「加子母の子どもたちを、学校・家庭・地域ぐるみで育てよう」をスローガンに、加子母教育協議会が中心となって毎年11月最終日曜日に「加子母教育の日」が行われます。

今年も、11月24日に実施されました。

地域の人たちが講師となり、加子母のよさや未来について考えました。

小学生は、次の学習を行いました。

◇1年生 「加子母に伝わる昔話の読み聞かせ」「加子母かるた」

 講師:図書ボランティア「ひなたぼっこ」のみなさま

112401.jpg

◇2年生 「加子母のよさを絵手紙に描こう」

 講師:福井 三月 様

112402.jpg

◇3年生 「明治座に学ぼう・歌舞伎を学ぼう」

 講師:加子母歌舞伎保存会のみなさま

112403.jpg

◇4年生 「森のはなし -森のはたらきを考えよう-」

 講師:加子母森林組合 内木 篤志 組合長様

112404.jpg

◇5年生 「加子母トマト50年の歩みと取り組み」

 講師:トマト生産組合 萩原 真 組合長様

112405.jpg

◇6年生 「洪水について学び・深め・伝えよう」

 講師:富山大学大学院理工学研究部 准教授 安江 健一 様

112406.jpg

また、岐阜聖徳学園大学 教授 水川 和彦 氏に基調講演をしていただきました。

「学校に未来の風が吹いている」と題した講演をとおして、約200名の地域の方、保護者の方と一緒に今後の学校のあり方について考えることができました。

11月22日午後、6年生は、デイサービスセンターを訪問し、利用者の方と交流しました。

班ごとに利用者の方と一緒に行う遊びを考えて訪問しました。

はじめは「緊張する」と言っている子もいましたが、利用者の方とお話するうちにうちとけていき、あっという間に1時間たちました。

最後は、合唱を披露しました。

「ありがとう!」と、声をいただいて、にこにこの笑顔で帰ることができました。

6年生の優しさが最大限に生かされたデイサービス訪問でした。

帰りのバスで「おばあちゃんが大好きだから楽しかった」とか、「こういう仕事もいいな」という子どもの声が聞こえ、大変意味のある活動になりました。

IMG_8294.jpgIMG_8320.jpgIMG_8321.jpg

6年生は、11月22日に、「すご技」の見学に恵那眼鏡に行きました。

恵那眼鏡では、一つの眼鏡フレームが作られるまでの工程を見学させて頂きました。

生地を切り取り、けずり、みがいてできあがっていく流れを真剣に見ていました。

ここで作られた眼鏡をかけて子どもたちもご機嫌でした。

IMG_8266.jpgIMG_8272.jpgIMG_8268.jpg

おいしいトマトをつくるために、たくさんのご指導をしてくださったトマト組合のみなさんに感謝の気持ちを伝える会をしました。

トマト組合の方々だけでなく、保護者のみなさんにも参加していただき、子どもたちは笑顔いっぱいでした。

会では、自分たちが育てたトマトを使ってピザやミートボールなどを調理し、食べていただきました。

当日まで、うまくできるか心配していた子もいましたが、会が終わると

「組合の方がおいしいと言って食べてくれてうれしかった。」

「うまくつくれてよかった。」

と、子どもたちは満足そうに話していました。

P1120422.jpgP1120432.jpgP1120438.jpg




11月の学校だより「やまばと」

| カテゴリ:お知らせ |

澄み渡った秋空のもと、マラソン大会が行われました。

子どもたちは11月に入ってから、朝、昼休みなど時間を見つけては運動場をたくさん走りました。

何分以内で走りたい、1番になりたい・・・などそれぞれに目標を決めてがんばったのです。

まさに本校の教育目標「めあてをもって やりぬく子」の姿です。

登校するやいなや、半袖短パン姿になって動き出す子がいて、やる気を感じました。

中には、力が出し切れるか不安そうな子もいました。

それでも、ご家族の応援もあり、子どもたちは最後まで力一杯がんばりました。

P1120457.jpgIMG_5962.jpgIMG_3310.jpgIMG_3396.jpgIMG_3407.jpgDSCF4722.jpgIMG_3353.jpgIMG_3272.jpgIMG_3280.jpgIMG_3234.jpgIMG_3211.jpgIMG_3161.jpg

6年生は、社会科見学に行ってきました。

明治時代の様子を学びに明治村へ行きました。

明治村に着くころには雨もあがり、紅葉が美しい中での見学となりました。

スローガン「協力して、楽しく真剣に学ぼう」を達成するためにも約束の「あいさつ、時間を守る、施設内の物を大事にする」を守ることを意識して活動できました。

夏目漱石の家を見学する際に「失礼します」と言って入るなど、礼儀正しく行動できました。

西郷従邸では、豪華な家具に興奮していました。

「ニトリでは買えないかな」という感想もあり、子どもの発想はおもしろいです。

教室では学べない貴重な体験を数多くすることができました。

IMG_9897.jpgIMG_9970.jpgIMG_9946.jpgIMG_9759.jpgIMG_9894.jpgIMG_8218.jpgIMG_9756.jpgIMG_9835.jpgIMG_9714.jpg

6年生は、総合的な学習の時間に「福祉」について学習しています。

社会福祉協議会の方や見守り隊の方などのご協力のもと、車いす・アイマスク体験をしました。

アイマスクを付けると何も見えなくなってこわいということや車いすも実際に乗ってみるとその人の気持ちが分かりました。

体験学習では、常に相手に「次はこうしますよ」など、優しい声をかけることができました。

こうすると、声をかけてもらう人は安心します。

体験を通して感じた気持ちを大事にして、困っていらっしゃる方やお年寄りに優しくできる人でいたいです。

IMG_8065.jpgIMG_8051.jpgIMG_8059.jpgIMG_8056.jpgIMG_8074.jpgIMG_8091.jpg

11月10日(日)に、舞台峠うまいもん祭で、かしもんグッズの販売をしました。

休日でしたが、たくさんの子どもたちがお手伝いに来てがんばりました。

子どもたちは、この日のためにたくさんの道具を準備し、当日も一生懸命声を出して販売しました。

道の駅でトマトを売ったときのようにはうまくいかないこともあり、ものを売ることの難しさを実感しました。

それでも振り返りをしながら、次にやるときには新たな工夫をしようと前向きに考えました。

売り手の苦労や工夫を学んだ素晴らしい経験になりました。

DSC_0190.jpgDSC_0187.jpgDSC_0189.jpg

1学期に名工大の藤岡研究室の学生さんと一緒に学校のビオトープの植物について採集し調べました。

そのまとめとして植物図鑑ができたので名工大の学生さんが4年生のみんなに届けに来てくれました。

その図鑑には、ビオトープで見られる植物や4年生が行った植物観察会の様子や全校のみんなが夏休みに描いた加子母の植物のスケッチなどが載っていました。

その植物図鑑を持って秋のビオトープに行きました。

にネームプレートをつけたり、秋の植物を探したりしました。

モミジ、ススキ、がまの穂、などを見つけ、秋の素敵な一日を過ごしました。

DSCF4585.jpgDSCF4560.jpgDSCF4568.jpgDSCF4571.jpgDSCF4575.jpgDSCF4582.jpg

メニュー

  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  29年度学校評価

  30年度学校評価

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

 

アーカイブ

リンク

 
  中津川市教育委員会