中津川市東山魁夷心の旅路館 —版画作品常設展示館—

ホーム  >  東山魁夷画伯略歴

東山魁夷画伯略歴

1908年(明治41年)7月8日船具商東山浩介・くにの次男として横浜に生まれる
本名新吉
1911年(明治44年)3歳一家で神戸に転居
1921年(大正10年)13歳兵庫県立神戸中学校(現・兵庫高等学校)に入学
1926年(大正15年)18歳東京美術学校日本画科に入学
夏,木曽御獄山にキャンプ登山
1931年(昭和 6年)23歳東京美術学校日本画科を卒業
結城素明に師事 雅号を「魁夷」とする
1933年(昭和 8年)25歳東京美術学校研究科を修了
8月渡欧
1934年(昭和 9年)26歳第1回日独交換学生に選ばれ,ベルリン大学哲学科美術史部に入学
1947年(昭和22年)39歳第3回日展出品作「残照」が特選となり,政府買上げとなる
1950年(昭和25年)42歳第6回日展に「道」を出品
風景画家として不動の地位を確立
1956年(昭和31年)48歳日展出品作品「光昏」が第12回芸術院賞を受賞,政府買上げとなる
1960年(昭和35年)52歳東宮御所大広間の壁画「日月四季図」を完成
1965年(昭和40年)57歳日本芸術院会員に任命される
日展理事に就任
1968年(昭和43年)60歳皇居新宮殿大壁画「朝明けの潮」を完成
1969年(昭和44年)61歳第10回毎日芸術大賞を受賞
文化勲章を受章し,文化功労者に選ばれる
1975年(昭和50年)67歳奈良唐招提寺の壁画第1期として,「山雲」「濤声」を完成
1976年(昭和51年)68歳ドイツ連邦共和国大統領から功労大十字勲章を贈られる
1980年(昭和55年)72歳唐招提寺壁画第2期「黄山暁雲」「揚州薫風」「桂林月宵」を完成奉納
1984年(昭和59年)76歳日展顧問に就任
1985年(昭和60年)77歳西ドイツの学術・学芸の最高のプール・ル・メリット勲章受賞
1988年(昭和63年)80歳居住地の千葉県市川市の名誉市民に選ばれる
1990年(平成 2年)82歳長野県信濃美術館に東山魁夷館が開館
1995年(平成 7年)87歳8月,長野県山口村(現・岐阜県中津川市)に「東山魁夷 心の旅路館」が開館
10月,山口村名誉村民に推挙
1999年(平成11年)5月6日逝去,享年90歳
従三位勲一等瑞宝章を贈られる
2011.12.20