川上総合事務所

トップページ川上総合事務所

03_川上地区はこんなところ

川上地区の概要
中津川市川上地区は、岐阜県の東部、中津川市の北東部に位置しています。北東から東部にかけては長野県南木曽町と境を接し、裏木曽県立自然公園の景勝地でもあります。また、南部に接する同市坂下地区からJR中央線坂下駅から名古屋へは約1時間の行程です。明治38年に川上村が設置され、村として歩んできましたが、平成17年2月13日に恵那郡北部6町村と長野県山口村と共に中津川市と合併し現在に至っています。 kawaue_shirou.jpg
川上地区のデータ(平成28年4月1日現在)
*人口 826人
*世帯数 293世帯
*面積 29.33km2
*概略地勢

川上地区は、岐阜県の東部、中津川市の北東部に位置しています。北東から東部にかけては長野県南木曽町と境を接し、南部には同市坂下、西部には同市福岡、北西部には同市付知町が接しています。
川上地区の総面積のうち、93%が山林によって占められています。川上の最北端には奥三界山(1810m)、東西にも山岳群がそびえています。その奥三界山から流れ出る川上川は、地区の中央部を南へ下り、下流の坂下地区で木曽川に注いでいます。この川上川の中流部両岸に耕地と人家が点在し、南北に11の集落があります。
平均年間雨量が約2500ミリの多雨地帯で、冬は積雪は里でわずかですが寒さが厳しく、年間の平均気温も13.3度で比較的低い気温の自然豊かな農山村であります。
 近年は、「清流ともみじの里」をキャッチフレーズに、地域の自然を生かした里山づくりと、夕森公園を中心に「県下一のもみじの里づくり」に取り組んでいます。

*地域事務所

川上総合事務所・川上公民館

*アクセス

川上へのアクセスはこちら

地域の由来・歴史
指定文化財
観光情報
イベント・地域行事