消防本部

トップページ > 消防本部

消防本部

     この講習は、乙種防火管理者の資格を取得するための講習です。

     全科目を修了した方に限り、修了証を交付します。

1 開 催 日  平成28年11月14日(月)

        午前9時10分~午後5時00分(受付 午前9時00分~) 

        ※ 遅刻は認めません。      

2 開催場所  中津川市千旦林1197番地の10

        坂本公民館(坂本事務所隣)TEL 0573-68-2001

3 受 講 料  無料 (ただしテキスト代4,000円が必要となります。)

4 受講定員  30名 (定員になり次第、申込みを締め切ります。)

5 対 象 者  乙種防火対象物(延べ面積が甲種防火対象物未満のものをいう。)の関係

        者。甲種防火対象物に入居するテナント等のうち次のいずれかに該当す

        るもの(小規模テナント等)

        1.養護老人ホーム等で収容人員が10人未満のもの

        2.飲食店、物品販売店など不特定多数の方が出入りするもので収容人

         員が30人未満のもの

        3.事務所、倉庫などで収容人員が50人未満のもの

        ※ 乙種防火管理講習の対象者であっても、甲種防火管理新規講習を受

          講することができます。

6 申込期間  平成28年10月1日(土)~10月31日(月)

7 申 込 書  中津川市消防本部予防課及び各消防署にあります。また、中津川市ホームページか

        らもダウンロードできます。

             【申込書はこちら】  【会場案内図はこちら】

            甲種防火管理者と乙種防火管理者の資格区分について

8 申込み先  ・中津川市消防本部 予防課

          TEL 0573-66-1619 内線222・223

         ・西消防署 予防係

          TEL 0573-68-5119

         ・北消防署 予防係

          TEL 0573-76-0119

2016年08月26日現在までに
10件 発生しています

月ごとの発生件数
4月

0件

5月

0件

6月

1件

7月

7件

8月

2件

9月

-件

10月

-件


■熱中症を予防しましょう
熱中症は予防が大事!「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用し、十分な対策をとりましょう
  (政府広報オンライン)
熱中症から身を守る 予防法と対処法
  (政府インターネットテレビ)

8月24日、愛媛県松山市で開催される「第45回全国消防救助技術大会」の

「ロープ応用登はん訓練」に出場する、岩下・谷宮両隊員に、市長から激励の

お言葉を頂きました。

現在、大会に向け訓練に励んでいます。

愛媛まで届くよう大きな声援をよろしくお願い致します!

IMG_1577.jpg

平成28年8月7日(月)「消防感謝祭」第65回岐阜県消防操法大会が多治見市においておこなわれました。

県内29チームが出場する中、中津川市消防団はみごと優勝を勝ち取る事ができました。

応援していただいた関係者の皆様、心から感謝申し上げます。

 

順位

消防団名

総合得点

タイム

中津川市消防団

87.8

43.14

多治見市消防団A

87.7

41.80

海津市消防団

85.7

40.72

多治見市消防団B

85.7

42.20

瑞穂市消防団

84.3

42.54

 

 

 

    

 

 

 平成27年9月に、加子母地区で発生した車両火災で重度の火傷を負い、中津川市民病院ドクターカーの間渕医師と救急隊による懸命の処置が実施され、岐阜大学病院へ搬送された梅田東一さん(下呂市)が無事に退院され、平成28年8月2日お礼にお越しいただきました。

 当日は、加子母総合事務所まで路線バスでお越しになり、力強い足取りで事務所に入られ、間渕医師や救急隊員と喜びの再会をはたされました。

 意識が戻ってからも喉に入れられたチューブのため、声を出せず「お話ボード」で意思を伝えたことや、傷が癒えてからのリハビリの辛さを伺いました。

 お元気になられた姿を見ることができ、全員感動を覚えました。

花束.jpg  

   間渕医師から梅田さんに花束のプレゼント

黒にんにく.jpg

   梅田さんから間渕先生へお礼の品を渡されました         

集合写真.jpg

        最後に全員で記念撮影

今後も「助かる命は助けたい」を心に刻み、消防と医療機関が一体となり、社会復帰率の向上を目指します。

7月24日、北消防署において女性防火クラブ員63名が参加し、消防署員の指導のもと講習会を実施しました。

中津川市連合女性防火クラブは、「家庭防火から地域防災へ」を基本理念に掲げて地域密着型のボランティア団体として災害時の役割を担うべく活動しています。

IMG_0428 IMG_0423

IMG_0425 IMG_0426

7月26日、三重県消防学校にて開催されました「第45回東海地区救助技術指導会」に、

4種目10名が参加しました。降り続く雨にも負けず、選手達は日頃の訓練の成果を発揮してきました。

特に優秀な成績をおさめた「ロープ応用登はん」は、8月24日愛媛県松山市で開催されます「第45回消防救助技術全国大会」

において熱い戦いに挑みます。

応援をお願いします!

buri-q toka hohuku

<ロープブリッジ渡過>       <ロープブリッジ救出>       <ほふく救出>

nobori- o-yo- youshiu

<ロープ応用登はん>

http://rescue-45th.kk-spc.com/index.html

平成28年7月12日(火)付知川において、付知中学校1年生を対象にした水難防止学習が行われ北消防署も参加しました。

子供達が安全に川と親しむため、具体的な知識や技術を身に付けさせることを目的とし、水難事故の事例や原因についての理解、水温や流れの速さ、流された時の対処法や溺れている人への救助方法を体験しました。子供達は楽しみながらも真剣に学習に取り組んでいました。

kitafd_H280712_suinann1 kitafd_H280712_suinann2

福井大学教育地域科学部 稲垣准教授による講習 清流付知川に親しんで育った生徒たちが真剣に学習しています

kitafd_H280712_suinann3 kitafd_H280712_suinann4

水難事故の約半数は海で発生していますが、子供の水難事故は河川での水遊び中に多く発生しています

kitafd_H280712_suinann5 kitafd_H280712_suinann6

ライフジャケットを装着し、水に流されたときの対処方法を体験しています

kitafd_H280712_suinann7 kitafd_H280712_suinann8

スローバック(投げ縄)を使用した救助方法体験 ロープは川を渡る時にも使用できます

こうして防ごう!川の事故

川はとても楽しく、面白いところですが、時として怖い場所になることもあります。
川などでのレジャーでは、魚とりや釣り、水遊びやボート遊びなどのほかに、河川でのバーベキューなど、必ずしも水に入ることを目的としない楽しみ方もあります。そのような川などのレジャーでも、毎年のように水難事故が発生しています。
上流の天候などによって大きく変化し、安全と思われる場所でも、上流で豪雨などがあると急に増水し、水難につながる危険があります。上流の山間部で1時間から2時間前に降った雨の影響で、下流は急激な水位の上昇があり岸に戻れなくなることや、鉄砲水で流されるなどの水難事故が発生しています。

川遊びのルール
□ 水流が速い・深みがあるところは避ける
□ 危険を示す掲示板・遊泳禁止の掲示板が設置されているところでは遊ばない
□ 仲間と出かけ、お互いに注意して遊びましょう。
□ ライフジャケットを着けましょう。
□ 遊んでいるときも天気や流れに気をつけましょう。

こんな時は増水に注意しましょう
□ 上流(水が流れてくる方)の空に黒い雲が見えたとき
□ 雨が降り出したとき
□ 川が濁りだしたとき
□ 雷が聞こえたとき
□ 川の水の量が増えてきたとき
このような変化が見られたときは、川の水が急に増えるサインです。
すぐに避難しましょう。

もしもの時は
【おぼれている人を見つけたたら】
□ 大きな声で助けを呼ぼう
□ すぐに119番、110番に連絡しよう
□ 川に1人で助けに入らない
□ 長い棒などにつかまらせる
□ 水にうくものをなげてつかまらせる

      この講習は、甲種防火管理者の資格を新規取得するための講習です。

      全科目を修了した方に限り、修了証を交付します。

1 開催日  平成28年10月13日(木)・14日(金) 2日間

        13日 午前9時00分~午後4時30分(受付 午前8時40分~) 

        14日 午前9時00分~午後4時30分(受付 午前8時40分~)

         ※ 遅刻は認めません。      

2 開催場所  中津川市茄子川1683-797  ℡0573-68-8000

          東美濃ふれあいセンター リハーサル室、歌舞伎ホール

3 受講料   無料 (ただしテキスト代4,000円が必要となります。)

4 受講定員  60名 (定員になり次第、申込みを締め切ります。)

5 対象者  (1)救護施設、乳児院、認知症グループホームなどの自力避難困難者

           が入所する社会福祉施設など、就寝を伴う施設又はそれらを含む

           建物で、建物全体の収容人員が10人以上の管理または監督的な

           地位にある方。

        (2)飲食店、ホテル、病院、物品販売店など不特定多数の方が出入り

          する建物で、建物全体の収容人員が30人以上、かつ、延べ面積

          が300 ㎡以上(甲種防火対象物という。)の管理または監督

          的な地位にある方。

        (3)工場、事務所、共同住宅などの建物で、建物全体の収容人員が

          50人以上、かつ、延べ面積が500 ㎡以上(甲種防火対象物

          という。)の管理または監督的な地位にある方。

6 申込期間  平成28年9月1日(木)~9月30日(金)

7 申込書  中津川市消防本部予防課及び各消防署にあります。また、中津川市ホームページから

         もダウンロードできます。

 【申込書はこちら】  【会場案内図はこちら】

 甲種防火管理者と乙種防火管理者の資格区分について

8 申込み先  ・中津川市消防本部 予防課

         TEL 0573-66-1619 内線222・223

        ・西消防署 予防係

         TEL 0573-68-5119

        ・北消防署 予防係

         TEL 0573-76-0119

  

去7月10日、西消防署において、坂本女性防火クラブ空き缶炊飯講習が行われました。災害時のサバイバル術を身につけるための取り組みです。

講習内容:

① 空き缶を使ったコンロ作り

② 炊飯訓練

③ 非常食(餅、ご飯、パスタ、パン)の紹介及び試食

DSCN2424

アルミ缶を切ってコンロ本体を作ります

DSCN2441

芯はティッシュを使います

DSCN2396

コンロに火をつけます

DSCN2400
風防のためにアルミホイルで覆います

DSCN2445

ふっくらしたご飯が炊けました

DSCN2448

ご飯と非常食

DSCN2451

とてもおいしくいただきました