中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

苗木事務所

8月14日(水)に第69回苗木あんどん祭りが開催されました。台風の影響が心配されましたが、天候は乱れることなく、多くの方に楽しんでいただくことができました。

P1040993.JPG

勇ましい苗木城太鼓で苗木あんどん祭りが開会しました!

IMG_2437.JPG

市内では消防団苗木分団のみが行っている「楷梯操法」。はしごの上から子どもたちへお菓子撒きが行われ会場は大盛り上がり。


P1050023.JPG

P1050022.JPG

夕暮れから夜になるにつれて、みなさんが描いたあんどんの絵がローソクの灯りでとてもきれいに浮かび上がります。 会場では、三世代での苗木音頭に続き、苗木区民総おどりで大きな輪ができました。

IMG_2459.JPG

IMG_2474.JPG

IMG_2484.JPG

中津川市の伝統芸能「風流おどり」、苗木小学校児童による花笠音頭、苗木中学校生徒による苗中ソーランと迫力ある踊りが続きます。

IMG_2507.JPG

P1050057.JPG

最後は恵奈手筒会による勇壮な手筒花火と、夜空に上がる美しい打上花火で締めくくりました。 実行委員及び各団体の皆さまは、準備から片付けまでお疲れさまでした。

P1050011.JPG

苗木城跡を世界に広める会により会場に設置された大型あんどんは、苗木地域の様々な風景や地歌舞伎の写真で彩られています。 大型あんどんは、現在苗木交流センターで展示されていますので、ぜひご覧ください

長年にわたり苗木遠山史料館 資料調査員として、苗木城および苗木地域の歴史に関する調査・研究に携わっています千早保之さん(新谷区在住)が、その研究成果が認められ、平成30年度岐阜県芸術文化奨励の表彰を受けられました。
平成31年3月28日(木)にぎふ清流文化プラザにて表彰式が行われ、古田肇 岐阜県知事から表彰状を受け取りました。 また、これまで研究や監修に携わった苗木城に関する著書等も会場に展示されました。
古田知事は、あいさつの中で「世界に通用し、日本の伝統文化に則しており、地域活性化につながった取り組みをしている方を表彰した」と述べられました。今回の表彰は苗木城跡に関わる苗木地域の皆さんをはじめ、多くの方々にとっても喜びになったと思います。
おめでとうございます!!!

H31.3.28平成30年度岐阜県芸術文化奨励表彰式(千早保之さん)

平成31年2月9日(土)に苗木交流センターで、苗木地域まちづくり推進協議会主催の講演会「苗木地域の将来ビジョンづくりを進めるために ~苗木区民アンケートから自分たちの地域の明日を考えよう~」が開催され、苗木地域の方々を中心に約180名の来場がありました。
冒頭に杉山まち協会長から苗木の現状と課題について報告を受け、続いて講師の川北秀人さんから「まちの自治について」「将来の人口構成の変化とその影響」「他地域のまちづくりの取り組み」「『苗木地域まちづくりアンケート』からわかること」など、現在の様々なデータをもとに解説されました。
来場された方々も真剣に聴き、ワークショップにも取り組んでいました。

H31.2.9まちづくり講演会

H31.2.9まちづくり講演会

平成31年2月6日(水)に苗木中学校3年生による「地域 Thank you コンサート」が開かれました。
このコンサートは、生徒の皆さんが日頃からお世話になっている地域の皆さまに感謝の気持ちを伝えたいと企画されたものです。
会場は生徒の皆さんの素晴らしい歌声が響き、地域の方々の温かな拍手で包まれていました。

詳しくは、苗木中学校ホームページをご覧ください!

H31.2.6苗木中学校3年生による「地域 Thank you コンサート H31.2.6苗木中学校3年生による「地域 Thank you コンサート

国道257号線苗木交差点の花壇へ花かざりを行っている苗木地区のボランティア団体「苗木花の会」の花かざりが、第3回清流の国ぎふ花かざりコンテスト(主催:清流の国ぎふ花き戦略会議)にて、最優秀賞(岐阜県知事賞)に選ばれました。
平成31年1月20日(日)に花フェスタ記念公園にて表彰式が行われ、苗木花の会 石原副会長が表彰状を受け取りました。
審査員講評の中で「地域で花かざりに取り組む大事さ」について触れられており、今回の受賞は苗木花の会や苗木中学校生徒など多くの方々の協力が実った成果となりました。
おめでとうございます!!!

H31.1.20第3回清流の国ぎふ花かざりコンテスト表彰式H31.1.20第3回清流の国ぎふ花かざりコンテスト表彰式

↓↓↓※下記の画像はクリックすると拡大します↓↓↓
H31.1.20第3回清流の国ぎふ花かざりコンテスト表彰式H31.1.20第3回清流の国ぎふ花かざりコンテスト表彰式

今年10月に行われた苗木地域まちづくりアンケート集計結果報告会での意見をもとに、"苗木地域のまちづくりビジョン"を考えていくワークショップを実施しました。

当日は、アンケートの作成、集計、分析等にサポートをいただきましたNPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん代表の北村隆幸氏による指導のもと、まちづくりに関係する様々な分野(地域での付き合い、教育文化、産業、福祉等)ごとのグループに分かれ、「特に大切にしたい、地域の目指す姿」について意見を出し合いました。そして、その意見を集約しビジョンの基となるキーワードを作り上げていきました。

今後は苗木地域まちづくり推進協議会で検討し、"苗木地域のまちづくりビジョン"を策定していく予定です。

H30.12.19苗木地域のまちづくりビジョンを考えるワークショップ

H30.12.19苗木地域のまちづくりビジョンを考えるワークショップ H30.12.19苗木地域のまちづくりビジョンを考えるワークショップ

H30.12.19苗木地域のまちづくりビジョンを考えるワークショップ H30.12.19苗木地域のまちづくりビジョンを考えるワークショップ

苗木小学校5年生が、苗木財産区議会議員の協力の下、植樹体験やシイタケ植菌体験を行いました!
どちらも、自然に直接触れ合う取り組みであり、児童のみなさんにとっても貴重な体験になったと思います。

■■■植樹体験■■■

11月27日(火)に苗木財産区議会議員や岐阜県立森林文化アカデミーの先生の協力の下、植樹体験を行いました。
小学校近くの苗木財産区林で、まず森林文化アカデミーの先生から、森林や林業についての授業や、はしごやぶり縄を使った木登りなどを体験しました。その後、自分たちで穴を掘り、1本ずつ丁寧に植樹をしていきました。

H30.11.27苗木小学校植樹体験H30.11.27苗木小学校植樹体験

H30.11.27苗木小学校植樹体験H30.11.27苗木小学校植樹体験

H30.11.27苗木小学校植樹体験H30.11.27苗木小学校植樹体験

■■■シイタケ植菌体験■■■

12月7日(金)に苗木財産区議会議員の協力の下、シイタケ植菌体験を行いました。
苗木財産区議会議員の皆さんに指導を受けながら、コナラなどの木に自分で穴を開け、シイタケ菌を植えつけていきました。
将来、大きなシイタケができるといいですね。

H30.11.28苗木小学校植樹体験H30.11.28苗木小学校植樹体験

H30.11.28苗木小学校植樹体験H30.11.28苗木小学校植樹体験

11月25日(日)2018苗木健康マラソン大会が開催されました!
苗木小学校グランド付近を発着点として8km一般男子の部から2km保育・幼稚園親子の部まで16部門に分かれ、286名の選手たちが思い思いのペースでコースを駆け抜けました。
ゴールの後は、地域サークルさくらんぼの会のみなさんによる豚汁の振舞いを受け、競技後の汗で冷えた体を温めていました。
苗木公民館ホームページの記事もご覧ください。

H30.11.25 2018苗木健康マラソン大会:受付風景H30.11.25 2018苗木健康マラソン大会:2km保育・幼稚園親子の部スタート風景

H30.11.25 2018苗木健康マラソン大会:8km一般男子の部スタート直前H30.11.25 2018苗木健康マラソン大会:8km一般男子の部スタート直後

国道257号線苗木交差点の花壇に、苗木地区のボランティア団体「苗木花の会」と苗木中学校生徒42名の手でビオラが植えられました。たくさんのビオラの花で、交差点が色鮮やかに飾り付けられました。

H30.11.10花の植栽:花の会古田会長から中学生へ説明
苗木花の会 古田会長から、苗木中学校生徒の皆さんへビオラの植栽について説明がされました。

H30.11.10花の植栽:中学生による花植えH30.11.10花の植栽:中学生による花植え
一人一人、気持ちを込めて花を植えました。

H30.11.10花の植栽:苗木花の会と中学生の作業風景H30.11.10花の植栽
苗木花の会の皆さんと中学生が、協力してビオラを植えていきます。

H30.11.10花の植栽:肥料を撒いていますH30.11.10花の植栽:肥料をならしています
花を植えたあとは肥料を撒き、全体にならしていきました。

H30.11.10花の植栽:花植え完了後の花壇H30.11.10花の植栽:花植え完了後の花壇
今年も花壇がたくさんのビオラで彩られました。ぜひご覧ください!

今年8月に中学生以上の苗木区民を対象に実施された「苗木地域まちづくりアンケート」の集計結果報告会を実施しました。
今回のアンケートは、苗木地区のまちづくりビジョンの見直しをするために地域の課題を把握し市民の力で課題の解決を図る方法を見出すこと、また苗木地域の強みである苗木城跡の住民としての活かし方を考えることを目的に、中津川市(市民協働課、観光課、苗木事務所)並びに苗木地域まちづくり推進協議会が共同で実施し、NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらんに分析等のサポートをしていただきました。
対象者5,548人へ配布し、3,713通の回答をいただきました。

当日は、NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん代表の北村隆幸氏から集計結果について説明を受け、納得する点や意外な点等も含めて苗木地域の現状が見えてきました。
その後「年代別分析大会!」として、地域で行われている取り組みや行事などに対する重要度・満足度が世代ごとに異なる点を見出し、その原因や対策について考えるワークショップに取り組みました。参加者の皆さんは熱心に考え、それぞれ発表いただきました。

今後はさらなる分析を実施したうえで、苗木地域まちづくり推進協議会による「苗木地域まちづくりビジョン」へ反映させていく予定です。

H30.10.30「苗木地域まちづくりアンケート」集計結果報告会

H30.10.30「苗木地域まちづくりアンケート」集計結果報告会

H30.10.30「苗木地域まちづくりアンケート」集計結果報告会

月別リスト

    アーカイブ