付知北小学校 学校報 28年度 合言葉「みがく」 平成28年9月20日(火)

| カテゴリ: |

みんなが かがやく運動会 ~全力・協力・最後まで~                                                          

   ぼくは、六年生になって、学級目標の「一歩ずつ先へ」という目標に向かって取り組んできました。一学期、自分が成長したと思うことは二つあります。

   一つめは、児童会執行部としての一歩です。全校の前で話す時には、大きな声ではきはきと話し、みんなに伝わる話し方を意識しました。執行部が一学期取り組んできたあいさつ運動では、最初自信がなくて、小さい声でしたかあいさつができませんでした。しかし、今では自分が手本となるように元気であいさつをすることができるようになりました。すると、全校のみんなも笑顔で気持ちのよいあいさつをしてくれるようになり、とてもうれしかったです。

   二つめは、最高学年としての一歩です。休み時間になると。一年生の子と一緒に遊んだり、登下校や学校で一年生の子に声をかけたり、優しく関わりました。また、掃除の時間には、全校の手本となるように口チャックで掃除をするだけでなく、やり方が分からない子に教えてあげたり、声をかけたりして、よりよい掃除にすることを心がけました。ぼくは、一学期に大きな一歩を踏み出すことができたと思います。

   二学期は、運動会があります、ぼくも全校のみんなもかがやく運動会にしたいです。そのために、ぼくは自分の役割に責任をもち、自信をもってやりきりたいです。

  そして、二学期も仲間と一緒に「一歩ずつ先へ」成長したいと思います。

                                                                              北原 羽琉 (7/26 一学期終業式 六年生児童代表の言葉より)

092001092002092003

8/30 結団式 運動会スローガンの発表                                          応援練習風景

五年生が春に植えた稲も、たくましく実り、先日、稲刈りを終えました。北小の児童も確実にたくましく成長しています。長い夏休みが終わるやいなや学校では、運動会取り組み開始のスイッチが一気に入りました。不順な天候と残る暑さの中で、子どもたちは互いの頑張りを認め励まし合いながら、運動会の練習を積み重ねてきました。児童会執行部の児童や応援団員の呼びかけの声は日増しに増え、運動会を支える係の責任を果たそうと、全力で駆けまわる姿、大きな声で仲間を応援する姿に日々感動させられています。

一時間一時間の授業も集中し、おろそかにしていません。疲れを感じさせない子どもたちの元気には頭が下がります。我慢や無理をしていることもあるかと思いますが、「やる気になるとエネルギーが湧きあがること」、「仲間と気持ちをそろえたことで体感する気持ちよさ」などの発見と感動も積み重ねていると確信しています。この練習風景から保護者のみなさんや地域の方にみていただけないのが残念です。

夏休み中の敬老会や保護者の皆様による環境整備作業、日頃から当たり前のように気にかけ、学校周辺の草刈りをしていただきました地域の皆様、本当にありがとうございました。また、当日も多くのご協力で助けていただかなければ運動会は開催できません。感謝を姿で表し、伝えられる運動会にできるように北小児童、職員一丸となって頑張ります。ぜひ、運動会にはこぞって足を運んでいただき、子どもたちの頑張りに感動し、応援していただきますようよろしくお願いいたします。

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

 
  中津川市教育委員会