消防本部

トップページ > 消防本部

消防本部

次のとおり、患者等搬送事業所に勤務する方で、患者等搬送乗務員適任証の交付を希望される方を対象に、「平成29年度患者等搬送乗務員適任者講習」が開催されます。

1 開催日時
(1)患者等搬送乗務員適任者講習(資格取得)
 平成29年8月1日(火)から3日(木)まで3日間 9:00~16:45
(2)患者等搬送乗務員適任者講習(車椅子専用)(資格取得)
 平成29年8月1日(火)から2日(水)まで2日間 9:00~16:45

2開催場所
 岐阜市美江寺町2丁目9番地
 岐阜市消防本部 4階研修室
 電話:058-262-7167

3講習定員
 20人

4使用参考書
 患者等搬送乗務員基礎講習テキスト
 ガイドライン2015対応(東京法令出版)各自持参

5受講者申込手続き
 希望者は、受講申請書等を中津川市消防本部救急課へ6月9日(金)までに提出してください。

問合せ先  救急課(電話  0573-66-2039)
        Eメール  kyukyu@city.nakatsugawa.lg.jp

2017年04月29日現在までに
件 発生しています

月ごとの発生件数
4月

0件

5月

0件

6月

0件

7月

0件

8月

0件

9月

0件

10月

0件


■熱中症を予防しましょう
熱中症は予防が大事!「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用し、十分な対策をとりましょう
  (政府広報オンライン)
熱中症から身を守る 予防法と対処法
  (政府インターネットテレビ)


 消防本部では、平成29年4月1日より、中津川市バイスタンダーサポート体制がスタートします。

 バイスタンダーサポート体制とは、現場に居合わせ、傷病者に対して応急手当を実施して頂いた方(以下「バイスタンダー」という。)をサポートする体制です。救急現場においてバイスタンダーへ応急手当に対する感謝の意を表すカードを配布し、バイスタンダーから応急手当を行ったことによる各種不安があった場合には、消防本部が「一次窓口」となり相談に応じます。更に心的ストレス等を感じられた時には、保健所又は精神保健センターを「二次窓口」としてご紹介いたします。この事業はバイスタンダーの皆さんの不安を軽減して、今後の更なる応急手当の実施と普及を期待するものです。

感謝カード うら.png感謝カード 表.png

3月28日に救急救命士が中津川市民病院で、気管挿管病院実習を修了し、中津川市民病院病院長より終了証を交付していただきました。気管挿管とは、心肺停止状態の傷病者に対し、気管内にチューブを挿入することにより、より確実な気道確保を行います。

今後は資格を有効に活用し、救命率の向上を目指します。

資格を取得した職員は北消防署に勤務している宮嶋保彦救急救命士です。

修了証授与.jpg集合写真.jpg

 平成29年3月17日(金)17時15分から、消防本部3階において、適切な応急手当によって人命救助に貢献された方々への中津川市消防長が感謝状を贈りました。

 【被表彰者】

    山岸 沙友里  様

    青山  鈴美  様

    林   厚子  様

    伊藤  正子  様

    安江   雄  様

 【内  容】

 平成29年2月4日(土)15時43分頃、苗木交流センターでサークル活動中に、突然意識消失し心肺停止状態に陥った女性に対し、その場に居合わせた方により迅速な119番通報、的確な心肺蘇生とAEDによる早期除細動などの応急手当を実施されました。

 救急隊到着時には傷病者は呼び掛けに対して開眼できるまでに回復しており、ドクターカー医師が救急車に同乗して中津川市民病院に搬送されました。

 これは、居合わせた方による迅速な通報と胸骨圧迫・AEDによる除細動と、救急隊、医師による救命処置の「救命の連鎖」がうまくつながったことによる救命事例です。

  

             DSCN1662.JPG  

          

            

     

             DSCN1672.JPGのサムネイル画像

警防計画発表会(下半期)

 
 中津川中核工業団地を管轄する西消防署では、査察を重ね警防計画の作成を進めてきました。

 先日、下半期警防計画の発表会を実施しました。最新の情報を共有して、今後の消防活動のあり方を検討しています。



nishifd-H290317-kebochosa1.JPG

開催にあたって



nishifd-H290317-kebochosa2.JPG

発表風景

平成29年3月総務省消防庁より、石原電機工業株式会社(中津川市千旦林)へ消防団協力事業所表示証が交付されました。

この表示証は、総務省消防庁長官が消防団活動に積極的に協力している中津川市消防団協力事業のうち、特に顕著な功績が認められる事業所に対して総務省消防庁消防団協力事業所表示証を交付するとともに、地域の消防防災力の充実強化等、一層の推進を図ることを目的としています。

IMG_0011.JPG

平成29年3月10日(金)中津川市消防本部に於いて、表示証交付式を行いました。

IMG_0015.JPG

 消防本部では、平成29年度の再講習会を下記のとおり開催しますので、受講を希望される応急手当指導員・普及員の方は

救急課まで申込をお願いします。

 再講習は3年に1度の受講が必要です。受講されないまま3年を経過しますと、認定が失効しますのでご注意ください。

 日   時   平成29年5月14日(日曜日)  9時から(3時間程度)

 場   所   中津川市消防本部 3階

 内   容   基礎技術及び指導技法の再確認

 持 ち 物   筆記用具、実技のできる服装

 受 講 料   無料

 申し込み  中津川市消防本部 救急課

       窓口、Eメール

 申込締切  平成29年4月28日(金曜日)

 問合せ先  救急課(TEL  0573-66-2039)

       Eメール  kyukyu@city.nakatsugawa.lg.jp  

 西消防署において、NPO法人防災士なかつがわ会に所属される防災士の指導員に対するロープワーク講習を行いました。

 巻き結び、もやい結びといった基本結索をはじめ、ハンマー、ポリタンクといった物に結着する器具結索、転落防止の命綱として使われるコイル巻きもやい結び等の結索訓練を実施しました。

 短時間ではありましたが、みなさん真剣に取り組まれ、スキルアップにご尽力されていました。
 

nishifd-H290303-bousaishi-1.JPG

ロープの特性(強度・伸び率)、取扱い上の注意について説明


nishifd-H290303-bousaishi-2.JPG

結索(蝶結び)に取り組む姿


 中津川市西消防署では、救急隊員の知識と技術の向上を目的とした「救急技術発表会」を2月21日に開催し、「低血糖発作」「胸痛を訴え心肺停止」「交通事故による外傷」を想定し訓練を行いました。手当の方法や連携等、今後の活動に活かしていきます。

nishifd_H290227_01.JPGnishifd_H290227_02.JPG

          傷病者の状態確保                     事故現場で傷病者を診る

nishifd_H290227_03.JPGnishifd_H290227_04.JPG

         点滴による回復補助                     質の高い胸骨圧迫