中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

加子母総合事務所

11月25日(日)に、「加子母教育の日」が開催されます。
地域の教育について考え、語り合う日として始まった授業参観です。ぜひご参加ください!

日時:平成30年11月25日(日)13:30~
場所:加子母小学校(併設の体育館入口にて受付)
内容:説明会「加子母保小中の未来の話」/参加型授業参観(小学校1年生~中学校3年生)

※下記の画像をクリックしてご覧ください。(PDFファイルが開きます)
加子母教育の日のチラシ
《 第15回「加子母教育の日」チラシ pdf 》

10月末、加子母歌舞伎保存会がフランスのパリとスペインのサラマンカで海外公演を行いました。
「岐阜の地歌舞伎」として、加子母歌舞伎保存会(中津川市)、鳳凰座歌舞伎保存会(下呂市)、美濃歌舞伎保存会(瑞浪市)3つの保存会がヨーロッパへ赴き、歌舞伎公演・衣装展示・体験企画を行いました。

【演目・展示】
・公演『俊寛(しゅんかん)』/加子母歌舞伎保存会(中津川市)
・公演『戎詣恋釣針(えびすもうでこいつりばり)』/鳳凰座歌舞伎保存会(下呂市)
・衣装展示、体験企画/美濃歌舞伎保存会(瑞浪市)

◎フランス公演(パリ日本文化会館)
 日仏友好160周年にあたる本年7月から翌年2月まで、フランスのパリを中心に「ジャポニスム2018:響きあう魂」が開催されています。
 この企画の1つとして「地方の魅力-祭りと文化」が開催されており、その最終日10月26日・27日に「岐阜の地歌舞伎」が公演を行いました。両日、満席280人の観客を前に地歌舞伎を披露し、会場は盛大な拍手に包まれました。

加子母歌舞伎 フランス公演の様子
■ 加子母歌舞伎 フランス公演の様子

パリ日本文化会館 外観
■ パリ日本文化会館 外観

◎スペイン公演(サラマンカ大学日西文化センター 美智子様ホール)
 岐阜県と交流のあるスペインのサラマンカ大学創立800周年記念事業として10月29日に地歌舞伎を披露しました。また、同ホールでは翌日から1ヶ月間、美濃歌舞伎保存会による衣裳展示が行われます。

加子母歌舞伎 スペイン公演の様子2
■ 加子母歌舞伎 スペイン公演の様子1

加子母歌舞伎 スペイン公演の様子1
■ 加子母歌舞伎 スペイン公演の様子2

9月2日(日)加子母歌舞伎保存会による加子母歌舞伎公演会が開催されます。
当日は、朴葉寿司などの販売もしております。お誘い合わせて、ぜひご来場ください。

加子母歌舞伎公演会チラシ

◆第46回 加子母歌舞伎公演会◆

 ◇日 時    平成30年9月2日(日)
         午前10時開場 午前11時開演(入場無料)
 ◇場 所    かしも明治座(岐阜県指定重要有形民俗文化財)
 ◇出 演    加子母歌舞伎保存会他
 ◇振付指導   松本団女
 ◇主 催    加子母歌舞伎保存会
 ◇お問い合わせ 加子母総合事務所(0573-79-2111)

 加子母歌舞伎公演会チラシ.pdf


【上演外題】

 一、寿曽我対面「工藤館の場」

 二、彦山権現誓助釼「毛谷村六助住家の場」

 三、白浪五人男「稲瀬川勢揃いの場」

 四、平家女護島「鬼界ヶ島の場」(俊寛)

 8月14日(火)、今年で24年目を迎える「かしも木匠塾」の開校式が、ふれあいのやかたかしもで行われました。今年も、東洋大学、立命館大学、京都造形芸術大学、京都大学、京都工芸繊維大学、金沢工業大学、名城大学、滋賀県立大学の8大学約300名が参加し、山村での暮らしを体感しながら林業と木造建築を学びます。

 毎月、各大学の幹事が加子母に集まり幹事会を行い、設計など地元の方と準備を進めながらこの8月の本工期を迎えました。本工期にあたるこの期間は、約2週間滞在し、7チームに分かれ、地元の工務店等の指導により、東屋建築、マウンテンバイク倉庫、公園パーゴラ、ログハウス改修、古民家改修の製作に取り組みます。


≪8/14開校式 実行委員長あいさつ≫
kashimo_300816_mokusho1.jpg

≪各大学ごとにTシャツを揃えました≫kashimo_300816_mokusho2.jpg

≪今年の制作物について発表しました≫kashimo_300816_mokusho3.JPG

  8月19日(日)には、「地域交流の日」として、農作業や林業体験、郷土料理講習会、地域イベントへのサポートなど、地域の皆さんとの交流を深めるイベントも計画しています。
 活動の様子はこちらをご覧ください。(毎日更新中!!)
 ◆【外部リンク】 加子母木匠塾ブログ http://kmoku.exblog.jp/

kashimo_300816_mokusho4.JPG

8月5日日曜日、今年3回目の森づくり活動を行いました。毎年夏休みに開催されるこの活動は、親子森林教室や木工体験が主の行事で、今年は、さらに愛知県を中心に活動する「一般社団法人aichikara(アイチカラ)」(震災被災地の子供たちを受け入れている)と交流して、お昼まで紡織の子供たちと福島や熊本の子供たちが、森林教室で薪割りや丸太切り、釜炊きごはんづくり、流しそうめんを体験しました。午後からは、紡織の森づくり活動で、次回実施予定の「環境の森」加子母の展望台改修工事用の資材運びや親子は木工体験を行いました。炎天下ではありましたが、子供たちは元気に楽しんでいました。

kashimo_H300805_makiwari.jpg

kashimo_H300805_marutagiri.jpg

kashimo_H300805_kama.jpg

kashimo_H300805_soumen.jpg

kashimo_H300805_syuugou.jpg

「アイチカラ」と一緒に!!。

kashimo_H300805_mokkou.jpg

午後からは、森林組合へ移動し、親子で木工体験。

今年は、猛烈に暑い夏を迎えていますが、7月21日にはトヨタ紡織の森づくり活動が丸10年を経過したのを記念して、いつもの森づくり活動のほか「10周年記念式典」が開催されました。式典では、トヨタ紡織を代表して笛田取締役専務が挨拶され、担当部から「10年の歩み」の報告がありました。また、岐阜県からトヨタ紡織に対して、「県民協働の森林づくりに多大な貢献があった」として、高井林政部長が感謝状を贈呈しました。式典後は、記念植樹、子供達のマスつかみ体験が行われ、お昼食には朴葉寿司、アマゴ、マスの塩焼きなど郷土料理をいただきました。

午後からは、草刈り作業、歩道整備、クラフト体験等を行いました。「環境の森」は、加子母の北端の舞台峠にあり、加子母地区の中でも比較的気温が低い場所のはずですが、この日は本当に暑く、熱中症が心配される中、皆さん元気に作業されていました。 

 kashimo_H300721_kannsyajyo.jpg 

 kashimo_H300721_syokujyu.jpg 

記念植樹は、トヨタ紡織、岐阜県、中津川市の協定3者で紅葉を植えました。

10年を経過し、緑が濃くなった「環境の森」をバックに参加者全員で。kashimo_H300721_syuugousyasinn.jpg 

マスつかみ体験。この後塩焼きして食べました。昼食は,朴葉寿司にアマゴの塩焼き。

kashimo_H300721_sakana.jpg 

kashimo_H300721_amago.jpg

午後からは、森づくり活動やクラフト体験で、大汗を流しました。

kashimo_H300721_hodouseibi.jpg 

kashimo_H300721_kusakari.jpg 

kashimo_H300721_kurahuto.jpg 

kashimo_H300721_syuugou.jpg 

最後はみんなで。暑い中お疲れさまでした。

今月27日から、落石による木道桟橋の破損のため、通行止めにしていました「小秀山登山道二の谷ルート」は、本日修理復旧しましたので通行止めを解除しました。また、夫婦滝方面へも登ることができるようになりましたのでお知らせします。

小秀山登山道二の谷コース(乙女渓谷遊歩道)は、登山口から約800m登った「和合の滝」から130m歩いた地点で落石があり、木桟橋が一部崩壊しているため、本日7月27日午後から通行止めにしました。これにより夫婦滝方面へは行くことができませんのでご承知ください。なお、小秀山へ登山される方は、三の谷コースをご利用いただきますようお願いします。

復旧までしばらく時間がかかります。ご承知願います。また、通行止めを解除した時は、このHPでお知らせします。

崩壊地点.jpg

大雨により通行止めにしておりました、加子母地区の乙女渓谷遊歩道及び小秀山登山道は、全線の安全確認を完了しましたので解除しました。
なお、徒歩には問題ありませんが、大雨により路面が荒れている箇所がありますので、十分注意して、登っていただきますようお願いいたします。

加子母地区にある乙女渓谷の遊歩道は、大雨による被害確認等のため現在通行止めにしています。
キャンプ場まで車で来ていただく事はできますが、夫婦滝や小秀山(二の谷ルート)へは、安全確認が終わるまでは登っていただく事ができません。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

カテゴリリスト(全件表示)

月別リスト

    アーカイブ