トップページ施設 > スポーツ

広島ドラフト2位指名 菊池涼介選手が市長を表敬訪問されました。

更新日:2011/11/18

 広島東洋カープからドラフト2位指名を受けた、中京学院大学硬式野球部 菊池涼介選手が市長を表敬訪問しました。
 先日、仮契約を結ばれ、背番号も33に決まっている菊池選手は、「中津川市の豊な自然の中で大学4年間を過ごせたことは、いい思い出となります。
 開幕1軍を目指して、一生懸命頑張ります。目標は、中日ドラゴンズの荒木選手、井端選手ですが、内野、外野ともに守れるので、チャンスをつかみたい。
 後輩には、今まで支えてくれてありがとうと言いたい。」と抱負と中津川市への思いも語っていただきました。
HP-1.JPG

 大山市長からは「ドラフト2位指名は菊池選手ご自身にはもちろんですが、中津川としても大変誇らしいことであります。
 中津川の地で努力をされ、その結果が今回の指名でありますが、自身の努力はもとより、支えていただいた多くの方々のご支援があればこそだと思います。
 開幕一軍という、力強い言葉をいただきましたが、体調には十分留意され、子どものころからの夢でもある、一軍の舞台でのご活躍をお祈りいたします。」と激励がありました。
   
 菊池選手は、12月13日に正式契約をされ、入団発表をされます。
 来年1月の合同自主トレーニングでプロの第一歩を踏み出されます。
HP-2.JPG

菊池(きくち)涼介(りょうすけ)選手
 東京都東大和市の出身。長野県塩尻市の武蔵工大二高を経て、中京学院大学へ入学。
 入学当初より岐阜学生リーグ戦に出場、走攻守揃った遊撃手として活躍し、ベストナインに5度。2年時には、三冠王も獲得し、日米大学野球の日本代表候補に2年・4年と2度選ばれている。
 10月27日に行われたドラフト会議にて、広島東洋カープから2位指名を受けた。

担当課 : スポーツ課(4306) 

カテゴリ : スポーツ | ドラフト | 中京学院 | 菊池 | 広島カープ

こんな時には

暮らしのガイド

もっと見る

▼よくある質問と回答