苗木事務所

トップページ苗木事務所

苗木交流センター

苗木交流センターの最近のブログ記事


           苗木秋祭り

 10月15日(日)苗木交流センターで第2回苗木秋祭りが開催されました。今年で2回目を迎えるこのお祭りは『地域と企業のコラボレーション』を掲げ、地元企業と苗木地域まちづくり推進協議会が中心となって、苗木秋祭り実行委員会を組織し開催されました。


   開幕太鼓   苗木城太鼓


          苗木城太鼓体験
          タイから来た実習生の方も苗木城太鼓を体験!!上手に叩けるかな?


          苗木保育園【中津川ソング】


    苗木中学校【ソーラン節】    苗木小学校【ソーラン節】
     苗木の小中学生や保育園児もソーラン節や中津川ソングで祭りを盛り上げてくれました!!


           バンド演奏

     バンド演奏   バンド演奏
             子供達の踊りの後は、バンドの演奏も披露していただきました!


     苗木秋祭り   苗木秋祭り

     苗木秋祭り   苗木秋祭り
             地元の皆さんや企業の方が出店するバザーも大盛況!!

     消防車展示   パトカー展示
                     消防車やパトカーの展示もありました


 雨天にも関わらず1150名以上の方が来場し「とても楽しかった」、「雨なのにすごくにぎわっていて驚いた」等の感想もいただけました。地域全体で大いに盛り上げることができた祭りだったと思います。実行委員会の皆さま、お疲れさまでした!!


              交流スペース『苗木の樹・木と遊ぶ』

 ほっとしょくらぶのみなさんに苗木交流センターの交流スペースを模様替えしていただきました!
 今月はほっとしょくらぶ秋の企画展「苗木の樹・木と遊ぶ」を開催し、苗木で有名な巨木や天然記念物を、いわれや写真なども添えて展示しています。秋色いっぱいの手作り看板にもご注目あれ!


             檜

 また、交流センター正面玄関の大あんどんの横に、式年遷宮の際に切り出された檜の年輪板を展示しています。樹齢が一目でわかる貴重な品です。ぜひご覧ください。

♪ほっとしょおすすめの一冊♪

★絵本★
・「どんぐりロケット」 早川純子 作
どんぐりが大好物の双子の兄弟が、巨大どんぐりのロケットにおならををいっぱい詰めて、宇宙旅行に出発する、楽しいお話です。

★読み物★
・「おかあさんの木」大川悦生 作
七人の息子が戦争にとられる度に、裏庭に桐の木を植えて無事を祈る母。時代と共に移り変わっていく、戦争への母の思いが胸に迫ってきます。

★ネイチャーエッセイ★
・恵那屋山ろく「中津川の草花・森の遊学人」 栗谷本征二 著
春はシデコブシ、夏はネジバナ、秋はホトトギス、冬はマンサク。身近な木や草花をこよなく愛する著者の、季節感あふれる文章が素敵な一冊です。







naegi_H290920_baria.jpg                      ↑クリックでpdfファイルが開きます↑

 苗木出身の垣内俊哉さんの講演会が開催されます!
垣内さんは苗木中学校を卒業、立命館大学在学中に株式会社ミライロを設立し、2016年には東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織就任アドバイザーに就任しました。
 "バリア(障害)をバリュー(価値)に変えていこう"をテーマに垣内さんが書かれた本『バリアバリュー~障害を価値に変える~』が市立図書館や苗木交流センター交流スペースにございますので、こちらもぜひお読みください。


★日時:平成29年10月16日(月)
    10:00~12:00(受付9:30~)
★場所:中津川市健康福祉会館 4F 多目的ホール
★主催:中津川市障害児者を守る会
※入場無料


              交流スペース9月

今月の交流スペースは、「挑戦!感動! スポーツの秋 読書の秋 食欲の秋」をテーマに、本が並んでいます。

     交流スペース9月          交流スペース9月

また「苗木城跡を世界に広める会」撮影の、四季折々の苗木城跡の美しい写真も展示されています。ぜひご覧ください。

★絵本:「へんてこやまのうんどうかい」 かんなりまさこ 作 くすはら順子 絵
 もみじに染まったへんてこやまで、動物たちが、かけっこやすもう、木登りや綱引き、木の実とり競争など楽しい運動会を繰り広げます。

★小・中学生向け:「12歳の約束―そして世界の頂点へ―」矢内由美子・寺野典子 著
 白井健三・伊藤美誠・山口茜などリオ五輪に向けて活躍中の若手トップアスリートたちが、12歳という人生の節目で心に刻んだ「約束」を語ります。

★一般向け:雑誌「NHKためしてガッテン 一日30秒からのストレッチと筋トレで心と体が若返る」 
 ハードな運動ではなく、日常生活の中で安全に長く続けられ、確実に効果も出るやり方を写真も交えて紹介。ストレス解消、健康維持に役立ちます。

        

             交流スペース8月


 苗木交流センターの交流スペースを、ほっとしょくらぶのみなさんに模様替えしていただきました!今月の交流スペースは、戦争や平和について考える本について特集しています。暑い夏ですが、ぜひ、心を休めて本を手にとってみてください。
 また、読書感想文におすすめの本や、夏の工作のアイディアのヒントになる本も特集しているので、夏休みの宿題に困っているみんなもお待ちしています!


♪ほっとしょおすすめの一冊♪


・絵本「ハウラの赤い花」佐藤真紀 文・ハウラ・ジャマル 絵
イラク戦争で使用された劣化ウラン弾の影響で、白血病を患った少女ハウラが描いた赤い花の絵が、チョコレートのパッケージを飾って、日本でも販売され話題 になりました。戦争について深く考えることのできる美しい絵本です。

・絵本「ミサコの被爆ピアノ」松谷みよ子 文
被爆したピアノと調律師矢川光則さんが、当時ピアノを習っていたミサコ (仮名)さんを通じて結ばれ、日本全国で、平和への願いを込めた音色を届け続けている実話が、読みやすい絵本になりました。大人も子どもと一緒に読める、心に響く絵本です。

・「ヒロシマの風」吉永小百合 編
原爆をテーマにした詩の朗読やお芝居をライフワークとして伝え続けている、女優吉永小百合さん編集の本。読書感想文にもお勧めです。現代の小学生の目線で原爆を追体験するお話や被爆者の体験を訴えた原爆詩20編など、平和への願いがつまった一冊です。

中津川市では、平成22年4月から市民のみなさんに文化スポーツ事業により親しんでいただき、また、管理運営に参画していただくことを目的に、市内の全文化スポーツ施設においてサポーターポイント制度を導入しています。
市内各施設で定めるボランティア活動に参加することでポイントがたまります。ポイントがたまったカードは、公民館使用料や博物館入館料の割引券としてお使いいただけます。
このたび、苗木公民館ではサポーターポイントを付与するボランティア活動を見直しました。皆さまのご協力でより良い苗木公民館を目指すとともに、皆さまがポイントを活用してさらなる公民館活動や博物館での学習等が進むことを願っています。


「サポーターポイント制度」についてはこちらをご参照ください。


苗木公民館での主なボランティア活動内容 時期 ポイント数
料理実習室の重点清掃 定期的 3ポイント
周辺草刈作業(東側駐車場周辺、草刈機使用) 6月~10月 4ポイント
雪かき 冬季 4ポイント
苗木秋祭り・苗木文化交流まつり設営 10月・2月 2ポイント
ペレットストーブ清掃 10月~4月 3ポイント
図書整理 通年 2ポイント
本の修理 通年 4ポイント
ママさんカフェ・乳幼児なんでも相談・乳幼児学級ぴっころ補助スタッフ 通年 2ポイント
本の読み聞かせ 通年 2ポイント
木育ひろば補助スタッフ 通年 2ポイント
子ども向けの楽器演奏・楽器体験補助 通年 2or4ポイント
薪割り 通年 4ポイント
各種委員の活動(公民館運営委員、青少年、体協等) 通年 2ポイント
チラシ「サポーターポイント制度をご活用ください!!!」
↑クリックすると拡大します↑

雑誌の最新号カバーにスポンサー名や広告を掲載する代わりに雑誌の購入代金を負担いただく「雑誌スポンサー」に、富士通テンマニュファクチュアリング株式会社が登録されました。

この雑誌サポンサーによって、7月から「かがくのとも」「kodomoe」の2種類の雑誌が交流スペースにありますので、ぜひご覧ください。

雑誌「かがくのとも」「kodomoe」(雑誌スポンサーによる)

↑クリックすると拡大写真が出ます↑


🎵あなたもいっしょに踊ってみませんか?🎵

 8月14日(月)のあんどん祭りに向けて、盆踊りの練習を行います!
 初心者大歓迎!区民みんなであんどん祭りを盛り上げましょう!

★練習日:8月1日(火)、9日(水) 19:00~20:00
★場 所:苗木交流センター
★曲 目:苗木音頭、草津節、春駒、木曽節、中津川小唄、新ホッチョセ

naegi_H290710_andon.jpg
画像をクリックするとpdfファイルが開きます

      
        
             naegi_H290620_kouryu.jpg

ほっとしょくらぶの皆さんに交流スペースを模様替えしていただきました。今月は『雨の不思議』をテーマに、水や天気についての本を特集しています。
雨が多くなってくる時期になりました。天気の悪い日には交流スペースで本を読んでみませんか?


♪ほっとしょおすすめの一冊♪

♪ 雨の言葉辞典 倉嶋 厚・原田 稔 編著 講談社学術文庫
 水の国日本ならではの味わい深い雨ことばの辞典です。

♪ 宇宙から見た雨 寺門 和夫 企画:宇宙航空研究開発機構
 宇宙から地球に降る雨を観測するプロジェクトの成功物語です。

♪ ピチャン、ボチャン、ザブーン(絵本) M.マニング/B.グランストローム作 評論社
 水が生まれて海へ還るまでの旅が楽しく読める絵本です。








 naegi_H290619_minsei.JPG
 6月10日(土)苗木交流センターで民生委員制度の創設100周年を記念して、苗木地区の民生委員さん達が式典を開催しました。


 naegi_H290619_minsei7.JPG
 片山惣次郎先生を講師にお招きし、「この世で美しきもの そは 母の子守歌-苗木の風土の中での民生委員」をテーマにいろいろな例題を交えて、民生委員の活動がどうあるべきか教えていただきました。

naegi_H290619_minsei2.JPG  naegi_H290619_minsei3.JPG
 また余興として、民生委員のOBの方に三味線の演奏や大黒舞を披露していただきました。


naegi_H290619_minsei4.JPG  naegi_H290619_minsei5.JPG
最後にみんなで『青い山脈』を合唱して閉会しました。



  • 民生委員・児童委員、主任児童委員って?

 民生委員は、民生委員法に基づき、厚生労働大臣から委嘱された非常勤の地方公務員で、児童福祉法に定める児童委員を兼ねています。主任児童委員は、児童委員の中から選任され、児童福祉に関することを専門的に担当します。

  • どんな活動をしているの?

 地域の見守りや相談・支援、地域福祉活動などを行なっています。地域住民のみなさんと同じ立場で相談にのり、必要であれば福祉制度や子育て支援サービスを受けられるように関係機関へつなぐ役割を果たします。
    
★民生委員・児童委員の主な活動 ★
・高齢者や障がい者のいる世帯、児童、妊産婦、母子家庭などの状況把握(家庭訪問や地域での情報収集など)       
・ニーズに応じた福祉サービスなどの情報提供       
・支援が必要な方のさまざまな相談に応じた助言       
・児童の登下校時の声かけ、パトロール活動 など
※その他詳しくはこちら