蛭川総合事務所

トップページ蛭川総合事務所

ホタル

ホタルの最近のブログ記事

 

hotaru

 

ホタルの保護活動に取り組む住民グループ「ひるかわのホタルを育てる会」が中心となり,蛭川観光協会と協力して、

蛭川地内のホタル生息地をマイクロバスで巡る、ホタルバス巡りを開催します。

集合場所として、ストーンミュージアム博石館が駐車場を提供、紅岩山荘、岩寿荘がバスを運行してくださいます。

 

開催日時

平成27年6月21日(日

午後7時45分 集合 午後8時出発 (9時ごろ解散予定)

 

集合場所

ストーンミュ-ジーアム博石館 駐車場

◆開催内容

蛭川地内のホタル生息地を1時間かけてマイクロバスで巡ります。

マイクロバスで移動して、数か所で下車し道路や田んぼの畔を歩きます。

午後9時ごろ集合場所に戻り解散します。

◆参加方法

参加費は無料

要予約 :申し込み 6月18日(木)までに電話又はFAXで

蛭川総合事務所 TEL 0573-45-2211 /FAX 0573-45-2477

雨天中止 *小雨でもホタルは鑑賞できますが、雨の状況で当日中止することがあります。

◆注意事項

公共交通機関は利用できませんのでお車でお越ください。

集合場所の駐車場でマイクロバスに乗り換えていただきます。

暗い夜道を散策いたします。落とし物、迷子、けが等に注意し、スタッフの指示に従って下さい。

万が一事故がありましても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。

◆集合場所へのアクセス

国道19号線、中央自動車道恵那ICからは県道72号線をご利用ください。

国道257号線からは高山大橋を渡ってお越下さい。

 

*************************************

お問い合わせ先

中津川市蛭川総合事務所内 蛭川観光協会事務局

TEL 0573‐45‐2211

ひるかわのホタル ホタルの保護活動に取り組む住民グループ「ひるかわのホタルを育てる会」が中心となり、蛭川観光協会と協力して、蛭川地内のホタル生息地をマイクロバスでめぐるほたるバスめぐりを開催します。
集合場所として博石館が駐車場を提供、紅岩山荘岩寿荘がマイクロバスを運行してくださいます。

 

 

◆開催日時
平成23年6月25日(土)、26日(日)
午後7時45分集合、午後8時出発(9時ごろ解散予定)

◆集合場所
ストーンミュージアム博石館 駐車場

◆開催内容
蛭川のホタル生息地を約1時間かけてマイクロバスでめぐります。
マイクロバスで移動し、数か所で下車をして道路や田んぼのあぜを歩きます。
午後9時ごろ集合場所へ戻り解散します。

◆参加方法
参加費は無料。予約も不要です。集合時間までにお越しください。
雨天中止 ※小雨でもホタルは鑑賞できますが、大雨や気温が低いとホタルが出てきません

◆注意事項
公共交通機関は利用できませんのでお車でお越しください。
集合場所の駐車場にお車をとめて、マイクロバスに乗り換えていただきます。
暗い夜道を散策しますので、落し物、迷子、ケガなどに注意し、スタッフの指示に従ってください。
万が一事故がありましても、当方では責任を負いかねますのでご了承願います。

◆集合場所へのアクセス
国道19号線、中央自動車道 恵那ICからは県道72号線をご利用ください。
国道257号線からは高山大橋を渡ってお越しください。

◆お問い合わせ
蛭川総合事務所内 蛭川観光協会事務局 電話:0573-45-2211

ほたるバス巡り始まりの経緯
1989(平成元年)年4月29日、ホタル舞う掘田川が、環境庁(現在環境省)の「ふるさといきものの里」に認定されました。
平成10年5月28日、「ひるかわのホタルを育てる会」が発足、蛭川観光協会共催で「ホタル鑑賞会」を6月中旬に開催。マイクロバスで地域内のホタルの名所を案内、以後毎年行っています。

ひるかわのホタル ホタルの保護活動に取り組む住民グループ「ひるかわのホタルを育てる会」が中心となり、蛭川観光協会と協力して、蛭川地内のホタル生息地をマイクロバスでめぐるほたるバスめぐりを開催します。
集合場所として博石館が駐車場を提供、紅岩山荘岩寿荘がマイクロバスを運行してくださいます。

 

 

◆開催日時
平成22年6月20日(日)から26日(土)まで
午後7時45分集合、午後8時出発(9時ごろ解散予定)

◆集合場所
ストーンミュージアム博石館 駐車場

◆開催内容
蛭川のホタル生息地を約1時間かけてマイクロバスでめぐります。
マイクロバスで移動し、数か所で下車をして道路や田んぼのあぜを歩きます。
午後9時ごろ集合場所へ戻り解散します。

◆参加方法
参加費は無料。予約も不要です。集合時間までにお越しください。
雨でも実施しますが、状況により中止にすることがあります。
※小雨でもホタルは鑑賞できますが、大雨や気温が低いとホタルが出てきません

◆注意事項
公共交通機関は利用できませんのでお車でお越しください。
集合場所の駐車場にお車をとめて、マイクロバスに乗り換えていただきます。
暗い夜道を散策しますので、落し物、迷子、ケガなどに注意し、スタッフの指示に従ってください。
万が一事故がありましても、当方では責任を負いかねますのでご了承願います。

◆集合場所へのアクセス
国道19号線、中央自動車道 恵那ICからは県道72号線をご利用ください。
国道257号線からは高山大橋を渡ってお越しください。
[gmaps:35.49711990603437/137.39821672439575/13/460/300](comment)[/gmaps]

◆お問い合わせ
蛭川総合事務所内 蛭川観光協会事務局 電話:0573-45-2211

ほたるバス巡り始まりの経緯
1989(平成元年)年4月29日、ホタル舞う掘田川が、環境庁(現在環境省)の「ふるさといきものの里」に認定されました。
平成10年5月28日、「ひるかわのホタルを育てる会」が発足、蛭川観光協会共催で「ホタル鑑賞会」を6月中旬に開催。マイクロバスで地域内のホタルの名所を案内、以後毎年行っています。

蛭川地域のホタル生息地を巡る「ほたるバス巡り」を、今季も6月14日(日)から20日(土)まで行なわれます。

蛍の保護活動に取り組む住民グループ「ひるかわのほたるを育てる会」が中心となり、蛭川観光協会や地元の観光施設(博石館)が駐車場や運行バス(紅岩山荘・岩寿荘)を提供。ほたるは蛭川地域に流れる沢川に多く生息し飛翔しています。



◆開催日時

6月14日(日)から6月20日(土)まで 午後8時から

※雨でも実施予定ですが、雨の状況で当日中止することがあります。
※参加費は無料です。

◆集合場所
ストーンミュージアム博石館 駐車場
[gmaps:35.49711990603437/137.39821672439575/13/460/300](comment)[/gmaps]

◆集合時間
午後7時45分

◆バスめぐりの内容・スケジュール
午後8時に出発し、約1時間かけて蛭川地域内のホタルの名所を案内します。

◆参加方法・ホタルを観察するときの注意点
・当日、午後7時45分までに博石館の駐車場へお越しください。
・バスめぐりでは、暗い夜道を散策しますので、落とし物、迷子、ケガなどのないように、スタッフの指示に従って、ホタル観賞をお楽しみください。
・万が一事故がありましても、当方では責任を負いかねますのでご了承願います。

◆集合場所へのアクセス方法
・公共機関のご利用はできませんので、お車でお越しください。
・お車の場合は、中央自動車道恵那ICから県道72号線北上して、博石館駐車場へお越しください。
・マイクロバスに乗り換えていただき、ホタル観賞を行います。

◆お問い合わせ先
中津川市蛭川総合事務所内 蛭川観光協会事務局 電話:0573-45-2211

ほたるバス巡り始まりの経緯
1989(平成元年)年4月29日、ホタル舞う掘田川が、環境庁(現在環境省)の「ふるさといきものの里」に認定されました。
平成10年5月28日、「ひるかわのホタルを育てる会」が発足、蛭川観光協会共催で「ホタル鑑賞会」を6月中旬に開催。マイクロバスで地域内のホタルの名所を案内、以後毎年行っています。

6月に入り、蛭川でも多くのホタルを見かけるようになりました。
マイクロバスに乗って蛭川のホタルの名所を巡りながら観察するホタルバスめぐりを開催します。皆さんお誘い合わせの上お出かけください。

■期間
 平成19年6月17日(日)~23日(土)
■時間
 午後7時45分集合 午後8時出発
■集合場所
 博石館駐車場(場所はこちらです)。h19hotaru.jpg

★蛭川のホタル★
 かつて、ホタルは全国各地で見ることができました。ここ蛭川でも、初夏の夜になれば、淡い光を放つ美しい姿が見られたものです。しかし、農薬、家庭雑排水などの影響で、全国の川や池のほとりからホタルは年々姿を消し、蛭川でも同様の現象が起きました。
 この自然環境豊かな蛭川には、まだホタルは生息していますが、このまま放置しておけばやがて消えてしまいます。住民の中には、そんな危機感を訴える人もいました。
 そのような危機感から、蛭川では自然保護と心に残るふるさとづくりのために、蛭川地区全域でホタルの光が見ることができるよう、青少年育成幹事会が中心となって、パトロールの実施、カワニナ(巻き貝)の養殖、放流などの保護活動を行い、住民意識の向上に力を入れています。

★ホタルを観察する上での注意点★
1.ホタルを見るときには、光や明かりに対する配慮が大切です。自動車のヘッドライトやハザードランプをつけることにより生態系を壊す恐れもあります。生息地内を照らさないようにしましょう。
2.ホタルの住む川は澄んだ川。決してごみを捨てることのないようにしましょう。
3.近隣の住宅の迷惑にならないように観察しましょう。

ホタルを鑑賞するだけではなく、ホタルとホタルが住む自然環境を観察し、守っていくことが大切です