中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

付知総合事務所

【付知南小学校】命を守る訓練を実施しました

9月2日(日)、付知南小学校で『防災体験』が行われました。
この防災体験は、付知町まちづくり協議会が取り組んでいる「地域ぐるみの防災教育」の一環として行われているもので、今年で3回目の開催となります。
今回の防災体験は付知南小学校5年生23名と6年生22名を対象に行われ、5年生は非常食炊飯体験、6年生は段ボールでのパーティション設置をそれぞれ体験しました。
また、初期消火訓練や煙体験、消防車両の見学なども行われ、最後に防災体験の感想を発表しました。

◇5年生(非常食炊飯体験)
非常食炊飯用の袋(ハイゼックス)に同量の洗った白米と水を入れ、袋の空気を抜き輪ゴムで縛ったら準備完了。
後は沸騰した鍋に入れて、30分で米が炊き上がりました。
非常食炊飯用の白米を洗う児童の様子 非常食炊飯用の袋・ハイゼックスに洗った白米と水を入れる児童の様子

白米と水を入れた後袋の空気を抜いている児童の様子 空気を抜いて輪ゴムでしっかり縛った袋を沸騰した鍋に入れて炊き上げる様子

◇6年生(段ボールパーティション設置体験)
防災士の方に教えてもらいながら、段ボールを組み合わせて、仲間と協力しながらグループ毎に工夫したパーティションを作りあげました。
段ボールを組み立てる児童の様子 地域の方に手伝ってもらいながら段ボールを組み立てる児童

段ボールパーティションを上から見た様子 グループ毎に工夫を凝らした段ボールパーティションを作っていく様子 

◇初期消火訓練・消防車両見学
消火器の使い方を習い、水消火器で消火活動の練習を行いました。
また、地元の消防団にご協力いただき、消防車両等を間近で見て触れる体験をさせてもらいました。
消火器の扱い方を習う様子 火に見立てた看板めがけて水消火器で消火する児童の様子

消防車両を見学する児童の様子

月別リスト

    アーカイブ