2年生が算数をがんばっています!

| カテゴリ:お知らせ, できごと, 保護者(PTA), 先生 |

6月28日には、2年生の算数の授業を全校の先生方が参観しました。

この日は、「長いものの 長さのたんい」の学習でした。2年生の子どもたちは、問題が出されると同時に、真剣な表情で問題をノートに書いたり、問題では、何が聞かれているのかを一生懸命考えたりしました。

DSCN2613-1.jpgDSCN2621-1.jpg

まずは、30センチメートルものさしを使って、両手を広げた長さを測りました。1本のものさしでは測れないので、グループで協力して測っていきました。

DSCN2618-1.jpgDSCN2625-1.jpg

「30センチメートルが3つ分で、あと何センチメートルだから...」と測り方を、グループのメンバーに伝えながら、テープのはしとものさしのはしを押さえる人、測る人、記録する人と自然に役割を決めて、一生懸命に測っていました。誰もが集中して取り組んでいました。

DSCN2622-1.jpgDSCN2628-1.jpg

その後で、先生から1メートルものさしが提示され、100センチメートルは、1メートルであることを知りました。

100センチメートルは、1メートルと教えてもらうと、「えっ!」と驚きの声が上がりました。大きな数が、そんな小さな数に変身できるのかといった表情でした。

そして、今度は、その1メートルものさしを使って長さを測ると、簡単に長いものを測ることができることを実感しました。

このように、2年生は、算数の問題を習ったことを使って考えたり、グループで協力して解決したり、それを自分の言葉で話したりしてがんばっています。

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

  中津川市教育委員会