藤村記念館を訪問 6年生が島崎藤村先生を知る

| カテゴリ: |

〇校長室にある三智の言葉が掲げられています。

「人の世には三智がある。学んで得る智、人と交(まじ)わって得る智、自らの体験によって得る智がそれである」

「自ら学ぶ勉強こそが人の成長には必要であり大切である。また、人は多くの人と関わりあって、他人の考え方から自己啓発を図ることが必要であり、さらには実際に体験することが重要である。」藤村先生は 「人に三智あり」と教えています。

〇藤村記念館にはふるさとの言葉が掲げられています。

「血につながるふるさと 心につながるふるさと 言葉につながるふるさと」

「人はいくつになっても子供の時分に食べた物の味を忘れないように、自分の生まれた土地のことを忘れないものです。たとえその土地が、どんなやまのなかでありましても。」 初版「ふるさと」(大正9年)のはじめより 藤村先生の思いが伝わってきます。

〇6年生8人が藤村記念館を訪問し、斎藤先生から藤村先生のお話をしていただきました。

clip_image002

〇藤村先生の幼少時代から青年期、晩年期と貴重なお話をしていただきました。

〇馬籠から見る恵那山は雄大です。 山口の子どもたちは、よく学び、たくましく成長しています。

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

  中津川市教育委員会