岐阜県PTA連合会は、PTA会員の皆さまに"発達障がい"についてさらに理解を深めていただき、適正な対応をしていただけるよう資料を作成されました。

以下からご覧いただけますのでご一読願います。

Vol.1 発達障がいの概要

Vol.2 学習障がい(LD)

Vol.3 注意欠陥多動性障害(ADHD)

Vol.4 アスペルガー症候群(ASD/自閉スペクトラム症の一つ)

Vol.5 発達障がいで困った時に(相談窓口など)

大川小学校「未来をひらく」プロジェクトに参加した5年生は、図工の時間5時間をかけて大川小学校の校歌の文字板を完成させました。

そして、1月12日に一般社団法人aichikaraの事務局長、志治友規さんにお越しいただき、完成した文字板をお渡ししました。

代表児童が、巨大津波により命を失った方々の思いを胸に、心を込めて文字を彫ったことを話し、志治さんに手渡しました。

志治さんからは、この経験を生かして、起こりうる様々な災害を予測し、自分で考えて行動ができる人になってほしいという願いを語っていただきました。

完成した校歌額は東日本大震災の教訓を次の世代へと伝えていきます。

DSC_0832.jpgDSC_0834.jpgDSC_0836.jpgDSC_0839.jpgDSC_0841.jpgDSC_0846.jpg

チラチラと雪が降る寒い日、全校書き初め大会が行われました。

12月から冬休みにかけて練習してきた文字を一画一画、一筆一筆丁寧に書きました。

静寂の中、新年の抱負を胸に抱きながら心を穏やかにして書きました。

作品は、教室前に掲示します。

(書き初め展は行いません。)

1.jpg 2.jpg 3.jpg

4.jpg 5.jpg 6.jpg

冬休みが終わり、子どもたちが学校に戻ってきました。

休み明け集会がテレビ放送で行われ、校長、生徒指導主事、教務主任、養護教諭がそれぞれ話をしました。

生徒指導主事や教務主任からは、年度の終わりに向け、なりたい自分になれるよう、生活面・学習面から全校で取り組むことについて話がありました。

養護教諭は、健康で過ごせるように「手洗いの仕方」「マスクのつけ方」「水分をこまめにとること」「思いやりの気持ちをもってコロナ禍を過ごすことの大切さ」を指導しました。

IMG_3101.jpgIMG_3100.jpgIMG_3103.jpg

以下は校長の話


加子母小学校のみなさん、あけましておめでとうございます。

新しい年を迎えました。

今年は令和3年。西暦では2021ですね。

さて、今年は12支でいうと何年でしょうか?

そう、うし年ですね。

今日は、牛にちなんだ話をします。

絵を見てください。(ミロが牛を持ち上げている絵)

大きな牛を持ち上げていますね。

この人は、「ミロ」という名前で、およそ2500年ほど前、イタリアという国で活躍したレスリングの選手です。

ミロははじめから力持ちではありませんでした。

では、どうして牛を持ち上げることができるようになったのでしょうか?

考えてみましょう。

ミロは、子牛が生まれてから、その子牛を毎日毎日自分の肩まで持ち上げました。

子牛は少しずつ重くなりますが、持ち上げるミロも少しずつ力がついていきました。

そして、あんなに大きな牛を持ち上げることができるようになったのです。

みなさんには「なりたい自分」というめあてがあります。

そのめあてに向かって、自分で考え、仲間とつながりながら、ちょっと難しいことにも挑戦しています。

めあてに向けての取組もあと3ヶ月になりました。

この3ヶ月、それぞれに目標をもって取り組みますが、例えば

毎日、自分から30人にあいさつする。とか

1時間の授業で3回手をあげる。 とか

毎日、5人の友だちのよいこと見つけをする。 とか

一週間に2さつの本を読む。というように、できたことが「ハッキリ」する目標を立てるといいですね。

大切なのは、コツコツと続けることです。

そして、6年生は卒業式までに、1年から5年生は学年の終わりまでに

「なりたい自分」になっている。近づいているとうれしいです。

これで私の話は終わりです。

学校薬剤師の西野 勝先生にお越しいただき、6年生の薬物乱用防止教室を行いました。

たばこ、酒、覚醒剤等、様々な薬物の怖さを実験を交えて教えていただきました。

子どもたちは、最後まで真剣に話に聞き入り、薬物について考えることができました。

ペアになり、薬物をすすめられた場合の断り方を実際にやってみることもしました。

以下は子どもたちの感想です。

◇ぼくは薬物のことを知って、将来お酒を飲むのを少なくしたり、タバコを吸わないようにしたりして、健康に過ごそうと思ったし、絶対に薬物に手を出さないようにしようと思いました。

◇ゼッタイに使用しないように気をつけないといけないけど、もし使ってしまったら、誰かに相談できるようにもならないといけないと思いました。

◇今まで、薬物はだめだと思っていたけど、今回の学習でもっとだめなことだと知ることができてよかった。私が質問したMDMAのことでは、せっかく人のためにつくったのに、そういう自分の欲や満足の目的で使用するなんてひどいと思いました。

◇私は将来タバコや薬物を絶対に使いません。お酒はもしかしたら飲んでしまうかも知れないけど、一回の量をしっかり考えたいです。

DSCF5290.jpg DSCF5296.jpg

DSCF5293.jpg DSCF5299.jpg




12月の学校だより「やまばと」

| カテゴリ:お知らせ |



12月16日 雪遊び

| カテゴリ:できごと |

雪が積もりました。

昨年は雪が少なく、雪遊びができた日はほとんどありませんでした。

子どもたちは、大喜びで雪玉を投げたり、雪だるまを作ったりして思う存分遊びました。

IMG_3063.jpgIMG_3062.jpgIMG_3061.jpg

児童会の体力・安全向上委員会が「なわとび大会」を企画し、12月16日に行われました。

寒さに負けず、体力をつけようと計画された会です。

1年生から6年生まで多くの児童が積極的に参加し、1分間に前回し跳びで跳べる回数を競いました。

記録が更新されるたびに大きな拍手が体育館に響きました。

各学年の記録は校内に掲示され、今後も何回か行う予定だそうです。

冬の体力作りに向けていいめあてができました。

IMG_3056.jpgIMG_3060.jpgIMG_3057.jpgIMG_3058.jpgIMG_3059.jpg

一般社団法人aichikaraさんが、以前から復興支援をしている東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻市立大川小学校の校歌額を復興させるプロジェクトを立ち上げられました。

その趣旨に賛同し、本校もこのプロジェクトに5年生が参加させていただくことになりました。

この日は、Aichikaraさんの石原代表と志治事務局長より、東日本大震災の被害の様子や その後の支援の様子、本プロジェクトの趣旨説明をしていただきました。

そして、加子母小学校5年生へ参加要請がありました。

子どもたちは早速校歌の文字を彫り始めました。

一人一文字ずつ、被害にあわれた方々への思いを込めながら。

IMG_3034.jpgIMG_3020.jpgIMG_3033.jpgIMG_3021.jpgIMG_3036.jpgIMG_3035.jpg

後期からクラブ活動が始まりました。

今年は「歌舞伎クラブ」を立ち上げました。

加子母の明治座では毎年歌舞伎公演が行われています。

本校の子どもたちの中には、毎年この公演に出演している子がいます。

また、毎年公演を観に行くのを楽しみにしている子もいます。

加子母で大切にしている歌舞伎に挑戦したいと思っている子もいます。

しかし、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のために来年に延期となりました。

残念な思いをしている子がたくさんいるのです。

そういった様々な思いを受け止め、少しでも歌舞伎への気持ちをつなげられればとクラブを始めました。

地域の歌舞伎保存会の方にはご無理を言って指導をしていただくことになりました。

ありがたいことです。

「白浪五人男」を2チームに分かれて練習しています。

うまくできて、「あー練習した甲斐があった。」と喜んでいる子がいました。

家や休み時間に台詞の練習をしたようです。

だんだん上達していくのが楽しみです。

IMG_E3015.jpg IMG_E3014.jpg

IMG_E3017.jpg IMG_E3016.jpg                   

メニュー

  学校紹介

  住所・問合せ先

  令和2年度学校経営方針.pdf

  29年度学校評価

  30年度学校評価

  元年度 学校評価

  警報発令時の対応.pdf

  いじめ防止基本方針

 

アーカイブ

リンク

 
  中津川市教育委員会