道徳教育計画訪問 10月21日

| カテゴリ: |

〇21日は道徳教育計画訪問があり、東濃教育事務所、中津川市教育委員会の先生、やさか地区小中学校の校長先生、道徳推進教師の先生方に5・6年生の道徳授業を見ていただきました。子どもたちの学びのよさ、自分の考えを自分の言葉で分かりやすく発言できる姿をほめていただきました。

〇5・6年生:道徳授業【主題:相手のことを考えて 資料:くずれ落ちた段ボール箱 内容項目:親切】

〇担任の先生範読を聞く姿勢はとてもいいです。背筋がぴんぴん、ぴんぴん挙手はすばらしい。

IMGP9579

〇自分の考えたことを自分の言葉で主張して、仲間に伝えます。仲間と相談して、主人公の気持ちを考え、深めていきます。

〇終末は自己を振り返る時間です。自分でまとめたことを堂々と発言し、仲間に伝えます。

IMGP9587

 

 

 

 

 

 

 

 

〇本校では教育重点項目2を「心を耕す教育活動」として、各学年の発達段階を配慮し「自己を見つめ、他を思いやる心」を育てる道徳の授業を展開しています。子どもたちの考え、意見を大切にして「節度・節制」「親切・思いやり」「生命の尊さ」について価値を広げ、価値を高める授業を工夫、研究しています

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

  中津川市教育委員会