3月13日には、6年生が、元山口村村長の加藤様から、坂下と山口をつなぐ弥栄橋について、名前の由来や橋に込められた思いを教えていただきました。

DSCN4452-1.jpgDSCN4444-1.jpg

加藤様のお話を聞いて、橋が架けられる前には、渡し船でしか行き来ができなかったこと、病院へ行くにも、物資を運ぶためにも、船で渡っていたことを知りました。

DSCN4445-1.jpgDSCN4455-1.jpg

この橋が架けられることによって、病人が出ても、すぐに坂下へ行き来できるようになったことや、物資を運ぶこともできるようになり、暮らしが豊かになったことが分かりました。橋が完成するまでには、大雨による被害や土地の問題など、地域の人々の協力と苦労があったことも分かりました。

さらに、驚いたことは、この橋の名前を付けたのが、島崎藤村先生であり、この橋によって、山口、坂下、川上がますます発展していくようにという強い願いが込められていることを知りました。

4月から、6年生5名は、この弥栄橋を渡って、坂下中学校へ通います。この橋に込められた思いを感じながら、希望を胸に登校し

3月1日には、6年生を送る会をしました。

目当ては、「6年生に感謝の気持ちを伝えて、よい思い出をつくる会にしよう」でした。

6年生が入場する時から、全校のみんながはりきっていました。

IMG_1564-1.jpg

CIMG3445-1.jpgCIMG4958-1.jpg

1年生は、6年生の入学してからやさしく教えてもらったことや6年生のかっこいい姿をクイズにして発表しました。

CIMG4972-1.jpgCIMG4978-1.jpg

2年生は、6年生から教えてもらったことを、一人一人が大きな声で発表しました。はっきりと自分の思いを伝える姿が頼もしかったです。

CIMG3487-1.jpgCIMG3498-1.jpg

3年生は、大縄記録会や学習発表会の時に、6年生から学んだことを大きな声で発表しました。いろいろな楽器を使った演奏もしました。

CIMG3510-1.jpgCIMG3512-1.jpg

4年生は、6年生への感謝の気持ちをクイズで紹介しました。リズム、テンポ、音をきれいに合わせた演奏が素敵でした。

CIMG5022-1.jpgCIMG5025-1.jpg

5年生は、心のこもった6年生を送る会をつくるために、一人一人がどうしたらよいか考えて動いていました。移動が素早く、演奏も音の重なりがとてもきれいで素敵でした。

CIMG3560-1.jpgCIMG5049-1.jpg

6年生は、これまで、6年生として取り組んできた思いを伝えました。小学校生活6年間で積み上げた力を合わせた楽器の演奏は、とても美しい音色でした。

6年生のみなさん、楽しい思い出をありがとう。

2月25日には、3・4年生がサッカーを山口総合事務所の所長さんに教えていただきました。

CIMG3344-1.jpgCIMG3346-1.jpg

ボールの止め方、けり方、パスの仕方など基本的な技を実際に見せていただくと、3・4年生は、集中して見ていました。そして、その後、さっと練習に取りかかりました。

CIMG3361-1.jpgCIMG3351-1.jpg

身近な地域の方から教えていただくことで、サッカーへの関心・意欲がぐんと高まりました。

CIMG3369-1.jpgCIMG3347-1.jpg

最後は、チームを作って、サッカーの楽しさを味わうことができました。

2月18日には、1・2年生が山口幼稚園でけん玉検定をしました。

この日を迎える前に、1・2年生は、山口幼稚園の園児と一緒に、けん玉交流会をしています。お兄さんやお姉さんとして、けん玉の技のコツをやさしく教える姿がすてきでした。

IMG_1504-1.jpgIMG_1511-1.jpg

IMG_1518-2.jpgIMG_15202.jpg

いよいよ、けん玉検定を受けました。

DSCN4117-1.jpgDSCN4118-1.jpg

これまで練習を重ね積み上げてきた力が発揮できるよう一生けんめい検定にのぞみました。

DSCN4128-1.jpgDSCN4126-1.jpg

DSCN4133-1.jpgDSCN4137-1.jpg

1年生の感想です。

「はじめて きゅうをうけた子もいたけど、みんないっしょうけんめいやったから、きゅうがとれて、うれしかったです。」

やりきった思いと、みんなと一緒に真剣に取り組むことの楽しさを味わうことができました。

2月5日には、山口小学校の4年生が川上小学校の4年生とスケート交流会をしました。

初めてスケート靴を履き、氷の上を滑る子どもも、何回かスケートを体験したことのある子どもも、朝からわくわくしていました。

DSCN3976-1.jpgDSCN3985-1.jpg

初めは、おそるおそるいすを使いながら、氷の上を歩いていた子どもも、何回も転んだり、川上小の子どもたちに教えてもらったりしながら、技を習得していきました。

DSCN4006-1.jpgDSCN4031-1.jpg

楽しさと、できるようになった実感と、それを温かく見守る仲間がいることによって、最後には、誰もが笑顔でスケートをしていました。

CIMG3008-1.jpgCIMG3020-1.jpg

川上小学校の職員の皆様、スケートリンクの準備をしていただき、ありがとうございました。

川上小学校4年生の皆さん、すいすい滑って、技を決める姿がかっこよかったです。丁寧にやさしく教えてくれてありがとうございました。

2月8日は、なかよし班でチームを作り、大縄記録会をしました。

めあては、「体力をつけて、かぜに負けない体をつくろう。チームで声をかけ合って、新記録を目指そう。」です。

CIMG3056-1.jpgCIMG3067-1.jpg

新記録に向かい心を一つにして、真剣に取り組みました。

CIMG3071-1.jpgCIMG3058-1.jpg

子どもたちは、みんなで一つのことに一生けんめいになると強い力になることを実感しました。どの班も新記録を出し、やりきった達成感を味わうことができました。

CIMG3078-1.jpgCIMG3049-1.jpg

子どもたちの感想です。

「誰かが失敗しても、速くなわに入ったり、声をかけ合ったりして、協力したから新記録を出すことができました。」

「練習を始めたころより、声をかけあうことができるようになったので、記録を伸ばすことができました。」

「連続して跳べるようになって、うれしかったです。」

CIMG3082-1.jpgDSCN4064-1.jpg

1月22日には、3年生が東山魁夷先生について心の旅路館の3名の講師の先生から学びました。まず、「山口小学校にはある東山魁夷先生の絵について」「東山魁夷先生の絵は、どんな特徴があるのか」について、教えていただきました。

DSCN3881-1.jpgDSCN3892-1.jpg

次は、実際に、東山魁夷先生が描かれた絵を見て、感じた音や声を発表しました。「滝のどどどんという音が聞こえる」「ざざざあと岩に当たる波の音が聞こえる」など、自由に感じたことを言葉で表現していました。

DSCN3895-1.jpgDSCN3897-1.jpg

最後に、東山魁夷先生の描かれた絵に、自分で季節と時刻を設定して、木や空に色を付けていきました。

夜空に輝く月や星に照らされて美しく咲く桜を描いたり、森に夕日がかかる夕焼け空を描いたり、一人一人が感性豊かに絵を描き発表し合いました。

DSCN3901-1.jpgDSCN3903-1.jpg

山口地域にある「心の旅路館」には、東山魁夷先生の作品が多数展示されています。身近な所にありますので、ご家族で一緒に優れた作品を観て楽しむ機会をもっていただけるとよいと思います。

1月9日は、6年生が坂下中学校の先生から、「中学校とは、どんなところか」「中学校に入学する前に、自分がやっておくこと」について話を聞きました。

CIMG2697-1.jpgCIMG2706-1.jpg

「中学校とは、どんなところであると実感しているか」について、中学2年生が話し合ったことや、山口小を卒業した中学1年生が、この1年間どんなよさを発揮していたかについて話されました。

DSCN3871-1.jpgCIMG2710-1.jpg

次は、6年生一人一人のよさについて、中学校の生徒から集めた情報をもとに、紹介されました。6年生は、真剣な目で話を聞いていました。

そして、中学校入学までに、「自分のよさに磨きをかけること」「いつでも、どこでも、だれにでも自分のよさを発揮すること」を強調して話されました。

CIMG2729-1.jpg

6年生の感想です。

「中学校は、自分を変えていくところ」という言葉を聞いて、中学校で自分を変えられるようにがんばりたいと思いました。私は、心配になると聞こえないような声でぼそぼそしゃべってしまうので、大きな声で意見を言いたいです。」

「私は、今の中1の人みたいになりたいと思いました。理由は、いろいろな人がいるすごく目立つ所でも指揮をしていて、すごいと思ったからです。私は恥ずかしくて小さな声で話すので、大きな声ではっきり話せるようにして、目立つ所で活躍できるようになっていきたいです。」

「私は、苦手なことや初めてのことにも、あきらめず挑戦したいです。挑戦することは、苦手な歴史や0.5秒で『はい』と大きな声で返事ができるようにすることです。」

新しい年を迎えて、子どもたちの夢や目標を書いた書き初めを展示しています。

IMG_1401-1.jpgIMG_1404-1.jpg

1年生では、「わたしは、おはなしもんだいがにがてです。本をたくさんよんだり、じしゅべんをがんばって、おはなしもんだいが、すらすらとけるようになりたいです。」など、自分の苦手なことをできるようにしたいといった願いが多かったです。

IMG_1405-1.jpgIMG_1406-1.jpgIMG_1407-1.jpg

高学年になると、「私は手伝いを自分から進んでやりたいです。毎日決まった手伝いと、自分から気付いてやる手伝いをがんばりたいです。丁寧な字も意識したいです。」など、自分のためだけでなく、周りの人のために役立つことを目標にしている子どももいます。

IMG_1408-1.jpgIMG_1409-1.jpg

新年の抱負展は、1月11日までです。子どもたちの夢や目標をご覧ください。

1月8日の始業式には、子どもたちは、明るい笑顔で登校しました。

3学期は、53日間です。自分の目標や夢に向かって、自分の力を出し切って、次の学年へ進んでほしいと思います。

CIMG2637-1.jpg

始業式では、学年代表となった子どもたちが、冬休みにがんばったことや3学期がんばりたいことを堂々と話しました。

CIMG2663-1.jpg

1月の学校の生活目標は、「進んであいさつをしよう」です。学習目標は、「何度でも挙手をしよう」、「相手を意識して最後まではっきり話そう」など、学級ごとに決めた目標に向かってがんばります。

CIMG2670-1.jpgCIMG2674-1.jpg

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

  中津川市教育委員会