6年生の最近のブログ記事

島倉先生による歯科指導がありました。

今回は、コロナの関係でいつものような活動(硬い食べ物と軟らかい食べ物をかむことを通してかむことの大切さを学ぶ。自分の歯肉を撮影、観察する・・・等。)を通して学習することはできませんでした。

その代わりに島倉先生からいろいろなお話をうかがって歯の大切さを学びました。

ありがたいことです。

各学年、次のことを学びました。

1年:「上手な歯磨きの仕方を覚えよう!」

2年:「歯の王様、6歳臼歯!」

3年:「虫歯はどうやってできるのだろう?」

4年:「しっかり噛むと何がいいの?+虫歯のでき方」

5年:「だ液のはたらきを知ろう!」

6年:「歯肉炎の予防の仕方を考えよう!」

学習をした日の給食は、自分でたくさんかむことを意識して、かむ回数を数えるなど学んだことをやってみようとする姿が見られました。

IMG_2931.jpgIMG_2929.jpgIMG_2930.jpg

昨年度に続き、地域と連携して不審者対応訓練を行いました。

加子母小に不審者が侵入すると防災無線で、協力要請のアナウンスが流れることになっています。

それを聞いた地域の協力者の方が小学校に駆けつけて、職員と協力して不審者に対応するのです。

今年も不審者に扮した警察官が教室に侵入したところから訓練は始まりました。

教師や児童が「不審者が侵入した」という合図のホイッスルを次々に鳴らしながら決められた場所に避難しました。

泣き出したり、教師にしがみついたりする子もいましたが、真剣に取り組んだ証拠です。

地域の方や教員が犯人に対峙している間、児童は静かに待っていました。

最後に加子母駐在所員と不審者役の警察官から話を聞きました。

「知らない人にはついて行かない。」

「何か異変があったらすぐにまわりの大人に話す。」

「いざという時に、自分で考えて行動できるようにする。」

など、自分の命を自分で守るために大切なことを学びました。

また、児童の命を守る大人たちも、警察官より不審者と対峙する場合に気をつけることなどの指導を受けました。

地域の宝である児童が安全に暮らせる加子母であるためにまた一歩前進しました。

IMG_1783.jpgIMG_1784.jpgIMG_1786.jpgIMG_1781.jpgIMG_2921.jpgIMG_2919.jpg




11月13日 6年生 断層観察

| カテゴリ:できごと, 6年生 |

6年生は加子母出身の富山大学准教授 安江健一先生のご指導で、地域の断層観察に行きました。

先輩が作った断層の説明看板が立ててある場所まで行き、断層によってできた地形を観察したり、断層が起きるメカニズムをモデルで考えたりしました。

CIMG7624.jpgCIMG7628.jpgCIMG7656.jpg

また、縦ずれ、横ずれ それぞれの断層のズレの幅を測量する体験もできました。

CIMG7663.jpgCIMG7685.jpgCIMG7710.jpg

11月29日の「加子母教育の日」には、安江先生と看板のリニューアルに取り組みます。

明治座クラッシクコンサートの、出張コンサートが加子母小学校体育館で行われました。

本物の音楽を子どもたちに聴かせたいと始まったこのコンサートです。

今年も有名なクラッシック曲に加え、アニメソングの主題歌など、子どもたちが親しみやすい曲も演奏してくださいました。

子どもたちは美しく迫力のある音色に聴き入っていました。

45分ほどの時間でしたが、バイオリンや、チェロの質の高い音楽を聴くことができ、貴重な時間となりました。

DSCF7366.jpg

6年生は、英語の時間に東濃高校の国際クラスの生徒の皆さんと交流をしました。

毎週学習している英語で加子母や加子母小学校の自慢や好きなところを伝えたのです。

英語が相手に伝わるように繰り返して練習をした成果が出て、なかなか見事な発音でした。

自分の英語が外国の人に伝わるとうれしいものです。

どの子も笑顔で話すことができました。

また、自由に質問をする時間がありました。

好きなアニメやアイドルのことなどを尋ね、返ってきた言葉に大歓声があがりました。

共通の話題で盛り上がり、年齢や生活の環境の違いを感じることなく心が近づいた気がします。

IMG_2812.jpg IMG_2813.jpg

後期の始業式をテレビ放送で行いました。

校長の話の中では、「このほんよんでくれ!」という絵本の読み聞かせがありました。

登場する動物たちの姿から、「こんな自分になりたい。」という一人一人の願いを再確認できたのではないかと思います。

引き続き、生徒指導主事と教務主任から、後期のスタートにあたって全校で取り組むことについて話がありました。

子どもたちが前期で身につけた力を活かしながら、新たな課題をもって「なりたい自分」づくりに向けて前進する後期にしていくことを期待しています。

IMG_2800.jpgIMG_2798.jpgIMG_2797.jpg

前期の終業式が、テレビ放送で行われました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため長い休みがあり、81日間の前期でした。

以下、校長の話を掲載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさん、おはようございます。

日に日に寒くなってきましたが、毎日みなさんの元気な姿が見られてうれしいです。

さて、今日は前期最後の日です。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、長い休みがあり、教室での授業が始まったのは6月からでした。

それでも、4月5月にみなさんは家で担任の先生が作られた動画やオンラインでめあてをもって学習をやりぬいたおかげで学校でもすぐに落ち着いて学習をすることができました。

今年みなさんは、「こんな自分になりたい」という大きな目標をもち、その目標をするために小さな目標にコツコツと取り組んでいます。

教室の後ろにはってある一人一人のカードからもがんばりがよく伝わってきて私はいつもうれしい気持ちになります。

それぞれの学級でも、なりたい学級、つまり学級目標が達成できるようにたくさんのことをがんばりましたね。

その中の少しですが、順に紹介します。

◇ささゆり学級の目標は「考える」です。

そして、よく考えて行動することで「すごい自分になる」ことを目指しています。

前期は、たくさんの係の仕事をきちんとやりぬくこと。

一本一本の線の長さまで気をつけて漢字を丁寧に書くこと。

4年教室に入るときには大きな声であいさつすることなどをがんばりました。

◇ひまわり学級の目標は「最後までやる(元気 楽しく 思いやり)」です。

いつも思いやりの気持ちをもって仲よく生活できました。

4年生は1年生にたくさんのことをやさしく教えました。

1年生はそれをよく聞いて、できることが増えました。

◇1年生の目標は、「いっぱい!」です。

いっぱい失敗しても大丈夫という気持ちで挙手が増えました。

みんな元気いっぱいでした。

楽しく笑顔いっぱいですごせました。

◇2年生の目標は「カラフル」です。

その子なりにがんばったこと、一人一人のいいところを認め合い、励まし合って仲よく過ごしました。

「それでいいんだよ。」という声かけがたくさんありました。12人それぞれ違った色があるカラフルな学級です。

◇3年生の目標は、「元気にぐんぐんのびる」です。

特に3つのことがぐんぐん伸びました。

仲間を見て話す思いやりの気持ちが育ってきました。

音楽に合わせて手洗いをきれいにやりきりました。

新しい教科社会・理科など全力で考え、挙手発言をがんばりました。

◇4年生は、「笑顔で挑戦」という目標です。

自分や学級の目標に向かって「笑顔で挑戦」することで

自分から、授業の挙手発言やあいさつをたくさんするようになりました。

人にやさしく注意ができるようになりました。

そして、仲間と協力して掃除や班の活動ができました。

◇5年生は、「リーダー」が目標です。

6年生に向けて、「自分で考えて行動する」ことを心がけました。

そのおかげで、宿泊研修では学校と同じように静かに食事をしたり、きれいに手指消毒をしたりすることができました。

運動会では、6年生を支えつつ、自分がやるべき所では前に出でリーダーとして声かけなどをがんばりました。

◇6年生は、「HERO」協力、やり抜く、自分で考えるという目標です。

前期は運動会で自分たちを高めようとがんばりました。

友だちを誘い合う

声を出す

時間を意識する という学級目標に関わる3つのことにこだわって最上級生としてやりきり、満足できた運動会でした。

それぞれに大きな成長があったこと、とてもうれしいです。

12日の月曜日から後期が始まります。

気持ちを切りかえて、前期にできたことは引き続き大切にしながら、うまくいかなかったことや もっとがんばりたいことなどめあてをもって力一杯やりぬいてください。

失敗をこわがらないで挑戦し、大きくなっていくみなさんを応援します。

これで、お話を終わります。




10月5日・6日 修学旅行

| カテゴリ:できごと, 6年生 |

6年生は10月5・6日に修学旅行に出かけました。

今年は、コロナウイルスの影響により、岐阜県内の旅行となりました。

高山の古い町並みや世界遺産白川郷、そして岐阜の鵜飼、岐阜大仏、うかいミュージアム、八百津町の杉原千畝記念館を2日間かけて見学しました。

岐阜県にも世界に誇れる文化、歴史があります。

それらを十分に学ぶことができました。

また、修学旅行のめあて「当たり前を大事にし 楽しく学べる修学旅行にしよう。」を達成するために、あいさつ、時間を守ることなど、学校でできていることを旅行中にもできるように心がけました。

新型コロナウイルスから自分の身を守るために、手洗いやマスク着用、密を避けることなども今では「当たり前」にやるべきこと。新しい生活様式です。

安全にも気をつけながら、楽しむことができました。

自分だけでなく、まわりの人たちも安心して楽しむことができるように考えて行動することが社会人としてあるべき姿だということも学べた修学旅行でした。

DSC_0613.jpgDSC_0589.jpgDSC_0591.jpgDSC_0556.jpgDSC_0551.jpgDSC_0493.jpgDSC_0482.jpgDSC_0497.jpgDSC_0583.jpgDSC_0517.jpgDSC_0533.jpgDSC_0475.jpgDSC_0460.jpgDSC_0557.jpgDSC_0563.jpg

6年生は、岐阜県博物館とオンラインで社会の学習をしました。

この日は、阿木小学校の6年生も一緒でした。

はじめは、案内役の先生に館内を簡単に紹介していただきました。

白川郷の合掌造りの模型や昭和の家庭の様子を再現した部屋などを見て、気がついたことをたくさん発表しました。

また、史料をもとに昔のことが詳しくわかる理由を考える学習もしました。

この学習をきっかけに、博物館に興味をもったことと思います。

IMG_2678.jpgIMG_2677.jpg

久しぶりに、読み聞かせのボランティアサークル「ひなたぼっこ」の皆さんによる読み聞かせがありました。

いつもは教室で対面により行うのですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインで行いました。

パソコン教室でカメラに向かって読み聞かせをしていただき、子どもたちはその映像を各教室のモニターを見ながら聞きます。

この日は、加子母の昔話である「鹿の湯の話」と「きつねばかし」を聞きました。

最後まで楽しんで聞くことができ、次回も楽しみになりました。

IMG_2652.jpg IMG_2653.jpg

IMG_2654.jpg IMG_2655.jpg

メニュー

  学校紹介

  住所・問合せ先

  令和2年度学校経営方針.pdf

  29年度学校評価

  30年度学校評価

  元年度 学校評価

  警報発令時の対応.pdf

  いじめ防止基本方針

 

アーカイブ

リンク

 
  中津川市教育委員会