加子母総合事務所

トップページ加子母総合事務所

2月の森づくり活動は、間伐やキノコの植菌など多彩でした。

(2017年3月 3日 20:00 | カテゴリ:トヨタ紡織「環境の森」加子母)

2月25日(土)は、28年度最後の森づくり活動で、「環境の森」加子母で行われました。当日は好天に恵まれ、特に間伐作業をされた方々はかなり汗をかいていました。親子で参加された方は、シイタケの植菌作業やヒノキ製ソリづくり体験の後、山中での雪遊びを楽しみました。今年は雪が少ない中、「環境の森」の中腹では雪が残っていて、ソリ滑りや雪合戦などで遊びました。お昼ご飯は、全員が五平餅づくりを体験し、自分で作った焼きたての五平餅のほか、豚汁、漬物を腹一杯いただきました。また、一部の方は宿泊され、森づくり実行委員会との交流会に参加されました。お互い1年間の森づくり活動を振り返りながら、楽しい交流会となりました。

手ノコでの間伐作業は大変です。

bosyoku_H290225_kanbatsu.jpg

加子母産ヒノキを使ってソリ作り。午後の雪遊びが楽しみです。

bosyoku_H290225_sori.jpg

お昼は、五平餅。焦げたにおいがたまりません。去年伐採したヒノキ材を炭にして使用しています。bosyoku_H290225_gohei.jpg

秋の楽しみが増えます。原木を使ったシイタケは味が違います。bosyoku_H290225_shiitake.jpg

「環境の森」の中腹には少し雪が残っていて、雪遊びが出来ました。みんな楽しそうでした。bosyoku_H290225_yukiasobi.jpg

bosyoku_H290225_yukiasobi2.jpg