中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

苗木事務所

苗木城跡の最近のブログ記事

平成30年度「がんばる地域サポート事業」を活用して、苗木地区で活動に取り組んだ2団体による活動報告会を開催します。
皆さんが頑張った「地域の最先端」の取り組みを、ご覧ください。
また今回から、次年度以降でがんばる地域サポート事業を計画している団体や、様々な分野で活動している団体と、問題点や団体間の情報共有ができればと、「地域活動相談会」を企画いたしました。
こちらへもご参加いただければと思います。

日 時
平成31年3月6日(水) 18時30分から

場 所
苗木交流センター ホール

発表者
・なえぎ城山レディース(苗木城跡おもてなしマルシェ)
苗木城跡を世界に広める会(ホームページによる苗木城跡の情報発信)

がんばる地域サポート事業って?
がんばる地域サポート事業とは、互いに助け合うコミュニティづくりを進めるため、市民が主体となって各地域の創意と工夫を活かした地域づくり活動を行う団体に対して、補助金を交付する事業です。
苗木事務所は、申請団体の取り組みについてサポートしています。

H30がんばるサポート事業報告会・地域活動相談会チラシ
↑↑クリックすると拡大します↑↑
(pdfファイル)

今年10月に行われた苗木地域まちづくりアンケート集計結果報告会での意見をもとに、"苗木地域のまちづくりビジョン"を考えていくワークショップを実施しました。

当日は、アンケートの作成、集計、分析等にサポートをいただきましたNPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん代表の北村隆幸氏による指導のもと、まちづくりに関係する様々な分野(地域での付き合い、教育文化、産業、福祉等)ごとのグループに分かれ、「特に大切にしたい、地域の目指す姿」について意見を出し合いました。そして、その意見を集約しビジョンの基となるキーワードを作り上げていきました。

今後は苗木地域まちづくり推進協議会で検討し、"苗木地域のまちづくりビジョン"を策定していく予定です。

H30.12.19苗木地域のまちづくりビジョンを考えるワークショップ

H30.12.19苗木地域のまちづくりビジョンを考えるワークショップ H30.12.19苗木地域のまちづくりビジョンを考えるワークショップ

H30.12.19苗木地域のまちづくりビジョンを考えるワークショップ H30.12.19苗木地域のまちづくりビジョンを考えるワークショップ

今年8月に中学生以上の苗木区民を対象に実施された「苗木地域まちづくりアンケート」の集計結果報告会を実施しました。
今回のアンケートは、苗木地区のまちづくりビジョンの見直しをするために地域の課題を把握し市民の力で課題の解決を図る方法を見出すこと、また苗木地域の強みである苗木城跡の住民としての活かし方を考えることを目的に、中津川市(市民協働課、観光課、苗木事務所)並びに苗木地域まちづくり推進協議会が共同で実施し、NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらんに分析等のサポートをしていただきました。
対象者5,548人へ配布し、3,713通の回答をいただきました。

当日は、NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん代表の北村隆幸氏から集計結果について説明を受け、納得する点や意外な点等も含めて苗木地域の現状が見えてきました。
その後「年代別分析大会!」として、地域で行われている取り組みや行事などに対する重要度・満足度が世代ごとに異なる点を見出し、その原因や対策について考えるワークショップに取り組みました。参加者の皆さんは熱心に考え、それぞれ発表いただきました。

今後はさらなる分析を実施したうえで、苗木地域まちづくり推進協議会による「苗木地域まちづくりビジョン」へ反映させていく予定です。

H30.10.30「苗木地域まちづくりアンケート」集計結果報告会

H30.10.30「苗木地域まちづくりアンケート」集計結果報告会

H30.10.30「苗木地域まちづくりアンケート」集計結果報告会

10月20日(土)苗木城跡を舞台に、苗木地域の皆さんで企画した「第1回苗木城まつり」が開催されました。
このお祭りは昨年開催されましたイベント「苗木地域の奇岩めぐりと苗木城マルシェ」を発展させ、苗木地域まちづくり推進協議会が主催したものです。
苗木地域まちづくり推進協議会のホームページもご覧ください。

H30.10.20第1回苗木城まつり:苗木城太鼓によるオープニングH30.10.20第1回苗木城まつり:苗木城まつり会場風景(その1)
苗木城まつりは苗木城太鼓の演奏で幕を開けました。
会場には苗木地域の皆さんや、全国各地からの苗木城跡への来城者でにぎわいました。

H30.10.20第1回苗木城まつり:クイズラリーに参加する子どもH30.10.20第1回苗木城まつり:民踊の披露
城内をめぐるクイズラリーや、苗木城で唄われていた「苗木城すす払い唄」などの披露も行われました。

H30.10.20第1回苗木城まつり:子ども武者行列H30.10.20第1回苗木城まつり:的場跡での弓矢体験
市内の子どもたちによる甲冑武者行列の行進や、中津川市弓道協会の協力による的場跡での弓矢体験等、参加して楽しめるイベントとなりました。

H30.10.20第1回苗木城まつり:市内小中学生の作品、苗木城跡を世界に広める会の写真の展示
市内小中学生による城に関する一研究一作品、苗木中学校生徒による写生作品、苗木城跡を世界に広める会の写真の展示も行われました。

H30.10.20第1回苗木城まつり:苗木城まつり会場風景(その2、大矢倉跡から)
ほかにも、苗木地区内で活動している皆さんや飲食店などによる「苗木城マルシェ」や、苗木城登城記念ご朱印の販売などもありました。
当日は13時30分頃からの大雨により、途中で終了となってしまいましたが、参加された皆さんも地域の皆さんも、ともに実り多いイベントとなりました。

苗木城跡全体を舞台に、さまざまな催しが行われます。多くの方が発見、感動を得られるイベントです。
ぜひ、ご来場ください!

naegi_20181001_1st-naegijomatsuri.jpg
↑↑クリックすると拡大します↑↑

日 時
平成30年10月20日() 10:00~15:00

場 所
苗木城跡

※ 駐車場や周辺道路が混み合いますので、お車でお越しの方はスタッフの指示に従ってください。また、電車で中津川へお越しの方は、北恵那バス「苗木城線」をご利用ください。

このたび、「苗木地域まちづくりアンケート」を実施することになりました。このアンケートは、苗木地区のまちづくりビジョンの見直しをするために地域の課題を把握し市民の力で課題の解決を図る方法を見出すこと、また苗木地域の強みである苗木城跡の住民としての活かし方を考えることを目的に実施されます。中津川市(市民協働課、観光課、苗木事務所)並びに苗木地域まちづくり推進協議会が共同で実施し、NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらんに分析等のサポートをしていただきます。

なお、このアンケートは苗木地域に住む中学生以上の全住民、約5,600人を対象にしています(現在の苗木地域に住む全住民は、約6,200人)。区民の皆さん、回答へのご協力をお願いいたします!

アンケート調査期間:
(高校生以上)平成30年8月1日~8月31日(各区から各世帯へ配布)
(中学生)8月27日~9月上旬(学校で配布・回収予定)

H30.8苗木地域まちづくりアンケート

6月3日(日)、JR東海の主催による「さわやかウォーキング」が開催されました。今回のコースは「絶景!天空の苗木城跡と六斎市を訪ねて」と題した、苗木城跡、桃山公園(女夫岩)、六斎市をめぐるルートでした。
当日は晴天に恵まれ、お子さんから年配の方まで、約2,100人の方々が思い思いに歩きながら苗木城跡やルート沿いに点在する巨岩や奇岩を楽しんでいました。

苗木城跡内外では、地元の「苗木城跡案内ボランティアの会」や「なえぎ城山レディース」等の方々が、来城者へのおもてなしや地元野菜の販売等を行うとともに、遠方からの方々とのコミュニケーションを楽しんでいました。

H30.6.3JRさわやかウォーキング
H30.6.3JRさわやかウォーキング
H30.6.3JRさわやかウォーキング
H30.6.3JRさわやかウォーキング
H30.6.3JRさわやかウォーキング
H30.6.3JRさわやかウォーキング
H30.6.3JRさわやかウォーキング
H30.6.3JRさわやかウォーキング
H30.6.3JRさわやかウォーキング

このたび、苗木地域まちづくり推進協議会により、苗木城跡の登城記念御朱印を作成しました。

1枚300円、紙袋にも特製スタンプが押されています。

和紙で作られた御朱印の裏面はシール状になっていますので、御朱印帳をはじめ様々なところにも貼ることができます。

苗木遠山史料館または苗木公民館で販売中です!

(なお、売り上げの一部は苗木地域まちづくり推進協議会による苗木城跡等での活動に活用されます)

naegi_20180507_naegicastle-goshuin.jpg
↑クリックすると拡大します↑


 火災防ぎょ訓練の様子  火災防ぎょ訓練の様子
 1月26日(金)の文化財防火デーに、苗木城跡にて中津川市消防本部及び苗木分団の合同で火災防ぎょ訓練が実施されました!  
 四十八曲がり方面からの火災を想定し、林野火災及び苗木城跡への延焼に対する火災防ぎょ訓練、苗木城跡三の丸までの遠距離送水訓練、中津川市消防本部と苗木分団との連携訓練が行われました。
 非常に寒い中の訓練となりましたが、大変実りのある訓練となった模様です。参加された消防職員並びに消防団員のみなさま、お疲れさまでした。


❓「文化財防火デー」とは❓
 文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に法隆寺の金堂が炎上し、壁画が焼損したことに基づいています。昭和25年に文化財保護の統括的法律として文化財保護法が制定、昭和29年11月3日に法隆寺金堂の修理事業が竣工し、文化財保護行政も確立するとともに、文化財保護思想の一層の強化徹底を図るために普及啓発事業が行われるようになりました。その一環として、法隆寺金堂の焼損した日であること、1月と2月が1年のうちで最も火災が発生しやすい時期であることから、毎年1月26日を「文化財防火デー」と定め、文化財を火災、震災その他の災害から守るとともに、全国的に文化財防火運動を展開し、国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図っています。
 昭和30年の第1回文化財防火デー以来、毎年1月26日を中心に、文化庁、消防庁、都道府県・市区町村教育委員会、消防署、文化財所有者、地域住民等が連携・協力して、全国で文化財防火運動を展開しています。


       お城EXPO2017

 12月22日(金)~24日(日)にかけて、神奈川県横浜市で開催されたお城EXPO2017に苗木城がしました!!




        お城EXPO2017会場風景
        ▲苗木城の展示ブースでは、苗木城跡の解説や、苗木地域の取り組みを紹介したほか、
         苗木城の資料やグッズが詰まった福袋の販売等を行いました。


  お城EXPO2017会場風景    お城EXPO2017会場風景
  ▲苗木城跡が『続日本百名城』に選定されたこともあり、多くの来場者の方が苗木城のブースへ訪れました。

お城EXPO2017会場風景 お城EXPO2017会場風景
   ▲会場内の『お城ジオラマ・お城模型展』では苗木城の復元模型が展示されました。


         お城EXPO2017会場風景
         ▲『平成29年度城の自由研究コンテスト』では、小学生による苗木城についての研究が展示されていました。


 苗木城のブースを訪れた方からも、「ぜひ行きたいです」、「話を聞いて興味がわきました」等、大変ありがたいご感想をいただくことができ、大きく苗木城をPRできた3日間でした。




月別リスト

    アーカイブ