燃料電池自動車を通して環境学習をしました

| カテゴリ:できごと |

 8月28日に、3年生~5年生が、恵那市の山本石油の山本泰嗣さんを講師に迎え、燃料電池自動車を教材として環境学習を行いました。最初に教室で地球温暖化の原因やその影響についてや燃料電池自動車の仕組みについて学びました。その後、実際に燃料電池自動車に試乗させてもらいました。子ども達は乗り心地や加速のよさ、静かさに驚いていました。

 ガソリン車と違うこととして、燃料電池自動車は水素を燃料とするため排気ガスが出ないためマフラーは無く、水が発生することを自分の目で確かめ、環境に優しい車であることを学びました。

IMG_3101.jpgIMG_3092.jpg

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

 
  中津川市教育委員会