川上小学校の歴史

川上小学校の歴史を紹介します。(「川上学校小史」より)

明治 5年 学制発布 民家を利用した仮校舎で「義校」(明道義校)を開設 

old_school_001

明治 9年 「明道学校」として、木造瓦葺き2階建て校舎落成

old_school_002

old_school_004

明治22年 市町制度の実施で、坂下村川上区となる。学校は、「坂下村立尋常小学校」と改称。

明治42年 新校舎を現在地に建築。

大正 4年 「川上尋常高等小学校」と改名

大正10年 給食開始 (この年代からの給食実施は全国的にもめずらしい)

昭和16年 「川上国民学校」と改称

昭和17年 学校給食が通年となる

昭和22年 新学制(6・3制)開始、「川上村立川上小学校」に「川上中学校」を併設する

old_school_003

昭和27年 川上村教育委員会設置

昭和29年 給食室を設置し、完全給食を実施

昭和36年 TV設置

昭和39年 生牛乳による給食になる

昭和41年 新校舎(鉄筋コンクリート4階建て・ボイラによる全館暖房)完成old_school_006

昭和43年 知多半島山海海岸で海浜学校を始める

昭和54年 小中併設校が分離し、「川上小学校」と「川上中学校」となる

昭和58年 小学校小規模校体力づくり優秀校表彰。

平成 2年 山まゆ飼育を教育活動に取り入れる

old_school_005

平成 7年 環境モデル校の指定を受ける。山まゆ飼育で奨励賞受賞。

平成15年 校舎及び体育館耐震補強工事実施。

平成16年 市町村合併により中津川市立川上小学校となる。(平成17年2月13日)川上中学校閉校。

平成19年 ランチルーム給食を始める。

平成20年 市指定研究発表会(国語)を行う。

平成21年 文部科学省指定「生徒指導総合連携推進事業」の発表を行う。

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

カテゴリ

アーカイブ

リンク

 
  中津川市教育委員会