神坂事務所

トップページ神坂事務所

03_神坂地区はこんなところ

神坂地区の概要
神坂は中津川市の東に位置し、日本百名山に選定されている恵那山麓にある、自然豊かな地域です。
また、東山道最大の難所として「日本書紀」ヤマトタケルの伝説や万葉集の防人の歌にも詠まれるなど、多くの歌集、史書、文芸の中に取り上げられている「神坂峠」をはじめ、多くの名所・旧跡が存在する、歴史や文化が豊かな地域でもあります。
その沿革は、昭和33年の長野県からの越県合併をはじめ、多くの変遷をとげて現在に至っています。
sasayuri.JPG misakaturifune.JPG

神坂地区のデータ(平成28年4月1日現在)

*人口 806人
*世帯数 322世帯
*面積 39.64km2
*概略地勢

神坂は中津川市の東、長野県境に位置しています。
中央アルプス最南端の恵那山麓にある丘陵地です。
総面積39.64平方キロメートル、東に扇状に広がった形状をしています。
恵那山、富士見台、南沢山などの分水嶺に囲まれており、面積の約90%を山林が占めています。
主に湯舟沢川とその支流の島田川に沿って集落が点在しています。

*地域事務所

神坂事務所・神坂公民館

指定文化財
地域の由来・歴史
観光情報
イベント・地域行事