あゆみ(沿革史)

明治6年 村内今洞地区旧寺,梶浦氏の宗屋を仮校舎として開校。勤彊義校と称した。
9年 町切区尾越に新校舎落成。蛭川小学校と称した。
19年 蛭川尋常簡易小学校と称し,尋常・簡易の2科を置く。
24年 裁縫科を設け,尋常科の上に温習科を置く。
28年 棚田区下海途に新校舎落成。田原分校落成。
30年 高等科4年を設置する。
36年 農業補修学校を付設する。
37年 蛭川村2585番地,現在地に校舎改築
40年 学制改革により,尋常科6年・高等科2年となる。
43年 済美図書館開設。
44年 校舎改築。

大正6年 校舎増築。

昭和4年 校舎(東南舎)増築。第二運動場増設。
8年 第三運動場完成。
9年 校舎(中舎)増築。
11年 田原分校改築。
16年 蛭川国民学校と改称する。
21年 校舎(北西舎)改築。
22年 蛭川小学校と改称する。6か年となる。PTA発足。
36年 学校給食共同調理場完成。
38年 田原分校廃止,本校へ吸収。同分校舎に附属幼稚園設置。
40年 特殊学級設置。
43年 プ-ル完成。
46年 旧校舎(北舎・中舎・南西舎)を取り壊し,鉄筋校舎完成。 工事費1億6千万円。
47年 教育百年記念掲揚塔完成。
49年 PTA奉仕作業により,花壇新設。
52年 屋内運動場(フロア990 ㎡, 卓球場216 ㎡)
53年 第一,第二運動場を増設。
54年 「親子体力作り」の成果が認められ,岐阜県優秀校として表彰を受ける。
55年 交通安全教育の研究に取り組む。
56年 道徳教育の研究に取り組む。中学校跡地を学級園として整地。
57年 PTA総会で小中別単P組織に改められる。
58年 1階倉庫新設。
59年 道徳教育研究のまとめをする。
60年 蛭川村・福岡町教育研究会より,算数教育(2年間)の研究指定を受ける。
61年 算数教育中間発表をする。
62年 蛭川・福岡両教育委員会指定,算数教育本発表を行う。(11月12日)
63年 校舎外壁改修工事,屋上補修工事。(6月)

平成2年 特殊学級休級。校舎内部改装,電灯増設,水道設置。
3年 恵北地区教育委員会指定研究(社会科・生活科)を受ける。 新プ-ル完成。(11月)
4年 恵北地区教育委員会指定教育研究発表会(社会科・生活科)を行う。(11月12日)
7年 特殊学級を新設。飼育小屋柵設置。プ-ル渡り石設置。国際理解教育推進校指定を受ける。
8年 米に学ぶ親子教室設置事業実施校指定。優良子ども郵便局表彰を受ける。
飛騨・美濃ほほえみ情報交流推進事業、福祉協力校事業を実施。
9年 恵北地区教育委員会教育研究指定校を受ける。
関西電力大井発電所発電機改修に伴う100年後へのタイムカプセル埋設。
10年 恵北地区教育委員会指定教育研究発表会(10月30日)庄田全彦氏の彫塑指導により野焼きを実践する。
11年 大山錦子氏の絵画指導により多色版画、4コマ漫画の実践に取り組む。屋内体育館屋根の全面改修。
『手づくり絵はがきコンクール』に応募し理想教育財団より学校賞を受賞。
12年 パソコン室にネットワークを導入する。
14年 恵北地区教育委員会教育研究指定校を受ける。蛭川村福祉協議会より木製遊具の寄贈を受ける。
15年 恵北地区教育委員会指定教育研究発表会(算数科)を行う。(10月27日)
16年 蛭川かるたづくりに取り組む。2月10日完成。全戸、全児童に配布 。
2月13日付けで中津川市に合併。蛭川村立蛭川小学校から中津川市立蛭川小学校となる。
17年 県サポートyourプラン自主研究を受け、総合的な学習の時間等で「蛭川を知り、蛭川を愛する郷土学習」
に取り組む。

     18年 蛭川かるた競技大会の実施開始

19年 パソコン室に新規パソコンを導入。ネットワーク環境が整う。

20年 大規模耐震改修工事(第一期工事:校舎東側)が行われる。

21年 大規模耐震改修工事(第二期工事:校舎西側)が行われる。

22年 体育館大規模耐震改修工事完了。市指定教育課題推進指定(算数科)の研究発表を行う。(11月19日)

23年 第2グラウンドの横坂道補修。(ガードレール取り付け。坂の下の段差解消)

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

 
  中津川市教育委員会