地域貢献の最近のブログ記事

 本日8月20日の早朝学習会には、中津高生と恵那高生あわせてなんと19名の高校生ボランティアが集まってくれました。

 本日学習会を計画していたのは1年生。ほぼマンツーマンで個別に指導を受けることができました。あっという間に2時間の集中した学習会が終わりました。

 あと、21日は2年生と3年生、24日は1年生と2年生の早朝学習会が予定されています。

z-P8201030.jpgz-P8201041.jpgz-P8201032.jpgz-P8201038.jpg

 4時50分、あんどん祭がスタートしました。

 ステージでは、いろいろな出し物が披露される中、最後の出し物として苗木中3年生が「苗木中ソーラン」を披露しました。毎年、あんどん祭では、3年生がステージに上がって踊らせて頂いています。

 次の日は、片付けに苗木中生のボランティアが参加させて頂きました。

 地域の皆さんで、苗木中生を育てていただき、本当にありがとうございました。

z-20180814_191942.jpgz-20180814_195004.jpg

 本日行われる「あんどん祭」では、苗木中生がいろいろな所でお手伝いさせて頂きます。

 「木枠洗い」「会場設営」「あんどんの絵貼り」「会場アナウンス」「片付け」などで、祭の運営に関わらせて頂きますので、よろしくお願いします。

 また、ステージでは、3年生が「苗木中ソーラン」を披露させて頂きます。

 写真は、午前中に会場設営をしている風景です。

z-IMG_2230.jpgz-IMG_2232.jpgz-IMG_2234.jpg

 8月8日、大垣市スイトピアセンターにおいて、第40回少年の主張岐阜県大会が行われました。県内各地区からの代表17名が、5分の持ち時間の中で主張を展開しました。

 東濃代表の一人、苗木中学校山田君は、自分達の住む町のために自分にできることは何か考え、学年で企画し進めていった地元の観光PR活動を通して、地域に対する愛情が芽生えていったことを、堂々と語りました。結果は優秀賞でしたが、地域の未来に向かって打って出たという新しい主張だったと思います。

z-少年の主張県大会.jpg

 8月7日、市内12中学校の生徒会役員が一同に集い、生徒会サミットが行われました。午後からは議場で、リニアをもとにした町おこしについて各中学校が市長さんや市議会議員達に提案しました。苗木中学校生徒会は、「リニア橋を透明化して、リニアが走るところを見ることができるようにし、観光客を呼び込んではどうか。」と、透明トンネルの中をリニアが走る模型を提示しながら提案しました。確かに、走るリニアが間近で見られたり、苗木城から木曽川をわたるリニアが見られたら、魅力的です。

 記事の写真の中で提案しているのが、苗木中生徒会役員達です。

z-生徒会サミット.jpg

 7月9日、島崎藤村文芸祭実行委員会市川会長さん、中津川市俳句作家協会・中津川市短歌協会の皆さんをお招きし、国語の「俳句づくり」の授業をして頂きました。各学年毎に、1時間ずつの授業でした。

 会長さんの説明の後、グループに分かれて俳句作りにかかりました。季語を選ぶところから、作品完成まで約1時間の授業でした。最後はグループから選ばれた優秀作品を、全体の前で発表し、講師の先生に批評して頂きました。

 この作品は、あんどん絵に書き込んで、あんどん祭を盛り上げます。

z-P7091006.jpgz-P7091008.jpgz-P7091014.jpgz-P7091016.jpg

 6月28日(木)、市長さんが苗木中学校を訪れ、3年生の生徒と懇談をしました。

 市長さんが来校されたいきさつは、3年生が地元の観光PRをしてきた新聞の記事が、市議会で話題になり、それを受けて市長さんが生徒たちと懇談したいと希望され、実現したというわけです。

 生徒から簡単な報告をした後、市長さんからお話を頂きました。

 「皆さんは、少子高齢化、人口減少が進む地元のために『自分達にできることは何か。』を考え一生懸命活動してくれました。今度は私たち(大人)が皆さんのまねをしなくてはいけない。いずれ中津川に帰ってきてください。帰ってきてくれるよう一生懸命やりたい。」という言葉もかけて頂きました。

z-DSCN9459.jpg

 

 z-少年の主張 中日新聞.jpg

 6月25日、中津川市の少年の主張大会が苗木中学校を会場に行われました。

 市議会副議長、審査員、市内校長、各種団体、地域の皆様をお迎えし、苗木中学校生徒会の司会で、市内各中学校の代表12名が、それぞれの主張を語りました。主張のあとは、苗木中学校の紹介と3年生合唱、全校合唱を聴いていただきました。

 審査の結果、「苗木観光PR活動を通して故郷苗木に愛着をもち、自分の住む町に貢献していきたい。」と主張した、苗木中学校3年生山田君が最優秀賞を獲得しました。

 山田君は、7月11日19:30から苗木公民館で行われる「青少年健全育成推進市民会議苗木支部会議」の冒頭でも、主張を発表します。

z-DSC02747.jpgz-DSC02745.jpgz-DSC02788.jpgz-DSC02798.jpgz-DSC02809.jpg

  ペンキボランティアが行われた同じ日、同じ時間に、32名の生徒たちが苗木交差点の花壇の花植ボランティア作業を行いました。

  「苗木花の会」の皆さんに、準備やご指導をして頂き、お手伝いをさせて頂きました。ありがとうございました。

  苗木中学校生徒のボランティアへの関心は高く、募集すると毎回多くの生徒が希望します。

                中日新聞  6月15日(金)

z-ooo.jpg

 

取り組みの過程も、載せていただいています。

z-三野新聞 長崎.jpg




地下道ペンキ塗りボランティア

| カテゴリ:できごと, 地域貢献 |

 苗木小学校まえの地下道のペンキが、剥がれかけたり汚れていたりしました。苗木事務所からの話があり、6月9日に、ペンキ業者さんの指導のもと、苗木中生ボランティアと民生委員さん方で、地下道のペンキ塗り作業をしました。階段の壁がきれいに塗り替えられたとともに、苗木城と龍の絵が修復されました。

 ペンキ業者の皆さん、民生委員の皆さん、そして生徒ボランティアの皆さん、ありがとうございました。

z-P6090947.jpgz-P6090944.jpg

「一番最初にやった署名活動で、始めたときはあまり声を出せんかったけど、だんだん時間がたつにつれて、高校生の方にアドバイスをもらって、声が出せるようになっていきました。活動しているとき、『僕は(核兵器廃絶に)反対だな。』と言われて、その方は小学校3年生で被爆した方で、そう聞いたときに、どうしていいかわかりませんでした。だけど、素直に『原爆を落とされないように自分の国は自分で守りたい。』と言ってくれて、改めて核がある世界が平和なのかを考えさせられました。この3日間、自分が思う平和というものが知っていけるなら、とてもいいかなと思います。(夜)先生の話のあとに、親の手紙を読んだらめっちゃ泣けました。だから、私は人を大切にしていきたいな、と思いました。」女子

 みんな核廃絶に反対はしないと思っていた生徒ですが、思いがけない意見に出会い、さらに考えさせられました。いろいろな考えがあることに触れ、自分とは違う想いを排除することなく、さらに考え続けて自分なりの答えを見つけていって欲しいと願っています。

「今回の研修旅行で一番印象に残っているのは、署名活動です。なぜかというと、初めてと言っていいほどの『やりきった感』があったからです。今までの(中津川での)署名活動では、少しやり切れない部分もあって、そのまま流れてしまっていました。でも、だからこそ、本番では核兵器をなくすために...、みんなの手本となるために...、と思いながら精一杯署名活動を行いました。 すると、心のどこかが明るくなる感じで、いろいろな意味で『ホッ』としました。今まで自分がしてきたことが、高校生の皆さんに認められたことも、とてもうれしかったです。今回の経験で、『からをやぶる』ということができたと思うから、他の活動でも『からをやぶって』全力で取り組みます。」男子

 2年生時に「原爆先生の特別授業」を通して、広島に落とされた原子爆弾がもたらした被害の事実を学んだ生徒たちは、もっと知りたいと学習し、自分達にできることは何かと考え、長崎の「高校生平和大使~高校生1万人署名活動~」に協力する取り組みを行ってきました。その署名を平和大使の高校生に預けて国連に届けたいという想いをもって...。

 この「高校生平和大使」の活動は、高校生達が核兵器の廃絶と平和な世界の実現を目指して署名を集め、20年前より国連機関に届けているものです。また、外務省の「ユース非核特使」に委嘱された実績があり、また、先日「ノーベル平和賞」の正式候補にもなりました。

 生徒たちは、修学旅行初日に長崎駅前で現地の高校生といっしょに署名活動を行いました。その時の、生徒の思いを少し紹介します。

「署名活動では、めちゃめちゃ断られて、最初はちょっと悲しかったけど、慣れていくにつれて、どんどん声を出せたり、話しかけることができて、よかったです。」女子

新聞ではすべて紹介されていませんが、生徒たちがこの修学旅行で研修したことは、

「高校生1万人署名」活動に協力。平和記念館、追悼記念館での平和学習。長崎の郷土芸能浦上天主堂での誠和祈念式典。「龍踊り(じゃおどり)」を習って駅前で披露。長崎市内班別研修。苗木観光PR活動。旅館のテニスコートでの大縄大会。大刀洗史料館で平和学習。太宰府天満宮で合格祈願。などです。生徒たちにとって、「平和」「生きる」と言うことについても深く考える旅になりました。

z-中日新聞 長崎.jpg

z-岐阜新聞 長崎.jpg




苗木観光PR in長崎の写真です

| カテゴリ:できごと, 地域貢献, 3年生 |

 長崎での苗木観光PR活動は班別研修の中で行われたので、当日ホームページにあげることができませんでしたが、何枚かそろったので紹介します。

 出島、めがね橋、長崎駅前、グラバー通り、大浦天主堂下などで、地元をピーアールしたようです。

z-P6040998.jpgz-P6041003.jpgz-P6041011.jpgz-P6041006.jpgz-P6041015.jpg

もう一通、長崎からお便りが届きましたので紹介させていただきます。長崎から岐阜を訪ねる気持ちになっていただいたようです。想いをもって語りかけると、想いは伝わるものですね。そのことで、生徒は自分に対する自信を深めました。

z-z-長崎からの手紙2.jpg

 3年生の修学旅行では、班別行動で長崎の名所や史料館をまわる時間があったのですが、その途中、班ごとにあらかじめ決めた場所で苗木・中津川の観光PR活動を行いました。2年生のとき篠島研修で行ったことを、長崎でも行ったわけです。生徒たちは観光客の方、地元の方に、勇気を出して「今お時間よろしいですか。」と話しかけ、持っていったパンフレット等を利用して、苗木・中津川の魅力を語りました。今回は岐阜から離れた地なので、生徒たちの活動に対する反応はないだろうと思っていましたが、2日後長崎から便りが届きました。 生徒の活動に反応が返ってきたことに、生徒はもちろん職員も喜んでいます。

 この活動で観光客数が大きく増えるわけではありません。でも、この方が感じてくれた「地元愛」が生徒の中に芽生えているとすれば、それこそがうれしいことです。

z-z-長崎からの手紙1.jpg

 

  昨年、篠島研修で苗木観光PR活動を展開した3年生が、6月3日からの長崎研修でも、2日目の活動時間の一部を使って、行おうとしています。そのために必要なパンフレットを準備しようと、本日総合学習の時間に、代表が市役所観光課に出向いて、協力のお願いをしました。生徒たちの企画を理解して頂き、「苗木城」に関する各種パンフレットやクリアファイル等を頂くことができました。

 長崎のPR活動では、観光客などにアンケートに答えて頂く形で話しかけ、昨年勉強した苗木の知識を活かして観光PRをし、最後にお礼の気持ちを込めて苗木中の名刺の入った苗木の「おらが焼き」を一枚渡す、という活動を生徒たちは考えています。

 この名刺には苗木中学校のホームページのQRコードが入っています。また、この名刺に載っている苗木城の写真は、撮影者の遠山史料館の館長さんに、生徒が電話をかけて使用許可を取ったものです。

 観光課に出かけて協力をお願いしたり、写真の使用許可を得たりすることも、将来役に立つ大切な勉強だと思っています。

z-DSC02689.jpgz-DSC02684.jpgz-P5230919.jpgz-P5230920.jpg

 本日1時から行われた、中津川市域学連携成果発表会のトップバッターとして、苗木中学校2年生の代表が、4月から6月に行った「苗木に観光客を呼び込もうプロジェクト」について発表しました。この発表会は、地域と学校が連携して地域の未来のために活動した成果を発表する会です。高校生や大学生の発表に混じって、中学校としては一校だけ発表させてもらいました。

 冒頭の市長さんの挨拶では、苗木中の生徒が地域に役立とうと行った活動を褒めてくださいました。

 発表のあと、大学の先生から鋭い質問が出ましたが、生徒はちゃんと受け答えしていました。

z-IMG_2779.jpgz-IMG_2819.jpg

 本日、3年生が体育で、中津川消防署の方をお招きして救急救命法講習を受けました。

 これから社会に出て、仲間や家族や大切な人が命の危険にさらされているとき、少しでも役に立てる人になるため、生徒たちは真剣かつ積極的に取り組みました。

z-P2150653.jpgz-P2150658.jpgz-P2150659.jpgz-P2150660.jpg

 11/2に、このホームページ上で、「教えていただいたおかげで、ここまでできるようになりました。1年ソーラン」の記事を紹介しました。その時、新聞記者が取材に来ていて、その記事が、昨日やっと中日新聞に載りました。紹介します。

z-中京ソーラン11月 中日新聞H29.11.15.jpg

 10月、苗木中の卒業生で教員を目指す学生が1名、4週間にわたって苗木中で教育実習を行いました。

 実習が終わった次の週、彼女からお礼の手紙が届きました。一部ですが紹介します。

「...先生方が、生徒たちのことを本気で思って、本気で生徒たちに向かい合っているのを見て、私も苗木中学校の先生方のような先生になりたいと強く思いました。この実習を通して、自分はどんな先生になりたいかという軸がはっきりしました。苗木中学校での教育実習で、教師になりたいという思いがさらに高まりました。...」

 苗木中学校の生徒たちと職員集団が、彼女の教員になるという決意に、少しでも役立てたとしたら、教育実習の意味があったというものです。うれしいことです。

 彼女が、教員として地元の教育現場に戻ってきて、活躍してくれることを心から願っています。

 

 11月1日、中京高校保育科の生徒さん達に、再度来校していただきました。苗木中出身の先輩も5名。

 6月にソーランを指導していただき、その後体育大会や秋祭りを節に練習を重ねてきた成果を見ていただくためです。最初に、「ここまでできるようになりました。」という気持ちで、1年生がソーランを踊りました。保育科の生徒さん達には、よい感想を言っていただきましたが、その後の保育科の生徒さん達のソーランを見せてもらうと、まだまだ、自分達は甘いということを痛感していました。指先足先まで使って踊っていること、表情や視線で表現していること、動きがシンクロしていることなど、素晴らしく、引き込まれる踊りになっていました。

 お互いの感想交流、合同のソーランおどり、保育科のみなさんの踊りの披露、と続き、苗木中生が本物に触れる、大変有意義な時間になりました。苗木中生の表情が、どんどん変わっていったひとときでした。感謝!

z-DSC01485.jpgz-DSC01490.jpgz-DSC01498.jpgz-DSC01524.jpgz-IMG_0185.jpgz-IMG_0192.jpgz-IMG_0203.jpgz-IMG_0233.jpgz-IMG_0247.jpgz-DSC01537.jpg

 10/10に苗木中を訪ねてくださった方(10/10の記事参照)から、昨日夕方電話を頂きました。内容は、

①苗木中の生徒との出会いをきっかけに苗木を訪れたことを、中日新聞に投稿したら、今日の夕刊に載ったので見てほしい。

②3人の知人に苗木城のことを紹介したら、そのうち2人は苗木観光に行くつもりでいる。

③ほかの知人にも、機会があったら苗木のPRをしたいので、パンフレットを送ってもらえないか。

 ということでした。早速、新聞店に連絡して夕刊を取り寄せました。(下)

 そのご夫婦は、生徒たちのPR活動する姿はもちろん、食事のときの姿など、とにかく生徒の姿に感動したと、おっしゃっていました。苗木事務所長さんにこの話をすると喜んでいただき、パンフレットの手配をしていただけることになりました。

 生徒たちの「苗木に観光客を呼び込みたい。」という願いが、一生懸命な活動を通して伝わり、またその人がさらに伝えてくれようとしています。来週早々生徒たちに伝え、みんなで喜び合いたいと思います。

z-z-スキャン_20171028 (2).jpg




資源回収中止のおわび

| カテゴリ:お知らせ, 保護者(PTA), 地域貢献 |

 2週連続の荒天で、資源回収を中止しました。皆様におかれましては、早々と準備していただいたにも関わらず、資源回収を行えず、大変申し訳なく思っております。次回、よろしくお願い致します。

ojigi044.jpg




職場体験&地域貢献活動2日目

| カテゴリ:できごと, 地域貢献, 2年生 |

今日も2年生生徒が,地域で活動させて頂きました。

自分から商品を美しく陳列する姿や,各テーブルの上のメニュー表の端を整える姿など,「自分から」行動する姿がさらに見られました。働くことの厳しさや大変さ,また,充実感や働く喜びを実感することができた職場体験&地域貢献活動になりました。

貴重な体験の場をご提供下さり,生徒に寄り添いながらご指導頂きました各事業所の皆様方に感謝申し上げます。ありがとうございました。

P1090887.JPGP1090911.JPGP1090917.JPGP1090879.JPGIMG_0553.JPGIMG_0570.JPGP1090904.JPGP1090899.JPGP1090924.JPG




職場体験&地域貢献活動1日目

| カテゴリ:できごと, 地域貢献, 2年生 |

2年生生徒が苗木地区の事業所で職場体験学習をしました。

今年度は,「人に喜んでもらえる自分」を目指し,地域貢献を兼ねての実施です。一人一人の真剣な表情や,温かい笑顔が溢れる1日目となりました。明日も引き続き,地域で活躍します!

IMG_1307.JPGIMG_1395.JPGIMG_1315.JPGIMG_1328.JPGIMG_1369.JPGIMG_1371.JPGIMG_1382.JPGIMG_1415.JPGIMG_1345.JPG

 今日、突然一組のご夫婦が苗木中学校を訪問されました。校長室でお話を聞くと、6月に魚太郎で苗木中生の苗木PRをきいて苗木城を訪れたこと。タコの試食をしていたら「試食が終わったらお話し聞いてもらえますか。」と丁寧に話しかけられたこと。その時の生徒の対応がすてきだったこと。苗木の良さを生徒がよく語ってくれたこと。もっと早く来たいと思っていたが今日になったこと。名古屋にお住まいであること。など、語ってくれました。

 生徒たちの活動で、一組のご夫婦が苗木城の観光に来ていただいたことが分かり、本当に嬉しかったです。生徒たちには、学年朝の会で伝えて、みんなで喜び合いたいと思います。

 この話を中津川市の本多教育長さんに話したところ、ともに喜んでくださいました。

z-苗木中への訪問者.jpg

 1年生は、苗木秋祭りに苗中ソーランで参加します。中京高校の先輩との練習、体育大会に向けての練習をへておぼえてきたソーランに磨きをかけるべく、昼休みに練習を始めました。リーダー達がみんなを引っ張る自覚を持ち、真剣に練習に励んでいます。

 10月15日は、資源回収を行った後、秋祭りに参加する予定です。

z-KIMG0020.jpg




地域貢献 月の1度の地域清掃

| カテゴリ:できごと, 地域貢献, 生徒会 |

 前期最後の地域清掃が、本日行われました。本当は昨日だったのですが、雨のため今日に延期されました。

 この活動は、美化委員会中心になって月に1度行われています。苗木中全校生徒が登校途中に地域のゴミを拾ってきます。見かけたら、一言声をかけていただけると、うれしいです。

z-P9290450.jpg

 2年生のSAさんは、夏休み、地元の観光パンフレットの英訳に取り組み、大作を完成させました。(校内作品展金賞) 

作文(抜粋)

「私は、夏休みの一作品で、...新聞記事を英語に翻訳してまとめようと考えました。しかし、...英語の力は付くけど、作品にはあまり意味が無いなと思いました。...せっかく、篠島研修のときに苗木の勉強をしたし、一生懸命やった苗木のPRを研修だけで終わらせたらもったいないと思い、苗木紹介PRを英語で行おうと考えました。苗木には、最近外国人も増えているから、自分がつくったものを苗木のPRに役立てたいと思いました。英語で苗木の観光PRを作っていくと、もっと自分の故郷のよさを伝えたくなってきて、苗木だけでなく、中津川の観光PRもやってみました。...なかなか気に入った作品ができました。苗木や中津川のよさを、もっと多くの人に知ってもらいたいです。」

 彼女が、6月に篠島研修で、地域貢献事業として苗木の観光PR活動を一生懸命行ったことが、地域愛を育み、今回の作品につながったことに価値があると思います。

 彼女の「苗木の観光PRに役立てたい」という思いを受け、苗木遠山史料館の所館長さんに連絡したところ、来館する外国人向け解説書として館内に置いてもらえることになりました。

 本日、彼女が遠山史料館を訪ね、所館長さんに作品に込めた思いを話すとともに、作品を手渡してきました。館長さんは、じっくり見ながら、石垣の解説など理解していないと解説できないことをしっかり英訳していることなどを褒めていました。みんなで苗木検定問題を作り、検定に合格した成果がこんなところにも出ました。また、部分的にコピーして説明に使わせて欲しいとも、言っていただきました。

 この秋いっぱい、遠山史料館に置いていただきます。地元のために役立ってくれることを祈っています。みなさんも、よろしかったら、一度訪ねてみてください。

z-P9040326.jpgz-P9040329.jpgz-P9130407.jpgz-P9130411.jpg

あんどん祭が盛大に行われました。 さまざまな場面で、苗木中生徒がこのお祭りに、貢献しました。 *多くの生徒が、ボランティアとして、準備、運営、放送、片付け等に関わりました。 *祭の運営アイデアをだし、採用されました。 *今年初めて、あんどんの絵に、国語で勉強した俳句を書き入れました。 *祭の最後に、3年生が苗木中ソーランを踊りました。 *苗木中生を中心とした、5人の女子チームが、自主的にダンスを披露しました。 皆、いい表情で頑張っていました。 たくさんの人が協力して、盛大なお祭りができる、この素晴らしい苗木地域に、苗木中生徒が育てられています。苗木中生徒が遠くない将来、苗木を盛り上げる先頭に立ってくれることを願っています。 2017年08月14日19時49分10秒.jpg2017年08月14日19時35分41秒.jpg

 3年生が体育大会に向けての練習を始動しました。今日は、ソーランや種目の練習を行いました。

 1年生の時から踊ってきたソーランは、本年度は、あんどん祭で披露します。

z-P7190194.jpgz-P7190193.jpg

 先日中京高校保育科の生徒さんにソーランとの言い出会いをさせてもらった1年生。今週、昼休みは、ソーランの練習を、学級ごとにやっています。まだまだ、指先にまで神経が...   体育大会のときに、どうなっているかお楽しみに。

                A組                                B組

z-P7130195.jpgz-P7130199.jpg

 今日は授業参観・懇談会の日でした。2年生は、体育館で保護者の方に篠島研修のの報告会を行いました。また、同時に、篠島研修で行った「苗木に観光客をよびこもうプロジェクト」を行うまでにお世話になった方々をお招きして、感謝の気持ちを伝えました。

 お世話になっ方々→観光課高橋さん、広報広聴課田口さん、協和印刷今井さん、旅行社鷲見さん・浅井さん、遠山史料館館長所さん、苗木事務所長野村さん、まち協石原さん、丸市食堂のおかみさん...

内容

①プレゼンで写真を写しながら篠島研修の活動報告をしました。

②島の人達に感謝をこめて歌った「ふるさと」と、魚太郎で買い物客の手を止めさせた「ハナミズキ」の2曲の合唱を披露しました。

③篠島の浜で踊った「苗木中ソーラン」を披露しました。

 生徒たちは、たくさん学ぶことができました。保護者のみなさん、ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

z-P7050191.jpgz-P7050193.jpgz-P7050192.jpgz-P7050203.jpg

 今日習ったことを確かめ合うため、最後に曲をかけて、中学生と高校生いっしょに踊りました。たった1時間余りで、ここまで(踊りと気持ち)できるようになるとは思いませんでした。特に、気持ちの部分はむずかしいのですが...

 素敵な高校生のみなさんでした。心から感謝いたします。

z-P6280191.jpg

 ステージの上では、去年リーダーだった学生さんと、3年生のリーダーが、見本をみせながら踊りの説明をしてくれ、中学生は、周りにいる高校生のまねをしながら、一生懸命おぼえました。教え方がとても上手なので、1年生生徒は今日がはじめてにしては、いい動きをすることができました。力強さ、腰の低さ、指先の動き、きめ...

 素晴らしかったのは、60名の高校生のみなさんが、心から褒めてくれたり、盛り上げてくれたりしながら、自分を表現しやすい楽しい雰囲気を作ってくれていたことです。やはり、何かを突き詰めた人達からは伝わるものがあります。

 z-P6280183.jpgz-P6280188.jpgz-P6280181.jpgz-P6280170.jpgz-P6280178.jpgz-P6280167.jpg

 まず、ソーランの歴史や説明を聞いてどんな踊りなのか理解した後、中京高校の生徒のみなさんが、ソーランを踊って見せてくれました。最初の「構え」から圧倒される迫力で、踊る表情も素晴らしく、感動のソーランでした。1年生の生徒にとって、初めて見たソーランが本物であったことは、とても幸せなことでした。

z-P6280149.jpgz-P6280164.jpg

 苗木中学校では、どの学年も苗中ソーランを踊れるようにして、体育大会や苗木地域の行事で披露しています。今年の1年生も、いよいよソーランデビューをしなければなりません。生徒たちのやる気を引き出すため、ソーランとの出会いを感動的なものにしたいと考えていました。

 中京高校保育科の生徒さん達は、毎年名古屋のどまんなか祭や地元のお祭りに参加するほどの実力ですが、生徒たちに人に踊りを教える経験をさせたいと考えていました。

 両者の思いが一致し、なんと、昨日6/28、保育科の生徒さん約60名と中京短大に進んだ学生さんが、苗木中体育館まで、1年生の生徒にソーランを教えに来ていただくことができました。

 3年生には苗木中の卒業生も4名いました。左から、西尾澪さん、西尾彩さん、大鶴さん、市川さんです。

z-P6280140.jpgz-P6280145.jpg

 昨日、シンガポールにお住まいのSH様より、エアメールが学校に届きました。

 宮城県出身の方で、苗木中3年生が修学旅行のときにさんさん商店街を取材してアップしたホームページをシンガポールで発見し、苗木中学校にメッセージを送ってくださいました。シンガポールからのうれしい反響です。

「前略 東日本大震災で被災した、私の郷里宮城県南三陸町にご支援賜り、誠にありがとうございます。商店街のブログで、貴校生徒の活動紹介を閲覧し、今回ご挨拶のはがきを書かせていただきました。本来ならもっと楽しい場所が修学旅行の目的地として有ったでしょうに、わざわざお越し頂き恐縮です。中津川市からは第二中学校の生徒さんもいらしたようです。震災から6年余りがたちました。何かと課題が山積していますが、引き続き温かい眼差しで見届けて頂ければ幸いです。 草々  平成29年6月14日」

z-P6210127.jpgz-P6210128.jpg

次に店内に入り整列。「ハナミズキ」を合唱しました。ここまでやるか苗木中生。買い物客と店員さんの、手を止めさせ、足を止めさせて、聞き入って頂くことができました。毎日毎日歌い込んできた成果が出ました。中には涙する人も。騒がしかった店内に静寂が生まれ、時間が止まりました。「これから苗木のPRをします。」と、また生徒一人一人がお客さんのところへ行き、PR活動を再開しました。先ほどよりも、もっと話を聞いていただいたり、生徒と会話していただいたりすることができました。聞く気がなければ聞いていただけない状況のなかで、ここまでやった苗木中生を誇りに思います。 2017年06月13日11時11分12秒.jpg2017年06月13日11時09分46秒.jpg2017年06月13日11時09分57秒.jpg2017年06月13日11時15分58秒.jpg
南知多町の魚太郎さんにて、店長さんのはからいで、駐車場で苗木のPR活動をさせていただきました。生徒たちは、来店されるお客さんに声をかけ、苗木観光に来てもらえるよう、パンフレットで一生懸命説明をしています。なかなかやるぞ苗木中生!2017年06月13日10時26分05秒.jpg2017年06月13日10時26分28秒.jpg2017年06月13日10時29分28秒.jpg 2017年06月13日10時28分21秒.jpg2017年06月13日10時22分17秒.jpg2017年06月13日10時23分27秒.jpg2017年06月13日10時23分41秒.jpg2017年06月13日10時24分08秒.jpg2017年06月13日10時25分15秒.jpg2017年06月13日10時25分44秒.jpg2017年06月13日10時33分59秒.jpg2017年06月13日10時29分28秒.jpg
思いを込めたソーランに、たくさんの拍手をいただきました。一番前で見ていたおばちゃんたちからアンコールの声がかかったので、それに応えてもう一度、さらに思いを込めたソーランを披露しました。観客の皆さんにお礼を言ったあと、生徒一人一人が観客の皆さんのところへ行き、自分たちで作ったパンフレットや観光課で頂いたパンフレットを配りながら、苗木の魅力をPRしました。このあと、「もう一度踊って。」の声がかかったので、それに応えて踊りました。 2017年06月12日19時00分00秒.jpg2017年06月12日19時01分00秒.jpg2017年06月12日19時01分11秒.jpg2017年06月12日19時01分35秒.jpg2017年06月12日19時02分27秒.jpg2017年06月12日19時10分39秒.jpg
島の人たち、観光客、30名以上集まってくれました。なかには「去年のソーラン良かったで、明日も見に行くよ。」と言ってくれた人、誘いあって来てくれた人も。特に嬉しかったのは、「民宿の人がすごく勧めてくれたから来たよ。」と言ってくれる方がみえたことです。民宿の方々を苗木のファンにしようという、生徒たちの願がかない、努力が報われた瞬間でした。そんな観客の皆さんの前で、ソーランライブが始まりました。 2017年06月12日18時48分37秒.jpg2017年06月12日18時52分05秒.jpg2017年06月12日18時51分47秒.jpg2017年06月12日18時53分15秒.jpg
19時からのソーランライブ。20分前から太鼓を鳴らし、お客さんを呼び込みました。いよいよ本番です。2年生全員で円陣を組み、気合いを入れました。 2017年06月12日18時46分56秒.jpg2017年06月12日18時44分40秒.jpg



花植えボランティア

| カテゴリ:できごと, 地域貢献 |

6月10日(土)花の会のみなさんと苗木中学校のボランティア46人で、苗木交差点の花植えを行いました。昨年度、岐阜県道路協会から「岐阜県道路功労者表彰」、清流の国ぎふ花かざりコンテスト「最優秀賞(岐阜県知事賞)」を受賞した花壇です。

はじめ.jpg説明風景.jpg説明2.jpg1作業.jpg作業3.jpg作業5.jpg7作業.jpg記念撮影.jpg

19時頃より、民宿ごとに苗木PR活動を行いました。内容は、①郷土の五平餅を心を込めて一緒に作り、もてなす。②苗木城のポスターやパンフレットを民宿においてもらうお願いをする。③苗木の魅力を語り民宿の人に苗木のファンになってもらう。 ある民宿では、おかみさんにこんなことを言っていただきました。「今日は仕事でなく、楽しくてやってます。生徒さん一人一人が一生懸命で、輝いてますね。一方向の話でなく、楽しく話のやり取りができて、思いが伝わりました。今年16校目ですが、一番印象に残りそうです。誰か一人私の娘においていってください。」  心が伝わった観光大使プロジェクトになりました。子供たちもいい表情でした。 2017年06月11日19時19分21秒.jpg2017年06月11日19時32分48秒.jpg2017年06月11日19時43分27秒.jpg2017年06月11日19時53分19秒.jpg2017年06月11日20時15分06秒.jpg2017年06月11日20時18分56秒.jpg



篠島研修6 今日までの準備

| カテゴリ:できごと, 地域貢献, 2年生 |
苗木観光プロジェクトのために、今日までに生徒たちがやってきたこと。 ①島の人たちに苗木の魅力が語れるようになるために、係の生徒が苗木検定問題集を作ってみんなで勉強し、検定に合格して篠島に来ました。 ②民宿の人に自分たちの味方になってもらうために、五平餅を今夜作って振る舞います。丸市食堂のおかみさんに教えてもらいながら、3回以上練習しました。 ③苗木の魅力を紹介するパンフレットを作ってきました。その過程では、印刷会社の方に来ていただき、生徒の相談にのっていただきました。 ④係の生徒が市役所の観光課や広報広聴課に出向いて自分たちの企画を相談し、このプロジェクトに必要な、苗木城ポスターやパンフレットをいただいてきました。また、苗木を紹介する自作動画をホームページにアップしてもらう了承を取りました。 ⑤苗木中ソーランライブのため、ソーランの練習をしました。
5時より、商店街の皆さんや観光客の前で合唱を披露しました。曲名は fight と 友~旅立ちの時~ 2017年05月31日17時06分28秒.jpg2017年05月31日17時13分27秒.jpg



修学旅行⑪ 南三陸職場体験

| カテゴリ:できごと, 地域貢献, 3年生 |
㈱南三陸まちづくり未来  さんさん商店街を写真を撮りながら取材してまわり、ブログに商店街の魅力を伝える記事をアップする 作業をしました。明日以降、さんさん商店街で検索してみて下さい。 2017年05月31日16時30分49秒.jpg2017年05月31日15時01分21秒.jpg2017年05月31日16時25分48秒.jpg



修学旅行⑩ 南三陸職場体験

| カテゴリ:できごと, 地域貢献, 3年生 |
ミニストップ 2017年05月31日15時07分17秒.jpg



修学旅行⑨ 南三陸職場体験

| カテゴリ:できごと, 地域貢献, 3年生 |
鮮魚店 2017年05月31日14時54分31秒.jpg2017年05月31日14時54分04秒.jpg



修学旅行⑧ 南三陸職場体験

| カテゴリ:できごと, 地域貢献, 3年生 |
蒲鉾店 2017年05月31日14時46分40秒.jpg2017年05月31日14時46分11秒.jpg
2年生は、6月11日からの篠島研修で、島の人たちに ソーランを披露します。苗木に観光客を呼び込みたいという真剣な気持ちが伝わるソーランにするため、頑張っています。 2017年05月30日14時23分56秒.jpg

 地域清掃を、4月27日に行いました。

 苗木中学校の美化委員会は、「地域に貢献できる苗木中」を目指しています。

 今回の地域清掃への参加率は87%でした。登校中に多い人で、ビニール袋2つにゴミをいっぱい拾ってきてくれました。でも、これだけゴミが集まるということは、苗木にゴミが捨てられているということです。

 私たちは、ゴミがない苗木を目指し、活動していきます。応援、よろしくお願いします。

z-IMG_1938.jpgz-IMG_1941.jpg

 苗木を紹介するパンフレットを作って、篠島の民宿に置いてもらえることができれば、民宿のお客さんのうちの何人かが、苗木に観光に来てくれるのではないか。そんな発想で、今、パンフレット班の生徒がパンフレットづくりに取り組んでいます。

 本日の総合学習の授業時間に、地元の協和印刷さんに来ていただき、担当の生徒がパンフレットづくりの相談をしました。

z-P4270001.jpg 

 どんな過程を経てパンフレットはできるのか。どんな作り方をするとどれくらいの費用がかかるのか。原稿が完成してからどれくらいの期間でパンフレットができあがるのか。等... 生徒たちは、真剣に説明を聴き、よく考え、質問していました。目的がはっきり分かっているので、生徒たちの交渉も的を得たものになっていました。

 「(生徒の話が)なかなかまとまっていました。」と言っていただきました。いい「勉強」ができました。

 2年生総合学習「苗木に観光客を呼び込もう大作戦in篠島」のホームページ班は、昨日25日に、市役所広報広聴課をたずね、担当者に自分達の思いと企画を説明し、協力のお願いをしました。

 交渉の結果...、

・製作した苗木PR動画を、苗木中ホームページに掲載していただける了解を得た。

・PR動画制作上の注意事項を教えていただいた。

・中津川市観光課が募集している中津川市のPR動画への応募を勧められた。

z-IMG_7509.jpgz-IMG_7516.jpg

 担当の生徒たちはかなり緊張したようですが、成果をあげて帰ってきました。

 先日は、2年生の総合学習、苗木観光プロジェクトの「五平餅」編を紹介しましたが、今日は、「HP(ホームページ)」を活用しようとするプロジェクト活動を紹介します。

 自分達で苗木の魅力を紹介するページ(写真or動画を予定)をつくり、それを苗木中学校のホームページに載せようという企画を考えました。そこで、この企画が実現できるかどうか、本日午後の総合学習の授業で、担当の生徒と教員が、写真の企画書をもって、学校のホームページを管理する市役所広報広聴課へ相談に出向きます。z-P425005300.jpg

 結果は、また報告します。

 この他にも、

・苗木の魅力を伝えるパンフレットをつくろうプロジェクト...上記HPのURLも載せるつもりです。

・苗木検定プロジェクト...自分達が苗木を知らなきゃ、苗木の魅力は伝わらない。事前に苗木について勉強。

等のプロジェクトが進んでいます。 

 現在、苗木中の家庭科室では、丸市食堂の女将さんをお招きして、五平餅づくりの講習会が開かれています。

 その経緯をお話ししますと... 6月に2年生は篠島へ宿泊研修に行きますが、そこで海の体験の他に、苗木観光プロジェクトの活動をしてこようと計画しています。(詳細は、後日お知らせします。) その活動の一つとして、民宿の人に、苗木の五平餅を食べてもらいながら(厨房で焼かせてもらう予定です)、苗木の魅力と自分達の熱意を伝え、活動の見方になってもらおうと、生徒たちは考えました。担当生徒が五平餅を練習でつくってみましたが、ご飯がまとまらず、たれもまずくて失敗。そこで、丸市食堂さんへ行って思いを話し、おいしい五平餅の作り方を聞いたところ、なんと、女将さんに「教えに行ってあげるよ。」と言って頂き、本日、担当の生徒たちが習っている、という次第です。

 さすが、プロの女将さんに教わった甲斐があり、ご飯の団子もまとまり、香ばしい香りのする美味しそうな五平餅ができあがりました。

z-P4210027.jpgz-P4210028.jpg

z-P4210029.jpgz-P4210033.jpg

 生徒が、評価をもらいに職員室にももってきてくれたので、試食しました。

 ...............「うまいっ!」  写真から、おいしさが伝わるでしょうか?

z-P4210037.jpg

 丸市食堂さん、ありがとうございました。

  チームに分かれ、他にもいくつかのプロジェクト活動をしています。またお伝えします。

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  生徒の引き取りについて

  いじめ防止基本方針

  総合的な学習の時間

アーカイブ

リンク

 
  中津川市教育委員会