消防本部

トップページ > 消防本部

消防本部

 

平成28年7月9日17時20分ころ、1歳10ヶ月の女児が付知倉屋温泉の水風呂にて溺れ、心肺停止となり、施設利用者2名にて救出及び胸骨圧迫の応急手当をしていただきました。救急隊が温泉に到着した時には女児の意識、呼吸、脈が回復しており、翌日後遺症もなく退院しました。

 

中津川市消防本部は施設利用者2名が女児に対し行った迅速な救出と適切な処置が、女児の健康状態を大きく改善したため感謝状の贈呈を予定しています。

 

しかし、施設利用者2名のうち胸骨圧迫を行った1名が、その後姿がわからなくなってしまい所在の確認が出来ていません。

もしこの消防本部ブログをご覧でしたら下記の電話番号にご連絡ください。また、温泉溺水事故のバイスタンダー(救急協力者・救急現場に居合わせた人)が誰かご存知でしたら下記の電話番号にご連絡ください。

 

 

 

中津川市消防本部 北消防署 救急係

電話番号 0573-76-0119

中津川中核工業団地を管轄する西消防署では、警防査察を重ね、警防計画の作成を進めてきました。

同地内には多くの企業が立地しており、中には危険物や高圧ガス等を使用する工場も少なくありません。そのため、火災が発生した場合、大きな被害が予想されます。

 

この被害を最小限にとどめるために、工場ごとの特色を把握し、どのような消防活動を行うかの指針となる警防計画が不可欠です。最新の情報を共有して、消防活動のあり方を検討しました。

 

警防計画発表会

2016年09月28日現在までに
17件 発生しています

月ごとの発生件数
4月

0件

5月

0件

6月

1件

7月

7件

8月

2件

9月

7件

10月

-件


■熱中症を予防しましょう
熱中症は予防が大事!「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用し、十分な対策をとりましょう
  (政府広報オンライン)
熱中症から身を守る 予防法と対処法
  (政府インターネットテレビ)

平成28年8月28日(日)中津川市防災訓練に伴い加子母福崎公園にて、加子母分団と合同で水防訓練及びポンプ車操作講習会を実施しました。

 水防訓練では堤防から水が溢れでる水(越水)を想定し、土のうの作成から土のう積工法などを行いました。ポンプ車操作講習会ではポンプの仕組み、基本的な操作方法を再確認しました。

 今回の防災訓練では、消防団員ひとりひとりが真剣に取り組み、災害の対応について再認識し、知識と技術の向上が図られました。

〈土のう工法〉

IMG_0485.JPGIMG_0489.JPGIMG_0500.JPGIMG_0510.JPG

〈ポンプ車操作講習〉

IMG_0554.JPGIMG_0555.JPGIMG_0542.JPGIMG_0563.JPG

その時どうする?

防災の日の行事として、西消防署では大地震を想定したグループディスカッションを行いました。

地震発生前から発生後に予想される事態と、その対応策を職員で討議、検討しました。

【討議の議題】

① 注意情報発令から緊急地震速報が出るまでの間に行うこと。

② 緊急地震速報から地震発生1時間以内に行うこと。

③ 地震発生1時間後から24時間以内に行うこと。


討議の様子


討議内容の発表

中津川市は東海地震の強化地域に指定されています。

今一度、危険な場所はないか、避難場所、連絡手段等、家族や地域で話し合ってみてはいかがでしょうか。

平成28年8月28日、地震発生時の混乱した状況下において、消防活動を安全・確実及び迅速に行えることを目的として北消防署防災訓練を実施しました。訓練は倒壊した建物からの怪我人の救出を想定しています。

kitafd_H280828_kaikaisiki_thumb

kitafd_H280828_airtento1_thumb kitafd_H280828_airtento2_thumb1

エアーテント設営 怪我人を救急搬送するまでの間、エアーテント内で観察や応急処置を行います。

kitafd_H280828_syaryou_thumb kitafd_H280828_sikitai1_thumb

指揮隊 現場指揮本部を設定し安全管理・無線統制等を行います。

kitafd_H280828_hasigo_thumb kakaekyuusyutu_thumb

救助隊 三連梯子を使用し、倒壊建物から怪我人を救出しています。

kitafd_H280828_kyuukyuutai_thumb kitafd_H280828_kyuugosyo_thumb

救急隊 救出された怪我人の観察を行い、救急搬送する順番を決めています。

全国で戦う!~愛媛県松山市へ

8月24日、全国から救助の精鋭が集う「第45回全国消防救助技術大会」の

応用登はん訓練に参加し優秀な成績を収めてきました。

多くの皆さまから応援をいただけたことに感謝いたします。ありがとうございました。

中津川選手1(左コース)  中津川選手3

左コースが中津川

 

中津川選手2

平成28年8月28日(日)午後から、中消防署坂下分署消防隊は、坂下高校バレー部の生徒さんと中津川市消防団坂下分団夏季訓練に参加しました。坂下高校の弓道場より出火したという想定のもと、生徒さんによる119番通報及び初期消火訓練、坂下分署と坂下分団が駆けつけ消火活動を行う消火訓練が行われました。参加された生徒の皆さんは消防車のサイレン、消防団員・消防職員の消火活動を間近で見て驚かれた様子でした。実際の災害でも、関係機関のスムーズな連携が必要となってくるので、今回の訓練は非常に有意義なものとなりました。

IMG_1850 圧縮.jpg IMG_1860 - コピー.JPG        

初期消火訓練                       一斉放水訓練

中津川市消防団と北消防署職員が、8月21日に水防工法訓練を実施しました。

水防技術の向上を図るため、消防団員、消防職員が協力し、3人1組で水をせき止めるための土のう120袋を作成し、

改良土のう積み工法を訓練しました。

kitafd_H280821_suibo1 kitafd_H280821_suibo2

kitafd_H280821_suibo3 kitafd_H280821_suibo4

ロープ結索 基本となるロープ結索確認しました。

kitafd_H280821_suibo5 kitafd_H280821_suibo6

土のう作成 3名1組で9袋程度の土のうを作成しています。

kitafd_H280821_suibo7 kitafd_H280821_suibo8

改良土のう積み工法 鉄杭、ブルーシート、土のうを使用し、防水壁を作成しています。

訓練参加者の皆様、暑い中おつかれさまでした。

     この講習は、乙種防火管理者の資格を取得するための講習です。

     全科目を修了した方に限り、修了証を交付します。

1 開 催 日  平成28年11月14日(月)

        午前9時10分~午後5時00分(受付 午前9時00分~) 

        ※ 遅刻は認めません。      

2 開催場所  中津川市千旦林1197番地の10

        坂本公民館(坂本事務所隣)TEL 0573-68-2001

3 受 講 料  無料 (ただしテキスト代4,000円が必要となります。)

4 受講定員  30名 (定員になり次第、申込みを締め切ります。)

5 対 象 者  乙種防火対象物(延べ面積が甲種防火対象物未満のものをいう。)の関係

        者。甲種防火対象物に入居するテナント等のうち次のいずれかに該当す

        るもの(小規模テナント等)

        1.養護老人ホーム等で収容人員が10人未満のもの

        2.飲食店、物品販売店など不特定多数の方が出入りするもので収容人

         員が30人未満のもの

        3.事務所、倉庫などで収容人員が50人未満のもの

        ※ 乙種防火管理講習の対象者であっても、甲種防火管理新規講習を受

          講することができます。

6 申込期間  平成28年10月1日(土)~10月31日(月)

7 申 込 書  中津川市消防本部予防課及び各消防署にあります。また、中津川市ホームページか

        らもダウンロードできます。

             【申込書はこちら】  【会場案内図はこちら】

            甲種防火管理者と乙種防火管理者の資格区分について

8 申込み先  ・中津川市消防本部 予防課

          TEL 0573-66-1619 内線222・223

         ・西消防署 予防係

          TEL 0573-68-5119

         ・北消防署 予防係

          TEL 0573-76-0119