消防本部

トップページ > 消防本部

消防本部

 消防本部では、広く応急手当の普及を図るために、応急手当指導員・普及員新規講習会を開催します。

 事業所、防災組織、ボランティア組織などの方が、合計24時間(指導員については普及員の資格を有する方が対象になります。講習時間は16時間)の講習を受けて指導員、普及員の資格を取得することにより、所属する団体などにおいて、心肺蘇生法、AEDの取扱い方法、止血などの指導を行うことが可能になります。

 ひとりでも多くの方の受講をお待ちしています。

と   き  指導員  平成29年2月12日(日)・26日(日)

               9時~17時(2日間)

       普及員  平成29年2月12日(日)・19日(日)・26日(日)

               9時~17時(3日間)

と こ ろ  中津川市消防本部 3階 会議室

定   員  5名以上30人程度

受 講 料  無料(ただし、テキストをお持ちでない方は5千円程度必要です)

         応急手当普及員講習テキスト(東京法令出版・ガイドライン2015対応)をお持ちの方は持参してください。

服   装  動きやすい服装

申込み方法  窓口、Eメール

申込み締切  平成29年2月5日(月)

問い合せ先  消防本部 救急課 TEL(0573-66-2039)

        担当 糸魚川

        E-MAIL  kyukyu@city.nakatsugawa.lg.jp 

 永年にわたり消防、地域防災活動に尽力された功績が認められ、佐藤貞人さん、宮嶋浩己さんが藍綬褒章、松葉和正さんが危険業務従事者叙勲を受章され、12月13日に市役所を訪問し、青山市長に受章の報告を行いました。青山市長は永年の功労を称えられ、受章された3名の方はこれからの消防の姿についてそれぞれの思いを語られました。

  佐藤貞人さん(加子母)藍綬褒章  中津川市消防団副団長 消防団歴33年8ヶ月

  宮嶋浩己さん(神坂) 藍綬褒章  中津川市消防団副団長 消防団歴34年8ヶ月

  松葉和正さん(千旦林)瑞宝双光章 中津川市消防本部元消防長 消防職員歴42年

IMG_0283.JPG市長報告.jpg

消防団車両受渡式

 導入から20年以上経過した、消防団車両を更新しました。

 12月1日に車両受渡式で青山市長から小倉団長に車両が受け渡され、その後各分団に配備されました。

・配置分団は次のとおりです。

 消防ポンプ自動車1台      坂本分団 第2部 下洗井

 小型動力ポンプ積載車1台    福岡分団 第4部 中上

                                               

 DSC00098DSC00093

DSC00103DSC00101

■問合せ先

 消防総務課

 ℡66-1119

平成28年11月18日(金)下呂交流会館駐車場にて行われました下呂市消防本部特殊救急災害訓練に

中津川市消防本部の北消防署及び加子母分署職員が訓練に参加しました。

訓練内容は屋内施設において何らかのガス発生により多数の傷病者が発生したと想定し、

下呂市消防本部が危険区域の設定、傷病者救出、除染等を行い、

中津川市消防本部は救急隊・後方支援隊として訓練に参加し、

応急救護所の設置、傷病者の応急処置と搬送を実施しました。

消防相互応援協定による相互の連携活動を確認することができたいへん良い訓練となりました。

kitafd_H281118_NBCkunnrenn1kitafd_H281118_NBCkunnrenn2

kitafd_H281118_NBCkunnrenn3kitafd_H281118_NBCkunnrenn4

 私たち消防職員は、救急現場・病院等で傷病者に対し『愛護的な活動』を心がけています。しかし、身動きがとり辛い方の上着を脱がす・体位を変える・移動させる等の行為は少なからず負担をかけてしまうものです。そこで、介護技術を熟知している『蛭川福祉センター』さんの全面協力をいただき、認知症サポーター養成講座を含む介護技術講座を開催することができました。今回学んだ知識技術を活かし、今まで以上の『愛護的な活動』ができるものと思います。

主催 蛭川分署

日時 平成28年11月15日(火)10:00~12:00

場所 蛭川福祉センター やすらぎ荘

参加 中津川市消防本部職員