中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

坂下総合事務所

歴史資料見学会が開催されました。

2月9日(木)、椛の蔵(はなのくら)で坂下小学校3年生の見学会が開催され、37名の児童が郷土文化財保存会の会員から説明を受けながら実物を見て学習しました。

これは、『昔使われていたものを知る』という趣旨で、社会科の授業の一環として行われたものです。

児童は昔使われていたラジオ等の展示物を興味深く観察したり、メモをとったりしていました。会場内では8名の保存会の会員がそれぞれの箇所で、児童からの「どういうふうに使うのか」等の質問に答えていました。

その後、保存会の会員から、昔の電話器はハンドルを回して電気を起こしてから使ったことや、昔のアイロンはフタを開けて炭火を入れて温めて使ったこと等が話されました。

児童から「昔の道具の仕組みが分かった」等の感想がありました。


加工済み1.jpg


加工済み2.jpg


加工済み3.jpg

月別リスト

    アーカイブ