■新しい一般書

『風は西から』 村山由佳 著(幻冬舎)

過労自殺は「労災」か―?直木賞作家の新作社会派小説。

『「脱水症」と「経口補水液」のすべてがわかる本』 谷口英喜 著(日本医療企画)

脱水症状や熱中症はなぜ起こるのか?そのメカニズムを理解し経口補水液を適切に摂取できるようになる一冊。

『ファーストラヴ』 島本理生 著(文藝春秋)

女子大生の娘が父親を殺す...「家族」がテーマのミステリー。第159回直木賞受賞作。

『いじめで死なせない』 岸田雪子 著(新潮社)

親に向けたいじめの本。子どものSOSに気づくきっかけがわかる一冊。

・・・など。     

■新しい絵本・児童書

『おうさまがかえってくる100びょうまえ!』 柏原佳世子 作・絵(えほんの杜)

おうさまが出かけている間に家来たちはおうさまの部屋でやりたい放題!おうさまが帰ってくるまでに部屋を元通りにできるのか!?

『ポコポコゼリー』 さかいさちえ 作・絵(教育画劇)

「ポコポコおやつえほん」シリーズ第5弾。ポコポコたちは、今度はなんでもゼリーでできている「ゼリーのまち」を見つけます。

『はなびのひ』 たしろちさと 作・ 絵(佼成出版社)

江戸の花火大会の日、ぽんきちは花火職人をしているお父さんのところへ夜食を届けに出かけます。花火の日のわくわくが詰まった絵本。

『わたしが少女型ロボットだったころ』  石川宏千花 著(偕成社)

中学三年生の多鶴は、自分がロボットだったということを突然思い出し、食べることをやめてしまう。息苦しい世界でもがきながら生きる少女の物語。

・・・など。     

【10月のおすすめ】

日に日に秋も深まっています。

秋といえば、読書の秋!

今月図書館に展示している本の一部を紹介します。

       

◎一般展示 ★自分を高める自己啓発に関する本を紹介しています。

『言いにくいことをハッキリ言っても好かれる人の習慣』 能町光香 著(すばる舎)

『賢者の言葉』 ショーン・スティーブンソン 著(ダイヤモンド社)

『「先延ばし」にしない技術』  イミンギュ 著(サンマーク出版)

『座右の「名言」』  齋藤孝 著(実業之日本社)

『成功は99%が情熱!』  水野元気 著(ダイヤモンド社)・・・など

      

◎児童書展示 ★犬やねこが出てくる本を集めて紹介しています。

『犬と私の10の約束』 サイトウアカリ 作(アスキー・メディアワークス)

『南極犬物語』 綾野まさる 作(ハート出版)

『ねこの駅長たま』 小嶋光信 作(KADOKAWA)

『ハチ公物語』 岩貞るみこ 作(講談社)

『ボクと子ネコと飛行船』 南部和也 作(PHP研究所)  ・・・など

     

◎えほん展示 ★犬やねこが出てくる絵本を集めて紹介しています。

『いぬとねこ』 ソジョンオ 再話(光村教育図書)

『いぬのおやくそく』 クリス・ホーンゼイ 作(アールアイシー出版)

『ぜったいいぬをかうからね』 ローレン・チャイルド 作(フレーベル館)

『ねこだらけ』 あきびんご 作(くもん出版)

『ひげなしねこ』 季巳 明代 作(フレーベル館) ・・・など

     

みなさまのご来館を、お待ちしております。

月別リスト

    アーカイブ