できごとの最近のブログ記事

300530.png

文化の11月。北小の確かな文化、清流音楽祭         校長 木村 秀実

112201  11月18日(金)、今年度の清流音楽祭が終わりました。“終わってしまいました。”と表現する方が私の気持ちには合っています。とても、幸せな温かい時間に身を置くことができ、今も残る余韻にひたっています。

「口と目を開けて、キラキラな歌声をひびかせよう」児童会が掲げた清流音楽祭のスローガン。私は子どもたちの演奏の表情は、このうえなくキラキラしていると思いました。そして、そのキラキラした表情で表現した演奏は、このうえなくキラキラした音色であり歌声でした。あの顔ができる子どもたちに本当に幸せな時間をプレゼントしてもらいました。北小の1年生も2年生も3年生も4年生も5年生も6年生も、かけがえのない時間の積み重ねの中で間違いなく成長していることを、音楽祭を通して確信できました。

  私にとって、この清流音楽祭は初めてのことです。手前味噌ながら今年もすばらしい音楽祭を行うことができたと思っております。これは、年月をかけて北小で築きあげられてきた風土、そこから生まれた文化です。この音楽にあふれ、歌声が響きあう学校を大切にしていきたいと思います。保護者や地域の多くの方に参観いただきました。子どもたちは緊張の中で、この音楽祭を創りあげたことに大きな自信を得たに違いありません。ありがとうございました。112202

さて、ここからは、さらに北小に築き磨き上げたい風土、文化について書きます。

音楽祭の中で、学年の演奏が終るごとに、子どもたちは感想を求められました。子どもたちが「ハイ!」と挙手した場面で、参観席にドヨドヨッと音がするような雰囲気が生まれたので、思い出していただけると思います。

  私たちが、子どもたちに一番獲得してもらいたい力は「自信」だと考えています。全校児童が集まった場面で、挙手し発言するということは大変勇気がいることです。集団の雰囲気に安心感がなければ、感想や意見等、簡単に言えるものではありません。この清流音楽祭では、いつもの集会にも増して、さらに保護者や地域の方で体育館は埋め尽くされていました。北小の児童にとって、普段は経験できない人の集まりの中での感想発表でした。しかし、1年生も2年生も3年生も4年生も5年生も6年生のどの子も、自分の意見を発表しようとしました。私は、そう感じました。「自分の意見を全校児童の前で、堂々と言うことができる。」このことは必ず「自信」の獲得につながります。北小では、こういった営みの中で、「自信」を積み重ねさせたいと考えています。「居心地のよい集団づくりを基盤に、だれもが堂々と自分の意見を言える文化」を築いていきたいと思います。

22日(火)に、つながるベンチ作りがありました。めあては、「手と手がつながり笑顔になれる、つながるベンチを作ろう。」です。

まず事前に下描きをしたベンチを持っていき、地元の木工工房の方々に削ってもらいました。

その後にマジックで色を塗ったり、スタンプを押したりした後、4本の脚を付けてもらいました.

完成したベンチはどれを見ても、笑顔になるベンチばかりです。

さらに人間も動物もボールも恐竜までもが両手を伸ばした(ときにはしっぽを伸ばした)ベンチを一つ一つ、つなげていくと、なんとも幸せな気持ちになれる、すてきな「つながるベンチ」になりました。

(森林環境税を活用して実施しました。)

DSCN0622DSCN0627DSCN0619

IMG_5729IMG_5742IMG_5733

一人でも頑張る夏休み 自信をつける夏休みに !072002

7月18日、東海地方に梅雨明け宣言がなされ、一気に夏らしさを増しています。71日間(一年生70日間)の一学期が、終わり、本日終業式を迎えることができました。大きな事故や怪我もなく、子どもたち自らが元気に過ごせることに喜びを感じてきました。

71日間の内、一人の欠席者もなく145名の児童全員が登校できた日は、20日もありました。これは子どもたちが元気に過ごせた証明だと思います。

時には気分が優れない時もあったでしょう、疲れがたまって体調が思わしくない時もあったはずです。しかしながら子どもたちは、それを感じさせることなく規則正しい生活を心がけ、明るく元気に北小学校の一学期を締めくくりました。もちろん、ご家庭での支えがあってのことですが、終業式を終えて帰宅した子どもたちに「よく、がっばったね。」と褒めてあげてください。

   7月8日(金)に「東濃教育事務所管理訪問、中津川市教育委員会教育長訪問」とし    7/12 一年生の学年発表。その工夫と明快な話しぶり、

て、7名の方に訪問をしていただきました。これは、毎年のことですが、学校の状況を           躍動感にたしかな成長が見えた。

把握されるために東濃地区全ての小中学校を訪問されるものです。子どもたちの学習や生活姿勢を絶賛されることになりました。

「暑い午後の授業なのにやる気にあふれ集中している。背筋が伸びた姿勢がこれほどまでに保持できることはすばらしい。」

との感想に、子どもたちを誇らしく思いました。

  子どもたちにとって学級の居心地がよく、仲間との授業が楽しいからこそ、この暑い時期にもやる気にあふれた集中した姿が生まれているのだとうれしく思っています。07200102

一学期が終わりました

励まし合い、喜び合い、競い合う仲間がいたから、何事にも前向きになれた一学期だったと思います。また、仲間との活動を大切にしたことが、格別な楽しさを生み出したと思います。その結果、一人一人が自分の頑張った事実をはっきりと残すことになりました。                          

                                                                                                                       

                                                                                                                                            6/30・7/1五年生のキャンプ。その笑顔に感動。仲間を大切にしよう

いよいよ、夏休みに入ります                                                                                                 という気持ちは格別な時間を生み出すことを実感した。

   この夏休みの36日間は、ご家庭で頑張った事実を残し、自信をつける期間ととらえています。

   自分一人でも頑張り、夏休み中にできるようになったことや、やり通したことなど、新学期に笑顔いっぱいに話す子どもたちの姿を楽しみにしています。

   お子さんと家族がふれあう時間をより満喫してください。「自分は大切な存在なんだ」そして、「家族の役に立っているんだ」とお子さんが実感できる夏休みにしてください。

   そのために、「一緒に話し合う」時間を必ずもってください。この機会に、約束やお手伝いなどを今一度確認し合ったり、話し合ったりしましょう! 「自分が決めた約束や役割を果たす」チャンスをお子さんに与えてください。「役に立っている」と実感できることが、子どもの心を豊かに育てると確信しています。

夏休み中であっても、心配なことや、分からないこと、また、お気づきのことは、学校にどんどんご連絡いただきますようお願いいたします。

   一学期間、本校教育活動へのご理解・ご協力、誠にありがとうございました。




【新春、書き初め大会】

| カテゴリ:できごと |

9日に全校で「書き初め大会」を行いました。子どもたちは、今日に向けて冬休みにも練習をしてきました。その成果を発揮しようと、どの子も真剣に取り組みました。清書の時には、字の太さや大きさ、左右のバランスなどを考えて、緊張して書いていました。1年生「なかよくあそぶ」、2年生「何でもチャレンジ」、3年生「お正月」、4年生「美しい空」、5年生「新春の光」、6年生「伝統を守る」です。10日と14日に体育館で、その後は、各教室の前で展示します。

 CIMG8395IMG_0227IMG_0234

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

 
  中津川市教育委員会