弥栄橋について学ぶ6年生

| カテゴリ:お知らせ, その他, できごと, 保護者(PTA) |

3月13日には、6年生が、元山口村村長の加藤様から、坂下と山口をつなぐ弥栄橋について、名前の由来や橋に込められた思いを教えていただきました。

DSCN4452-1.jpgDSCN4444-1.jpg

加藤様のお話を聞いて、橋が架けられる前には、渡し船でしか行き来ができなかったこと、病院へ行くにも、物資を運ぶためにも、船で渡っていたことを知りました。

DSCN4445-1.jpgDSCN4455-1.jpg

この橋が架けられることによって、病人が出ても、すぐに坂下へ行き来できるようになったことや、物資を運ぶこともできるようになり、暮らしが豊かになったことが分かりました。橋が完成するまでには、大雨による被害や土地の問題など、地域の人々の協力と苦労があったことも分かりました。

さらに、驚いたことは、この橋の名前を付けたのが、島崎藤村先生であり、この橋によって、山口、坂下、川上がますます発展していくようにという強い願いが込められていることを知りました。

4月から、6年生5名は、この弥栄橋を渡って、坂下中学校へ通います。この橋に込められた思いを感じながら、希望を胸に登校し

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

  中津川市教育委員会