島崎藤村文芸祭出前講座で俳句作りを楽しみました

| カテゴリ:お知らせ, できごと, 保護者(PTA) |

9月11日は、5、6年生が俳句作りをしました。

指導をしてくださったのは、島崎藤村文芸祭実行委員会、中津川市俳句作家協会、中津川市短歌連盟、市の文化振興課担当者の皆さんです。児童13名に対して、8名の指導者に来ていただきました。まず、はじめに、実行委員長の市川敦規さんから島崎藤村先生について紹介がありました。「初恋」の朗読と解説もしていただきました。市川さんは、「劇車銀河鉄道」として様々な所で活躍してみえる方です。

DSCN1793.JPGDSCN0897-1.jpg

文化振興課の鈴木さんから、俳句作りについて説明を聞いた後で、いよいよ俳句作りが始まりました。

DSCN0900-1.jpgDSCN0905-1.jpg

いつも何気なく見ている風景や実際の体験活動の中で、見たこと、感じたことを言葉で表していきました。指導者の先生方から

アドバイスを受けるたびに、子供達の内面にある思いが言葉として引き出されていきました。

DSCN0915-1.jpgDSCN0902-1.jpg

できあがった俳句は、自分で黒板に書きました。

市川さんからそれぞれの句のよいところをほめていただくと、子供達はうれしそうでした。

指導者の方々から、山口小学校の子供達は、学習に向かう姿勢が素直である、そして感性豊かであるとほめていただきました。

この日、13名が作ったすてきな俳句を紹介します。

・えさをやる子つばめ体ふるえてる     

・天の川ねがいをこめてたんざくに  

・食べたいなまつたけごはんいい香り   

・お月見はうさぎがもちつきかわいいな

・運動会バトンうけとるどっきどき      

・運動会声をからして家帰る

・勝てるかなリレーアンカー運動会    

・黄金色終わり近づく稲かりだ 

・たいへんだ稲刈りやるかコンバイン

・運動会全力だして勝ちをとる

・稲の上おにごっこする赤蜻蛉

・父採りし松茸みんなで炭火焼

・学校の桜もみじがちりつもる

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

  中津川市教育委員会