| カテゴリ:その他, できごと, 保護者(PTA) |

声を出し合い 目標に向かって チャレンジする年

   DSCN2677-1.jpgDSCN2672-1.jpg

  1年間のまとめとなる3学期が始まりました。登校する姿や始業式で話を聞く姿から、新しい年を迎えた気持ちよさと3学期に向かうやる気を感じました。

 さて、3学期の始業式には、今年の干支である戌を取り上げ、次のような話をしました。

  今年の干支は、戌ですね。去年は、酉。その前は、申。戌はとても努力家で人と親しみが深いのが特徴と言われます。親切で世話好きな酉、とても器用な申と、これで、昔話の桃太郎に出てくるお供がそろいました。 だから、今年は、桃太郎とお供が力を合わせて鬼退治にチャレンジする準備をする年とも言われます。それと同じで、山口小学校もみんなが力を合わせて、自分の目標や学級の目標、全校の目標に向かってチャレンジする年と思ってください。

 今日から、3学期です。1年の最後となる3学期は、51日間と1年間の中で最も短い学期です。桃太郎とそのお供のように力を合わせて鬼退治にチャレンジするために、2つのことをがんばってほしいと思います。

1つは、「自分から声を出す。声をかけ合うこと」です。桃太郎とそのお供もそうですが、ちくちく言葉を言い合って、けんかばかりしてしていたら、鬼退治はできるでしょうか。できませんね。だから、あいさつ、返事、ふわふわ言葉、わからないことを進んで質問する、友達のよいところを見つけて話す、理由をつけて話すなど、どんどん声を出して、声をかけ合ってほしいと思います。それが、思いやりにもつながります。

 2つめは、「やりきること」です。苦手なこと、3学期の目当て、4月に立てた自分の目標、係の仕事、読書の目当て、学級目標に一歩でも近づけるように努力し、やりきって次の学年へ進んでほしいと思います。

                                                                   

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

  中津川市教育委員会