DSC_00770088000400930003

7月28日(木)、苗木小学校の運動場が整備されました。水はけを良くするための工事です。

運動場に絶妙な傾斜をつけて土を相当量入れました。

それを整備してくださったのが、中津川市建設業組合の17社から参加していただいた青年部の方々です。

測量し、土をならし、絶妙な傾斜を付けるのです。

その技術にGPSブルドーザーがあります。GPSで傾斜を測定し、自動で土をならすそうです。

事業に参加した5年生児童は、その仕組みを教えてもらい、測量の仕方や重機の乗車、操作まで体験しました。

最後にドローンを活用して記念撮影。

将来、こういう仕事で活躍する子が育つかもしれません。




生活科で苗木保育園児と交流しました!

| カテゴリ:2年生 |

2年生児童が生活科で、保育園を訪問し、園児と交流する活動をしました。(7/13)

保育園の子に

・どんなことをしたら仲良くなれるのか

・自分たちの紹介はどうするのか

・楽しい交流にするために工夫するとよいことは など

2年生児童はいろいろと考えました。

先生と相談し、ペープサート劇、歌、自己紹介などを計画し、保育園を訪問。

相手の気持ち、相手の立場を考えて、工夫したり、計画したりしました。

その時には児童は知恵を出し合うことになります。

そこが生活科学習の大切なところです。

園児のみなさん、保育園の先生方、ありがとうございました。

その時のスナップです。

DSCF6424DSCF6431DSCF6446DSCF6457無題

4年生児童が苗木の狩宿川でカワゲラウォッチングをしました。(7/11)

協力いただいたのは、市役所環境政策課の方々と恵那漁協の方々です。

専門家は心強いです。

子どもたちは目を輝かせ、いざ川へ。

「おったー。」「つかまえたー。」

「これはなんて生き物かな?」など。

意欲の高さと実践力はピカイチの4年生です。

仲間と交代しながら箱めがねやタモを使っています。

見つかったのは、

・ドジョウ

・カワヨシノボリ

・カワニナ

・トビケラ など

カワゲラは見つかりませんでしたが、多様な水生生物を発見し、まだまだきれいな川であることを実感しました。

学びは、次のようなことでした。

・ゴミを捨ててはいけない。

・米のとぎ汁を流さず、植物に与えると良い。

・洗剤は使いすぎない。

・狩宿川は、結構きれい。守りたい。ホタルもいるから。

・いろいろな生き物がここで生きている。環境を壊さないようにしないと。

など

スナップを紹介します。

DSCN3585DSCN3592DSCN3594

DSCN3605DSCN3608

「グループで協力し、全員が楽しく歴史を学ぶ最高の修学旅行にしよう!」

これが今年の6年生の修学旅行テーマ。

素敵なめあてです。

・自分たちで判断し、実行する

・全員で同じ楽しみを共有する

・社会科での学びを広げ、歴史を感じる

実に目的意識の強い修学旅行でした。

あいさつにあふれ、笑顔に満ち、相談したり、考えたり、気付いたりする姿。

いろいろな方が「あいさつや集団行動がやさしくでき、すばらしい子どもたちですね。」とほめてくださいました。

一部、児童の気付きを紹介します。

・『清水の舞台から飛び降りる』意味がよくわかった。使われている木の太さ、量がすごかった。

・二条城、ウグイス張りは敵を知る音だった。仕組みもたいしたものだ。

・金閣寺の鳳凰は不思議だった。生き物11種が混ざっていた。なぜなんだ。

・金閣寺の金色はピカピカ。鳳凰も不思議である。

・東大寺、仁王像、一度壊れたら立て直せない。歴史的建築物を大切にしなきゃ。

・奈良の鹿はかわわいい、とってもかわいい、でもこわい。

・法隆寺のエンタシス、触ってみた、不思議な感じ。千何百年も続いている。

・あいさつとなかよし、さらに仲間の絆が深まった。

・自分たちで創りあげた修学旅行、宝が増えた。FIRST STARをめざす。

~一千年も続く本物の歴史的建造物とその空気に触れ、仲間と活動し、気付き、

自分たちの生き方を少し見つめた修学旅行でした。~

体験スナップを紹介します。

DSC_1608P6150014DSC_1718DSC_1692DSC_1759CIMG0511CIMG0642CIMG0741DSC_1922CIMG0769P6160226CIMG0864P6160240DSC_2039DSC_2016DSC_1791

IMG_1808IMG_1820

IMG_1822IMG_1812

雨の日、休み時間になると、いろいろな学級で学習をしている子がいます。

もっとわかるようになりたいと自分から復習、練習をしています。

そこに登場するのが「学習お助け部隊」です。

「学習お助け部隊」は6年生の児童です。アイデアを出したのも6年生児童です。

教えてもらっている子は自分から願って参加しています。

「これでいいのかな?」・・・・・「そうそう、それでいいよ。」

「この計算の仕方を教えて。」・・・・・「これはね、こうするんだよ。」

子どもが自分にできることを考え、子どものために実践する活動。

ほほえましい光景がいろいろな学級で見られます。

各担任の先生方もありがたいと思って、子どもの教え合いの様子を見ています。

苗木小学校が大切にしている学習アップ・生活アップの取り組み。

人に言われず、自分たちから行っているところに大きな価値があります。

「ありがとう。お兄さん、お姉さん。わたしたちも6年生になったら活動するよ。」

みんなが心の中で思っていることでしょう。

 

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

 
  中津川市教育委員会