東山魁夷画伯と山口のつながりを学ぶ6年生

| カテゴリ:お知らせ, その他, できごと, 保護者(PTA) |

9月19日には、6年生が東山魁夷画伯について学習しました。講師は、中津川中山道歴史資料館安藤館長様です。

DSCN4634-1.jpgDSCN4636-1.jpg

6年生は、東山魁夷画伯が、なぜ、風景画家になったのか、山口でどんなものを見て、どんな体験をしたのかを予想しながら話を聞きました。

DSCN4640-1.jpgDSCN4654-1.jpg

安藤館長様から、東山魁夷画伯が、「山口の美しい川、緑、月、山、温かい人の心、学問を学ぶ心の豊かさ、一つ一つが忘れられなかった」と語っていたことを教えていただきました。そして、そのことが、生涯、風景画家としての生き方を貫くきっかけとなったことも知りました。

DSCN4641-1.jpgDSCN4648-1.jpg

6年生の感想です。

「山口と東山魁夷は、つながりがあると思っていたけど、自分が思っていた以上に関係があったと知って、驚きました。」

「東山魁夷は、風景画家として有名だけど、その決心をしたのが山口の自然と人に心打たれたことと分かってよかったです。それほど、山口とつながりがあると思いました。」

メニュー


  学校紹介

  住所・問合せ先

  学校経営方針

  警報発令時の対応

  いじめ防止基本方針

アーカイブ

リンク

  中津川市教育委員会