その他

ひとり親世帯・DV相談

◆母子家庭等相談◆

母子自立支援員が、母子・寡婦家庭等の方々の日ごろの生活にかかわる悩み等のご相談に応じ、問題解決にあたります。また、母子寡婦福祉資金制度についての相談・申請受付もおこなっております。相談料は無料で、電話でのご相談もお受けします。

相談日:月曜日~金曜日(9:00~17:00)
場 所:中津川市健康福祉会館 1階 福祉相談室)

◆母子寡婦福祉資金貸付制度とは◆

母子家庭及び寡婦の方の経済的自立の助長を図り、扶養している児童の福祉増進にに役立てるため、様々な資金を融資することを目的としています。
また、定められた期限までに必ず償還していただき、それを基に他の融資を必要とされる方に貸付を行う仕組みになっています。

<資金の種類>
修学資金・修業資金・住宅資金など12種類の貸付制度があります。資金ごとに貸付制度額・貸付期間・償還期間・利子等の条件が異なります。県内に住所を有し、資力と信用のある方で、借受人と連帯して債務を負う方(連帯保証人)が1人必要になります。

◆DV(ドメスティック・バイオレンス)相談◆

夫やパートナーからの暴力で悩んでいる方のために・・・

DVは長い間、家庭の中の問題、個人的な問題として見過ごされてきましたが、ようやく社会全体で取り組むべきという意識が高まってきました。苦しんでいるのはあなただけではありません。1人で悩まず、誰かに相談してみませんか。身体的な暴力、精神的暴力、経済的暴力・・・ これらはすべてDVです。

【 連絡先 】
母子家庭・DV相談 健康福祉部 福祉相談室
Tel:0573-66-1111(内)615・696
Fax :0573-62-0058

岐阜県配偶者暴力相談支援センター
Tel:058-274-7377

中津川警察署 生活安全課
Tel:0573-66-0110

※緊急時は110番してください

◆中津川市母子家庭等自立支援教育訓練給付金支給事業◆

「働きたい」と考えているひとり親家庭のお父さん、お母さんを応援します!

中津川市では市内にお住まいの母子家庭のお母さんの就業を支援するため、指定された講座を受講した場合に、受講料の一部を支給し、自立に役立てていただくために、平成20年7月から「中津川市母子家庭等自立支援教育訓練給付金支給事業」を開始しました。

対象となる人 市内に住所を有する母子家庭の母及び父子家庭の父であり、次の要件をすべて満たす人
・児童扶養手当を受給しているか、同様の所得水準にある人
・雇用保険法に基づく教育訓練給付の受給資格のない人
・講座の受講が就業のために必要と認められる人
対象となる講座 1.雇用保険制度の給付対象の教育訓練講座
2.就業に結びつく可能性の高い講座として国が別に定める講座
3.その他市長が特に認める講座
○以下を参照してください。
雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座
対象講座:ホームヘルパー、医療事務、ケアマネ等
給付金額 修了した講座の受講料の20%(上限10万円。4,000円を超えない場合は支給されません)
申請方法 対象講座の受講前に、福祉相談室へご相談ください。
対象となる場合は、対象講座の指定申請を行い、指定を受けた対象講座の終了後に給付金の支給申請をしてください。
申込・問合せ先 中津川市役所 市民福祉部 子ども家庭課
電話 66-1111(内)569

◆母子家庭等高等技能訓練促進費◆

母子家庭の母及び父子家庭の父が経済的自立に効果の高い資格取得のため、修業年限が2年以上の養成機関で修業する場合、生活の負担の軽減を図るため、高等技能訓練促進費を支給します。
事前に相談が必要です。

対象資格 看護師(准看護師)・介護福祉士・保育士・作業療法士・歯科衛生士など
給付金の種類 (1)訓練促進給付金・・・修業年限が2年以上の養成機関において修業中の期間、給付金を月ごとに支給します。
*通信教育は対象外です。
*平成25年4月より、支給月額が以下のとおりとなりました。
《支給月額》
非課税世帯 100,000円
課税世帯    70,500円
《支給期間》
養成機関修業中の全期間(上限24月)

(2)入学支援修了一時金・・・修業年限が2年以上の養成機関において修業をすべて修了した後、一時金を支給します。
非課税世帯 50,000円
課税世帯   25,000円
支給対象者 市内にお住いのひとり親世帯の父、母で、給付金の種類ごとの《確認時期》に次のすべての《要件》を満たす方。
(1)児童扶養手当の支給(全部支給または一部支給)を受けているか、児童扶養手当の支給要件と同等の所得水準の方。
(2)修業年限が2年以上の養成機関で修業し、資格取得見込みの方。
(3)就業または育児と修業の両立が困難な状況にあると認められる方(相談員との面談による)。
(4)過去に当該給付金の支給を受けていない方。
支給時期 (1)訓練促進給付金・・・原則として申請のあった日の属する月以降の各月おいて支給します。
※但し、平成25年度における父子家庭の父に係る訓練促進費の支給は、平成25年9月30日までに申請があった場合、支給対象者に該当するに至った日の属する月以降の各月において支給します。
(2)入学支援修了一時金・・・養成機関におけるカリキュラムを修了した日。
手続きについて 「ア 事前相談」
母子自立支援員へ電話予約(℡:0573-66-1111内線596)の上、ご相談ください。

「イ 訓練促進給付金支給申請」
1 支給申請書
2 母子家庭の母及びその児童の戸籍謄本又は抄本及び世帯全員の住民票の写し
3 児童扶養手当証書の写し又は所得証明書
4 世帯全員の住民税が確認できる書類
5 養成機関が発行する在席証明書 他
申込・問合せ先 中津川市役所 市民福祉部 子ども家庭課
電話 66-1111(内)569


中津川市からのお知らせ一覧はこちら