苗木事務所

トップページ苗木事務所

苗木交流センター

苗木交流センターの最近のブログ記事

      
        
             naegi_H290620_kouryu.jpg

ほっとしょくらぶの皆さんに交流スペースを模様替えしていただきました。今月は『雨の不思議』をテーマに、水や天気についての本を特集しています。
雨が多くなってくる時期になりました。天気の悪い日には交流スペースで本を読んでみませんか?


♪ほっとしょおすすめの一冊♪

♪ 雨の言葉辞典 倉嶋 厚・原田 稔 編著 講談社学術文庫
 水の国日本ならではの味わい深い雨ことばの辞典です。

♪ 宇宙から見た雨 寺門 和夫 企画:宇宙航空研究開発機構
 宇宙から地球に降る雨を観測するプロジェクトの成功物語です。

♪ ピチャン、ボチャン、ザブーン(絵本) M.マニング/B.グランストローム作 評論社
 水が生まれて海へ還るまでの旅が楽しく読める絵本です。








 naegi_H290619_minsei.JPG
 6月10日(土)苗木交流センターで民生委員制度の創設100周年を記念して、苗木地区の民生委員さん達が式典を開催しました。


 naegi_H290619_minsei7.JPG
 片山惣次郎先生を講師にお招きし、「この世で美しきもの そは 母の子守歌-苗木の風土の中での民生委員」をテーマにいろいろな例題を交えて、民生委員の活動がどうあるべきか教えていただきました。

naegi_H290619_minsei2.JPG  naegi_H290619_minsei3.JPG
 また余興として、民生委員のOBの方に三味線の演奏や大黒舞を披露していただきました。


naegi_H290619_minsei4.JPG  naegi_H290619_minsei5.JPG
最後にみんなで『青い山脈』を合唱して閉会しました。



  • 民生委員・児童委員、主任児童委員って?

 民生委員は、民生委員法に基づき、厚生労働大臣から委嘱された非常勤の地方公務員で、児童福祉法に定める児童委員を兼ねています。主任児童委員は、児童委員の中から選任され、児童福祉に関することを専門的に担当します。

  • どんな活動をしているの?

 地域の見守りや相談・支援、地域福祉活動などを行なっています。地域住民のみなさんと同じ立場で相談にのり、必要であれば福祉制度や子育て支援サービスを受けられるように関係機関へつなぐ役割を果たします。
    
★民生委員・児童委員の主な活動 ★
・高齢者や障がい者のいる世帯、児童、妊産婦、母子家庭などの状況把握(家庭訪問や地域での情報収集など)       
・ニーズに応じた福祉サービスなどの情報提供       
・支援が必要な方のさまざまな相談に応じた助言       
・児童の登下校時の声かけ、パトロール活動 など
※その他詳しくはこちら


               H29.5.16苗木交流センター花飾り・おじぞうさま【4枚の写真が入れ替わって表示されます】
                    

 5月16日(火)、民生委員有志の皆さんに、苗木交流センターの玄関に素敵な花飾りとかわいらしいおじぞうさまを展示していただきました。
 これらの作品はハナモモ会の有志の皆さんが、並松の作品展に出品するために作られたものとのことです。苗木交流センターにお越しの際は、ぜひご覧ください。
 民生委員のみなさん並びにハナモモ会の皆さん、ありがとうございます!!


5月10日、「苗木地域の観光資源を活かした地域づくり」をテーマにNPO法人「せき・まちづくりNPOぶうめらん」北村隆幸さんを講師に迎え、平成28年度に引き続き研修会を行いました。

平成28年度第1回の研修会の様子はこちら

平成28年度第2回、第3回の研修会の様子はこちら

平成28年度の会議で作り上げた具体的な「苗木地域の観光資源を活かした事業」を、さらに磨きをかけて事業化するために、参加した皆さんで輪になって話し合いを行ないました。
当初は2パターンを計画しそれぞれを進める予定でしたが、話し合いの結果2パターンを1つにまとめて同日に開催することになりました。(詳細が決まってきましたら、追ってお伝えしたいと思います)
会議には25名ほどの苗木地域住民が参加し、皆が思い思いの意見を出しながら、参加者が1つに団結していく様子が感じられました。

今回の研修会の様子は、苗木地域まちづくり推進協議会ホームページにも掲載予定です。


H29.5.10平成29年度第1回「苗木の観光プロジェクト会議」林 産業・観光部会長のあいさつ
はじめに、苗木地域まちづくり推進協議会の林 産業・観光部会長からも、このプロジェクトへの意気込みについてお話しをいただきました。

H29.5.10平成29年度第1回「苗木の観光プロジェクト会議」参加者が1つの輪になって意見を出しています
参加者全員で1つの輪になり、思い思いの意見をぶつけていきました。意見はホワイトボードに記録していきます。

H29.5.10平成29年度第1回「苗木の観光プロジェクト会議」意見で埋めつくされたホワイトボード
ホワイトボードがびっしりに埋まるほどに意見が出ました。今回の会議を元に、苗木地域住民によるプロジェクトの実現に向けて、これから動き出していきます。


                H29.5.12苗木交流センター交流スペース春の企画展示「春の訪れを感じる特産品 瀬戸のたけのこ」【3枚の写真が入れ替わって表示されます】


 苗木交流センターの交流スペースでは、訪れる方々に苗木を身近に感じてもらえるように、テーマを決めて展示や本の入れ替えを行っています。
 今回は、全国的に有名なのに、地元には意外と知られていない産地の様子や、たけのこの豆知識を紹介。日本の暮しの中に今も息づく竹製品の展示もあります。掘りたてのたけのこが食卓を賑わすこの季節、苗木の特産物「瀬戸のたけのこ」も食卓の話題になれば幸いです。
 今回の展示もほっとしょくらぶのみなさんに飾り付けていただきました!ありがとうございます!!



        
★ほっとしょくらぶおすすめの一冊★

★絵本「もぐらバス」:佐藤雅彦・うちのますみ文 偕成社
 町の地下に広がる秘密のトンネルを走るもぐらバス。その行く手をさえぎったのは...ダイナミックなたけのこの絵をみていると、筍料理が食べた~くなりますよ。


★写真&レシピ:「粗食のすすめ 春のレシピ」 幕内秀夫著 東洋経済新報社
 柔らかな色合いの写真にうっとり!菜の花、わらび、筍、たらの芽、ふきなど 初心者でも家庭でやさしく作れる季節感たっぷりの素朴な和食の一品が満載です。


★一般書:「美女と竹林」森見登見彦著 光文社 
 -美女と竹林。それは自分がやみくもにすきなもの- 話題作の多い文豪の、軽妙洒脱のエッセイ集。竹林での妻との出会い、夢の竹林事業の大失敗など奇想天外


        

※苗木交流センターでは、市立図書館の本を返却したり、交流スペースで展示している本を借りたりできます。貸出しを希望の方は苗木事務所(夜間は管理人室へ)へどうぞ!!注:本を借りるには、図書カードが必要です。持ってない方は苗木事務所で作ることができます。



H29.4.4苗木交流センター五月人形
4月4日(火)民生委員の有志の皆さんが、苗木交流センターの玄関ロビーに五月人形を飾ってくれました!
端午の節句にはまだ少し早いですが、苗木交流センターへお立ち寄りの際にはぜひご覧ください!!



 苗木まち協リサイクルボックス(苗木交流センター駐車場内)

苗木小学校駐車場にあった「しろやまリサイクルボックス」は苗木交流センター駐車場内へ移動されました。

苗木地域まちづくり推進協議会により運営されています)


          
リサイクルボックス移転先への地図




                    H29.3.30苗木交流センター交流スペース飾りつけ(テーマ「春」)

♪交流スペースを模様替えしました♪
 今月は「春」をテーマにほっとしょくらぶの皆さんが飾り付けてくれました!春の風物詩である桜や、お出かけのときのお弁当の本等を特集しています!これから4月に入ると中津川市の各地で桜の花が咲き始めます!ご家族、友人といっしょにお花見に出かけてみてはいかがでしょうか?


       H29.3.30苗木交流センター交流スペース飾りつけ(桜の木)        H29.3.30苗木交流センター交流スペース飾りつけ(お弁当の本を紹介)

3月13日(月)に苗木乳幼児学級ぴっころの閉級式が行われました。
スタートした頃にはまだ歩けなかった子どもさんが歩けるようになるなど、この一年で成長した姿を見ることができました。
最後となる今回は図書ボランティアサークル『ほっとしょくらぶ』の皆さんの読み聞かせを聞いたり、手遊びなどをして楽しみました。

         H29.3.13苗木乳幼児学級ぴっころ閉級式      H29.3.13苗木乳幼児学級ぴっころ閉級式

  

          H29.3.13苗木乳幼児学級ぴっころ閉級式      H29.3.13苗木乳幼児学級ぴっころ閉級式


         H29.3.13苗木乳幼児学級ぴっころ閉級式      H29.3.13苗木乳幼児学級ぴっころ閉級式



                     H29.3.13苗木乳幼児学級ぴっころ閉級式【記念撮影】
                    ▲最後にみんなで記念写真をとってお別れをしました▲




☆今年の『乳幼児学級ぴっころ』の活動☆
■ 9月:バルーンアートを楽しみました。
■10月:ネイチャーゲームを楽しみました。
■12月:クリスマス会を開きました。
■ 1月:『食育』について学びました。
※この他にも応急手当講習、手足型アートの作成、子育て勉強会等一年を通していろんなことを学びました。

「苗木地域の観光資源を活かした地域づくり」をテーマにNPO法人「せき・まちづくりNPOぶうめらん」北村隆幸さんを講師に迎え、第1回に引き続き研修会を行いました。

第1回の研修会の様子はこちら


≪第2回≫
前回考えた「どのような人が、どのような観光メニューを求められているか」を実現するために、苗木地域の観光資源について考えてみました。
まず「苗木地域の強み」についてグループで出し合い、続いて「苗木地域の課題と、その原因」について考えました。
さらに、苗木地域の課題を解決するために、強みを生かしてどのように取り組めるか(=すなわち「苗木地域の観光資源を活かした事業」)について、グループごとにイメージし発表しました。

今回の研修会の様子は、苗木地域まちづくり推進協議会ホームページにも掲載予定です。


H29.2.23第2回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会:「苗木地域の強み」の整理
まずは「苗木地域の強み」を、「個人」「団体」「苗木地域全体」についてそれぞれ書き出し、整理します。

H29.2.23第2回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会:「苗木地域の観光資源を活かした事業」考え中
先ほどまとめた「苗木地域の強み」と、現状の課題やその原因と組み合わせて、「苗木地域の観光資源を活かした事業」を提案しました。

H29.2.23第2回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会:北村先生による全国の「地域の観光資源を活かした事業」の実例についての解説
講師の北村先生からは、全国で取り組まれている「地域の観光資源を活かした事業」の実例についても解説していただきました。


≪第3回≫
本年度最終回となる第3回では、第1回で考えた「どのような人が、どのような観光メニューを求められているか」と前回で考えた「苗木地域の観光資源を活かした事業」の実現に向けて取り組みました。
まず、各グループから提案された事業について、参加者の皆さんで「良いところ」や「アドバイス」を付箋で付けていきました。そして、付けられた付箋を整理し、第2回で出した事業案をより良くするためにグループで話し合いました。さらには予定日時や参加対象人数等も設定し、より具体的な「苗木地域の観光資源を活かした事業」が出来上がりました。
なお、今回の研修で出た事業計画は、平成29年度の研修でさらに磨きをかけて、事業化に向けて取り組んでいきます。

今回の研修会の様子は、苗木地域まちづくり推進協議会ホームページにも掲載予定です。


H29.3.2第3回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会:提案に対して、参加者から良いところやアドバイスを送っています
各グループからの提案事業に対し、皆さんで「良いところ」「アドバイス」を付箋で付けていきます。

H29.3.2第3回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会:提案事業をより具体的にブラッシュアップしています
それぞれのグループで、付箋にあった意見を整理し、より精査され、より具体的な事業にブラッシュアップしていきます。

H29.3.2第3回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会:6つの「苗木地域の観光資源を活かした事業」が出来上がりました
これまでの取り組みの結果、「苗木奇岩めぐりサイクリング」等、6つの「苗木地域の観光資源を活かした事業」が出来上がりました。