苗木事務所

トップページ苗木事務所

苗木城跡

苗木城跡の最近のブログ記事

10月23日(月)に開催を予定していましたイベント「とことん!苗木城跡」(苗木地域まちづくり推進協議会主催)は、台風21号の接近に伴い中止といたします。
参加を予定されていた皆さま並びに関係者の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解をお願いいたします。

問合せ先:苗木地域まちづくり推進協議会、中津川市苗木事務所(0573-66-1301)

 10月8日(日)苗木地域まちづくり推進協議会が主催するイベント「苗木地域の奇岩めぐりと苗木城マルシェ」が開催されました。当日は好天にも恵まれ、約500名の方が苗木城を訪れました。奇岩めぐりウォーキングでは、苗木に点在する『弁慶岩』や『ふな岩』等6つの奇岩を中心に案内ボランティアの説明を受けながら巡ってまわりました。苗木城マルシェでは地域の方々によるおもてなしのほか、『苗木城べんとう』をはじめとする苗木の新名物のお披露目もありました。



奇岩めぐり


奇岩めぐり


弁慶岩


奇岩めぐりゴール
全長約4.4kmのコースを回った後は、ゴールの苗木城跡で絶景を眺めながら苗木城べんとうに舌鼓を打ちました!

苗木城べんとう
※写真は「巨岩のような栗がゴロゴロおこわ弁当」です。


苗木城マルシェ  苗木城マルシェ


苗木城マルシェ  苗木城マルシェ
苗木城跡では地域の方々が『苗木城マルシェ』を開催し、苗木の新名物をはじめとするお土産の販売や、観光客のおもてなしでにぎわいました!!




とのまち発表
イベントの中で『とのまち』の発表と試飲も行われ、注目を集めていました。
『とのまち』はお殿様が待ちわびたことがその名の由来になったといわれるお酒で、苗木城跡が〝続日本百名城〟選定されたことを記念して装いを新たに出荷されたとのことです。





10月に苗木地域まちづくり推進協議会主催の3つのイベントが開催されます!!

                  naegi_H290830_naegiibennto.jpg
                 ※クリックでpdfファイルが開きます

★10月8日(日):苗木地域の奇岩めぐりと苗木城マルシェ(10:00~12:00)
苗木まち協産業・観光部会が中心になって、企画から考えたプログラムです。ふな岩や弁慶岩等の奇岩をめぐるウォーキングと『苗木城マルシェ』でのおもてなしをします。『苗木城べんとう』(要予約)など、苗木の新名物のお披露目も行います。(参加費:500円 苗木城跡三の丸広場受付)


★10月15日(日):第2回苗木秋祭り(11:00~14:00)
『地域と企業のコラボレーション』をテーマに、昨年から始まったイベントです。今年も富士通テンマニュファクチュアリング株式会社と連携して開催します。(入場無料 苗木交流センターで開催)


★10月23日(月):とことん!苗木城跡(10:00~15:00)
『苗木城跡』をとことん楽しんでいただくイベントです。ガイドツアー、食のおもてなしや、講演会、苗木城の石垣修復を手がける石工による解説など、盛りだくさんのイベントです。(参加費 1500円 苗木城跡三の丸広場・遠山史料館駐車場で受付)
※可児市の『山城に行こうin可児2017』と連携したイベントです


お申し込みは申請書をご記入のうえ、苗木まち協(Fax:0573-62-0007)へ送信してください


♪苗木城べんとうの紹介♪

苗木城べんとう拡大


A弁当「苗木城・遠山家モチーフ弁当」

B弁当「きのこおいしそう!!弁当」

C弁当「巨岩のような栗がゴロゴロおこわ弁当」

D弁当「笹の葉薫る竹かご弁当」

  A弁当         B弁当        C弁当       D弁当

A弁当:「苗木城・遠山家モチーフ弁当」
B弁当:「きのこおいしそう!!弁当」
C弁当:「巨岩のような栗がゴロゴロおこわ弁当」
D弁当:「笹の葉薫る竹かご弁当」

5月10日、「苗木地域の観光資源を活かした地域づくり」をテーマにNPO法人「せき・まちづくりNPOぶうめらん」北村隆幸さんを講師に迎え、平成28年度に引き続き研修会を行いました。

平成28年度第1回の研修会の様子はこちら

平成28年度第2回、第3回の研修会の様子はこちら

平成28年度の会議で作り上げた具体的な「苗木地域の観光資源を活かした事業」を、さらに磨きをかけて事業化するために、参加した皆さんで輪になって話し合いを行ないました。
当初は2パターンを計画しそれぞれを進める予定でしたが、話し合いの結果2パターンを1つにまとめて同日に開催することになりました。(詳細が決まってきましたら、追ってお伝えしたいと思います)
会議には25名ほどの苗木地域住民が参加し、皆が思い思いの意見を出しながら、参加者が1つに団結していく様子が感じられました。

今回の研修会の様子は、苗木地域まちづくり推進協議会ホームページにも掲載予定です。


H29.5.10平成29年度第1回「苗木の観光プロジェクト会議」林 産業・観光部会長のあいさつ
はじめに、苗木地域まちづくり推進協議会の林 産業・観光部会長からも、このプロジェクトへの意気込みについてお話しをいただきました。

H29.5.10平成29年度第1回「苗木の観光プロジェクト会議」参加者が1つの輪になって意見を出しています
参加者全員で1つの輪になり、思い思いの意見をぶつけていきました。意見はホワイトボードに記録していきます。

H29.5.10平成29年度第1回「苗木の観光プロジェクト会議」意見で埋めつくされたホワイトボード
ホワイトボードがびっしりに埋まるほどに意見が出ました。今回の会議を元に、苗木地域住民によるプロジェクトの実現に向けて、これから動き出していきます。

「苗木地域の観光資源を活かした地域づくり」をテーマにNPO法人「せき・まちづくりNPOぶうめらん」北村隆幸さんを講師に迎え、第1回に引き続き研修会を行いました。

第1回の研修会の様子はこちら


≪第2回≫
前回考えた「どのような人が、どのような観光メニューを求められているか」を実現するために、苗木地域の観光資源について考えてみました。
まず「苗木地域の強み」についてグループで出し合い、続いて「苗木地域の課題と、その原因」について考えました。
さらに、苗木地域の課題を解決するために、強みを生かしてどのように取り組めるか(=すなわち「苗木地域の観光資源を活かした事業」)について、グループごとにイメージし発表しました。

今回の研修会の様子は、苗木地域まちづくり推進協議会ホームページにも掲載予定です。


H29.2.23第2回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会:「苗木地域の強み」の整理
まずは「苗木地域の強み」を、「個人」「団体」「苗木地域全体」についてそれぞれ書き出し、整理します。

H29.2.23第2回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会:「苗木地域の観光資源を活かした事業」考え中
先ほどまとめた「苗木地域の強み」と、現状の課題やその原因と組み合わせて、「苗木地域の観光資源を活かした事業」を提案しました。

H29.2.23第2回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会:北村先生による全国の「地域の観光資源を活かした事業」の実例についての解説
講師の北村先生からは、全国で取り組まれている「地域の観光資源を活かした事業」の実例についても解説していただきました。


≪第3回≫
本年度最終回となる第3回では、第1回で考えた「どのような人が、どのような観光メニューを求められているか」と前回で考えた「苗木地域の観光資源を活かした事業」の実現に向けて取り組みました。
まず、各グループから提案された事業について、参加者の皆さんで「良いところ」や「アドバイス」を付箋で付けていきました。そして、付けられた付箋を整理し、第2回で出した事業案をより良くするためにグループで話し合いました。さらには予定日時や参加対象人数等も設定し、より具体的な「苗木地域の観光資源を活かした事業」が出来上がりました。
なお、今回の研修で出た事業計画は、平成29年度の研修でさらに磨きをかけて、事業化に向けて取り組んでいきます。

今回の研修会の様子は、苗木地域まちづくり推進協議会ホームページにも掲載予定です。


H29.3.2第3回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会:提案に対して、参加者から良いところやアドバイスを送っています
各グループからの提案事業に対し、皆さんで「良いところ」「アドバイス」を付箋で付けていきます。

H29.3.2第3回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会:提案事業をより具体的にブラッシュアップしています
それぞれのグループで、付箋にあった意見を整理し、より精査され、より具体的な事業にブラッシュアップしていきます。

H29.3.2第3回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会:6つの「苗木地域の観光資源を活かした事業」が出来上がりました
これまでの取り組みの結果、「苗木奇岩めぐりサイクリング」等、6つの「苗木地域の観光資源を活かした事業」が出来上がりました。

「苗木地域の観光資源を活かした地域づくり」をテーマにNPO法人「せき・まちづくりNPOぶうめらん」北村隆幸さんを講師に迎え、研修会を行いました。
北村さんから観光を考えるポイントの説明を受けたのちに、観光で呼び込みたい対象者の設定をし、その対象者からどのような観光メニューが求められているか(すなわち、どのような取り組みを苗木地域ですれば良いか)、グループごとにイメージし発表しました。
なお、この研修会は、今年度は計3回開催し、平成29年度にも継続される予定です。

今回の研修会の様子は、苗木地域まちづくり推進協議会ホームページにも掲載予定です。


H29.1.26第1回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会
苗木地域まちづくり推進協議会加入団体をはじめ、総勢39名の参加がありました。

H29.1.26第1回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会
「苗木城跡にどんな観光客が来ていそうか」をワークシートを使って考え、対象者の設定をしました。

H29.1.26第1回「苗木の観光プロジェクト会議」研修会
設定した対象者から、どのような観光メニューを求められているかグループでイメージし、発表しました。


                                               

                                                      山城へ行こう

10月8、9日に可児市で開催された『山城に行こうin可児2016』に苗木城跡が出展しました! 

  山城へ行こうin可児 2016          山城へ行こうin可児 2016



山城へ行こうin可児 2016             山城へ行こうin可児 2016


   当日は『苗木城跡を世界に広める会』と『苗木城跡・苗木遠山史料館友の会』の皆さんが苗木城のブースを設置し、写真を展示したりオリジナルグッズを販売するなどして、訪れた方に苗木城跡の魅力を伝えていました。


        山城へ行こうin可児 2016          山城へ行こうin可児 2016


         山城へ行こうin可児 2016         山城へ行こうin可児 2016   

    
   用意したパンフレットが全て無くなってしまうなど、多くの方に
苗木城跡や中津川市のことを大きくPRできたと思います。


5月15日(日)、なかつウォーク主催、苗木地域まちづくり推進協議会(苗木まち協)共催のウォーキング大会が開催されました。今回のウォーキング大会は過去最高の194人の方が参加されました。7.3kmのロングコースと5.8kmのショートコースの二手に分かれて、ガイドさんの話を聞きながら苗木城跡や城下町など、苗木地域を巡って歩きました。ゴールした後は、苗木まち協やなえぎ城山レディースの皆さんによる豚汁や五平餅がふるまわれました。
今回のウォーキング大会に向けて上地区、新谷区のみなさんが飛騨街道を整備し、本町区、上地区のみなさんがコースに説明用の看板を設置するなど、地域全体で盛り上がった大会となりました。
今回の大会では市外からも多数の方が参加され、中津川市や苗木の魅力を知ってもらえたのではないか思います。また、市内の方にとっても、苗木の新しい魅力を見つけることができた大会になったのではないかと思います。

◎ロングコース(主なコースポイント)

苗木交流センター(スタート)→枡形→丸山神社→じょうろく→飛騨街道→四十八曲り→苗木城跡→那木道→本町
→枡形→苗木交流センター(ゴール)

◎ショートコース(主なコースポイント)

苗木交流センター(スタート)→枡形→那木道→苗木遠山史料館→苗木城跡→さくら公園→じょうろく→丸山神社
→苗木交流センター(ゴール)

H28.5.15ウォーキング大会H28.5.15ウォーキング大会H28.5.15ウォーキング大会

H28.5.15ウォーキング大会H28.5.15ウォーキング大会H28.5.15ウォーキング大会

H28.5.15ウォーキング大会H28.5.15ウォーキング大会H28.5.15ウォーキング大会

平成28年1月31日(日)、新しくオープンした苗木交流センターで完成記念イベントとして山城研究の第一人者である滋賀県立大学人間文化学部教授の中井均(なかいひとし)先生の講演会が行われました。

これは、郷土の文化遺産「苗木城跡」の魅力を広く伝えるため、苗木地域まちづくり推進協議会の主催で開催したものです。当日は予定を大きく上回る約250人の参加がありました。

中井先生から、岩盤を巧みに利用した城郭構造は日本一であることや、今は保存から活用の時代になっていること、そしてもっと地元住民が誇りや郷土愛を育みながら楽しんで人声の絶えない城山してほしいというお話しがあり、参加者は熱心に聞いてみえました。

講演の終わりに質疑応答の時間を取りましたが、何人も質問されて予定時間を超過してしまいました。先生も一つひとつ丁寧に答えながら、子ども達の参加体験学習や地元企業の地域貢献と連携した展開も必要であるなどの助言をしてくださいました。

講演会の様子1 講演会の様子2


講演会の様子3 講演会の様子4

会場:苗木交流センター