学校紹介

◆児童数(平成31年度)4月1日現在

1年生

 90人

2年生

90人

3年生

107人

4年生

 95人

5年生

 94人

6年生

112人

合計

588人

◆学級数(平成31年度)

21学級

◆学校の教育目標

「豊かな心で学び合い、鍛え合う子どもを育てる」
~ もっとやさしく もっとかしこく もっとねばり強く~

◆校歌

clip_image001

◆沿革

昭和16. 3.31 中津尋常高等小学校(現 南小)の西分教場が中津西尋常小学校になり,翌4.1に恵那郡中津西国民学校と改称。学級数6,児童数362名,職員7名で西小がスタート。
昭和20. 8.15 <太平洋戦争が終結>
昭和23.11.10 修学旅行が復活,6年生が名古屋へ。
昭和26. 4. 1 苗木・中津両町の合併により中津川町立西小学校と改称。現在地の旧中津高等学校農林部跡への移転も完了。
現在の北門の門柱は当時のもの。
昭和27. 4. 1 中津川町が市となり,中津川市立西小学校に改称。
昭和28. 4. 1 校地内に西幼稚園が併設される。
昭和33. 7.27 地区懇談会開始(現在も継続)。
昭和34. 9.26 伊勢湾台風により被害。
昭和35. 4. 1 「松・梅・桜」組を「1・2・3」組に改称。
昭和38. 3.17 創立20周年記念音楽会で校歌が発表される。
昭和41. 1.21 現 1舎(北校舎)の東部分が竣工する。
昭和41. 8. 7 廃品回収開始(資源回収として現在も継続)。
昭和44. 6. 3 6年生が京都・奈良へ出発。修学旅行が現在の形に。
昭和45. 4. 1 養護教諭が初めて配置される。
昭和45.10.30 薪ストーブが石油ストーブに替わる。
昭和49. 5.14 1舎4階部分の工事完了検査が行われる。
昭和51. 2.24 現 体育館の竣工式を挙行。5月には1舎の増築も完了。
昭和53. 8.26 現 2舎(南校舎)が完成。学校がほぼ現在の姿になる。
昭和55. 4. 1 学級数28,児童数1,053名となる(児童数のピーク)。
昭和62. 3.26 校歌碑を設置(61年度卒業記念)。
昭和63. 3.26 学校の位置などを示す方位盤を設置(62年度卒業記念)。
平成 1. 1. 8 <年号が昭和から平成に>
平成 6. 3.14 運動場南西隅に「シデコブシ」が植樹される。
平成10.10.23 体育館東駐車場にあったプールの老朽化により新プールが着工される。翌年から使用。
平成12. 7.22 水泳優秀校として,全国表彰を受ける。
平成18. 6. 6 1舎の補強工事(耐震)が着工され,9月に終了する。
平成23.10.18 東濃地区教育推進協議会より「学級経営」の研究指定を受け,研究発表会を開催。
平成24. 1.25 東濃地区教育推進協議会より「図書館総合優秀賞」の表彰を受ける。
平成24. 6. 8 「緊急帰宅訓練(激甚気象災害の予報発表を想定)」を初めて実施する。
平成26. 2. 5 岐阜県人権教育協議会「ひびきあい賞」を受賞する。
平成26.10.31 中校舎が完成。(「1舎」を「北舎」,「2舎」を「南舎」と改称。)
平成27. 7~9 北舎(教室棟)の大規模改修を行う。

平成28. 3. 8

平成28. 7~9

「人権文化あふれる学校賞」を受賞する。

南舎(特別教室棟)の大規模改修を行う。

メニュー


学校紹介

住所・問合せ先

アーカイブ

リンク

 
  中津川市教育委員会