坂下総合事務所

トップページ > 坂下総合事務所

坂下総合事務所

↑ クリックしてください。↓

(目 次)

《表紙》

地震に備えて

平成28年度市政懇談会

《2P》

初めての種目に挑戦

熱戦を繰り広げました

グラウンドゴルフ大会

わくわく体験クラブ

やさか福祉健康まつり

《3P》

公民館だより

郷土文化財紹介

《4P》

学校だより

健康福祉情報

坂下総合事務所8月15日付人事異動

10月の主な行事予定

慶弔のお知らせ

坂下の人口と世帯数

ごみ収集日

坂下公民館図書室のおすすめの新刊を紹介します。

 

《一般書》

 

『幸せのための憲法レッスン』金井奈津子著 かもがわ出版

憲法ってどんなもの?憲法に全く興味がなかった著者が聞く

わかりやすい憲法のはなし。

憲法のはっきりした形が見えてきます。

 

『声は、人なり。言葉は、心なり。』 ましのせつこ 著 文芸社

声にはその人自身がにじみでる。言葉には心が表れる。

言葉を磨き、心をこめて。敬語の見直しもできる1冊です。

 

『ハリネズミの願い』 トーン・テレヘン 著 長山さき 訳 新潮社

自分に自信がもてず孤独なハリネズミが、ある日誰かを家に招待してみようと思いついた。

さっそく手紙を書き始めるが・・・。

 

『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』 夏井いつき 著 世界文化社

『帰郷』 浅田次郎 著 集英社

『代体』 山田宗樹 著 KADOKAWA

 

 

《児童書》

 

『もとこども』 富安陽子 作 いとうひろし 絵 ポプラ社

じいちゃん、先生。

今は大人の誰かさんも、みーんな「もとこども」!

 

『地層ってなんだろう 第1~3巻』 目代邦康 編著 汐文社

『人生の答えは家庭科に聞け!』 堀内かおる・南野忠晴 著 和田フミ江 画 岩波書店

椛の湖自然公園で9月18日(日)~9月25日(日)に「椛の湖そばの花まつり2016」が開催されます。今年も自然公園内にある建物を使用してオープンカフェ「Café de soba」をオープンします。6.2ヘクタールのそば畑の中で初秋の一日を過ごし、気分をリフレッシュしてみませんか?

日時:9月18日(日)~9月24日(土)午前10時~午後4時(小雨決行)

9月25日(日) 午前8時~午後3時(小雨決行)

場所:椛の湖自然公園(中津川市坂下2138-11)

内容: そば畑写生大会、フォトコンテスト

《25日のみ》熱気球体験、各種バザー、木工体験コーナー、健康ウォーク(一部有料)

問先:椛の湖そばの花まつり実行委員会(やさか観光協会事務局内)(☎0573-75-4444【土・日・祝日除く午前8時30分~午後5時15分】)

<シャトルバス時刻表>(25日のみ運行)

中津川北商工会坂下支所駐車場発 会 場 発
8:30 9:00
9:30 10:00
10:30 11:00
12:30 13:00
13:30 14:00
14:30 15:00

《下記の画像または文字の部分をクリックすると拡大表示されます。》

sobahana1

↑ クリックしてください。↓

(目 次)

《表紙》

みんなでお掃除

交流会でブロック優勝

卓球部 2年連続優勝

《2P》

茶道教室開催

安全運転を啓発しました

やさかイキイキ倶楽部

健康福祉情報

《3P》

公民館だより

郷土文化財紹介

《4P》

学校だより

巡回バスの運行について

9月の主な行事予定

慶弔のお知らせ

坂下の人口と世帯数

ごみ収集日

坂下樺の木地区にある椛の湖自然公園にて毎年恒例のそばの種蒔きが行われました。

当日は台風9号の影響でうだるような暑さの中、坂下高等学校の生徒や教員26名、やさか観光協会等の地元関係者27名、また今年より域学連携事業の一環として中京学院大学の生徒と教員13名が6.2ヘクタールの畑に約460kgのそばの種を手蒔きで丁寧に蒔いていただきました。

 

 

坂下公民館図書室のおすすめの新刊を紹介します。

 

《一般書》

 

『残り者』 朝井まかて著 双葉社

幕末、江戸城の明け渡しが命じられ、前夜空になったはずの城の中・大奥に、

それぞれの事情で残った5人の女達が一緒に居合わせ、一晩を過ごしていた。

 

『エミリの小さな包丁』 森沢明夫 著 KADOKAWA

わけあって今までの場所を離れたいエミリは、子どもの頃行ったきり会っていない

祖父の海辺の家を訪れた。

 

『すぐそばも幸せにできないで。』 高島大 著 ワニブックス

近くにいる大切な人を幸せにしよう!人間関係トレーナーが勧める世界中の人が

幸せになる方法。

 

『ヒーロー』 白岩玄 著 河出書房新社

『ジャッジメント』 小林由香 著 双葉社

 

『希望荘』 宮部みゆき 著 小学館

 

 

《児童書》

 

『このあとどうしちゃおう』 ヨシタケシンスケ 作 ブロンズ新社

亡くなったおじいちゃんが残した「このあとどうしちゃおう」という

ノートには、死んでしまったらどうしてほしいか、天国や神様のこと

など、死んでしまってからのことがユーモアたっぷりに書いてあった。

おじいちゃんはどんな気持ちだったのかな?真似をしようとした孫は

大切なことに気付く。

 

『ひろったらっぱ』 新美南吉 作 鈴木靖将 絵 新潮社

『ぞうきばやしのすもうたいかい』 広野多珂子 作 廣野研一 絵 福音館書店

9月18日、9月25日にそば打ち&馬籠宿日帰り満足体験ツアーが行われます。

やさか地区の名所を満喫できる観・食・体験のツアーです。

みなさん、お誘い合わせの上是非ご参加ください。

開催日時

第1弾 9月18日(日)出発9:30、解散16:30

第2弾 9月25日(日)出発9:30、解散16:30

問合せ先:坂下総合事務所(電話0573-75-2111)

申込み先:株式会社サカガワ

【郵送申込みの場合】〒509-9232岐阜県中津川市坂下397番地1

第1弾 9月18日(日)の申込締切りは9月11日までの消印のあるものに限り有効。

第2弾 9月25日(日)の申込締切りは9月18日までの消印のあるものに限り有効。

【ファックスの場合】FAX0573-70-1034

 

《下の画像か文字をクリックすると拡大表示されます。》

↑ クリックしてください。↓

(目 次)

《表紙》

まちを美しくするために

自然災害から家族を守る

ウチョウラン展

《2P》

通常総会開催

吹き矢で楽しみました

ソフトバレーでいい汗

ボランティアで清掃作業

ご寄付感謝申し上げます

《3P》

公民館だより

郷土文化財紹介

《4P》

学校だより

8月の主な行事予定

慶弔のお知らせ

坂下の人口と世帯数

ごみ収集日

7月5日(火)、川上夕森キャンプ場で「男の隠れ家塾」を行いました。

今回は自然体験工房NENOの赤尾友和さんに、段ボールを使って手軽にできる燻製作りを教えていただきました。

オリエンテーリング

 

燻製にとりかかる前に、お昼ごはんのピザ生地作り。粉は目分量で取り分け、男の人の料理らしく豪快に!

このまましばらく寝かします。

 

いよいよ燻製作りにとりかかります。持参した段ボールのすきまをガムテープでふさぎ、上と、横の低い位置に窓をつけていきます。

 

スモークウッドに火をつけて煙が出てきました!はんぺん、うずらたまご、ウィンナー、チーズなどを網にのせて。

どんなふうに仕上がるか楽しみ。

 

火打石でピザ釜の火おこし。

「なかなか点かないな~!」

 

「やった!点いた!」

 

ピザ生地をのばしてトッピング。先生手作りピザ釜で焼いていきます。

いい匂いがしてきました!

 

ピザ出来上がり!生地がサクサクで美味しい~!

 

さて燻製は・・・?

こちらもきれいな色がついていて美味しそう!

 

ワクワクする1日でした!赤尾さんありがとうございました。

できあがった燻製を手に再挑戦を誓った皆さんでした。

坂下公民館図書室のおすすめの新刊を紹介します。

 

《一般書》

 

『ツバキ文具店』 小川糸 著  幻冬舎

鎌倉にある小さなお店「ツバキ文具店」は昔からあるごく普通の文具店だが、先祖代々代筆屋でもあった。

11代目の鳩子もまた、依頼者の想いが伝わるよう道具や言葉を吟味しながら代筆し、店を守っていた。

 

『7つの名前を持つ少女』 イ・ヒョンソ、デヴィッド・ジョン 著 夏目大 訳 大和書房

祖国の実情を悟り自由を求めて脱北した著者イ・ヒョンソ。

苦難のなか、様々な名前をもちながら韓国に辿り着いた。

 

『脳はなにげに不公平』 池谷裕二 著 朝日新聞出版

脳研究者が脳の不思議について書き綴った「週間朝日」の連載を書籍化。

 

『ジャンと食堂』 光廣静枝 著 風詠社


『無為の人』 里村良一 著 文藝春秋企画出版部


『テミスの休息』 藤岡陽子 著 祥伝社

 

 

《児童書》

 

『あったかいな』 くすのきしげのり 作 片山健 絵 廣済堂あかつき

飼っている猫の出産を機に、いのちについて考えるゆうちゃん。

自分もまた愛情に包まれて育ったことを実感します。

 

『さいごのひみつ』 いとうひろし 作 小学館

 

『しましまかしてください』 林なつこ 作 教育画劇