山口総合事務所

トップページ山口総合事務所

東山魁夷心の旅路館より中津川市立第二中学校へ出張展示を開催しました

(2016年11月 2日 02:40 | カテゴリ:教育・学習・文化・スポーツ, 総合事務所)

10月20日(木)東山魁夷の絵画の出張展示を第二中学校にて開催しました。

この日は、前回に引き続き6点の絵と、「一力」「三玄院露地」も展示され、鑑賞してもらいまし。

P1040694  P1040711

画伯は、絵だけでなく、文章(随筆)にも優れた人。

“弦楽器の合奏の中を ピアノの単純な旋律が通り過ぎる”

これは、どの作品について語ったものか?6つの絵の中からヒントを見つけてなぜそう思ったか理由を考えてもらいました。

「絵の表面(水面)が揺れているから音楽を感じた。」

「水面の部分が、弦が揺れる感じで、白鳥がす~っと動いているところがメロディ。」

「題名からそう感じた。林の部分で音の振動を、響きを表している。馬の走るまっすぐな線がピアノの旋律だと思います。」

など、様々な見方で発表しました。

「東山先生の絵はわりと静かな絵が多いです。これは、緑響くのことを表わしています。絵の中に入って見ると、色んな見方が出来ますね。」

と、学芸員より。

率直に感じた思いを自由に述べてもらうなど、生徒さんの豊かな感性を感じられる時間にもなりました。