中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

中津事務所

02_中津地区はこんなところ

中津地区の概要

中津地区は、手賀野、駒場、中津川(一部阿木)の3つの大字からなり、中津川市の中心部をなしている。
自治会は、大きく3つのブロックに分かれ、西地区内に18区、南地区内に12区、東地区内に17区を設置する。
地区内の公共施設は、市庁舎、中消防署、警察署、国の総合庁舎をはじめ、小学校3、中学校2、高等学校2、保育園8(公立3、私立5)、幼稚園6(公立3、私立3)、環境センター、清掃センター、浄化管理センター、火葬場、健康福祉会館、文化会館、中央公民館、図書館、にぎわいプラザ、東濃用水道中津川浄水場、実戸浄水場、児童館3、市民病院、博物館等2のほか、JR中津川駅、中津川商工会議所が位置する。

nakatsu_syoukai3.jpg
中津地区のデータ(平成29年3月31日現在)
*人口 26,900人
*世帯数 11,031世帯
*面積 69.61km2(10.29%)
*概略地勢 中津地区は、東は落合、西は坂本、南は阿木、北は苗木と接し、南側に根ノ上、前山の山々、北は木曽川に挟まれた地形で、中津川(河川)を境とし、西側は手賀野、駒場の台地、東側は扇状地である。また、西側は前川、後田川が中津川に流れ込み、東側は四ツ目川、淀川が中津川に流れ込んでいる。さらに東側では、子野川が地蔵堂川と合流した後、木曽川に流れ込んでいる。交通では、JR中央線が東西を貫き、主要道路では、鉄道に並行するように国道19号及び中央自動車道が東西に走っている。また、国道363号が国道19号から南側へ、国道257号が北側へ伸びている。
*地域事務所 中津事務所のご案内
地域の由来、歴史
指定文化財
観光情報

月別リスト

    アーカイブ